スペイン(ヨーロッパ)言語翻訳|激安翻訳(文書翻訳 論文翻訳 文書校正 テキスト翻訳 音声翻訳 映像翻訳 和訳) 海外進出ビジネス支援 海外会社設立 海外調査

翻訳、通訳、海外ビジネス展開支援・コンサルティングのグローバルアイ
翻訳、通訳サービス グローバルアイ トップページ サイトマップリンク
翻訳サービス 国際ビジネス 会社設立支援 海外調査 料金一覧 取り扱い言語 お問い合わせ
ビジネスパートナー登録
対象地域
登録フォーム



お見積もり
>>無料!お見積もりはこちらから。



お問い合わせ
>>お気軽にお問い合わせください。



ビジネスパートナー・提携業者募集
>>弊社と業務提携を結ぶ
業者様を募集しております。


フリーランス翻訳者募集
>>各国の翻訳・通訳スタッフを
募集しております。


多言語ホームページ制作会社募集
>>多言語ホームページ制作
会社を募集しております。


日本進出の海外企業顧問ご紹介
>>日本進出の海外企業の
顧問をご紹介いたします。



.・

世界中にるネットワークで、スピーディーで正確な翻訳が可能!

翻訳、通訳サービスにより、海外進出・展開を狙う企業様を応援いたします。


対象地域


翻訳、通訳、海外ビジネス展開支援のビジネスパートナー・提携業者募集!

グローバルアイでは、以下地域にてビジネスパートナーとなる提携業者を募集しております。
「登録型」となっておりますので、企業や学校、個人からの依頼を受けて、皆様が登録した内容を元に、検索を行い、お仕事をやって頂きます。
仕事は専門分野、住んでいる地域、過去の実勢を総合した上、通常はPCメールにてお知らせ致します。

→登録フォームはこちらから



English
 大韓民国
 ソウル、 安東、 温陽、 釜山、 慶州、 済州島、 大邱、 扶余 


 Wikipedia大韓民国情報

大韓民国
大韓民国 대한민국 国の標語:널리 인간 세계를 이롭게 하라 - 홍익인간(和訳例 : 遍く人間世界を得にさせよ - 弘益人間)(非公式) 国歌:愛国歌 韓国の位置 大韓民国(だいかんみんこく、朝鮮語: 대한민국、漢字: 大韓民國)、通称韓国(かんこく)は、朝鮮半島(韓半島)南部を実効統治する東アジアの共和制国家であり、戦後の冷戦で誕生した分断国家。憲法上は鴨緑江、豆満江以南の「韓半島及び付属島嶼」全域を領土とするが、現在、北緯38度付近の軍事境界線以北は朝鮮民主主義人民共和国の統治下にあり施政権は及んでおらず、1953年の休戦以来軍事的に対峙した状態が続いている。このため韓国では国家保安法により、朝鮮民主主義人民共和国(北韓と呼称)を公然と支持する事は禁じられており、「北韓」を支持しているとみられる人物の入国や言論に制限が加えられることがある。海上では南と東に日本、西に中華人民共和国と各々国境を接する。英名のKoreaは、高麗(現代韓国語読み: 고려、コリョ)を由来とする。
大韓民国の地方行政区画
大韓民国の地方行政区画(だいかんみんこくのちほうぎょうせいくかく)では、大韓民国(韓国)の地方行政区画・地方行政制度について説明する。地方自治制度については「韓国の地方自治」に詳述されているので参照されたい。 韓国は実効統治する領域を17の第一級行政区画(1特別市・6広域市・1特別自治市・8道・1特別自治道)に区分している。基本的には、第二級行政区画に当たる市・郡、および特別市・広域市管下の区が基礎自治体である。 第一級行政区画 面積、人口は2005年のもの。KOSIS(韓国統計情報システム)ウェブサイトより。道は朝鮮王朝時代・日本統治時代からの第一級地方行政区画の名称であり(十三道制参照)、大韓民国も継承している。特別市(ソウル)・特別自治市(世宗)・広域市は日本の政令指定都市に相当するが、道から独立している。特別市・特別自治市と広域市は制度上同等である。 また、特別自治道(済州)は自治権を拡大させた特殊な位置付けとなっており、道が基礎自治体となっている。
大韓民国の行政区域一覧
『大韓民国の地方行政区画』より : 大韓民国の地方行政区画(だいかんみんこくのちほうぎょうせいくかく)では、大韓民国(韓国)の地方行政区画・地方行政制度について説明する。地方自治制度については「韓国の地方自治」に詳述されているので参照されたい。 韓国は実効統治する領域を17の第一級行政区画(1特別市・6広域市・1特別自治市・8道・1特別自治道)に区分している。基本的には、第二級行政区画に当たる市・郡、および特別市・広域市管下の区が基礎自治体である。 第一級行政区画 面積、人口は2005年のもの。KOSIS(韓国統計情報システム)ウェブサイトより。道は朝鮮王朝時代・日本統治時代からの第一級地方行政区画の名称であり(十三道制参照)、大韓民国も継承している。特別市(ソウル)・特別自治市(世宗)・広域市は日本の政令指定都市に相当するが、道から独立している。特別市・特別自治市と広域市は制度上同等である。 また、特別自治道(済州)は自治権を拡大させた特殊な位置付けとなっており、道が基礎自治体となっている。
大韓民国軍
『韓国軍』より : 大韓民国国軍(だいかんみんこくこくぐん)は、大韓民国(韓国)が保有する軍隊である。 朝鮮半島において韓国は軍事境界線を挟んで朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)と対峙する地理的位置にある。朝鮮戦争と冷戦を経て韓国軍は国家の安全保障を達成するために常に臨戦体制を維持してきた。韓国軍の目標は1981年11月の国防部政策会議の議決によれば「敵の武力進行から国家を防衛し、平和統一を支援し、地域的な安定と平和に寄与する」と定められている。韓国全軍の最高指揮官は憲法63条3項において大統領とされており、「国軍を統帥する最高指揮官」であり、朝鮮半島の統一について憲法上の義務を負っている。 韓国軍は陸海空の三軍体制であり、2014年10月時点の国防部長官は韓民求(ハン・ミング)、合同参謀本部議長は崔潤喜(チェ・ユンヒ)であるが、ほぼ陸軍大将の指定職となっている。現有総兵力は約65.3万人、うち陸軍約52万、海軍約6.8万人(海兵隊2.8万人含む)、空軍6.5万人、予備役380万人である。
大韓民国憲法
大韓民国憲法(だいかんみんこくけんぽう、朝鮮語:대한민국 헌법)は、大韓民国の成文憲法であり、国家統治体制の基盤規定を定めた同国の最高基本法。現在の憲法は第六共和国憲法(제6공화국 헌법)とも別称され、1987年10月29日に採択された。 大韓民国憲法は大韓民国成立以前の1948年7月12日に制定され、同年7月17日に公布された。起草者は兪鎮午。それ以降、大韓民国憲法は9回にわたって改憲され、特にそのうちの5回におよぶ改憲は韓国の国家体制を大きく変えるほどの修正がなされた。そのため、5回におよぶ改憲は韓国政体の歴史的な一区切りとされ、それぞれの時期に存続していた憲法には第一から第六までの番号が憲法の通称として付けられている。 沿革 大韓民国憲法の9回に及ぶ改訂は、1950年代の李承晩による強権独裁政治、1960年代-1970年代の朴正煕による強権独裁政治、そして1980年代の全斗煥による独裁政治とそれに対する民主化運動の帰結という政治的な一連のできごとと密接に関連している。
大韓民国の大学一覧
大韓民国の大学一覧(だいかんみんこくのだいがくいちらん)では、大韓民国に位置する大学の一覧を示す。専門大学(高等職業教育機関)や大学院大学の類もここで扱うことにする。 韓国では、一般的に四年制以上の大学を「大学校(대학교、テハッキョ)」と呼ぶ。韓国における「大学(대학、テハク)」とは、日本の大学の学部や短期大学・高等専門学校・専修学校(専門課程)に相当するものである。 なお大学校名は、朝鮮語の現地発音を50音順に並べている。漢字名がない大学名(朝鮮語の固有語などを用いた名前)はカタカナで記述しておく。また、韓国では一般的に旧字体が用いられるが、ここでは便宜上日本で日常的に用いられている字体で記述する。 国公立 あ 安東大学校(안동대학교 アンドンデハッキョ) 仁川大学校(인천대학교 インチョンデハッキョ) か 江原大学校(강원대학교 カンウォンデハッキョ) 江陵原州大学校(강릉원주대학교 カンヌンウォンジュデハッキョ) 京仁教育大学校(경인교육대학교 キョンインギョユクテハッキョ) 慶尚大学校(경상대학교 キョンサンデハッキョ) 慶南科学技術大学校(경남과학기술대학교 キョンナムクァハッキスルテハッキョ) 警察大学(경찰대학 キョンチャルテハク)(4年制大学と同等) 慶北大学校(경북대학교 キョンブクテハッキョ) 国軍看護士官学校(국군간호사관학교 クッククンカノサグァナッキョ)(4年制大学と同等) 群山大学校(군산대학교 クンサンデハッキョ) 光州教育大学校(광주교육대학교 クァンジュギョユクテハッキョ) 空軍士官学校(공군사관학교 ゴンクンサグァナッキョ)(4年制大学と同等) 公州教育大学校(공주교육대학교 コンジュギョユクテハッキョ) 公州大学校(공주대학교 コンジュデハッキョ) さ 順天大学校(순천대학교 スンチョンデハッキョ) ソウル大学校(서울대학교 ソウルデハッキョ) ソウル科学技術大学校(서울과학기술대학교 ソウルクァハッキスルテハッキョ) ソウル市立大学校(서울시립대학교 ソウルシリプテハッキョ) ソウル教育大学校(서울교육대학교 ソウルキョユクテハッキョ) た 昌原大学校(창원대학교 チャンウォンデハッキョ) 済州大学校(제주대학교 チェジュデハッキョ) 春川教育大学校(춘천교육대학교 チュンチョンギョユクテハッキョ) 忠北大学校(충북대학교 チュンブクテハッキョ) 忠南大学校(충남대학교 チュンナムデハッキョ) 全州教育大学校(전주교육대학교 チョンジュギョユクテハッキョ) 清州教育大学校(청주교육대학교 チョンジュギョユクテハッキョ) 全北大学校(전북대학교 チョンブクテハッキョ) 全南大学校(전남대학교 チョンナムデハッキョ) 晋州教育大学校(진주교육대학교 チンジュギョユクテハッキョ) 大邱教育大学校(대구교육대학교 テグギョユクテハッキョ) は 韓国海洋大学校(한국해양대학교 ハングケヤンデハッキョ) 韓国科学技術院(한국과학기술원 ハングックァハッキスロン) 韓国教員大学校(한국교원대학교 ハングッキョウォンデハッキョ 韓国交通大学校(한국교통대학교 ハングクキョトンデハッキョ) 韓国芸術総合学校(한국예술종합학교 ハングンネスルチョンハパッキョ) 韓国体育大学校(한국체육대학교 ハングクチェユクテハッキョ) 韓国放送通信大学校(한국방송통신대학교 ハングクパンソントンシンデハッキョ) 韓京大学校(한경대학교 ハンギョンデハッキョ) ハンバッ大学校(한밭대학교 ハンバッテハッキョ) 釜山大学校(부산대학교 プサンデハッキョ) 釜山教育大学校(부산교육대학교 プサンギョユクテハッキョ) 釜慶大学校(부경대학교 プギョンデハッキョ) 海軍士官学校(해군사관학교 ヘクンサグァナッキョ)(4年制大学と同等) ま 木浦大学校(목포대학교 モクポデハッキョ) や 陸軍士官学校(육군사관학교 ユックンサグァナッキョ)(4年制大学と同等) 私立 あ 亜洲大学校(아주대학교 アジュデハッキョ) 安養大学校(안양대학교 アニャンデハッキョ) 梨花女子大学校(이화여자대학교 イファヨジャデハッキョ) 仁済大学校(인제대학교 インジェデハッキョ) 仁荷大学校(인하대학교 イナデハッキョ) 円光大学校(원광대학교 ウォングァンデハッキョ) 蔚山大学校(울산대학교 ウルサンデハッキョ) 乙支大学校(을지대학교 ウルチデハッキョ) か 嘉泉大学校(가천대학교 カチョンデハッキョ) 加耶大学校(가야대학교 カヤデハッキョ) カトリック関東大学校(가톨릭관동대학교 カトルリククァンドンデハッキョ) カトリック大学校(가톨릭대학교 カトルリクテハッキョ) カルビン大学校(칼빈대학교 カルビンデハッキョ) 江南大学校(강남대학교 カンナムデハッキョ) 金川大学校(김천대학교 キムチョンデハッキョ) 慶一大学校(경일대학교 キョンイルテハッキョ) 慶雲大学校(경운대학교 キョンウンデハッキョ) 京畿大学校(경기대학교 キョンギデハッキョ) 慶州大学校(경주대학교 キョンジュデハッキョ) 慶星大学校(경성대학교 キョンソンデハッキョ) 慶南大学校(경남대학교 キョンナムデハッキョ) 慶熙大学校(경희대학교 キョンヒデハッキョ) 光云大学校(광운대학교 クァンウンデハッキョ) 光州大学校(광주대학교 クァンジュテハッキョ) 光州カトリック大学校(광주가톨릭대학교 クァンジュガトルリクテハッキョ) 光州女子大学校(광주여자대학교 クァンジュヨジャデハッキョ) 極東大学校(극동대학교 ククトンデハッキョ) 金剛大学校(금강대학교 クムガンデハッキョ) 国民大学校(국민대학교 クンミンデハッキョ) ケイシ大学校(케이씨대학교 ケイシデハッキョ) 啓明大学校(계명대학교 ケミョンデハッキョ) 高神大学校(고신대학교 コシンデハッキョ) コットンネ大学校(꽃동네대학교 コットンネデハッキョ) 高麗大学校(고려대학교 コリョデハッキョ) 建国大学校(건국대학교 コングクテハッキョ) さ 三育大学校(삼육대학교 サムユクデハッキョ) 尚志大学校(상지대학교 サンジデハッキョ) 祥明大学校(상명대학교 サンミョンデハッキョ) 信韓大学校(신한대학교 シンハンデハッキョ) 新羅大学校(신라대학교 シルラデハッキョ) 水原大学校(수원대학교 スウォンデハッキョ) 崇実大学校(숭실대학교 スンシルテハッキョ) 淑明女子大学校(숙명여자대학교 スンミョンニョジャデハッキョ) 世宗大学校(세종대학교 セジョンデハッキョ) 世翰大学校(세한대학교 セハンデハッキョ) 西原大学校(서원대학교 ソウォンデハッキョ) ソウル基督大学校(서울기독대학교 ソウルギドクテハッキョ) ソウル神学大学校(서울신학대학교 ソウルシナクテハッキョ) ソウル女子大学校(서울여자대학교 ソウルリョジャデハッキョ) 西江大学校(서강대학교 ソガンデハッキョ) 西京大学校(서경대학교 ソギョンデハッキョ) 西南大学校(서남대학교 ソナムデハッキョ) 成均館大学校(성균관대학교 ソンギュングァンデハッキョ) 聖潔大学校(성결대학교 ソンギョルテハッキョ) 聖公会大学校(성공회대학교 ソンゴンフェデハッキョ) 誠信女子大学校(성신여자대학교 ソンシンニョジャデハッキョ) 鮮文大学校(선문대학교 ソンムンデハッキョ) た 檀国大学校(단국대학교 タングクテハッキョ) 中央大学校(중앙대학교 チュンアンデハッキョ) 中央僧伽大学校(중앙승가대학교 チュンアンスンガテハッキョ) 中源大学校(중원대학교 チュンウォンデハッキョ) 中部大学校(중부대학교 チュンブデハッキョ) 朝鮮大学校(조선대학교 チョソンデハッキョ) 草堂大学校(초당대학교 チョダンデハッキョ) 青雲大学校(청운대학교 チョンウンデハッキョ) 総神大学校(총신대학교 チョンシンデハッキョ) 全州大学校(전주대학교 チョンジュデハッキョ) 清州大学校(청주대학교 チョンジュデハッキョ) 秋渓芸術大学校(추계예술대학교 チュケイェスルデハッキョ) 大邱カトリック大学校(대구가톨릭대학교 テグガトルリクテハッキョ) 大邱大学校(대구대학교 テグデハッキョ) 大田大学校(대전대학교 テジョンデハッキョ) 大真大学校(대진대학교 テジンデハッキョ) 徳成女子大学校(덕성여자대학교 トクソンニョジャデハッキョ) 東亜大学校(동아대학교 トンアデハッキョ) 東義大学校(동의대학교 トンイデハッキョ) 東国大学校(동국대학교 トングクテハッキョ) 東西大学校(동서대학교 トンソデハッキョ) 同徳女子大学校(동덕여자대학교 トンドンニョジャデハッキョ) 東洋大学校(동양대학교 トンヤンデハッキョ) な ナザレ大学校(나사렛대학교 ナサレッテハッキョ) 南ソウル大学校(남서울대학교 ナムソウルデハッキョ) は 漢陽大学校(한양대학교 ハニャンデハッキョ) 漢拏大学校(한라대학교 ハルラデハッキョ) 翰林大学校(한림대학교 ハルリムデハッキョ) 漢麗大学校(한려대학교 ハルリョデハッキョ) 韓国外国語大学校(한국외국어대학교 ハングゲグゴデハッキョ) 韓国技術教育大学校(한국기술교육대학교 ハングッキスルキョユクテハッキョ) 韓国国際大学校(한국국제대학교 ハングククチェデハッキョ) 韓国産業技術大学校(한국산업기술대학교 ハングクサノプキスルテハッキョ) 韓国航空大学校(한국항공대학교 ハングカンゴンデハッキョ) 韓神大学校(한신대학교 ハンシンデハッキョ) 韓世大学校(한세대학교 ハンセデハッキョ) 韓瑞大学校(한서대학교 ハンソデハッキョ) 漢城大学校(한성대학교 ハンソンデハッキョ) 韓南大学校(한남대학교 ハンナムデハッキョ) 協成大学校(협성대학교 ヒョプソンデハッキョ) 平沢大学校(평택대학교 ピョンテクテハッキョ) 釜山外国語大学校(부산외국어대학교 プサネグゴデハッキョ) 釜山カトリック大学校(부산가톨릭대학교 プサンガトルリクテハッキョ) 白石大学校(백석대학교 ペクソクテハッキョ) 湖原大学校(호원대학교 ホウォンデハッキョ) 湖西大学校(호서대학교 ホソデハッキョ) 湖南大学校(호남대학교 ホナムデハッキョ) 浦項工科大学校(포항공과대학교 ポハンゴンクァデハッキョ) 弘益大学校(홍익대학교 ホンイクテハッキョ) ま 明知大学校(명지대학교 ミョンジデハッキョ) や 延世大学校(연세대학교 ヨンセデハッキョ) 嶺南大学校(영남대학교 ヨンナムデハッキョ) ら ルター大学校(루터대학교 ルトデハッキョ)この一覧は未完成です。
大韓民国第一共和国
『第一共和国 (大韓民国)』より : 第一共和国(だいいちきょうわこく)とは、大韓民国で1948年8月15日の建国から1960年の四月革命による李承晩の大統領辞任までの期間に存在した政体。李承晩が全期間に亘り大統領を務め、独裁政治体制を構築した。 成立 第一共和国は、在朝鮮アメリカ陸軍司令部軍政庁(USAMGIK)の統治を引き継いで成立した、大韓民国最初の共和憲政体制であった。1948年5月10日に実施された制憲国会の議員を選出する総選挙は、USAMGIKが統治していた北緯38度線以南の南朝鮮単独で実施された。左翼はこの総選挙をボイコットしたため、制憲国会の構成員は極めて反共色が強かった。 制憲国会が7月17日に制定・公布した第一共和国憲法は、国家制度として大統領に強力な権限を与えた大統領制を採用したが、大統領の選出は国会による間接選挙とされた。また、大韓民国が朝鮮全域を領有する正統な国家であるとも規定した。7月17日には大統領の選出も行なわれ、アメリカ合衆国が推す親米派の李承晩が初代大統領に就任した。李も徹底した反共主義者だった。 その後、マッカーサーGHQ総司令官臨席のもとで、8月15日に李承晩が大韓民国の樹立を宣言し、大韓民国は公式的に独立国となった。
大韓民国の政治
大韓民国の政治(だいかんみんこくのせいじ)では、大韓民国(韓国)の政治体制について記述する。韓国では、国家再建最高会議 軍政期を除いて、建国以来一貫して共和制 共和・立憲主義 憲政体制を採用している。主にアメリカ合衆国の政治体制を参照しており、行政、立法、司法の三権分立による政治体系を通じて、円滑な政府の国家運営を保持している。
国家体制(政治体制)を定める憲法は、大韓民国憲法である。建国直前の1948年7月17日に採択され、当初から一貫して、統治機構は国会 (大韓民国) 国会、大韓民国の政治#司法 裁判所、大韓民国の政治#行政 行政府が立法、司法、行政の職能をそれぞれ行使する三権分立体制を規定している。
制定以降、憲法は9回の改憲を経て現在に至っている。特に、国家体制を大きく変えた5回の改憲は韓国憲政の歴史的な一区切りとされ、それぞれの時期に存続していた憲法は第一憲法 - 第六憲法と呼称されている。それにともない、各憲法に基づいて構成されていた政体も、第一共和国 (大韓民国) 第一共和国 - 第六共和国 (大韓民国) 第六共和国と呼称されている。しかし、歴代改憲の中には、大統領 (大韓民国) 大統領が政治的な事件を引き起こし、再任を求めて実施した事例もある。そのため、幾多にもわたる改憲は、韓国が反復的な体制改革を進行させ、徐々に大統領の権威主義的体制から民主的体制へと向かった歴史を反映している。

大韓民国の国旗
大韓民国の国旗(だいかんみんこくのこっき)は通称太極旗(たいきょくき)と呼ばれる旗である。白地の中央に置かれた赤と青の2色からなる「陰陽」で「太極」を表し、その周囲四隅に「卦」が配置されたデザインとなっている。太極旗のデザインは大韓民国の法令によって定められており(後述)、太極の青色部を上にして旗を掲揚するのは逆さであり誤りである。 太極旗は、李氏朝鮮(高宗)時代の1883年旧暦1月27日に朝鮮国の国旗として初めて公布され、朝鮮独立運動を通じて朝鮮民族を象徴する旗として認知された。その後、1948年8月15日に大韓民国が独立を果たすと、1949年10月15日に大韓民国の国旗として法令でデザインが確定した。ここでは、太極旗の変遷と現状について主に記述する。 太極旗の歴史 太極旗制定の背景 太極旗を初めて国旗として使用したのは朝鮮国(李氏朝鮮)であるが、李氏朝鮮が太極旗を自国の国旗とした経緯については明確に分かっていない。
大韓民国気象庁
title=気象庁
alphabet-type=英語表記
alphabet Korea Meteorological Administration
hangeul=기상청
hanja=氣象廳
katakana=キサンチョン
気象庁(きしょうちょう、Korea Meteorological Administration)は韓国の大韓民国環境部 環境部傘下の行政機関 国家行政機関。役割は日本の気象庁とほぼ同じ。1990年12月に中央気象台から気象庁へと昇格した。本庁はソウル特別市銅雀区気象庁通り45にある。
1904年3月 - 韓国最初の近代的気象観測施設である臨時観測所が設置される。
1908年4月 - 大韓帝国農商工部所属下に観測所を設置。
1949年8月 - 国立中央観象台発足。
1963年2月 - 国立中央観象台を中央観象台に改称。
1967年4月 - 交通部から大韓民国科学技術部 科学技術処に移管。
1982年1月 - 中央観象台を中央気象台に、地台を地方気象台に改称。

大韓民国の国歌
「愛国歌」(あいこくか、朝鮮語: 애국가/愛國歌、Aegukga, エーグッカ)は大韓民国(韓国)の国歌である。ただし法律上の定めはない。 作詞者は不明。尹致昊が大韓帝国の国歌を作詞したとする資料がある。作曲者は安益泰。 「大韓帝国愛国歌」は、「君が代」の編曲者であるフランツ・エッケルトが、朝鮮の民族音楽を取り入れて作曲したもので、歌詞も現在のものとは違い、作詞は閔泳煥だったといわれている。 音程が高いため、声変わりをした男性には歌いづらいとの指摘がある。そのため2014年8月、教育現場では新たに音程を2つ下げた愛国歌が導入された。 経過 現在の愛国歌の歌詞は、1896年の獨立門定礎式の際、白頭山を歌った愛国詩にアメリカ人宣教師たちが賛美歌として伝えたスコットランド民謡 "Auld Lang Syne"(日本では「蛍の光」)のメロディーをつけて歌ったものとも、また三・一運動直後、上海で樹立された大韓民国臨時政府により採用されたものとも言われる。
大韓民国国歌
『大韓民国の国歌』より : 「愛国歌」(あいこくか、朝鮮語: 애국가/愛國歌、Aegukga, エーグッカ)は大韓民国(韓国)の国歌である。ただし法律上の定めはない。 作詞者は不明。尹致昊が大韓帝国の国歌を作詞したとする資料がある。作曲者は安益泰。 「大韓帝国愛国歌」は、「君が代」の編曲者であるフランツ・エッケルトが、朝鮮の民族音楽を取り入れて作曲したもので、歌詞も現在のものとは違い、作詞は閔泳煥だったといわれている。 音程が高いため、声変わりをした男性には歌いづらいとの指摘がある。そのため2014年8月、教育現場では新たに音程を2つ下げた愛国歌が導入された。 経過 現在の愛国歌の歌詞は、1896年の獨立門定礎式の際、白頭山を歌った愛国詩にアメリカ人宣教師たちが賛美歌として伝えたスコットランド民謡 "Auld Lang Syne"(日本では「蛍の光」)のメロディーをつけて歌ったものとも、また三・一運動直後、上海で樹立された大韓民国臨時政府により採用されたものとも言われる。
大韓民国国務総理
『国務総理 (大韓民国)』より : 国務総理(こくむそうり)は、大韓民国において、行政府の首班である大統領を補佐する機関、官職。首相に相当し、日本の報道などでも「首相」と表記される。 建国当時の政治状況から、大統領制と議院内閣制の折衷として設けられた。従ってその権限は限定的である。 権限 大韓民国憲法の規定によれば、国務総理は大統領を補佐し、行政に関する大統領の命令を受け、各行政機関(部処庁)を統括する役割を有している(憲法第86条第2項)。そのため、大統領が議長を務める国務会議(日本の閣議に相当)では副議長を勤め(第88条第3項)、大統領が任命する国務委員(日本の国務大臣に相当)を提請する任を有する(第87条第1項)。また、国務総理は、国務委員の解任を大統領に建議することもできる(第87条第3項)。なお、大統領が、弾劾などによる欠位、或いは事故による職務遂行不能状態に陥ったときには、国務総理が大統領の任務を代行する(第71条)。 選出 国務総理は、国会の同意を得て、大統領が任命する(憲法第86条第1項)。
大韓民国の警察
『韓国の警察』より : 大韓民国の警察(だいかんみんこくのけいさつ)は、大韓民国の行政自治部(旧内務部)の管轄下にある警察庁及び地方警察庁等の警察組織である。 韓国の警察の体制は日本の警察同様の典型的な国家警察であり、アメリカ合衆国の警察のような形態ではない。このような形態は日本統治時代の朝鮮の警察制度が、南北間の軍事的緊張状態のなかで残存したと見ることもできる。最新統計によれば、警察人員総数は約96,000人である。なお韓国警察の緊急通報用電話番号は112番。 なお済州特別自治道については、2006年、自治警察制導入を謳った地方分権特別法に基づき、最初の自治警察団が設置されている。 組織 行政自治部に所属する警察庁が警察大学、警察教育院、中央警察学校、警察捜査研修院、警察病院及び1特別市、6広域市、9道に設置された16地方警察庁を統括する。警察庁の内部組織は生活安全局、捜査局、サイバー安全局、交通局、警備局、情報局、保安局、外事局の8局からなる。また地方警察庁は市・道知事の所属下に置かれ、所轄の警察署を管轄するが、市・道知事には指揮監督権がなく、中央の警察庁が一括して指揮監督することになっている。
大韓民国海洋警察庁
title=海洋警察庁
alphabet-type=英語 英文
alphabet=Korea Coast Guard
hangeul=해양경찰청
hanja=海洋警察廳
katakana=ヘヤンキョンチャルチョン
海洋警察庁(かいようけいさつちょう, Republic of Korea Coast Guard)は大韓民国の沿岸警備隊。日本の海上保安庁に相当する。かつては“National Maritime Police Agency KOREA”と称していた。
大韓民国国土海洋部(省)の外庁として、海上犯罪取締り、密輸・密入国の監視と取締まり、海難救助、領海警備、海洋環境保全、海上交通安全などを任務とする。 陸の警察との結びつきが強く、幹部は警察庁出身者で占められ、階級名称も警察官と同じである。2008年現在、総人員10,977名と艦艇大小278隻、航空機17機を有する(『2009年海洋警察白書』)。なお、海洋警察庁は発足以来、竹島_(島根県) 竹島(韓国名、独島)の領海警備を行っている。

大韓民国臨時政府
大韓民国臨時政府 大韓民國臨時政府 国の標語: 大韓獨立萬歲 (대한독립만세)国歌: 愛国歌 大韓民国臨時政府(だいかんみんこくりんじせいふ)は、1919年(大正8年)の日本統治時代の朝鮮で起こった三・一運動後、海外で朝鮮の独立運動を進めていた活動家李承晩・呂運亨・金九らによって、中華民国の上海市で結成された臨時政府である。 日中戦争勃発後は所在地を転々と移動し、最終的に重慶に落ち着いたが、枢軸国・連合国双方からいかなる地位も認められず、国際的承認は得られなかった。ただし大韓民国の現行憲法の前文には「大韓国民は3・1運動で成立した大韓民国臨時政府の法統」と「4・19民主理念」を継承すると書かれている。 創設 三・一独立運動後、独立運動の継続と拡大のため、内外各地で政府樹立の計画が進められていた。当時、上海には多くの朝鮮人独立運動家が集結していたが、彼らは臨時議政院を設立し、李承晩を首班とする閣僚を選出、臨時憲章を制定し、1919年4月、大韓民国臨時政府の樹立を宣言した。
大韓民国上海臨時政府
『大韓民国臨時政府』より : 大韓民国臨時政府 大韓民國臨時政府 国の標語: 大韓獨立萬歲 (대한독립만세)国歌: 愛国歌 大韓民国臨時政府(だいかんみんこくりんじせいふ)は、1919年(大正8年)の日本統治時代の朝鮮で起こった三・一運動後、海外で朝鮮の独立運動を進めていた活動家李承晩・呂運亨・金九らによって、中華民国の上海市で結成された臨時政府である。 日中戦争勃発後は所在地を転々と移動し、最終的に重慶に落ち着いたが、枢軸国・連合国双方からいかなる地位も認められず、国際的承認は得られなかった。ただし大韓民国の現行憲法の前文には「大韓国民は3・1運動で成立した大韓民国臨時政府の法統」と「4・19民主理念」を継承すると書かれている。 創設 三・一独立運動後、独立運動の継続と拡大のため、内外各地で政府樹立の計画が進められていた。当時、上海には多くの朝鮮人独立運動家が集結していたが、彼らは臨時議政院を設立し、李承晩を首班とする閣僚を選出、臨時憲章を制定し、1919年4月、大韓民国臨時政府の樹立を宣言した。
大韓民国海軍艦艇一覧
大韓民国海軍艦艇一覧は、大韓民国海軍が過去保有した、または現在保有する、または将来保有する予定の、未完成・計画中止を含めた歴代艦艇一覧である。
大韓民国海軍の現在就役している艦艇は大韓民国海軍装備品一覧を、
海洋警察庁の現行船艇については、海洋警察庁装備品一覧を、
海洋警察庁の歴代船艇については、海洋警察庁船艇一覧を参照のこと。
Wikipedia‐ノート:ウィキプロジェクト 船/記事名/船種表記/艦艇一覧表記の検討 凡例
国防予算:269億ドル(+32億ドル)
海軍人員:3万3,000名
艦船隻数:198隻(+8隻)
:潜水艦×13(+1)
:駆逐艦×10(+4)
:フリゲート×9
:コルベット×28
:高速艇×82(-1)
:掃海艇×9
:機雷敷設艦×1
:強襲揚陸艦×1
:戦車揚陸艦×6
:ホバークラフト×5(+4)

大韓民国の鉄道
大韓民国の鉄道(だいかんみんこくのてつどう)では、大韓民国(韓国)で運行されている鉄道について記す。 日本統治時代の朝鮮の朝鮮総督府が経営していた鉄道は、朝鮮総督府鉄道を参照。 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の鉄道は、朝鮮民主主義人民共和国の鉄道の項を参照。 2014年3月現在、韓国の鉄道にはごく一部(ソウル市メトロ9号線・新盆唐線・釜山-金海軽電鉄など)を除いて私鉄が存在せず、 (1) 「韓国鉄道公社」の運営する一般鉄道路線・広域電鉄(旧・韓国国鉄)と、 (2) 各都市の公社・公団が運営する地下鉄に二分できる。幹線は標準軌で建設され、第二次世界大戦・朝鮮戦争の後に建設された地下鉄もそれを踏襲し、すべての路線が標準軌で建設されることとなった。 なお2014年現在、営業用車両で先頭車に非常用ではない貫通扉を装備した車両は存在しない。 沿革 韓国初の鉄道は、1899年9月にソウル南部の漢江西岸にある鷲梁津と仁川の間で開通した。これが現在の京仁線および京釜線の一部であり、アメリカ人実業家モールスによって建設が開始されたが、その途中で日本の渋沢栄一らに鉄道敷設権が譲渡され、京仁鉄道合資会社によって工事が完成した。
大韓民国の教育
大韓民国の教育(だいかんみんこくのきょういく, Education in South Korea)では、大韓民国の学校教育・家庭教育・社会教育など、教育(교육, キョユク)全般を扱う。 初中等教育 義務教育は初等学校(チョドゥンハッキョ、초등학교)から中学校(チュンハッキョ、중학교)まで(6歳~14歳)の9年間で、初等学校(1995年に「国民学校」から改称)は1953年、中学校は2004年に無償で完全義務教育化された。全国5384校の初等学校のほとんどが公立で、全国の中学校数は2809校、公立と私立の比率は3:1である。高校進学率は99.6%とほぼ全員が進学する。英語教育は初等学校3年生から開始される。漢字教育は禁止されていないが、義務付けられてもいない。 高等学校(コドゥンハッキョ、고등학교)は大学進学を目標とする一般校と就職を目標とする実業系校の2種類がある。全国には1995校の高等学校があり、一般校と実業系校の割合は約3:2、公立と私立の割合は約6:5となっている。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)  



 東アジア  台湾 | 大韓民国 | 中国 | 香港 | マカオ | モンゴル
 南アジア  インド | インドネシア | カンボジア | シンガポール | スリランカ | タイ |
 ネパール | バングラデシュ | パキスタン | フィリピン | ベトナム |
 マレーシア | ミャンマー | ラオス
 中近東  アラブ首長国連邦 | イスラエル | イラク | イラン | サウジアラビア |
 シリア | トルコ | ヨルダン | レバノン
 ヨーロッパ  アイスランド | アイルランド | イギリス | イタリア | ウクライナ |
 ウズベキスタン | エストニア | オーストリア | オランダ | ギリシャ |
 クロアチア | スイス | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア |
 チェコ | デンマーク | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド |
 フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ |
 モナコ | ラトビア | リトアニア | ルーマニア | ルクセンブルク | ロシア
 アフリカ  エジプト | ケニア | ジンバブエ | タンザニア | チュニジア | ボツワナ |
 マダガスカル | 南アフリカ | モーリシャス | モロッコ | リビア
 北アメリカ  アメリカ | カナダ
 中央・南アメリカ  アルゼンチン | エクアドル | キューバ | グアテマラ | ジャマイカ | チリ |
 バハマ | パナマ | ブラジル | ベネズエラ | ペルー | メキシコ
 太平洋地域  北マリアナ諸島 | グアム | ハワイ | ミクロネシア
 オセアニア  オーストラリア | ニューカレドニア | ニュージーランド | バヌアツ |
 パプアニューギニア | パラオ | フィジー諸島 | フランス領ポリネシア |
 マーシャル諸島




▼外国語翻訳・海外通訳 サービス内容一覧
■外国語・多言語翻訳

激安翻訳サービス高品質翻訳サービス専門翻訳サービス一般文書・書類翻訳論文翻訳添付文書翻訳字幕翻訳映像翻訳音声翻訳法律翻訳・法務翻訳・契約書翻訳薬事法や医薬翻訳・医学翻訳技術関連文書翻訳技術マニュアル翻訳コンピュータ・IT技術・情報通信に特化した翻訳契約書翻訳経済翻訳金融翻訳財務翻訳産業翻訳化学技術翻訳土木・建築翻訳産業技術翻訳戸籍謄本翻訳メール文書翻訳英文翻訳英和和英翻訳ハングル翻訳和訳WEBサイト・ホームページ翻訳ネイティブ翻訳文書校正日本語翻訳テキスト翻訳日中翻訳仏語翻訳独語翻訳

■国際ビジネス支援サービス
輸出入代行・通信代行、海外販路獲得サポート海外との連絡代行海外への外注現地通訳サービス海外B2B商取引ポータル・サイト登録申請代行
■海外法人会社設立支援サービス
海外法人会社設立海外独立起業支援海外銀行口座開設(法人口座、個人口座) 国際カードの取得サポート
■海外諸外国の調査サービス

海外の展示会・見本市調査世界各国の情報収集リサーチ海外での市場調査海外企業の信用調査海外での提携先探し海外企業の謄本取得代行(登記簿謄本・商業登記簿・不動産登記簿)


▼外国語翻訳・取り扱い言語一覧
■ヨーロッパ地域の言語
イタリア語翻訳  スペイン語翻訳  フランス語(仏語)翻訳  ポルトガル語翻訳  オランダ語翻訳  ドイツ語(独語翻訳)  ウクライナ語翻訳  エストニア語翻訳  カザフ語翻訳  カタルーニャ語翻訳  ギリシャ語翻訳  クロアチア語翻訳  セルビア語翻訳  チェコ語翻訳  スロベニア語翻訳  デンマーク語翻訳  スウェーデン語翻訳  ノルウェー語翻訳  ハンガリー語翻訳  マジャル語翻訳  ラテン語翻訳  ポーランド語翻訳  ルーマニア語翻訳  フィンランド語翻訳  ブルガリア語翻訳  ロシア語翻訳  アルバニア語翻訳  バスク語翻訳  ベラルーシ語翻訳  ブルターニュ語翻訳  カタロニア語翻訳  チェチェン語翻訳  エスペラント語翻訳  フリースランド語翻訳  ガリシア語翻訳  グルジア語翻訳   アイスランド語翻訳  アイルランド語翻訳  ラトビア語翻訳  リトアニア語翻訳  サルデーニャ語翻訳  スロバキア語翻訳  ウェールズ語翻訳  イディッシュ語翻訳
■アジア地域の言語

中国語(北京語・広東語)翻訳  韓国語(ハングル)翻訳  タイ語翻訳  ベトナム語翻訳  インドネシア語翻訳  カンボジア語翻訳  クメール語翻訳  ジャワ語翻訳  シンハラ語翻訳  ネパール語翻訳  パキスタン語翻訳  ウルドゥー語翻訳  ヒンディー語翻訳 フィリピン語翻訳  タガログ語翻訳  ベンガル語翻訳  マラチヒ語翻訳  マレー語翻訳  ミャンマー語翻訳 モンゴル語翻翻訳訳 ラオス語翻訳  繁体字翻訳  簡体字翻訳  貴州語翻訳  湖南語翻訳  広東語翻訳  四川語翻訳  上海語翻訳  台湾語翻訳 福建語翻訳  北京語翻訳  セブアノ語翻訳  日本語翻訳  マオリ語翻訳  パンジャビ語翻訳  サンスクリット語翻訳  チベット語翻訳  フィリピノ語翻訳  セブ語翻訳  ビサヤ語翻訳  ビサイヤ語翻訳  ピリピノ語翻訳  ヒリガイノン語翻訳

■アフリカ・中東地域の言語
クルド語翻訳  アラビア語翻訳  アシャンテ語翻訳  ウガンダ語翻訳  スワヒリ語翻訳  トルコ語翻訳  ヨルバ語翻訳  バンバラ語翻訳   ヘブライ語翻訳  ペルシア語翻訳  ナイジェリア語翻訳  アフリカーンス語翻訳  ダリ語翻訳  イボ語翻訳  タミル語翻訳
Copyright (C) 2005 - 2017 GLOBAL-EYE All Rights Reserved.


[PR] 激安販促品/デザイン印刷/激安ノベルティ 激安のぼり販売 激安仕入れ/激安問屋/激安海外輸入 カントリー雑貨の通販 雑貨問屋/雑貨卸し
  激安翻訳・格安通訳 ホームページ制作/WEBデザイン作成/システム開発(栃木県小山市) 激安ホームページ制作/激安更新システム付きホームページ作成