スイス(ヨーロッパ)言語翻訳|激安翻訳(文書翻訳 論文翻訳 文書校正 テキスト翻訳 音声翻訳 映像翻訳 和訳) 海外進出ビジネス支援 海外会社設立 海外調査

翻訳、通訳、海外ビジネス展開支援・コンサルティングのグローバルアイ
翻訳、通訳サービス グローバルアイ トップページ サイトマップリンク
翻訳サービス 国際ビジネス 会社設立支援 海外調査 料金一覧 取り扱い言語 お問い合わせ
ビジネスパートナー登録
対象地域
登録フォーム



お見積もり
>>無料!お見積もりはこちらから。



お問い合わせ
>>お気軽にお問い合わせください。



ビジネスパートナー・提携業者募集
>>弊社と業務提携を結ぶ
業者様を募集しております。


フリーランス翻訳者募集
>>各国の翻訳・通訳スタッフを
募集しております。


多言語ホームページ制作会社募集
>>多言語ホームページ制作
会社を募集しております。


日本進出の海外企業顧問ご紹介
>>日本進出の海外企業の
顧問をご紹介いたします。



.・

世界中にるネットワークで、スピーディーで正確な翻訳が可能!

翻訳、通訳サービスにより、海外進出・展開を狙う企業様を応援いたします。


対象地域


翻訳、通訳、海外ビジネス展開支援のビジネスパートナー・提携業者募集!

グローバルアイでは、以下地域にてビジネスパートナーとなる提携業者を募集しております。
「登録型」となっておりますので、企業や学校、個人からの依頼を受けて、皆様が登録した内容を元に、検索を行い、お仕事をやって頂きます。
仕事は専門分野、住んでいる地域、過去の実勢を総合した上、通常はPCメールにてお知らせ致します。

→登録フォームはこちらから



English
 スイス
 インターラーケン、 ジュネーブ、 チューリッヒ、 ベルン、 ローザンヌ


 Wikipediaスイスド情報

スイス
スイス連邦 Schweizerische Eidgenossenschaft(ドイツ語)Schwiizerischi Eidgnosseschaft(スイスドイツ語)Confédération Suisse(フランス語)Confederazione Svizzera(イタリア語)Confederaziun Svizra(ロマンシュ語)Confoederatio Helvetica(ラテン語) 国の標語:Unus pro omnibus, omnes pro uno(ラテン語:一人はすべてのために、そして、すべては一人のために) 国歌:スイスの賛歌 スイスの位置 スイス連邦(スイスれんぽう)、通称スイスは、ヨーロッパにある連邦共和制国家。
スイスファミリー・ツリーハウス
『東京ディズニーランドのアトラクション』より : スイスファミリー・ツリーハウス(Swiss Family Treehouse)あるいは、ターザンのツリーハウス(Tarzan's Treehouse)は、ディズニー・テーマパークに存在するアトラクション。 このアトラクションが存在するパーク  スイスファミリー・ツリーハウス マジック・キングダム(ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート) 東京ディズニーランド(東京ディズニーリゾート) ディズニーランド・パリ(ディズニーランド・リゾート・パリ) ターザンのツリーハウス ディズニーランド(ディズニーランド・リゾート) 香港ディズニーランド(香港ディズニーランド・リゾート) スイスファミリー・ツリーハウス(Swiss Family Treehouse)は、ディズニー映画『スイスファミリーロビンソン』をモチーフにした散策型アトラクション。
スイス連邦
『スイス』より : スイス連邦 Schweizerische Eidgenossenschaft(ドイツ語)Schwiizerischi Eidgnosseschaft(スイスドイツ語)Confédération Suisse(フランス語)Confederazione Svizzera(イタリア語)Confederaziun Svizra(ロマンシュ語)Confoederatio Helvetica(ラテン語) 国の標語:Unus pro omnibus, omnes pro uno(ラテン語:一人はすべてのために、そして、すべては一人のために) 国歌:スイスの賛歌 スイスの位置 スイス連邦(スイスれんぽう)、通称スイスは、ヨーロッパにある連邦共和制国家。
スイスの歴史
スイスの歴史ではスイス連邦の歴史について述べる。 スイス連邦は、1848年以来カントンと呼ばれる州による連邦共和制をとってきた。スイス連邦の原型がつくられたのは今から700年以上前のことであるため、見方によっては現存する世界最古の共和国であるということもできよう。連邦が成立する1291年以前の歴史に関しては、本稿では現在のスイス領で起こった歴史的出来事について概説していくこととする。1291年以降、3つの州によって結成されたゆるやかな連合体がどのように発展・拡大していったかを簡潔にまとめる。 1291年以前 スイスの都市クール(ドイツ語: Chur)など5000年以上前の歴史がある。具体的には紀元前3900年から3500年頃のフィン文化(Pfyn culture)まで遡ぼれる。 考古学の研究によれば、アルプス北部の低地諸国に人間が住むようになったのは旧石器時代の後期のことである。新石器時代に入ると住民が増え、青銅器時代になると湖上に高床式の家をたてて人々が暮らしていた痕跡が発見されている。
スイスペ!
『水曜スペシャル』より : 『水曜スペシャル』(すいようスペシャル)は、1976年4月28日から1986年3月26日までNET → テレビ朝日系列局が編成していたNET → テレビ朝日制作の単発特別番組枠である。編成時間は毎週水曜 19:30 - 20:54 (日本標準時)。 NETは1976年4月28日から水曜夜7時30分 - 9時の時間帯に単発枠を設け、「川口浩探検隊シリーズ」など数々のバラエティ、ドキュメンタリーなどを放送、またアニメ『ドラえもん』の人気が上がると、『ドラえもん』を筆頭とした藤子アニメ劇場版関連のアニメ特集も放送してきた。1987年10月の改編でウイークデーの19:20 - 20:00に全国ニュース『ニュースシャトル』が設置されたためにいったん終了するも、1988年4月の改編で火曜夜8時 - 9時48分にて『火曜スーパーワイド』として放送され、『ニュースシャトル』の18時台への移動により、1989年4月に『水曜スーパーテレビ』として復活。
スイスの地方行政区画
スイスの地方行政区画は、先ず26のカントン(ドイツ語: Kanton, フランス語: canton, イタリア語: cantone, ロマンシュ語: chantun)という州から成る。これは19世紀半ば迄、独自の軍や通貨を持った主権国家であり、現在の連邦制度は1848年に確立された。 16世紀に、スイス連邦は13の自治州から構成され、これらはカントンと呼ばれた。また、6つの森林州と7つの都市州という異なる州が存在していた。厳密には神聖ローマ帝国の一部であったが、1499年にはマクシミリアン1世を打破し、その支配から独立した。 チューリヒ、ベルン、バーゼルを含む都市州では富裕層による市議会の寡頭支配がなされる一方、森林州は民主主義共和制であった。 各州には独自の憲法、議会、政府そして裁判所があり、多くの議会は一院制である。議会の議席数は州により58から200迄の幅があり、幾つかは総会 (Landsgemeinden) である。また、州政府は5人或は7人で構成されている。スイスの憲法によって連邦が担当すると規定されている事項以外のすべての事項はカントンが担当する。
スイスの州
『スイスの地方行政区画』より : スイスの地方行政区画は、先ず26のカントン(ドイツ語: Kanton, フランス語: canton, イタリア語: cantone, ロマンシュ語: chantun)という州から成る。これは19世紀半ば迄、独自の軍や通貨を持った主権国家であり、現在の連邦制度は1848年に確立された。 16世紀に、スイス連邦は13の自治州から構成され、これらはカントンと呼ばれた。また、6つの森林州と7つの都市州という異なる州が存在していた。厳密には神聖ローマ帝国の一部であったが、1499年にはマクシミリアン1世を打破し、その支配から独立した。 チューリヒ、ベルン、バーゼルを含む都市州では富裕層による市議会の寡頭支配がなされる一方、森林州は民主主義共和制であった。 各州には独自の憲法、議会、政府そして裁判所があり、多くの議会は一院制である。議会の議席数は州により58から200迄の幅があり、幾つかは総会 (Landsgemeinden) である。また、州政府は5人或は7人で構成されている。スイスの憲法によって連邦が担当すると規定されている事項以外のすべての事項はカントンが担当する。
スイスのカントン
『スイスの地方行政区画』より : スイスの地方行政区画は、先ず26のカントン(ドイツ語: Kanton, フランス語: canton, イタリア語: cantone, ロマンシュ語: chantun)という州から成る。これは19世紀半ば迄、独自の軍や通貨を持った主権国家であり、現在の連邦制度は1848年に確立された。 16世紀に、スイス連邦は13の自治州から構成され、これらはカントンと呼ばれた。また、6つの森林州と7つの都市州という異なる州が存在していた。厳密には神聖ローマ帝国の一部であったが、1499年にはマクシミリアン1世を打破し、その支配から独立した。 チューリヒ、ベルン、バーゼルを含む都市州では富裕層による市議会の寡頭支配がなされる一方、森林州は民主主義共和制であった。 各州には独自の憲法、議会、政府そして裁判所があり、多くの議会は一院制である。議会の議席数は州により58から200迄の幅があり、幾つかは総会 (Landsgemeinden) である。また、州政府は5人或は7人で構成されている。スイスの憲法によって連邦が担当すると規定されている事項以外のすべての事項はカントンが担当する。
スイス公文学園高等部
スイス公文学園高等部(スイスくもんがくえんこうとうぶ、Kumon Leysin Academy of Switzerland、略称KLAS)は、1990年、学校法人公文学園がスイスに開校した日本人の生徒を中心とした私立の国際高校である。 立地・施設 立地 この学校はスイスのVaud州にある、観光地、スキーリゾートとして有名なレザンという村に位置している。 校舎は、レザンアメリカンスクールと、その上の道の間にある斜面に平行して4棟建てられている。レザンの中心部ではなく、山沿いの坂を15分程上ったところに建てられている。 施設 校舎は四棟あり、A棟、B棟、C棟、D棟と呼ばれている。その内、A棟は女子寮、C棟は男子寮として使われている。残りのB棟、D棟は職員室やアクティヴィティオフィス等の事務等に使われる部屋や授業でつかわれる部屋がある。 学校組織 この学校は日本の学校法人公文学園が出資、設立した現地法人が経営している学校である。
スイスの鉄道
スイスの鉄道(スイスのてつどう)ではスイスにおける鉄道について述べる。 歴史と概要 スイスにおける鉄道の創始はストラスブール・バール鉄道(後のフランス国鉄)がストラスブールから国境のバーゼルへ1844年に乗り入れたのが最初と言われている。自国内における鉄道はその3年後の1847年にチューリッヒ - バーデン間23.3kmが開通したものが創始と言える。これは周辺諸国に比べると遅いものであった。 しかし私鉄主導で多くの路線建設が行われた結果、現在スイスにある鉄道路線は国の面積が九州よりやや小さい程度しかないにもかかわらず、5,380kmと九州のそれの約2倍の総延長にもなっている。当然路線密度では世界一であり、「スイス国内では、国内のどこでも16km歩くと旅客鉄道の便がある」という言葉まで生まれた。 私鉄主導で進んだスイスの鉄道建設であるが、1902年になって国鉄であるスイス連邦鉄道(SBB)が設立され、路線のいくつかが国有化されることになった。
スイス連邦鉄道
ファイル:Re460.jpg right thumb 250px スイス国鉄の代表的車両 IC-2000
スイス連邦鉄道(スイスれんぽうてつどう)は、都市間路線、通勤路線、貨物輸送のサービスを行うスイス スイス連邦の国有の鉄道事業者である。
ロマンシュ語圏(グラウビュンデン州)にはほとんど路線を持っておらず(ザルガンス - クール (グラウビュンデン州) クール間のみ)、主にレーティッシュ鉄道(RhB)が運行している。
スイスの公用語における正式名称は、いずれも日本語に訳すと「スイス連邦鉄道」という意味であるが、日本では経営形態を意訳した「スイス国鉄」という呼称がよく用いられているので、この項目でも以下の文中には「スイス国鉄」という表現を用いている。
スイスの4公用語では以下のように表記される。

スイス航空111便墜落事故
スイス航空111便墜落事故 (スイスこうくう111びんついらくじこ、英語:Swissair Flight 111)は、大西洋を横断飛行しようとしていたスイス航空 (Swissair) のMD-11(マクドネル・ダグラス社製)で電気系統のショートによる火災が発生し、緊急着陸の途中で操縦不能に陥りカナダのノバスコシア州沿岸の大西洋上に墜落した事故である。 111便の概略と乗務員 機長:ルイス・ジマーマン(50歳) 副操縦士:ステファン・ロー(36歳) 客室乗務員 12人 乗客 215人 事故の概略 1998年9月2日、アメリカ・ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港をアメリカ東部夏時間(EDT) の午後8時18分(UTC:0時18分)に離陸し、スイス・ジュネーヴのコアントラン国際空港に向かっていたスイス航空111便(SR111、デルタ航空との共同運航便でデルタ航空111便でもあった)はMD-11(機体記号HB-IWF、1991年製造)で運航されていた。
スイスの賛歌
国歌 すいすのさんか
スイスの文化 *こつか
als:Schweizerpsalm
be-x-old:Гімн Швайцарыі
ce:Гимн Швейцаре
cs:Švýcarská hymna
da:Schweizersalmen
Schweizerpsalm
el:Ελβετικός ψαλμός
Swiss Psalm
eo:Svisa psalmo
es:Himno de Suiza
fi:Schweizerpsalm
Cantique suisse
gl:Himno de Suíza
he:המנון שווייץ
hr:Švicarski psalam
hu:Svájc himnusza

スイスの国歌
スイスの賛歌(-さんか、ドイツ語: Schweizerpsalm、フランス語: Cantique Suisse、イタリア語: Salmo Svizzero、ロマンシュ語:Psalm Svizzer)はスイスの国歌。 元々は1841年にスイスの修道士アルベリヒ・ツヴィクが作曲した賛美歌で、1981年にスイスの国歌として採用された。しかし、教会で歌われた曲であることから歌詞が難解で堅苦しく、また「賛美歌と天気予報を交ぜたような歌だ」として人気が無いとされる。 歌詞 脚注 ==。
スイスの賛美歌
『スイスの国歌』より : スイスの賛歌(-さんか、ドイツ語: Schweizerpsalm、フランス語: Cantique Suisse、イタリア語: Salmo Svizzero、ロマンシュ語:Psalm Svizzer)はスイスの国歌。 元々は1841年にスイスの修道士アルベリヒ・ツヴィクが作曲した賛美歌で、1981年にスイスの国歌として採用された。しかし、教会で歌われた曲であることから歌詞が難解で堅苦しく、また「賛美歌と天気予報を交ぜたような歌だ」として人気が無いとされる。 歌詞 脚注 ==。
スイスフラン
『スイス・フラン』より : スイス・フラン(ドイツ語: Schweizer Franken(シュヴァイツァー・フランケン)、フランス語: franc suisse(フラン・スュイス)、イタリア語: franco svizzero(フランコ・ズヴィッツェロ)、ロマンシュ語: franc svizzer(フランク・スヴィッツェル))は、スイスとリヒテンシュタインの通貨。くわえて、イタリアの飛地カンピョーネ・ディターリアの通貨、ドイツの飛地ビュージンゲンの非公式な通貨である。 通貨記号はFr.、SFr.、CHF(ラテン語国名のConfoederatio Helvetica Franc の頭文字)。ISO 4217の通貨コードはCHFで表す。補助単位はそれぞれの言語でラッペン(ドイツ語: Rappen, Rp.)、サンチーム(フランス語: centime, c.)、チェンテージモ(イタリア語: centesimo, ct.)、ラップ(ロマンシュ語: rap, rp.)と呼ばれ、1フランの100分の1に値する。
スイス・フラン
スイス・フラン(ドイツ語: Schweizer Franken(シュヴァイツァー・フランケン)、フランス語: franc suisse(フラン・スュイス)、イタリア語: franco svizzero(フランコ・ズヴィッツェロ)、ロマンシュ語: franc svizzer(フランク・スヴィッツェル))は、スイスとリヒテンシュタインの通貨。くわえて、イタリアの飛地カンピョーネ・ディターリアの通貨、ドイツの飛地ビュージンゲンの非公式な通貨である。 通貨記号はFr.、SFr.、CHF(ラテン語国名のConfoederatio Helvetica Franc の頭文字)。ISO 4217の通貨コードはCHFで表す。補助単位はそれぞれの言語でラッペン(ドイツ語: Rappen, Rp.)、サンチーム(フランス語: centime, c.)、チェンテージモ(イタリア語: centesimo, ct.)、ラップ(ロマンシュ語: rap, rp.)と呼ばれ、1フランの100分の1に値する。
スイス傭兵
スイス傭兵(スイスようへい)は、主にスイス人によって構成される傭兵部隊で、15世紀から18世紀にかけてヨーロッパ各国の様々な戦争に参加した。特にフランス王家とローマ教皇に雇われた衛兵隊が名高く、後者は現在も存在する(#バチカンのスイス衛兵隊)。 14世紀にスイス原初同盟(Eidgenossenschaft)がハプスブルク家を破り独立を果たすと、スイス歩兵の精強さがヨーロッパで認められるようになった。そして1470年代におこったブルゴーニュ戦争ではスイス傭兵は主力として活躍しシャルル突進公を破ったことから、その評価は決定的になった。その後、スイスは北イタリアにおいて独自の覇権を目指すが、1515年にマリニャーノの戦いでフランスに敗れると、拡張政策を放棄し傭兵輸出に専念するようになった。スイス傭兵は州政府単位で雇用主と契約にあたることに特徴がある。 国土の大半が山地で農作物があまりとれずめぼしい産業が無かったスイスにおいて、傭兵稼業は重要な産業となった。また傭兵稼業によってスイスは強大な軍事力を保有する事となり、隣接する他国にとっては、侵略が極めて困難であり、侵略してもそれに見合った利益が得られない国と看做されるようになり、スイスの安全保障に貢献し、「血の輸出」と呼ばれた。
スイス人傭兵
『スイス傭兵』より : スイス傭兵(スイスようへい)は、主にスイス人によって構成される傭兵部隊で、15世紀から18世紀にかけてヨーロッパ各国の様々な戦争に参加した。特にフランス王家とローマ教皇に雇われた衛兵隊が名高く、後者は現在も存在する(#バチカンのスイス衛兵隊)。 14世紀にスイス原初同盟(Eidgenossenschaft)がハプスブルク家を破り独立を果たすと、スイス歩兵の精強さがヨーロッパで認められるようになった。そして1470年代におこったブルゴーニュ戦争ではスイス傭兵は主力として活躍しシャルル突進公を破ったことから、その評価は決定的になった。その後、スイスは北イタリアにおいて独自の覇権を目指すが、1515年にマリニャーノの戦いでフランスに敗れると、拡張政策を放棄し傭兵輸出に専念するようになった。スイス傭兵は州政府単位で雇用主と契約にあたることに特徴がある。 国土の大半が山地で農作物があまりとれずめぼしい産業が無かったスイスにおいて、傭兵稼業は重要な産業となった。また傭兵稼業によってスイスは強大な軍事力を保有する事となり、隣接する他国にとっては、侵略が極めて困難であり、侵略してもそれに見合った利益が得られない国と看做されるようになり、スイスの安全保障に貢献し、「血の輸出」と呼ばれた。
スイス衛兵
『スイス傭兵』より : スイス傭兵(スイスようへい)は、主にスイス人によって構成される傭兵部隊で、15世紀から18世紀にかけてヨーロッパ各国の様々な戦争に参加した。特にフランス王家とローマ教皇に雇われた衛兵隊が名高く、後者は現在も存在する(#バチカンのスイス衛兵隊)。 14世紀にスイス原初同盟(Eidgenossenschaft)がハプスブルク家を破り独立を果たすと、スイス歩兵の精強さがヨーロッパで認められるようになった。そして1470年代におこったブルゴーニュ戦争ではスイス傭兵は主力として活躍しシャルル突進公を破ったことから、その評価は決定的になった。その後、スイスは北イタリアにおいて独自の覇権を目指すが、1515年にマリニャーノの戦いでフランスに敗れると、拡張政策を放棄し傭兵輸出に専念するようになった。スイス傭兵は州政府単位で雇用主と契約にあたることに特徴がある。 国土の大半が山地で農作物があまりとれずめぼしい産業が無かったスイスにおいて、傭兵稼業は重要な産業となった。また傭兵稼業によってスイスは強大な軍事力を保有する事となり、隣接する他国にとっては、侵略が極めて困難であり、侵略してもそれに見合った利益が得られない国と看做されるようになり、スイスの安全保障に貢献し、「血の輸出」と呼ばれた。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)  



 東アジア  台湾 | 大韓民国 | 中国 | 香港 | マカオ | モンゴル
 南アジア  インド | インドネシア | カンボジア | シンガポール | スリランカ | タイ |
 ネパール | バングラデシュ | パキスタン | フィリピン | ベトナム |
 マレーシア | ミャンマー | ラオス
 中近東  アラブ首長国連邦 | イスラエル | イラク | イラン | サウジアラビア |
 シリア | トルコ | ヨルダン | レバノン
 ヨーロッパ  アイスランド | アイルランド | イギリス | イタリア | ウクライナ |
 ウズベキスタン | エストニア | オーストリア | オランダ | ギリシャ |
 クロアチア | スイス | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア |
 チェコ | デンマーク | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド |
 フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ |
 モナコ | ラトビア | リトアニア | ルーマニア | ルクセンブルク | ロシア
 アフリカ  エジプト | ケニア | ジンバブエ | タンザニア | チュニジア | ボツワナ |
 マダガスカル | 南アフリカ | モーリシャス | モロッコ | リビア
 北アメリカ  アメリカ | カナダ
 中央・南アメリカ  アルゼンチン | エクアドル | キューバ | グアテマラ | ジャマイカ | チリ |
 バハマ | パナマ | ブラジル | ベネズエラ | ペルー | メキシコ
 太平洋地域  北マリアナ諸島 | グアム | ハワイ | ミクロネシア
 オセアニア  オーストラリア | ニューカレドニア | ニュージーランド | バヌアツ |
 パプアニューギニア | パラオ | フィジー諸島 | フランス領ポリネシア |
 マーシャル諸島




▼外国語翻訳・海外通訳 サービス内容一覧
■外国語・多言語翻訳

激安翻訳サービス高品質翻訳サービス専門翻訳サービス一般文書・書類翻訳論文翻訳添付文書翻訳字幕翻訳映像翻訳音声翻訳法律翻訳・法務翻訳・契約書翻訳薬事法や医薬翻訳・医学翻訳技術関連文書翻訳技術マニュアル翻訳コンピュータ・IT技術・情報通信に特化した翻訳契約書翻訳経済翻訳金融翻訳財務翻訳産業翻訳化学技術翻訳土木・建築翻訳産業技術翻訳戸籍謄本翻訳メール文書翻訳英文翻訳英和和英翻訳ハングル翻訳和訳WEBサイト・ホームページ翻訳ネイティブ翻訳文書校正日本語翻訳テキスト翻訳日中翻訳仏語翻訳独語翻訳

■国際ビジネス支援サービス
輸出入代行・通信代行、海外販路獲得サポート海外との連絡代行海外への外注現地通訳サービス海外B2B商取引ポータル・サイト登録申請代行
■海外法人会社設立支援サービス
海外法人会社設立海外独立起業支援海外銀行口座開設(法人口座、個人口座) 国際カードの取得サポート
■海外諸外国の調査サービス

海外の展示会・見本市調査世界各国の情報収集リサーチ海外での市場調査海外企業の信用調査海外での提携先探し海外企業の謄本取得代行(登記簿謄本・商業登記簿・不動産登記簿)


▼外国語翻訳・取り扱い言語一覧
■ヨーロッパ地域の言語
イタリア語翻訳  スペイン語翻訳  フランス語(仏語)翻訳  ポルトガル語翻訳  オランダ語翻訳  ドイツ語(独語翻訳)  ウクライナ語翻訳  エストニア語翻訳  カザフ語翻訳  カタルーニャ語翻訳  ギリシャ語翻訳  クロアチア語翻訳  セルビア語翻訳  チェコ語翻訳  スロベニア語翻訳  デンマーク語翻訳  スウェーデン語翻訳  ノルウェー語翻訳  ハンガリー語翻訳  マジャル語翻訳  ラテン語翻訳  ポーランド語翻訳  ルーマニア語翻訳  フィンランド語翻訳  ブルガリア語翻訳  ロシア語翻訳  アルバニア語翻訳  バスク語翻訳  ベラルーシ語翻訳  ブルターニュ語翻訳  カタロニア語翻訳  チェチェン語翻訳  エスペラント語翻訳  フリースランド語翻訳  ガリシア語翻訳  グルジア語翻訳   アイスランド語翻訳  アイルランド語翻訳  ラトビア語翻訳  リトアニア語翻訳  サルデーニャ語翻訳  スロバキア語翻訳  ウェールズ語翻訳  イディッシュ語翻訳
■アジア地域の言語

中国語(北京語・広東語)翻訳  韓国語(ハングル)翻訳  タイ語翻訳  ベトナム語翻訳  インドネシア語翻訳  カンボジア語翻訳  クメール語翻訳  ジャワ語翻訳  シンハラ語翻訳  ネパール語翻訳  パキスタン語翻訳  ウルドゥー語翻訳  ヒンディー語翻訳 フィリピン語翻訳  タガログ語翻訳  ベンガル語翻訳  マラチヒ語翻訳  マレー語翻訳  ミャンマー語翻訳 モンゴル語翻翻訳訳 ラオス語翻訳  繁体字翻訳  簡体字翻訳  貴州語翻訳  湖南語翻訳  広東語翻訳  四川語翻訳  上海語翻訳  台湾語翻訳 福建語翻訳  北京語翻訳  セブアノ語翻訳  日本語翻訳  マオリ語翻訳  パンジャビ語翻訳  サンスクリット語翻訳  チベット語翻訳  フィリピノ語翻訳  セブ語翻訳  ビサヤ語翻訳  ビサイヤ語翻訳  ピリピノ語翻訳  ヒリガイノン語翻訳

■アフリカ・中東地域の言語
クルド語翻訳  アラビア語翻訳  アシャンテ語翻訳  ウガンダ語翻訳  スワヒリ語翻訳  トルコ語翻訳  ヨルバ語翻訳  バンバラ語翻訳   ヘブライ語翻訳  ペルシア語翻訳  ナイジェリア語翻訳  アフリカーンス語翻訳  ダリ語翻訳  イボ語翻訳  タミル語翻訳
Copyright (C) 2005 - 2017 GLOBAL-EYE All Rights Reserved.


[PR] 激安販促品/デザイン印刷/激安ノベルティ 激安のぼり販売 激安仕入れ/激安問屋/激安海外輸入 カントリー雑貨の通販 雑貨問屋/雑貨卸し
  激安翻訳・格安通訳 ホームページ制作/WEBデザイン作成/システム開発(栃木県小山市) 激安ホームページ制作/激安更新システム付きホームページ作成