アメリカ(北アメリカ)言語|激安翻訳(文書翻訳 論文翻訳 文書校正 テキスト翻訳 音声翻訳 映像翻訳 和訳) 海外進出ビジネス支援 海外会社設立 海外調査

翻訳、通訳、海外ビジネス展開支援・コンサルティングのグローバルアイ
翻訳、通訳サービス グローバルアイ トップページ サイトマップリンク
翻訳サービス 国際ビジネス 会社設立支援 海外調査 料金一覧 取り扱い言語 お問い合わせ
ビジネスパートナー登録
対象地域
登録フォーム



お見積もり
>>無料!お見積もりはこちらから。



お問い合わせ
>>お気軽にお問い合わせください。



ビジネスパートナー・提携業者募集
>>弊社と業務提携を結ぶ
業者様を募集しております。


フリーランス翻訳者募集
>>各国の翻訳・通訳スタッフを
募集しております。


多言語ホームページ制作会社募集
>>多言語ホームページ制作
会社を募集しております。


日本進出の海外企業顧問ご紹介
>>日本進出の海外企業の
顧問をご紹介いたします。



.・

世界中にるネットワークで、スピーディーで正確な翻訳が可能!

翻訳、通訳サービスにより、海外進出・展開を狙う企業様を応援いたします。


対象地域


翻訳、通訳、海外ビジネス展開支援のビジネスパートナー・提携業者募集!

グローバルアイでは、以下地域にてビジネスパートナーとなる提携業者を募集しております。
「登録型」となっておりますので、企業や学校、個人からの依頼を受けて、皆様が登録した内容を元に、検索を行い、お仕事をやって頂きます。
仕事は専門分野、住んでいる地域、過去の実勢を総合した上、通常はPCメールにてお知らせ致します。

→登録フォームはこちらから



English
 ポーランド
 クラクフ、 トルン、 ブロツワフ、 ポズナニ、 ワルシャワ


 Wikipediaポーランド情報

ポーランド
ポーランド共和国 Rzeczpospolita Polska 国の標語:なし1 国歌:ドンブロフスキのマズルカ ポーランドの位置 注1: ポーランドには公式な標語は存在しないが、過去、国家のシンボルに、Bóg, Honor, Ojczyzna(神、名誉、祖国)などの標語が書かれたことがあった。 ポーランド共和国(ポーランドきょうわこく、ポーランド語: Rzeczpospolita Polska)、通称ポーランドは、中央ヨーロッパに位置する共和制国家。欧州連合 (EU) 、北大西洋条約機構 (NATO) の加盟国。通貨はズウォティ。首都はワルシャワ。 北はバルト海に面し、北東はロシアの飛地カリーニングラード州とリトアニア、東はベラルーシとウクライナ、南はチェコとスロバキア、西はドイツと国境を接する。 10世紀に国家として認知され、16世紀から17世紀にかけヨーロッパで広大な国の1つであったポーランド・リトアニア共和国を形成。
ポーランド電撃戦
『ポーランド侵攻』より : ポーランド侵攻(ポーランドしんこう)は、1939年9月1日にドイツ軍とその同盟軍であるスロバキア軍が、続いて1939年9月17日にソビエト連邦軍がポーランド領内に侵攻したことを指す。ポーランドの同盟国であったイギリスとフランスが相互援助条約(ポーランド・イギリス相互援助条約(英語条文、ポーランド語条文)、ポーランド・フランス相互援助条約)を元に9月3日にドイツに宣戦布告し、第二次世界大戦が始まった。 英語: Polish September Campaign(ポーランド9月作戦(又は戦闘))、あるいは Polish-German War of 1939(1939年ポーランド=ドイツ戦争) ポーランド語: Wojna obronna 1939 roku(1939年防衛戦争) ドイツ語: Polenfeldzug(ポーランド戦争) ポーランドへの侵攻作戦はソ連外相ヴャチェスラフ・モロトフとドイツ外相ヨアヒム・フォン・リッベントロップの独ソ不可侵条約調印の9日後、すなわち1939年9月1日に開始され、同年10月6日にドイツとソ連は実質的にポーランド全域の占領を完了することとなった。
ポーランド侵攻
ポーランド侵攻(ポーランドしんこう)は、1939年9月1日にドイツ軍とその同盟軍であるスロバキア軍が、続いて1939年9月17日にソビエト連邦軍がポーランド領内に侵攻したことを指す。ポーランドの同盟国であったイギリスとフランスが相互援助条約(ポーランド・イギリス相互援助条約(英語条文、ポーランド語条文)、ポーランド・フランス相互援助条約)を元に9月3日にドイツに宣戦布告し、第二次世界大戦が始まった。 英語: Polish September Campaign(ポーランド9月作戦(又は戦闘))、あるいは Polish-German War of 1939(1939年ポーランド=ドイツ戦争) ポーランド語: Wojna obronna 1939 roku(1939年防衛戦争) ドイツ語: Polenfeldzug(ポーランド戦争) ポーランドへの侵攻作戦はソ連外相ヴャチェスラフ・モロトフとドイツ外相ヨアヒム・フォン・リッベントロップの独ソ不可侵条約調印の9日後、すなわち1939年9月1日に開始され、同年10月6日にドイツとソ連は実質的にポーランド全域の占領を完了することとなった。
ポーランド人の一覧
ポーランド人の一覧(ポーランドじんのいちらん)は、ポーランド出身の著名な人物を姓の50音順に配列したものである。日本での慣例的な読みとポーランド語での読みが異なる場合(例:Wałęsa・・・pl「ヴァウェンサ」、jp「ワレサ」)、便宜的に通例日本で使用される方の読みに従う。 あ行 シュムエル・ノアハ・アイゼンシュタット (イスラエルの社会学者) サミュエル・アイレンベルグ (Samuel Eilenberg) (数学者・ユダヤ系) シュムエル・ヨセフ・アグノン (Shmuel Yosef Agnon) (作家・ユダヤ系) シモン・アシュケナージ (Szymon Aszkenazy) (歴史家・ユダヤ系) ステファン・アスケナーゼ (Stefan Askenase) (ピアニスト・ユダヤ系) イェジ・アダムスキ(ジョージ・アダムスキー) (George Adamski) (宇宙人会見者) トマシュ・アダメク (Tomasz Adamek) (プロボクサー、現WBCライトヘビー級世界チャンピオン) ショーレム・アッシュ Sholem Asch (Szolem Asz)(イディッシュ語作家・ユダヤ系) ソロモン・アッシュ (Solomon Asch) (ゲシュタルト心理学者・ユダヤ系) モー・アッシュ (Moe Asch) ヤンケル・アドラー (Jankel Adler) (画家・ユダヤ系) イェジ・アンジェイェフスキ (Jerzy Andrzejewski) (作家) アンナ・アンダーソン (Anna Anderson) (アナスタシア皇女自称者) アンナ・イェシェン (Anna Jesień) (陸上競技選手) オティリア・イェンジェイチャク (Otylia Jędrzejczak) (水泳選手) ヤドヴィガ・イェンジェヨフスカ (Jadwiga Jędrzejowska) (テニス選手) モーゼス・イッセルレス(イセレス、レマ) (Moses Isserles) (ラビ) ナフタリ・ヘルツ・インベル (Naftali Herz Imber) (ハッ=ティクワー作詞者) ミェチスワフ・ヴァインベルク(ミェチスワフ・ヴァインベルク) (Mieczyslaw Weinberg) (作曲家) アンドレイ・ヴィシンスキー  (Andriej Wyszynski) (ソ連の法律家・外交官) ジーモン・ヴィーゼンタール (Simon Wiesenthal) (サイモン・ヴィーゼンタール・センター開設者) スタニスワフ・ウィールグス (Stanisław Wielgus) (大司教) サロー・ウィットメイア・バロン (Salo Wittmayer Baron) (ラビ・ユダヤ史家) レオ・ヴィーナー Leo Wiener (イディッシュ語学者) ノルベルト・ヴィーナー (Norbert Wiener) (数学者) アントニ・ヴィト (Antoni Wit) (指揮者) クシシュトフ・ヴウォダルチク (Krzysztof Włodarczyk) (プロボクサー、クルーザー級世界チャンピオン) パヴェウ・ヴウォトコヴィツ (Paweł Włodkowic) (教会法学者) ジガ・ヴェルトフ (Dziga Vertov, Kaufman) (映画監督、ボリス・カウフマンの弟) ヴィルフリト・ミハウ・ヴォイニチ Wilfrid Michael Voynich / Wilfryd Michał Wojnicz (ヴォイニッチ写本で知られる) ヤン・ウカシェヴィチ (Jan Łukasiewicz) (論理学者、哲学者) アダム・ウラム (Adam Bruno Ulam) (歴史家。
ポーランド人一覧
『ポーランド人の一覧』より : ポーランド人の一覧(ポーランドじんのいちらん)は、ポーランド出身の著名な人物を姓の50音順に配列したものである。日本での慣例的な読みとポーランド語での読みが異なる場合(例:Wałęsa・・・pl「ヴァウェンサ」、jp「ワレサ」)、便宜的に通例日本で使用される方の読みに従う。 あ行 シュムエル・ノアハ・アイゼンシュタット (イスラエルの社会学者) サミュエル・アイレンベルグ (Samuel Eilenberg) (数学者・ユダヤ系) シュムエル・ヨセフ・アグノン (Shmuel Yosef Agnon) (作家・ユダヤ系) シモン・アシュケナージ (Szymon Aszkenazy) (歴史家・ユダヤ系) ステファン・アスケナーゼ (Stefan Askenase) (ピアニスト・ユダヤ系) イェジ・アダムスキ(ジョージ・アダムスキー) (George Adamski) (宇宙人会見者) トマシュ・アダメク (Tomasz Adamek) (プロボクサー、現WBCライトヘビー級世界チャンピオン) ショーレム・アッシュ Sholem Asch (Szolem Asz)(イディッシュ語作家・ユダヤ系) ソロモン・アッシュ (Solomon Asch) (ゲシュタルト心理学者・ユダヤ系) モー・アッシュ (Moe Asch) ヤンケル・アドラー (Jankel Adler) (画家・ユダヤ系) イェジ・アンジェイェフスキ (Jerzy Andrzejewski) (作家) アンナ・アンダーソン (Anna Anderson) (アナスタシア皇女自称者) アンナ・イェシェン (Anna Jesień) (陸上競技選手) オティリア・イェンジェイチャク (Otylia Jędrzejczak) (水泳選手) ヤドヴィガ・イェンジェヨフスカ (Jadwiga Jędrzejowska) (テニス選手) モーゼス・イッセルレス(イセレス、レマ) (Moses Isserles) (ラビ) ナフタリ・ヘルツ・インベル (Naftali Herz Imber) (ハッ=ティクワー作詞者) ミェチスワフ・ヴァインベルク(ミェチスワフ・ヴァインベルク) (Mieczyslaw Weinberg) (作曲家) アンドレイ・ヴィシンスキー  (Andriej Wyszynski) (ソ連の法律家・外交官) ジーモン・ヴィーゼンタール (Simon Wiesenthal) (サイモン・ヴィーゼンタール・センター開設者) スタニスワフ・ウィールグス (Stanisław Wielgus) (大司教) サロー・ウィットメイア・バロン (Salo Wittmayer Baron) (ラビ・ユダヤ史家) レオ・ヴィーナー Leo Wiener (イディッシュ語学者) ノルベルト・ヴィーナー (Norbert Wiener) (数学者) アントニ・ヴィト (Antoni Wit) (指揮者) クシシュトフ・ヴウォダルチク (Krzysztof Włodarczyk) (プロボクサー、クルーザー級世界チャンピオン) パヴェウ・ヴウォトコヴィツ (Paweł Włodkowic) (教会法学者) ジガ・ヴェルトフ (Dziga Vertov, Kaufman) (映画監督、ボリス・カウフマンの弟) ヴィルフリト・ミハウ・ヴォイニチ Wilfrid Michael Voynich / Wilfryd Michał Wojnicz (ヴォイニッチ写本で知られる) ヤン・ウカシェヴィチ (Jan Łukasiewicz) (論理学者、哲学者) アダム・ウラム (Adam Bruno Ulam) (歴史家。
ポーランドの人物
『ポーランド人の一覧』より : ポーランド人の一覧(ポーランドじんのいちらん)は、ポーランド出身の著名な人物を姓の50音順に配列したものである。日本での慣例的な読みとポーランド語での読みが異なる場合(例:Wałęsa・・・pl「ヴァウェンサ」、jp「ワレサ」)、便宜的に通例日本で使用される方の読みに従う。 あ行 シュムエル・ノアハ・アイゼンシュタット (イスラエルの社会学者) サミュエル・アイレンベルグ (Samuel Eilenberg) (数学者・ユダヤ系) シュムエル・ヨセフ・アグノン (Shmuel Yosef Agnon) (作家・ユダヤ系) シモン・アシュケナージ (Szymon Aszkenazy) (歴史家・ユダヤ系) ステファン・アスケナーゼ (Stefan Askenase) (ピアニスト・ユダヤ系) イェジ・アダムスキ(ジョージ・アダムスキー) (George Adamski) (宇宙人会見者) トマシュ・アダメク (Tomasz Adamek) (プロボクサー、現WBCライトヘビー級世界チャンピオン) ショーレム・アッシュ Sholem Asch (Szolem Asz)(イディッシュ語作家・ユダヤ系) ソロモン・アッシュ (Solomon Asch) (ゲシュタルト心理学者・ユダヤ系) モー・アッシュ (Moe Asch) ヤンケル・アドラー (Jankel Adler) (画家・ユダヤ系) イェジ・アンジェイェフスキ (Jerzy Andrzejewski) (作家) アンナ・アンダーソン (Anna Anderson) (アナスタシア皇女自称者) アンナ・イェシェン (Anna Jesień) (陸上競技選手) オティリア・イェンジェイチャク (Otylia Jędrzejczak) (水泳選手) ヤドヴィガ・イェンジェヨフスカ (Jadwiga Jędrzejowska) (テニス選手) モーゼス・イッセルレス(イセレス、レマ) (Moses Isserles) (ラビ) ナフタリ・ヘルツ・インベル (Naftali Herz Imber) (ハッ=ティクワー作詞者) ミェチスワフ・ヴァインベルク(ミェチスワフ・ヴァインベルク) (Mieczyslaw Weinberg) (作曲家) アンドレイ・ヴィシンスキー  (Andriej Wyszynski) (ソ連の法律家・外交官) ジーモン・ヴィーゼンタール (Simon Wiesenthal) (サイモン・ヴィーゼンタール・センター開設者) スタニスワフ・ウィールグス (Stanisław Wielgus) (大司教) サロー・ウィットメイア・バロン (Salo Wittmayer Baron) (ラビ・ユダヤ史家) レオ・ヴィーナー Leo Wiener (イディッシュ語学者) ノルベルト・ヴィーナー (Norbert Wiener) (数学者) アントニ・ヴィト (Antoni Wit) (指揮者) クシシュトフ・ヴウォダルチク (Krzysztof Włodarczyk) (プロボクサー、クルーザー級世界チャンピオン) パヴェウ・ヴウォトコヴィツ (Paweł Włodkowic) (教会法学者) ジガ・ヴェルトフ (Dziga Vertov, Kaufman) (映画監督、ボリス・カウフマンの弟) ヴィルフリト・ミハウ・ヴォイニチ Wilfrid Michael Voynich / Wilfryd Michał Wojnicz (ヴォイニッチ写本で知られる) ヤン・ウカシェヴィチ (Jan Łukasiewicz) (論理学者、哲学者) アダム・ウラム (Adam Bruno Ulam) (歴史家。
ポーランド共和国
『ポーランド』より : ポーランド共和国 Rzeczpospolita Polska 国の標語:なし1 国歌:ドンブロフスキのマズルカ ポーランドの位置 注1: ポーランドには公式な標語は存在しないが、過去、国家のシンボルに、Bóg, Honor, Ojczyzna(神、名誉、祖国)などの標語が書かれたことがあった。 ポーランド共和国(ポーランドきょうわこく、ポーランド語: Rzeczpospolita Polska)、通称ポーランドは、中央ヨーロッパに位置する共和制国家。欧州連合 (EU) 、北大西洋条約機構 (NATO) の加盟国。通貨はズウォティ。首都はワルシャワ。 北はバルト海に面し、北東はロシアの飛地カリーニングラード州とリトアニア、東はベラルーシとウクライナ、南はチェコとスロバキア、西はドイツと国境を接する。 10世紀に国家として認知され、16世紀から17世紀にかけヨーロッパで広大な国の1つであったポーランド・リトアニア共和国を形成。
ポーランドの歴史
ポーランドの歴史(ポーランドのれきし)では、ポーランドの歴史を概略的に述べる。 現在のポーランドの領域に農業従事者たちが住みついたのは約7500年前である。スラヴ人と呼ばれる民族集団がこの地域に住むようになったのは1500年前のことであるとされてきたが、近年ではそれよりもはるか前からスラヴ人の祖先(プロトスラヴ人)が定住していたという説が見直されてきている。 ポーランドは国としての歴史は約1000年となるが、ヤギェウォ朝やポーランド・リトアニア共和国時代にリトアニアを始めボヘミア王国やハンガリー王国と連合国であった期間は約4世紀となる。ポーランド・リトアニア共和国の時代には、ヨーロッパ大陸で広大な国の1国となり、精力的に領土拡大を繰り広げ(遠方はロシアまで)100万km²の支配領域となった。その後、4度ポーランドは国を分割され消滅するまでに衰退した。10世紀の勃興期に続いてポーランド民族はキリスト教に改宗し、キリスト教の西欧に認められポーランドはヨーロッパ文化圏に仲間入りした。
ポーランド史
『ポーランドの歴史』より : ポーランドの歴史(ポーランドのれきし)では、ポーランドの歴史を概略的に述べる。 現在のポーランドの領域に農業従事者たちが住みついたのは約7500年前である。スラヴ人と呼ばれる民族集団がこの地域に住むようになったのは1500年前のことであるとされてきたが、近年ではそれよりもはるか前からスラヴ人の祖先(プロトスラヴ人)が定住していたという説が見直されてきている。 ポーランドは国としての歴史は約1000年となるが、ヤギェウォ朝やポーランド・リトアニア共和国時代にリトアニアを始めボヘミア王国やハンガリー王国と連合国であった期間は約4世紀となる。ポーランド・リトアニア共和国の時代には、ヨーロッパ大陸で広大な国の1国となり、精力的に領土拡大を繰り広げ(遠方はロシアまで)100万km²の支配領域となった。その後、4度ポーランドは国を分割され消滅するまでに衰退した。10世紀の勃興期に続いてポーランド民族はキリスト教に改宗し、キリスト教の西欧に認められポーランドはヨーロッパ文化圏に仲間入りした。
ポーランド・ソビエト戦争
ポーランド=ソビエト戦争(ポーランド=ソビエトせんそう、ポーランド語: Wojna polsko-bolszewicka(ヴォーイナ・ポールスコ・ボルシェヴィーツカ = ポーランド・ボルシェビキ戦争)、ロシア語: Советско-польская война(サヴィェーツカ・ポーリスカヤ・ヴァイナー = ソビエト・ポーランド戦争)、ウクライナ語: Польсько-радянська війна(ポーリスィコ・ラヂャーンシカ・ヴィイナー = ポーランド・ロシア戦争))とは、第一次世界大戦後の1919年2月から1921年3月にかけてウクライナ、ベラルーシ西部、ポーランド東部を中心に行われたポーランドとソビエト政府のあいだの戦争。
ポーランド・ソ連戦争
『ポーランド・ソビエト戦争』より : ポーランド=ソビエト戦争(ポーランド=ソビエトせんそう、ポーランド語: Wojna polsko-bolszewicka(ヴォーイナ・ポールスコ・ボルシェヴィーツカ = ポーランド・ボルシェビキ戦争)、ロシア語: Советско-польская война(サヴィェーツカ・ポーリスカヤ・ヴァイナー = ソビエト・ポーランド戦争)、ウクライナ語: Польсько-радянська війна(ポーリスィコ・ラヂャーンシカ・ヴィイナー = ポーランド・ロシア戦争))とは、第一次世界大戦後の1919年2月から1921年3月にかけてウクライナ、ベラルーシ西部、ポーランド東部を中心に行われたポーランドとソビエト政府のあいだの戦争。
ポーランド語
ポーランド語(ポーランドご、波: język polski(イェンズィク・ポルスキ)、polski、または polszczyzna(ポルシュチズナ))は、インド・ヨーロッパ語族スラヴ語派の西スラヴ語群レヒト諸語に属するポーランドの公用語。レヒト諸語と同じ西スラヴ語群に属する言語は、チェコ・スロヴァキア諸語とソルブ諸語である。名詞の格変化は7格(主格、生格、与格、対格、造格、前置格、呼格)あり、文中での語の働きが格語尾によって示されることなど、形態による表現の豊かさを特徴とする。 ポーランド語は16世紀の期間に発達し、新単語は19世紀に口語のドイツ語、ラテン語、ロシア語、英語から採られポーランド語のスペルに反映されている。ラテン語(文字)は12世紀に導入し、話し言葉だけのポーランド語を記載できるようになった。 公用地域 ポーランドの旗 ポーランド公用語としては、ポーランド国内のみで使用される。国内話者人口は約3800万人。 インド・ヨーロッパ祖語西部方言(〜紀元前3000年頃)- 球状アンフォラ文化 バルト=スラヴ祖語(紀元前3000年頃〜紀元前1000年)- 縄目文土器文化、ウーニェチツェ文化、トシュチニェツ文化、チェルノレス文化 スラヴ祖語(紀元前1000年〜5世紀)- ポメラニア文化、プシェヴォルスク文化、ザルビンツィ文化、チェルニャコヴォ文化 古ポーランド語(英語: Old Polish、5世紀〜16世紀)- プラハ文化、ポーランド王国 中期ポーランド語(英語: Middle Polish、16世紀〜18世紀)- ポーランド・リトアニア共和国、ポーランド王領プロシア、プロイセン王国、ガリツィア・ロドメリア王国 現代ポーランド語(英語: Modern Polish、18世紀〜現在) - ポーランド第二共和国、ポーランドローマ・カトリック勢力下でラテン語・フランス語を輸入していた経緯から、それぞれの名残が見られる。
ポーランド人に対するナチスの犯罪
ポーランド人に対するナチスの犯罪(ポーランドじんにたいするナチスのはんざい)は、第二次世界大戦において、ナチス・ドイツがポーランド人(ポーランド民族に属する人々)に対して行なった戦争犯罪と人道に対する罪を詳述する。 300万人の非ユダヤ系ポーランド人が、第二次世界大戦の渦中で命を落とした。大半は民間人であった。彼らはナチス・ドイツ軍とソビエト連邦軍によって殺害された。 ポーランドに対する戦争はその当初から、アドルフ・ヒトラーがその著書「我が闘争」で書いた計画の成就を目的としていた。この計画の骨子は、東ヨーロッパ全域は大ドイツ、すなわちいわゆるドイツ人のレーベンスラウム(生存圏)の構成部分となるべきだということであった。アルメニア人虐殺を引用したヒトラーの演説で述べられたように、ドイツ軍は「無慈悲にかつ一切の憐憫の情を持たず、老少男女を問わずポーランド人全てに死をもたらす命令」によって行動したのである。
ポーランドの現代音楽
ポーランドの現代音楽(ポーランドのげんだいおんがく)では、第二次世界大戦後のポーランドの前衛的な現代音楽の動向を概観する。
終戦後、ポーランドはソビエト連邦の影響下に置かれ、いわゆる「スターリン時代」の辛酸を嘗める。そのヨシフ・スターリン没後、西側の前衛音楽の吸収に最も積極的に動いた国がポーランドであり、1950年代後半からポーランド出身の作曲家が次々と頭角を現す。1960年代には、彼らはドイツを始めとする西側の批評家を中心に「ポーランド楽派」と名付けられるに至る。ただし、「楽派」といっても、音響美を重視するという以上には彼らの間に様式上の明確な類似性があるわけではなく、その明確な定義や、含まれる作曲家の範囲は現在のところあいまいである。

ポーランド・ソビエト・リガ平和条約
: ”他のリガで結ばれた平和条約に関してはリガ平和条約を参照。
ポーランド・ソビエト・リガ平和条約(ポーランド・ソビエト・リガへいわじょうやく、ポーランド語:”Traktat Ryski”)は、リガ平和条約(Peace of Riga)ともいわれる1921年3月18日にリガでポーランドとロシア・ソビエト連邦社会主義共和国とウクライナ・ソビエト社会主義共和国と他の国の間で結ばれた条約で、ポーランド・ソビエト戦争の終結の条約である。
:この章の詳細についてはポーランド・ソビエト戦争を参照のこと。
ロシア内戦が生じている際、ポーランド国民は歴史的に敵対していたロシアから、ポーランド・リトアニア共和国の領土全てを奪回したいと考えていた。当時ソビエトは自国の革命を必要なら武力を使用してでも、西ヨーロッパに輸出しようとしていた。仮に、ボリシェヴィキがポーランドを占拠した場合、彼らはドイツの共産主義者の助けを借りて、ドイツでのソビエト革命の成功を確実にすると考えられていた。

ポーランド総督府
ポーランド総督府(ドイツ語 独:”Generalgouvernement für die besetzten polnischen Gebiete”)とは、1939年9月のポーランド侵攻 ポーランド戦役でドイツ陸軍 ドイツ軍が占領したポーランド領のうちドイツ領に併合されなかった旧ポーランド領を指す。
アドルフ・ヒトラー ヒトラーは1939年10月8日と10月12日付の指令でドイツに隣接する旧ポーランド領をドイツに併合、次の行政区画を設けた。一部に帝国大管区の名称を付与した。(旧ポーランドの行政区画のVoivodship を県と訳し、ナチス・ドイツの Regierungsbezirk を県と訳す。Regierungsbezirk はプロイセン王国に端を発する行政区画の名称で、ナチス・ドイツ時代に全国に広められた。日本語訳としては県が定訳として認知されている。) 

ポーランドにおけるホロコースト
ポーランドにおけるホロコースト ホロコースト、占領者によるポーランド市民の待遇、ポーランド人に対するナチスの犯罪を参照 ナチス・ドイツの占領政府によるユダヤ人迫害、特に都市部での迫害行為は、占領が始まったのちに行われた。しかし最初の1年半の間ドイツ人は、ユダヤ人の財産を奪った上でゲットーに収容するか、軍需関連産業で強制労働に就かせるかにとどまっていた。この期間ポーランドの政府機関は閉鎖されていたが、ユダヤ人共同体の主導層であるユダヤ人委員会(Judenrat)だけをドイツ人は公式にその存在を認めていた。ユダヤ人委員会はある程度まではドイツ人との交渉を許可されていた。1941年6月にドイツがソヴィエト連邦に対する攻撃を開始すると、特別行動部隊(Einzatzgruppen)という特別な殺戮部隊が組織され、1939年にソ連に併合された東部ポーランドの地域でユダヤ人を殺害するようになった。
ポーランド君主一覧
ポーランド君主一覧では、現在のポーランドにあった諸王朝、諸国の君主を一覧で挙げる。 ポーランドまたはその中核地域は、長いあいだ数多くの公(10世紀頃から14世紀)または王(11世紀 - 18世紀)によって支配されてきた。ピャスト王朝(960年頃 - 1370年)、ヤギェウォ王朝(1386年 - 1572年)の2つの王朝が長いあいだポーランドの支配者を輩出し続けた。ヤギェウォ王朝に後継者がいなくなると、ポーランド人はしばしば外国人や他王家の王子を支配者として連れてきた。16世紀から18世紀にかけて行われていた君主を自由選挙で選ぶ伝統は、ヨーロッパでは特異なものだった。ポーランドは1795年の第3次ポーランド分割に伴うポーランド・リトアニア共和国の消滅と同時に独立を失い、第一次世界大戦を経て1918年に独立を回復した時は共和政体を選択した。 ポーランドの君主 ポーランド・リトアニア連合王国のポーランド王 ポーランド・リトアニア共和国のポーランド王 分割後のポーランド地域を支配した諸外国の君主 関連項目 ポーランドの歴史 ポーランドの大統領一覧 ポーランドの首相一覧 リトアニアの統治者の一覧。
ポーランド国王
『ポーランド君主一覧』より : ポーランド国王の称号はポーランドの支配者によって支配された称号であり、最初の国王は1025年に戴冠したボレスワフ1世・勇敢王である(992年以来、称号は公であった)。 ピャスト家 1025年-1025年 – ボレスワフ1世 1025年-1031年 – ミェシュコ2世 1076年-1079年 – ボレスワフ2世 1295年-1296年 – プシェミスウ2世 プシェミスル家 1300年-1305年 – ヴァツワフ2世 1305年-1306年 – ヴァツワフ3世 クヤヴィ・ピャスト家 1320年-1333年 – ヴワディスワフ1世 1333年-1370年 – カジミェシュ3世 アンジュー=シチリア家 1370年-1382年 – ルドヴィク1世 1384年-1399年 – ヤドヴィガ ヤギェウォ家 1386年-1434年 – ヴワディスワフ2世 1434年-1444年 – ヴワディスワフ3世 1447年-1492年 – カジミェシュ4世 1492年-1501年 – ヤン1世 1501年-1506年 – アレクサンデル 1506年-1548年 – ジグムント1世 1530年-1572年 – ジグムント2世 選挙王制 1574年-1575年 – ヘンリク・ヴァレジィ 1575年-1596年 - アンナ 1576年-1586年 – ステファン・バートリ 1587年-1632年 – ジグムント3世 (ヴァーサ家) 1632年-1648年 – ヴワディスワフ4世 (ヴァーサ家) 1648年-1668年 – ヤン2世 (ヴァーサ家) 1669年-1673年 – ミハウ・コリブト・ヴィシニョヴィエツキ 1674年-1696年 – ヤン3世 1697年-1706年 – アウグスト2世 (ヴェッティン家アルブレヒト系) 1706年-1712年 – スタニスワフ・レシチニスキ 1709年-1733年 – アウグスト2世 (ヴェツティン家アルブレヒト系) 1733年-1736年 – スタニスワフ・レシチニスキ 1734年-1763年 – アウグスト3世 (ヴェッティン家アルブレヒト系) 1764年-1795年 – スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキ 1795年-1815年の間, ポーランド分割の後に国家は消滅し、称号は使われなくなった。
ポーランド王国
ポーランド王国 Królestwo Polskie(ポーランド語) ポーランド王国の位置1097年の中央ヨーロッパ、黄色がポーランド王国 ポーランド王国(ポーランドおうこく)は、1025年から1569年(リトアニアとの二重王国時代を含めると1795年)までポーランド一帯を支配していた王国。14世紀にリトアニア大公国と合同し、14世紀から16世紀にかけて北はエストニア、南はウクライナまでをも含む大王国を形成、人口や領土において当時のヨーロッパ最大の国家「ポーランド・リトアニア共和国」を形成し、その連邦の盟主となったが、ヨーロッパの経済構造が変化すると共に対外戦争と内乱が続き、18世紀に共和国が周辺諸国に領土を分割されると同時に消滅して、その領土的実態としての歴史を終えた。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)  



 東アジア  台湾 | 大韓民国 | 中国 | 香港 | マカオ | モンゴル
 南アジア  インド | インドネシア | カンボジア | シンガポール | スリランカ | タイ |
 ネパール | バングラデシュ | パキスタン | フィリピン | ベトナム |
 マレーシア | ミャンマー | ラオス
 中近東  アラブ首長国連邦 | イスラエル | イラク | イラン | サウジアラビア |
 シリア | トルコ | ヨルダン | レバノン
 ヨーロッパ  アイスランド | アイルランド | イギリス | イタリア | ウクライナ |
 ウズベキスタン | エストニア | オーストリア | オランダ | ギリシャ |
 クロアチア | スイス | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア |
 チェコ | デンマーク | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド |
 フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ |
 モナコ | ラトビア | リトアニア | ルーマニア | ルクセンブルク | ロシア
 アフリカ  エジプト | ケニア | ジンバブエ | タンザニア | チュニジア | ボツワナ |
 マダガスカル | 南アフリカ | モーリシャス | モロッコ | リビア
 北アメリカ  アメリカ | カナダ
 中央・南アメリカ  アルゼンチン | エクアドル | キューバ | グアテマラ | ジャマイカ | チリ |
 バハマ | パナマ | ブラジル | ベネズエラ | ペルー | メキシコ
 太平洋地域  北マリアナ諸島 | グアム | ハワイ | ミクロネシア
 オセアニア  オーストラリア | ニューカレドニア | ニュージーランド | バヌアツ |
 パプアニューギニア | パラオ | フィジー諸島 | フランス領ポリネシア |
 マーシャル諸島




▼外国語翻訳・海外通訳 サービス内容一覧
■外国語・多言語翻訳

激安翻訳サービス高品質翻訳サービス専門翻訳サービス一般文書・書類翻訳論文翻訳添付文書翻訳字幕翻訳映像翻訳音声翻訳法律翻訳・法務翻訳・契約書翻訳薬事法や医薬翻訳・医学翻訳技術関連文書翻訳技術マニュアル翻訳コンピュータ・IT技術・情報通信に特化した翻訳契約書翻訳経済翻訳金融翻訳財務翻訳産業翻訳化学技術翻訳土木・建築翻訳産業技術翻訳戸籍謄本翻訳メール文書翻訳英文翻訳英和和英翻訳ハングル翻訳和訳WEBサイト・ホームページ翻訳ネイティブ翻訳文書校正日本語翻訳テキスト翻訳日中翻訳仏語翻訳独語翻訳

■国際ビジネス支援サービス
輸出入代行・通信代行、海外販路獲得サポート海外との連絡代行海外への外注現地通訳サービス海外B2B商取引ポータル・サイト登録申請代行
■海外法人会社設立支援サービス
海外法人会社設立海外独立起業支援海外銀行口座開設(法人口座、個人口座) 国際カードの取得サポート
■海外諸外国の調査サービス

海外の展示会・見本市調査世界各国の情報収集リサーチ海外での市場調査海外企業の信用調査海外での提携先探し海外企業の謄本取得代行(登記簿謄本・商業登記簿・不動産登記簿)


▼外国語翻訳・取り扱い言語一覧
■ヨーロッパ地域の言語
イタリア語翻訳  スペイン語翻訳  フランス語(仏語)翻訳  ポルトガル語翻訳  オランダ語翻訳  ドイツ語(独語翻訳)  ウクライナ語翻訳  エストニア語翻訳  カザフ語翻訳  カタルーニャ語翻訳  ギリシャ語翻訳  クロアチア語翻訳  セルビア語翻訳  チェコ語翻訳  スロベニア語翻訳  デンマーク語翻訳  スウェーデン語翻訳  ノルウェー語翻訳  ハンガリー語翻訳  マジャル語翻訳  ラテン語翻訳  ポーランド語翻訳  ルーマニア語翻訳  フィンランド語翻訳  ブルガリア語翻訳  ロシア語翻訳  アルバニア語翻訳  バスク語翻訳  ベラルーシ語翻訳  ブルターニュ語翻訳  カタロニア語翻訳  チェチェン語翻訳  エスペラント語翻訳  フリースランド語翻訳  ガリシア語翻訳  グルジア語翻訳   アイスランド語翻訳  アイルランド語翻訳  ラトビア語翻訳  リトアニア語翻訳  サルデーニャ語翻訳  スロバキア語翻訳  ウェールズ語翻訳  イディッシュ語翻訳
■アジア地域の言語

中国語(北京語・広東語)翻訳  韓国語(ハングル)翻訳  タイ語翻訳  ベトナム語翻訳  インドネシア語翻訳  カンボジア語翻訳  クメール語翻訳  ジャワ語翻訳  シンハラ語翻訳  ネパール語翻訳  パキスタン語翻訳  ウルドゥー語翻訳  ヒンディー語翻訳 フィリピン語翻訳  タガログ語翻訳  ベンガル語翻訳  マラチヒ語翻訳  マレー語翻訳  ミャンマー語翻訳 モンゴル語翻翻訳訳 ラオス語翻訳  繁体字翻訳  簡体字翻訳  貴州語翻訳  湖南語翻訳  広東語翻訳  四川語翻訳  上海語翻訳  台湾語翻訳 福建語翻訳  北京語翻訳  セブアノ語翻訳  日本語翻訳  マオリ語翻訳  パンジャビ語翻訳  サンスクリット語翻訳  チベット語翻訳  フィリピノ語翻訳  セブ語翻訳  ビサヤ語翻訳  ビサイヤ語翻訳  ピリピノ語翻訳  ヒリガイノン語翻訳

■アフリカ・中東地域の言語
クルド語翻訳  アラビア語翻訳  アシャンテ語翻訳  ウガンダ語翻訳  スワヒリ語翻訳  トルコ語翻訳  ヨルバ語翻訳  バンバラ語翻訳   ヘブライ語翻訳  ペルシア語翻訳  ナイジェリア語翻訳  アフリカーンス語翻訳  ダリ語翻訳  イボ語翻訳  タミル語翻訳
Copyright (C) 2005 - 2017 GLOBAL-EYE All Rights Reserved.


[PR] 激安販促品/デザイン印刷/激安ノベルティ 激安のぼり販売 激安仕入れ/激安問屋/激安海外輸入 カントリー雑貨の通販 雑貨問屋/雑貨卸し
  激安翻訳・格安通訳 ホームページ制作/WEBデザイン作成/システム開発(栃木県小山市) 激安ホームページ制作/激安更新システム付きホームページ作成