スロベニア(ヨーロッパ)言語翻訳|激安翻訳(文書翻訳 論文翻訳 文書校正 テキスト翻訳 音声翻訳 映像翻訳 和訳) 海外進出ビジネス支援 海外会社設立 海外調査

翻訳、通訳、海外ビジネス展開支援・コンサルティングのグローバルアイ
翻訳、通訳サービス グローバルアイ トップページ サイトマップリンク
翻訳サービス 国際ビジネス 会社設立支援 海外調査 料金一覧 取り扱い言語 お問い合わせ
ビジネスパートナー登録
対象地域
登録フォーム



お見積もり
>>無料!お見積もりはこちらから。



お問い合わせ
>>お気軽にお問い合わせください。



ビジネスパートナー・提携業者募集
>>弊社と業務提携を結ぶ
業者様を募集しております。


フリーランス翻訳者募集
>>各国の翻訳・通訳スタッフを
募集しております。


多言語ホームページ制作会社募集
>>多言語ホームページ制作
会社を募集しております。


日本進出の海外企業顧問ご紹介
>>日本進出の海外企業の
顧問をご紹介いたします。



.・

世界中にるネットワークで、スピーディーで正確な翻訳が可能!

翻訳、通訳サービスにより、海外進出・展開を狙う企業様を応援いたします。


対象地域


翻訳、通訳、海外ビジネス展開支援のビジネスパートナー・提携業者募集!

グローバルアイでは、以下地域にてビジネスパートナーとなる提携業者を募集しております。
「登録型」となっておりますので、企業や学校、個人からの依頼を受けて、皆様が登録した内容を元に、検索を行い、お仕事をやって頂きます。
仕事は専門分野、住んでいる地域、過去の実勢を総合した上、通常はPCメールにてお知らせ致します。

→登録フォームはこちらから



English
 スロベニア
 リュブリアナ


 Wikipediaスロベニア情報

スロベニア
スロベニア共和国(スロヴェニア共和国) Republika Slovenija 国の標語:なし 国歌:祝杯 スロベニアの位置 スロベニア共和国(スロベニアきょうわこく、スロベニア語: Slovenija: SI-Slovenija.ogg [sloˈveːnija])、通称スロベニア、スロヴェニアは、中央ヨーロッパに位置する国で 、主要なヨーロッパの文化や交易の交差路である。 スロベニアは西はイタリア、北はオーストリア、南や南東はクロアチア、北東でハンガリーとそれぞれ国境を接している。国土面積は20,273km2 (7,827 sq mi)で、人口は205万人を擁する。議会制共和国で、欧州連合や北大西洋条約機構の加盟国である。スロベニアではアルプス山脈とディナル・アルプス山脈、地中海のアドリア海に沿った少ない海岸部分のヨーロッパの4つの大きな地理的な部分が接している。
スロベニア共和国
『スロベニア』より : スロベニア共和国(スロヴェニア共和国) Republika Slovenija 国の標語:なし 国歌:祝杯 スロベニアの位置 スロベニア共和国(スロベニアきょうわこく、スロベニア語: Slovenija: SI-Slovenija.ogg [sloˈveːnija])、通称スロベニア、スロヴェニアは、中央ヨーロッパに位置する国で 、主要なヨーロッパの文化や交易の交差路である。 スロベニアは西はイタリア、北はオーストリア、南や南東はクロアチア、北東でハンガリーとそれぞれ国境を接している。国土面積は20,273km2 (7,827 sq mi)で、人口は205万人を擁する。議会制共和国で、欧州連合や北大西洋条約機構の加盟国である。スロベニアではアルプス山脈とディナル・アルプス山脈、地中海のアドリア海に沿った少ない海岸部分のヨーロッパの4つの大きな地理的な部分が接している。
スロベニア独立戦争
『十日間戦争』より : 十日間戦争(とおかかんせんそう)またはスロベニア独立戦争(スロベニア語: Slovenska osamosvojitvena vojna)は、1991年、スロベニアの独立宣言を受けてユーゴスラビア連邦軍が、スロベニアに侵攻して展開された戦闘である。この戦闘自体は1991年6月27日から10日間程度で終結したが、この戦争が泥沼化するユーゴスラビア紛争の嚆矢になった。スロベニア自体は独立反対派の急先鋒であったセルビアと直接国境を接しておらず、スロベニアとセルビアの間にあったクロアチアも同時に独立を宣言したため、セルビアの戦闘継続能力が削がれた事と、スロベニア国内にセルビア側に加担する動きが皆無だった事がこの戦争の短期間での終結に繋がった。スロベニアに侵攻した連邦軍の司令官はスロベニア人だった。 背景 当時のスロベニアの特徴としてユーゴスラビア構成国の中では最も高い経済水準、そして民族の均一度の高さがあった。また1980年代以降ユーゴスラビア全土に広まったナショナリズムの傾向も背後にあった。 経済水準の高さ スロベニアは現在でも経済水準の高い国である。
スロベニアの地方行政区画
スロベニアの地方行政区画(スロベニアのちほうぎょうせいくかく)では、スロベニアの地方行政区画について述べる。 市 スロベニアは212の市(自治体、občina)がある。そのうち、特に人口の多い11の市は、特別の地位にある(日本の政令指定都市に相当する。太字で表示)。市名の横の番号はひらがな順に付けてある(太字番号は行が変わったことを示す)。 市の一覧 伝統的な地方 スロベニアには7つの伝統的な地方がある。ただし、行政区画としては区分されていない(日本における東北地方や関東地方などに相当する)。 プリモルスカ地方(海岸地方)(Primorska) クラニスコ(クライン、カルニョーラ)地方 (Kranjsko(2a,2b,2cを合わせた地域) 2a. ゴレンスカ地方(高地)(Gorenjska) 2b. ノトランスカ地方(Notranjska) 2c. ドレンスカ地方(低地)(Dolenjska)、(ドレンスカ地方はベラ・クライナ地方(Bela krajina)を含む) コロシュカ地方(ケルンテン、カリンティア)(Koroška) シュタイエルスカ地方(シュタイアーマルク)(Štajerska) プレクムリェ地方(ムラメンテ)(Prekmurje) 関連項目 スロベニアの都市の一覧 List of cities in Slovenia オプシュティナ ISO 3166-2:SI。
スロベニアのユーロ硬貨
ユーロ (EUR , €) は、欧州連合に加盟しているスロベニアを含む多くの国で使われている通貨である。
ユーロ硬貨の片面はユーロ圏全域共通のデザイン、もう片面は各国の独自のデザインとなっている。各国共通の表面の詳細はユーロ硬貨を参照。2ユーロ硬貨以外の縁(へり)のデザインもまた、全域で共通である。独自デザインとされている裏面も、欧州連合を象徴する12個の星と発行年を西暦で表示することは共通である。
スロベニアのユーロ硬貨は、Miljenko Licul、Maja Licul、Janez Boljkaの3人によってデザインされ、8種類それぞれ違った図柄が描かれている。
また、スロベニア語で「スロベニア」を意味するSLOVENIJAの文字が記されている。
+ スロベニアのユーロ硬貨・裏面

スロベニアの都市の一覧
スロベニアの都市の一覧(スロベニアのとしのいちらん) この一覧は、スロベニアの都市の一覧である。なお、特別市は太字で示した。 アイドフシュチナ(Ajdovščina) ツェリェ (Celje) ドムジャレ(Domžale) イゾラ(Izola) イェセニツェ(Jesenice) カムニーク(Kamnik) コバリード(Kobarid) コペル (Koper) クラーニ (Kranj) カルシュコ(Krško) リュブリャナ (Ljubljana) マリボル (Maribor) ムルスカ・ソボタ (Murska Sobota) ノヴァ・ゴリツァ (Nova Gorica) ノヴォ・メスト (Novo Mesto) ピラン(Piran) ポストイナ(Postojna) プトゥイ (Ptuj) スロヴェニ・グラデツ (Slocenj Gradec) スロヴェンスカ・ビストリツァ(Slovenska Bistrica) スロヴェンスケ・コニツェ(Slovenske Konjice) シェントユル・プリ・ツェリュ(Šentjur pri Celju) シュコーフィア・ロカ(Škofja Loka) トールミン(Tolmin) タルボブリェ(Trbovlje) ヴェレニエ (Velenje) ヴィパーヴァ(Vipava) ジャレツ(Žalec) ザゴリェ・オプ・サヴィ(Zagorje ob Savi) 外部リンク スロベニアの都市 ドイツ語との地名対照表 スロベニアの都市のほとんど全てはドイツ語、西部ではイタリア語(特にプリモルスカ地方、クラニスコ)、プリモルスカでフリウリ語、ムラメンテでハンガリー語などの名称を持つ。
スロベニア語
スロベニア語(スロベニア語: slovenski jezik, slovenščina)は、インド・ヨーロッパ語族に属するスラヴ語派のうち南スラヴ語群に属する西南スラヴ語の一言語。 話者人口は約220万人で、主にスロベニア国内に居住するが、国境を越えたオーストリア南部やハンガリー西部、イタリアのトリエステにも話者が多く、地域によってドイツ語(バイエルン・オーストリア語、オーストリアドイツ語)やイタリア語とハンガリー語(マジャル語)の影響を多様性に受けている特徴があり、そのため三言語政策が採られている。スロベニアでは公用語とする。 南のセルボ・クロアチア語(クロアチア語)と親近関係にあるも文法的や発音などに異なる部分も多く、両話者間の意思疎通は割と困難であるという。スロベニア語はインド・ヨーロッパ語族のほとんどで失われた双数が保存されていることに特色がある。 ISOコード ISO 639-1コードは sl, ISO 639-2コードは slv。 方言 方言は32といわれるが、 主にPrimorska, Gorenjska, Notranjska, Dolenjska, Bela Krajina, Koroška, Štajerska, prekmurje の8つに大別される。
スロベニアの首相
スロベニア共和国首相(スロベニアきょうわこくしゅしょう、スロベニア語:Predsednik Vlade Republike Slovenije)は、スロベニアにおける行政権の長である。1991年にスロベニアがユーゴスラビア社会主義連邦共和国から独立した際に創設された。儀礼的な役割のみを担う大統領は、国民から直接選挙によって選出されるが、首相は議会から選出され、議会で過半数の支持が必要となる。 スロベニア社会主義共和国の政府首班 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の構成国の一つであったスロベニア社会主義共和国(1943年~1990年)における、政府首班の役職名および歴代の在職者の一覧は以下の通り。 スロベニア大臣(ユーゴスラビア連邦の閣僚) エドヴァルト・コツベク(Edvard Kocbek、1945年3月7日 - 1945年5月5日) 首相 ボリス・キドリッチ(Boris Kidrič、1945年5月5日 - 1946年6月) ミハ・マリンコ(Miha Marinko、1946年6月 - 1953年) 行政評議会議長 ミハ・マリンコ(Miha Marinko、1953年 - 1953年12月15日) ボリス・クライガー(Boris Kraigher、1953年12月15日 - 1962年6月25日) ヴィクトル・アウベリ(Viktor Avbelj、1962年6月25日 - 1965年) ヤンコ・スモレ(Janko Smole、1965年 - 1967年) スタネ・カフチッチ(Stane Kavčič、1967年 - 1972年12月27日) アンドレイ・マリンツ(Andrej Marinc、1972年11月27日 - 1978年4月) アントン・ウラトゥシャ(Anton Vratuša、1978年4月 - 1980年7月) ヤネス・ゼムリャリッチ(Janez Zemljarič、1980年6月 - 1984年5月23日) ドゥシャン・シニゴイ(Dušan Šinigoj、1984年5月23日 - 1990年5月16日) スロベニア共和国の首相 民主化後のスロベニア共和国(1990年~1991年)およびユーゴスラビア社会主義連邦共和国から独立後の同国(1991年以降)における、歴代首相の一覧は以下の通り。
スロベニア首相
『スロベニアの首相』より : スロベニア共和国首相(スロベニアきょうわこくしゅしょう、スロベニア語:Predsednik Vlade Republike Slovenije)は、スロベニアにおける行政権の長である。1991年にスロベニアがユーゴスラビア社会主義連邦共和国から独立した際に創設された。儀礼的な役割のみを担う大統領は、国民から直接選挙によって選出されるが、首相は議会から選出され、議会で過半数の支持が必要となる。 スロベニア社会主義共和国の政府首班 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の構成国の一つであったスロベニア社会主義共和国(1943年~1990年)における、政府首班の役職名および歴代の在職者の一覧は以下の通り。 スロベニア大臣(ユーゴスラビア連邦の閣僚) エドヴァルト・コツベク(Edvard Kocbek、1945年3月7日 - 1945年5月5日) 首相 ボリス・キドリッチ(Boris Kidrič、1945年5月5日 - 1946年6月) ミハ・マリンコ(Miha Marinko、1946年6月 - 1953年) 行政評議会議長 ミハ・マリンコ(Miha Marinko、1953年 - 1953年12月15日) ボリス・クライガー(Boris Kraigher、1953年12月15日 - 1962年6月25日) ヴィクトル・アウベリ(Viktor Avbelj、1962年6月25日 - 1965年) ヤンコ・スモレ(Janko Smole、1965年 - 1967年) スタネ・カフチッチ(Stane Kavčič、1967年 - 1972年12月27日) アンドレイ・マリンツ(Andrej Marinc、1972年11月27日 - 1978年4月) アントン・ウラトゥシャ(Anton Vratuša、1978年4月 - 1980年7月) ヤネス・ゼムリャリッチ(Janez Zemljarič、1980年6月 - 1984年5月23日) ドゥシャン・シニゴイ(Dušan Šinigoj、1984年5月23日 - 1990年5月16日) スロベニア共和国の首相 民主化後のスロベニア共和国(1990年~1991年)およびユーゴスラビア社会主義連邦共和国から独立後の同国(1991年以降)における、歴代首相の一覧は以下の通り。
スロベニア首相の一覧
『スロベニアの首相』より : スロベニア共和国首相(スロベニアきょうわこくしゅしょう、スロベニア語:Predsednik Vlade Republike Slovenije)は、スロベニアにおける行政権の長である。1991年にスロベニアがユーゴスラビア社会主義連邦共和国から独立した際に創設された。儀礼的な役割のみを担う大統領は、国民から直接選挙によって選出されるが、首相は議会から選出され、議会で過半数の支持が必要となる。 スロベニア社会主義共和国の政府首班 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の構成国の一つであったスロベニア社会主義共和国(1943年~1990年)における、政府首班の役職名および歴代の在職者の一覧は以下の通り。 スロベニア大臣(ユーゴスラビア連邦の閣僚) エドヴァルト・コツベク(Edvard Kocbek、1945年3月7日 - 1945年5月5日) 首相 ボリス・キドリッチ(Boris Kidrič、1945年5月5日 - 1946年6月) ミハ・マリンコ(Miha Marinko、1946年6月 - 1953年) 行政評議会議長 ミハ・マリンコ(Miha Marinko、1953年 - 1953年12月15日) ボリス・クライガー(Boris Kraigher、1953年12月15日 - 1962年6月25日) ヴィクトル・アウベリ(Viktor Avbelj、1962年6月25日 - 1965年) ヤンコ・スモレ(Janko Smole、1965年 - 1967年) スタネ・カフチッチ(Stane Kavčič、1967年 - 1972年12月27日) アンドレイ・マリンツ(Andrej Marinc、1972年11月27日 - 1978年4月) アントン・ウラトゥシャ(Anton Vratuša、1978年4月 - 1980年7月) ヤネス・ゼムリャリッチ(Janez Zemljarič、1980年6月 - 1984年5月23日) ドゥシャン・シニゴイ(Dušan Šinigoj、1984年5月23日 - 1990年5月16日) スロベニア共和国の首相 民主化後のスロベニア共和国(1990年~1991年)およびユーゴスラビア社会主義連邦共和国から独立後の同国(1991年以降)における、歴代首相の一覧は以下の通り。
スロベニア首相一覧
『スロベニアの首相』より : スロベニア共和国首相(スロベニアきょうわこくしゅしょう、スロベニア語:Predsednik Vlade Republike Slovenije)は、スロベニアにおける行政権の長である。1991年にスロベニアがユーゴスラビア社会主義連邦共和国から独立した際に創設された。儀礼的な役割のみを担う大統領は、国民から直接選挙によって選出されるが、首相は議会から選出され、議会で過半数の支持が必要となる。 スロベニア社会主義共和国の政府首班 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の構成国の一つであったスロベニア社会主義共和国(1943年~1990年)における、政府首班の役職名および歴代の在職者の一覧は以下の通り。 スロベニア大臣(ユーゴスラビア連邦の閣僚) エドヴァルト・コツベク(Edvard Kocbek、1945年3月7日 - 1945年5月5日) 首相 ボリス・キドリッチ(Boris Kidrič、1945年5月5日 - 1946年6月) ミハ・マリンコ(Miha Marinko、1946年6月 - 1953年) 行政評議会議長 ミハ・マリンコ(Miha Marinko、1953年 - 1953年12月15日) ボリス・クライガー(Boris Kraigher、1953年12月15日 - 1962年6月25日) ヴィクトル・アウベリ(Viktor Avbelj、1962年6月25日 - 1965年) ヤンコ・スモレ(Janko Smole、1965年 - 1967年) スタネ・カフチッチ(Stane Kavčič、1967年 - 1972年12月27日) アンドレイ・マリンツ(Andrej Marinc、1972年11月27日 - 1978年4月) アントン・ウラトゥシャ(Anton Vratuša、1978年4月 - 1980年7月) ヤネス・ゼムリャリッチ(Janez Zemljarič、1980年6月 - 1984年5月23日) ドゥシャン・シニゴイ(Dušan Šinigoj、1984年5月23日 - 1990年5月16日) スロベニア共和国の首相 民主化後のスロベニア共和国(1990年~1991年)およびユーゴスラビア社会主義連邦共和国から独立後の同国(1991年以降)における、歴代首相の一覧は以下の通り。
スロベニアの大統領
スロベニア共和国大統領(スロベニアきょうわこくだいとうりょう、スロベニア語:Predsednik Republike Slovenije)は、スロベニアの国家元首であり、同国がユーゴスラビア社会主義連邦共和国から独立したのに伴って、スロベニア議会が新しい憲法を制定した1991年12月23日に創設された。 憲法上はその権限は制約されており、事実上は儀礼的な役割のみとなっている。また、大統領はスロベニア軍の最高司令官である。大統領は5年ごとに、全ての成人した国民による普通選挙によって直接選出される。スロベニア国民は誰もが大統領に立候補する資格を有しているが、連続して大統領職に就けるのは2期までに制限されている。 スロベニア社会主義共和国の国家元首 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の構成国の一つであったスロベニア社会主義共和国(1943年~1990年)における、国家元首の役職名および歴代の在職者の一覧は以下の通り。
スロベニア大統領
『スロベニアの大統領』より : スロベニア共和国大統領(スロベニアきょうわこくだいとうりょう、スロベニア語:Predsednik Republike Slovenije)は、スロベニアの国家元首であり、同国がユーゴスラビア社会主義連邦共和国から独立したのに伴って、スロベニア議会が新しい憲法を制定した1991年12月23日に創設された。 憲法上はその権限は制約されており、事実上は儀礼的な役割のみとなっている。また、大統領はスロベニア軍の最高司令官である。大統領は5年ごとに、全ての成人した国民による普通選挙によって直接選出される。スロベニア国民は誰もが大統領に立候補する資格を有しているが、連続して大統領職に就けるのは2期までに制限されている。 スロベニア社会主義共和国の国家元首 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の構成国の一つであったスロベニア社会主義共和国(1943年~1990年)における、国家元首の役職名および歴代の在職者の一覧は以下の通り。
スロベニア大統領一覧
『スロベニアの大統領』より : スロベニア共和国大統領(スロベニアきょうわこくだいとうりょう、スロベニア語:Predsednik Republike Slovenije)は、スロベニアの国家元首であり、同国がユーゴスラビア社会主義連邦共和国から独立したのに伴って、スロベニア議会が新しい憲法を制定した1991年12月23日に創設された。 憲法上はその権限は制約されており、事実上は儀礼的な役割のみとなっている。また、大統領はスロベニア軍の最高司令官である。大統領は5年ごとに、全ての成人した国民による普通選挙によって直接選出される。スロベニア国民は誰もが大統領に立候補する資格を有しているが、連続して大統領職に就けるのは2期までに制限されている。 スロベニア社会主義共和国の国家元首 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の構成国の一つであったスロベニア社会主義共和国(1943年~1990年)における、国家元首の役職名および歴代の在職者の一覧は以下の通り。
スロベニア大統領の一覧
『スロベニアの大統領』より : スロベニア共和国大統領(スロベニアきょうわこくだいとうりょう、スロベニア語:Predsednik Republike Slovenije)は、スロベニアの国家元首であり、同国がユーゴスラビア社会主義連邦共和国から独立したのに伴って、スロベニア議会が新しい憲法を制定した1991年12月23日に創設された。 憲法上はその権限は制約されており、事実上は儀礼的な役割のみとなっている。また、大統領はスロベニア軍の最高司令官である。大統領は5年ごとに、全ての成人した国民による普通選挙によって直接選出される。スロベニア国民は誰もが大統領に立候補する資格を有しているが、連続して大統領職に就けるのは2期までに制限されている。 スロベニア社会主義共和国の国家元首 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の構成国の一つであったスロベニア社会主義共和国(1943年~1990年)における、国家元首の役職名および歴代の在職者の一覧は以下の通り。
スロベニアの国旗
スロベニアの国旗は、1991年制定された。スラブ色である白、青、赤の横縞3色に分かれる。縦横比は異なるが、この配色はスロバキアの国旗、ロシアの国旗と同様である。旗竿寄りに位置するのがスロベニアの国章である。 白、青、赤の三色旗は1848年にはじめて掲げられた。19世紀後半には、スロベニアの象徴として認識されてきている。第二次世界大戦中は、枢軸側・連合側双方の民兵が、この三色が含まれた旗を用いていた。第二次世界大戦後のユーゴスラビア社会主義連邦共和国のスロベニア社会主義共和国だった時代には、真ん中に社会主義国の象徴である赤い五角星がついていた。1991年の独立に伴い、赤い星は外され、国章が付けられた。 検討された国旗 類似の意匠 関連項目 国旗の一覧 スロベニアの国章 スロバキアの国旗- 意匠が類似している。
スロベニア・カリンティア
『コロシュカ地方』より : コロシュカ地方(スロベニア語:Koroška)は、スロベニアの伝統的な地方。行政単位としての意味は持たない。 この地方の主な都市はトラボグラート、スロヴェニ・グラデツ、ラヴネ・ナ・コロシュケム、チュルナ・ナ・コロシュケム、メージツァ、プレヴァリェ、ミスリニャ、ムタそしてラドリェ・オブ・ドラヴィである。 この地方は、隣接するオーストリアのケルンテン州と区別するために、スロベニア・カリンティア(英語:Slovene Carinthia)とも呼ばれる。 関連項目 クラニスコ地方 外部リンク コロシュカ地方(日本語)。
スロベニア芸術科学アカデミー
スロベニア芸術科学アカデミー(スロベニア語:Slovenska akademija znanosti in umetnosti, SAZU, 英語:Slovenian Academy of Sciences and Arts, SASA)は、1938年に設立されたスロベニアの国立アカデミーである。本部はスロベニア首都リュブリャナにある。 構成人数は最大で60名の正会員と30名の準会員であり、分野は以下の6分野である。 歴史、社会科学 哲学、文学 数学、物理学、化学、工学 自然科学 芸術 医学 関連項目 スロヴェニア百科事典 外部リンク スロベニア芸術科学アカデミー(英語)。
スロベニア共和国統計局
スロベニア共和国統計局(スロベニア語:Statistični urad Republike Slovenije, SURS)は、公式統計調査を担当するスロベニア政府の独立研究機関である。スロベニア共和国首相が直接責任を持っている。活動のうちの1つは、10年程度ごとに行われる全国的な国勢調査である。前回の国勢調査は2002年に行われた。 外部リンク スロベニア共和国統計局。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)  



 東アジア  台湾 | 大韓民国 | 中国 | 香港 | マカオ | モンゴル
 南アジア  インド | インドネシア | カンボジア | シンガポール | スリランカ | タイ |
 ネパール | バングラデシュ | パキスタン | フィリピン | ベトナム |
 マレーシア | ミャンマー | ラオス
 中近東  アラブ首長国連邦 | イスラエル | イラク | イラン | サウジアラビア |
 シリア | トルコ | ヨルダン | レバノン
 ヨーロッパ  アイスランド | アイルランド | イギリス | イタリア | ウクライナ |
 ウズベキスタン | エストニア | オーストリア | オランダ | ギリシャ |
 クロアチア | スイス | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア |
 チェコ | デンマーク | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド |
 フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ |
 モナコ | ラトビア | リトアニア | ルーマニア | ルクセンブルク | ロシア
 アフリカ  エジプト | ケニア | ジンバブエ | タンザニア | チュニジア | ボツワナ |
 マダガスカル | 南アフリカ | モーリシャス | モロッコ | リビア
 北アメリカ  アメリカ | カナダ
 中央・南アメリカ  アルゼンチン | エクアドル | キューバ | グアテマラ | ジャマイカ | チリ |
 バハマ | パナマ | ブラジル | ベネズエラ | ペルー | メキシコ
 太平洋地域  北マリアナ諸島 | グアム | ハワイ | ミクロネシア
 オセアニア  オーストラリア | ニューカレドニア | ニュージーランド | バヌアツ |
 パプアニューギニア | パラオ | フィジー諸島 | フランス領ポリネシア |
 マーシャル諸島




▼外国語翻訳・海外通訳 サービス内容一覧
■外国語・多言語翻訳

激安翻訳サービス高品質翻訳サービス専門翻訳サービス一般文書・書類翻訳論文翻訳添付文書翻訳字幕翻訳映像翻訳音声翻訳法律翻訳・法務翻訳・契約書翻訳薬事法や医薬翻訳・医学翻訳技術関連文書翻訳技術マニュアル翻訳コンピュータ・IT技術・情報通信に特化した翻訳契約書翻訳経済翻訳金融翻訳財務翻訳産業翻訳化学技術翻訳土木・建築翻訳産業技術翻訳戸籍謄本翻訳メール文書翻訳英文翻訳英和和英翻訳ハングル翻訳和訳WEBサイト・ホームページ翻訳ネイティブ翻訳文書校正日本語翻訳テキスト翻訳日中翻訳仏語翻訳独語翻訳

■国際ビジネス支援サービス
輸出入代行・通信代行、海外販路獲得サポート海外との連絡代行海外への外注現地通訳サービス海外B2B商取引ポータル・サイト登録申請代行
■海外法人会社設立支援サービス
海外法人会社設立海外独立起業支援海外銀行口座開設(法人口座、個人口座) 国際カードの取得サポート
■海外諸外国の調査サービス

海外の展示会・見本市調査世界各国の情報収集リサーチ海外での市場調査海外企業の信用調査海外での提携先探し海外企業の謄本取得代行(登記簿謄本・商業登記簿・不動産登記簿)


▼外国語翻訳・取り扱い言語一覧
■ヨーロッパ地域の言語
イタリア語翻訳  スペイン語翻訳  フランス語(仏語)翻訳  ポルトガル語翻訳  オランダ語翻訳  ドイツ語(独語翻訳)  ウクライナ語翻訳  エストニア語翻訳  カザフ語翻訳  カタルーニャ語翻訳  ギリシャ語翻訳  クロアチア語翻訳  セルビア語翻訳  チェコ語翻訳  スロベニア語翻訳  デンマーク語翻訳  スウェーデン語翻訳  ノルウェー語翻訳  ハンガリー語翻訳  マジャル語翻訳  ラテン語翻訳  ポーランド語翻訳  ルーマニア語翻訳  フィンランド語翻訳  ブルガリア語翻訳  ロシア語翻訳  アルバニア語翻訳  バスク語翻訳  ベラルーシ語翻訳  ブルターニュ語翻訳  カタロニア語翻訳  チェチェン語翻訳  エスペラント語翻訳  フリースランド語翻訳  ガリシア語翻訳  グルジア語翻訳   アイスランド語翻訳  アイルランド語翻訳  ラトビア語翻訳  リトアニア語翻訳  サルデーニャ語翻訳  スロバキア語翻訳  ウェールズ語翻訳  イディッシュ語翻訳
■アジア地域の言語

中国語(北京語・広東語)翻訳  韓国語(ハングル)翻訳  タイ語翻訳  ベトナム語翻訳  インドネシア語翻訳  カンボジア語翻訳  クメール語翻訳  ジャワ語翻訳  シンハラ語翻訳  ネパール語翻訳  パキスタン語翻訳  ウルドゥー語翻訳  ヒンディー語翻訳 フィリピン語翻訳  タガログ語翻訳  ベンガル語翻訳  マラチヒ語翻訳  マレー語翻訳  ミャンマー語翻訳 モンゴル語翻翻訳訳 ラオス語翻訳  繁体字翻訳  簡体字翻訳  貴州語翻訳  湖南語翻訳  広東語翻訳  四川語翻訳  上海語翻訳  台湾語翻訳 福建語翻訳  北京語翻訳  セブアノ語翻訳  日本語翻訳  マオリ語翻訳  パンジャビ語翻訳  サンスクリット語翻訳  チベット語翻訳  フィリピノ語翻訳  セブ語翻訳  ビサヤ語翻訳  ビサイヤ語翻訳  ピリピノ語翻訳  ヒリガイノン語翻訳

■アフリカ・中東地域の言語
クルド語翻訳  アラビア語翻訳  アシャンテ語翻訳  ウガンダ語翻訳  スワヒリ語翻訳  トルコ語翻訳  ヨルバ語翻訳  バンバラ語翻訳   ヘブライ語翻訳  ペルシア語翻訳  ナイジェリア語翻訳  アフリカーンス語翻訳  ダリ語翻訳  イボ語翻訳  タミル語翻訳
Copyright (C) 2005 - 2017 GLOBAL-EYE All Rights Reserved.


[PR] 激安販促品/デザイン印刷/激安ノベルティ 激安のぼり販売 激安仕入れ/激安問屋/激安海外輸入 カントリー雑貨の通販 雑貨問屋/雑貨卸し
  激安翻訳・格安通訳 ホームページ制作/WEBデザイン作成/システム開発(栃木県小山市) 激安ホームページ制作/激安更新システム付きホームページ作成