アメリカ(北アメリカ)言語|激安翻訳(文書翻訳 論文翻訳 文書校正 テキスト翻訳 音声翻訳 映像翻訳 和訳) 海外進出ビジネス支援 海外会社設立 海外調査

翻訳、通訳、海外ビジネス展開支援・コンサルティングのグローバルアイ
翻訳、通訳サービス グローバルアイ トップページ サイトマップリンク
翻訳サービス 国際ビジネス 会社設立支援 海外調査 料金一覧 取り扱い言語 お問い合わせ
ビジネスパートナー登録
対象地域
登録フォーム



お見積もり
>>無料!お見積もりはこちらから。



お問い合わせ
>>お気軽にお問い合わせください。



ビジネスパートナー・提携業者募集
>>弊社と業務提携を結ぶ
業者様を募集しております。


フリーランス翻訳者募集
>>各国の翻訳・通訳スタッフを
募集しております。


多言語ホームページ制作会社募集
>>多言語ホームページ制作
会社を募集しております。


日本進出の海外企業顧問ご紹介
>>日本進出の海外企業の
顧問をご紹介いたします。



.・

世界中にるネットワークで、スピーディーで正確な翻訳が可能!

翻訳、通訳サービスにより、海外進出・展開を狙う企業様を応援いたします。


対象地域


翻訳、通訳、海外ビジネス展開支援のビジネスパートナー・提携業者募集!

グローバルアイでは、以下地域にてビジネスパートナーとなる提携業者を募集しております。
「登録型」となっておりますので、企業や学校、個人からの依頼を受けて、皆様が登録した内容を元に、検索を行い、お仕事をやって頂きます。
仕事は専門分野、住んでいる地域、過去の実勢を総合した上、通常はPCメールにてお知らせ致します。

→登録フォームはこちらから



English
 ノルウェー
 ウルビック、 オスロ、 ゲイランゲル、 トロムソ、 ハシュタ、 バレストランド、 フィヨルド、
 フロム、 ベルゲン、 ホニングスボーグ、 ボーデ、 ボス、 モルデ、 ローエン、
 ロフトフース


 Wikipediaノルウェー情報

ノルウェー
ノルウェー王国 Kongeriket Norge(ブークモール)Kongeriket Noreg(ニーノシュク) 国の標語:不明 国歌:Ja, vi elsker dette landetそう, 我らはこの地を愛すファイル:Norway (National Anthem).ogg ノルウェーの位置 註1 : 6地区では、さらにサーメ語も公用語。 ノルウェー王国(ノルウェーおうこく, ノルウェー語: Kongeriket Norge/Noreg)、通称ノルウェーは、北ヨーロッパのスカンディナビア半島西岸に位置する立憲君主制国家である。首都は半島南端部に存在するオスロフィヨルドの奥に形成された港湾都市のオスロである。東にスウェーデン、ロシア、フィンランドと国境を接する。 国土は南北に細長く、海岸線は北大西洋の複数の海域、すなわちスカゲラック海峡、北海、ノルウェー海およびバレンツ海に面している。海岸線には、多くのフィヨルドが発達する。この他、ノルウェー本土から約1,000km離れた北大西洋上のヤン・マイエン島は固有の領土の一部として領有され、また、スヴァールバル条約によりバレンツ海のスヴァールバル諸島を領有している。
ノルウェー王国
『ノルウェー』より : ノルウェー王国 Kongeriket Norge(ブークモール)Kongeriket Noreg(ニーノシュク) 国の標語:不明 国歌:Ja, vi elsker dette landetそう, 我らはこの地を愛すファイル:Norway (National Anthem).ogg ノルウェーの位置 註1 : 6地区では、さらにサーメ語も公用語。 ノルウェー王国(ノルウェーおうこく, ノルウェー語: Kongeriket Norge/Noreg)、通称ノルウェーは、北ヨーロッパのスカンディナビア半島西岸に位置する立憲君主制国家である。首都は半島南端部に存在するオスロフィヨルドの奥に形成された港湾都市のオスロである。東にスウェーデン、ロシア、フィンランドと国境を接する。 国土は南北に細長く、海岸線は北大西洋の複数の海域、すなわちスカゲラック海峡、北海、ノルウェー海およびバレンツ海に面している。海岸線には、多くのフィヨルドが発達する。この他、ノルウェー本土から約1,000km離れた北大西洋上のヤン・マイエン島は固有の領土の一部として領有され、また、スヴァールバル条約によりバレンツ海のスヴァールバル諸島を領有している。
ノルウェー君主一覧
ノルウェー君主一覧(ノルウェーくんしゅいちらん)では、過去にノルウェーを支配した君主を掲げる。 王位継承は、1990年の憲法改正より最長子相続制をとっている。 ノルウェー王国(872年-1319年) ユングリング家 ハーラル1世(美髪王、872年-933年) エイリーク1世(血斧王、930年-934年) ホーコン1世(善王、934年-961年) ハーラル2世(灰衣王、961年-976年) ホーコン・シグルツソン(デンマークの臣下だが事実上の君主、976年-995年) オーラヴ1世(995年-1000年) スキョル家 スヴェン1世(双叉髭王、999年-1015年) ユングリング家 オーラヴ2世(聖王、1015年-1028年) スキョル家 クヌーズ(大王、1030年-1035年) ユングリング家 マグヌス1世(善王、1035年-1047年) シュル家 ハーラル3世(苛烈王、1046年-1066年) マグヌス2世(1066年-1069年) オーラヴ3世(平和王、平静王、1066年-1093年《1069年まで兄マグヌスと共同統治》) ホーコン・マグヌソン(1093年-1094年) マグヌス3世(裸足王、1093年-1103年《1094年まで従兄ホーコンと共同統治》) オーラヴ・マグヌソン(1103年-1115年) エイステイン1世(1103年-1123年) シグル1世(1110年-1130年《オーラヴ、エイステイン、シグルは生きている限り共同統治》) マグヌス4世(盲目王、1130年-1135年) ハーラル4世(1130年-1136年) シグル2世(1136年-1155年) エイステイン2世(1136年-1157年) インゲ1世(1136年-1161年) ホーコン2世(肩広王、1159年-1162年) マグヌス5世(1161年-1184年) スヴェレ(1177年-1202年) ホーコン3世(1202年-1204年) グットルム・シグルツソン(1204年) インゲ2世(1204年-1217年) ホーコン4世(1217年-1263年) マグヌス6世 (改法王、1257年-1280年《父ホーコンの存命中は共同統治》) エイリーク2世(1280年-1299年) ホーコン5世(1299年-1319年) スウェーデン・ノルウェー連合(1319年 - 1380年) マグヌス7世(マグヌス・エイリークソン、1319年 - 1355年) ホーコン6世(1362年 - 1380年) デンマーク・ノルウェー連合(1380年 - 1814年) マルグレーテ1世(摂政(事実上の女王):1380年 - 1412年) オーラヴ4世ホーコンソン(1380年 - 1387年) 兼デンマーク王 カルマル同盟(1397年 - 1814年) エイリーク7世(エーリク・ア・ポンメルン、1388年 - 1442年) 兼デンマーク王、スウェーデン王 クリストファ(クリストファ・ア・バイエルン、1442年 - 1448年) 兼デンマーク王、スウェーデン王 カール1世(カール・クヌートソン、1449年 – 1450年) 兼スウェーデン王 オルデンブルク朝 1450年以降、デンマークとの同君連合が継続した。
ノルウェー国王の一覧
『ノルウェー君主一覧』より : ノルウェー君主一覧(ノルウェーくんしゅいちらん)では、過去にノルウェーを支配した君主を掲げる。 王位継承は、1990年の憲法改正より最長子相続制をとっている。 ノルウェー王国(872年-1319年) ユングリング家 ハーラル1世(美髪王、872年-933年) エイリーク1世(血斧王、930年-934年) ホーコン1世(善王、934年-961年) ハーラル2世(灰衣王、961年-976年) ホーコン・シグルツソン(デンマークの臣下だが事実上の君主、976年-995年) オーラヴ1世(995年-1000年) スキョル家 スヴェン1世(双叉髭王、999年-1015年) ユングリング家 オーラヴ2世(聖王、1015年-1028年) スキョル家 クヌーズ(大王、1030年-1035年) ユングリング家 マグヌス1世(善王、1035年-1047年) シュル家 ハーラル3世(苛烈王、1046年-1066年) マグヌス2世(1066年-1069年) オーラヴ3世(平和王、平静王、1066年-1093年《1069年まで兄マグヌスと共同統治》) ホーコン・マグヌソン(1093年-1094年) マグヌス3世(裸足王、1093年-1103年《1094年まで従兄ホーコンと共同統治》) オーラヴ・マグヌソン(1103年-1115年) エイステイン1世(1103年-1123年) シグル1世(1110年-1130年《オーラヴ、エイステイン、シグルは生きている限り共同統治》) マグヌス4世(盲目王、1130年-1135年) ハーラル4世(1130年-1136年) シグル2世(1136年-1155年) エイステイン2世(1136年-1157年) インゲ1世(1136年-1161年) ホーコン2世(肩広王、1159年-1162年) マグヌス5世(1161年-1184年) スヴェレ(1177年-1202年) ホーコン3世(1202年-1204年) グットルム・シグルツソン(1204年) インゲ2世(1204年-1217年) ホーコン4世(1217年-1263年) マグヌス6世 (改法王、1257年-1280年《父ホーコンの存命中は共同統治》) エイリーク2世(1280年-1299年) ホーコン5世(1299年-1319年) スウェーデン・ノルウェー連合(1319年 - 1380年) マグヌス7世(マグヌス・エイリークソン、1319年 - 1355年) ホーコン6世(1362年 - 1380年) デンマーク・ノルウェー連合(1380年 - 1814年) マルグレーテ1世(摂政(事実上の女王):1380年 - 1412年) オーラヴ4世ホーコンソン(1380年 - 1387年) 兼デンマーク王 カルマル同盟(1397年 - 1814年) エイリーク7世(エーリク・ア・ポンメルン、1388年 - 1442年) 兼デンマーク王、スウェーデン王 クリストファ(クリストファ・ア・バイエルン、1442年 - 1448年) 兼デンマーク王、スウェーデン王 カール1世(カール・クヌートソン、1449年 – 1450年) 兼スウェーデン王 オルデンブルク朝 1450年以降、デンマークとの同君連合が継続した。
ノルウェー国王
『ノルウェー君主一覧』より : ノルウェー君主一覧(ノルウェーくんしゅいちらん)では、過去にノルウェーを支配した君主を掲げる。 王位継承は、1990年の憲法改正より最長子相続制をとっている。 ノルウェー王国(872年-1319年) ユングリング家 ハーラル1世(美髪王、872年-933年) エイリーク1世(血斧王、930年-934年) ホーコン1世(善王、934年-961年) ハーラル2世(灰衣王、961年-976年) ホーコン・シグルツソン(デンマークの臣下だが事実上の君主、976年-995年) オーラヴ1世(995年-1000年) スキョル家 スヴェン1世(双叉髭王、999年-1015年) ユングリング家 オーラヴ2世(聖王、1015年-1028年) スキョル家 クヌーズ(大王、1030年-1035年) ユングリング家 マグヌス1世(善王、1035年-1047年) シュル家 ハーラル3世(苛烈王、1046年-1066年) マグヌス2世(1066年-1069年) オーラヴ3世(平和王、平静王、1066年-1093年《1069年まで兄マグヌスと共同統治》) ホーコン・マグヌソン(1093年-1094年) マグヌス3世(裸足王、1093年-1103年《1094年まで従兄ホーコンと共同統治》) オーラヴ・マグヌソン(1103年-1115年) エイステイン1世(1103年-1123年) シグル1世(1110年-1130年《オーラヴ、エイステイン、シグルは生きている限り共同統治》) マグヌス4世(盲目王、1130年-1135年) ハーラル4世(1130年-1136年) シグル2世(1136年-1155年) エイステイン2世(1136年-1157年) インゲ1世(1136年-1161年) ホーコン2世(肩広王、1159年-1162年) マグヌス5世(1161年-1184年) スヴェレ(1177年-1202年) ホーコン3世(1202年-1204年) グットルム・シグルツソン(1204年) インゲ2世(1204年-1217年) ホーコン4世(1217年-1263年) マグヌス6世 (改法王、1257年-1280年《父ホーコンの存命中は共同統治》) エイリーク2世(1280年-1299年) ホーコン5世(1299年-1319年) スウェーデン・ノルウェー連合(1319年 - 1380年) マグヌス7世(マグヌス・エイリークソン、1319年 - 1355年) ホーコン6世(1362年 - 1380年) デンマーク・ノルウェー連合(1380年 - 1814年) マルグレーテ1世(摂政(事実上の女王):1380年 - 1412年) オーラヴ4世ホーコンソン(1380年 - 1387年) 兼デンマーク王 カルマル同盟(1397年 - 1814年) エイリーク7世(エーリク・ア・ポンメルン、1388年 - 1442年) 兼デンマーク王、スウェーデン王 クリストファ(クリストファ・ア・バイエルン、1442年 - 1448年) 兼デンマーク王、スウェーデン王 カール1世(カール・クヌートソン、1449年 – 1450年) 兼スウェーデン王 オルデンブルク朝 1450年以降、デンマークとの同君連合が継続した。
ノルウェー王
『ノルウェー君主一覧』より : ノルウェー君主一覧(ノルウェーくんしゅいちらん)では、過去にノルウェーを支配した君主を掲げる。 王位継承は、1990年の憲法改正より最長子相続制をとっている。 ノルウェー王国(872年-1319年) ユングリング家 ハーラル1世(美髪王、872年-933年) エイリーク1世(血斧王、930年-934年) ホーコン1世(善王、934年-961年) ハーラル2世(灰衣王、961年-976年) ホーコン・シグルツソン(デンマークの臣下だが事実上の君主、976年-995年) オーラヴ1世(995年-1000年) スキョル家 スヴェン1世(双叉髭王、999年-1015年) ユングリング家 オーラヴ2世(聖王、1015年-1028年) スキョル家 クヌーズ(大王、1030年-1035年) ユングリング家 マグヌス1世(善王、1035年-1047年) シュル家 ハーラル3世(苛烈王、1046年-1066年) マグヌス2世(1066年-1069年) オーラヴ3世(平和王、平静王、1066年-1093年《1069年まで兄マグヌスと共同統治》) ホーコン・マグヌソン(1093年-1094年) マグヌス3世(裸足王、1093年-1103年《1094年まで従兄ホーコンと共同統治》) オーラヴ・マグヌソン(1103年-1115年) エイステイン1世(1103年-1123年) シグル1世(1110年-1130年《オーラヴ、エイステイン、シグルは生きている限り共同統治》) マグヌス4世(盲目王、1130年-1135年) ハーラル4世(1130年-1136年) シグル2世(1136年-1155年) エイステイン2世(1136年-1157年) インゲ1世(1136年-1161年) ホーコン2世(肩広王、1159年-1162年) マグヌス5世(1161年-1184年) スヴェレ(1177年-1202年) ホーコン3世(1202年-1204年) グットルム・シグルツソン(1204年) インゲ2世(1204年-1217年) ホーコン4世(1217年-1263年) マグヌス6世 (改法王、1257年-1280年《父ホーコンの存命中は共同統治》) エイリーク2世(1280年-1299年) ホーコン5世(1299年-1319年) スウェーデン・ノルウェー連合(1319年 - 1380年) マグヌス7世(マグヌス・エイリークソン、1319年 - 1355年) ホーコン6世(1362年 - 1380年) デンマーク・ノルウェー連合(1380年 - 1814年) マルグレーテ1世(摂政(事実上の女王):1380年 - 1412年) オーラヴ4世ホーコンソン(1380年 - 1387年) 兼デンマーク王 カルマル同盟(1397年 - 1814年) エイリーク7世(エーリク・ア・ポンメルン、1388年 - 1442年) 兼デンマーク王、スウェーデン王 クリストファ(クリストファ・ア・バイエルン、1442年 - 1448年) 兼デンマーク王、スウェーデン王 カール1世(カール・クヌートソン、1449年 – 1450年) 兼スウェーデン王 オルデンブルク朝 1450年以降、デンマークとの同君連合が継続した。
ノルウェー・クローネ
ノルウェー・クローネ(norsk krone、Norwegian krone)は、ノルウェーの通貨。略称NOK、又はkr。補助単位はオーレで、1クローネ=100オーレ。クローネとは王冠を意味する言葉であるが、これはデンマークやスウェーデンと同じである。1ノルウェー・クローネ=15.07円(2009年6月17日現在)
ヨーロッパの通貨がユーロに統合されていくなか、ノルウェーが非欧州連合 EU国家であることからスイス・フランとともに今後も存在するヨーロッパの通貨の一つである。ノルウェー経済は国際的には原油・天然ガス輸出に裏打ちされたものであるが、原油・石油製品の決済はアメリカ合衆国ドル USドルで行うことから原油価格とは直接に連動せず、ユーロとの関連性が強いとされる。国際的な比較ではノルウェー・クローネは安定した通貨の一つであり、対円 (通貨) 円では1994年から2006年の間は11円台から19円台となっており、2003年以降から2006年現在では対ユーロ、対USドル、対円 (通貨) 円ともにクローネ高の傾向が続いている。

ノルウェーの歴史
ノルウェーの歴史(ノルウェーのれきし)では、ノルウェーの歴史を記す。 概史 古代からヴァイキングの時代 現在のノルウェーの地は暖流の影響で比較的温暖で、古代から人が居住していた。紀元前4世紀には北ゲルマン系のノルマン人(ノール人)がこの土地に定着し、それが、今のノルウェー人の基礎となる。 8世紀のヴァイキングの時代にはデンマーク・スウェーデンヴァイキングとともに、海外に通商、略奪、探検で進出し、アイスランド、グリーンランド、さらにシチリア、ロシア(ルーシ)、ノルマンディーへと移住した。 ノルウェー王国の興亡 9世紀の終わりにはハーラル1世が沿岸部を統一し、ノルウェー最初の統一王国が成立したとされる。10世紀の終わりにはキリスト教がもたらされたものの、古代の北方信仰が根強く残った。スカンディナヴィア最初の統一王国の一つでもあったノルウェーであるが、王家での権力闘争が激化し、11世紀にはデンマークのカヌート大王の北海帝国に併合された。
ノルウェー語
ノルウェー語(ノルウェーご、ノルウェー語: norsk)は、インド・ヨーロッパ語族 ゲルマン語派 北ゲルマン語群に属する。古ノルド語から分化した言語である。話者の人口は約400万ほど。標準語として、デンマーク語やスウェーデン語と近縁のブークモールと、アイスランド語と同じ西スカンディナヴィア語群に分類されるニーノシュクが存在する。 ブークモールとニーノシュク 長年にわたってデンマークの支配を受けたノルウェーの言葉は、数百年間はデンマーク語に近かったが、19世紀に至ると民族意識の高揚とともに違いが大きくなり、独立の言語としての意識が高まった。 こうした歴史的背景から、ノルウェー語にはブークモール (bokmål 「書籍語」) 、ニーノシュク (nynorsk 「新ノルウェー語」) の2種があり、双方がノルウェーの公用語に なっている。ブークモールはデンマーク語とあまり変わらない穏健派、ニーノシュクはデンマーク語の影響を受ける前の「本来の」ノルウェー語を取り戻そうという急進派である。
ノルウェージャンフォレストキャット
ノルウェージャンフォレストキャット(英:Norwegian Forest Cat / 諾:Norsk skogkatt)は、ネコの品種のひとつである。原産はノルウェー、スカンディナヴィア半島を中心とした北ヨーロッパで、非常に寒冷な気候にも適応する長毛種。 ノルウェーでは、このネコはよく知られた存在で、スコグカッテル“Skogkatter”もしくはスコウカッテル“Skaukatter”と呼ばれている。(“skog”と“skau”はどちらも「森」に対する言葉で、ノルウェーの方言によって語の形が異なる) また、このネコについてよく知る人は特性からノシュク・スコグカット“Norsk Skogkatt”(文字通り、ノルウェーの森林ネコ)と呼ぶ。 ノルウェージャンフォレストキャットは原産地域の寒冷気候への自然適合として起こった非常に古い種類の猫であり、彼らはメインクーンと長毛種のマン島の猫の先祖である、人間がトルコから運んできたターキッシュアンゴラと地元のショートヘアーの交配により誕生した、等の説がある。
ノルウェージャンフォレストキャット -日本語版制作‐
『ノルウェージャンフォレストキャット』より : 本項は:en:Norwegian Forest catを翻訳したものである。
:※ この記事は翻訳したものであり、曖昧な部分が多数あります。
ノルウェージャンフォレストキャットはネコの品種のひとつである。長毛種。原産はノルウェー、スカンジナビア半島を中心とした北ヨーロッパで、非常に寒冷な気候でも適応している。ノルウェーでは、このネコのよく知られた存在で、スコッグ・キャッター“”Skogkatter””もしくはスコウキャッター“”Skaukatter””と呼ばれている。(“”skog””と“”skau””はどちらも『森』に対する言葉で、ノルウェーの方言によって語の形が異なる) また、このネコについてよく知る人は特性からノースク・スコッグキャット“”Norsk Skogkatt””(文字通り、ノルウェ-の森林ネコ)

ノルウェージャンフォレストキャット(日本語版制作)
『ノルウェージャンフォレストキャット』より : 本項は:en:Norwegian Forest catを翻訳したものである。
:※ この記事は翻訳したものであり、曖昧な部分が多数あります。
ノルウェージャンフォレストキャットはネコの品種のひとつである。長毛種。原産はノルウェー、スカンジナビア半島を中心とした北ヨーロッパで、非常に寒冷な気候でも適応している。ノルウェーでは、このネコのよく知られた存在で、スコッグ・キャッター“”Skogkatter””もしくはスコウキャッター“”Skaukatter””と呼ばれている。(“”skog””と“”skau””はどちらも『森』に対する言葉で、ノルウェーの方言によって語の形が異なる) また、このネコについてよく知る人は特性からノースク・スコッグキャット“”Norsk Skogkatt””(文字通り、ノルウェ-の森林ネコ)

ノルウェー語版ウィキペディア
ノルウェー語版ウィキペディアは、ノルウェー語で編集されているウィキペディア。また、ブークモール版と、ニーノシュク版の2種類で表記されている。 ノルウェー語には二つの大きな方言が存在する。ひとつはブークモールで、標準的な書き言葉である。もうひとつはニーノシュクでこちらは主に話し言葉(口語)で使われる。ノルウェー語版ウィキペディアとしては2001年11月26日に設立された。当時はどちらの言葉で書いてもよかった。ニーノシュク版のウィキペディアは2004年7月31日に設立され急成長を遂げた。2005年の投票で、ノルウェー語版の標準としてはブークモール版が採用された。ブークモール版は2007年2月24日、10万項目以上の記事をもつ14番目のウィキペディアとなった。 2013年12月10日現在の記事数は、ブークモール版で401,751項目、ニーノシュク版で107,257項目である。 ノルウェー語とスウェーデン語とデンマーク語は多くの共通点をもちお互いそれぞれ意思疎通できる範囲にある。そのためユーザーはウィキメディアのメタウィキにある Skanwiki を通じ、互いのウィキペディアと協力し、記事を作成している。
ノルウェーの森
「ノルウェーの森」 ("Norwegian Wood (This Bird Has Flown)")はイギリスのロック・バンド、ビートルズの楽曲である。 解説 本作は1965年12月3日に発売された6作目のイギリス盤公式オリジナル・アルバム『ラバー・ソウル』のA面2曲目に収録された。レノン=マッカートニーの作。リード・ヴォーカルはジョン・レノン。ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500では83位にランクされている。 リード・ヴォーカルおよびアコースティック・ギターはジョン・レノン、バッキング・ヴォーカルはポール・マッカートニーが担当し、ジョンの発案によりインドの民族楽器であるシタールがジョージ・ハリスンによって演奏されている。レコード化されたポピュラーミュージックにシタールが使用されたのはこれが初めてのことであると言われていた。アルバム『ザ・ビートルズ・アンソロジー2』には別ヴァージョン(お蔵入りになっていた第1テイク)が収録されている。
ノルウェー労働党
ノルウェー労働党(ノルウェー語:Det norske Arbeiderparti(DNA) 英語名:Norwegian Labour Party)は、ノルウェーの最大の政党で社会民主主義政党。社会主義インターナショナル加盟政党。 1887年に創設。1921年から1923年までの一時期、コミンテルンに加盟。1928年最初の労働党内閣が発足したが、2週間しかつづかなかった。1930年代には、革命的特徴は消え失せ、改良主義路線を取った。1935年から1965年まで政権を担う(第二次世界大戦中のドイツ占領期の1940年から1945年にかけてはロンドン亡命政権)。以後、今日まで度々政権を担い、ノルウェーの福祉国家の完成に貢献した。 2011年7月22日、オスロ近郊にあるウトヤ島で党の青年部が主催した集会において警官に偽装した勢力が銃を乱射し、90人以上が死傷した(ノルウェー連続テロ事件)。 2013年9月9日に行われた総選挙では、保守党を中心とした中道右派連合に敗北し、下野した。 第二次大戦後の党首 アイナル・ゲルハルドセン(Einar Gerhardsen):1945年-1965年 トリグヴェ・ブラッテリ(Trygve Bratteli:1965年-1975年 レイウルフ・ステーン(Reiulf Steen):1975年-1981年 グロ・ハーレム・ブルントラント(Gro Harlem Brundtland):1981年-1992年 トルビョルン・ヤーグラン(Thorbjørn Jagland):1992年-2002年 イエンス・ストルテンベルク(Jens Stoltenberg):2002年- 脚注 ==。
ノルウェーの国旗
ノルウェーの国旗 (ノルウェー語 (ブークモール): Norges flagg、ノルウェー語 (ニーノシュク): Norske flagget)は、赤地に白の縁取りがなされたインディゴブルーのスカンディナヴィア十字が描かれた旗。 最初期のノルウェーの旗がどのようなものであったか、確かなものはない。それは、古代ノルウェーにおいて、"国"が旗を掲げることがなかったためである。ただし、特に戦争において王や君主は旗を掲げていた。オーラヴ2世は、Battle of Nesjarにおいて、白地に大蛇の描かれたマークを用いていた。これ以前にも、カラスやドラゴンの描かれたものが使用された。マグヌス1世は、オーラヴ2世と同じマークを使用している。ハーラル3世はカラスの旗を使用した。この旗は、9世紀から11世紀にかけて、様々なヴァイキングの首領や、スカンディナヴィアの君主も使用していた。インゲ1世は、金地に赤い獅子の描かれた旗を使用した。スヴェレ・シグルツソンは、赤地もしくは金地に鷲の描かれた旗を使用した。ノルウェーの国旗として語られることのある最初期の著名な旗は、現在ノルウェーの王室旗として使用されている。
ノルウェー沿岸警備隊
ノルウェー沿岸警備隊(ノルウェーえんがんけいびたい Kystvakten 英:Royal Norwegian Coast Guard)はノルウェーにおける沿岸警備隊組織。ノルウェー海軍の傘下にあり、漁業保護などを主目的とする。1977年4月1日に設立された。 200海里の排他的経済水域の問題から、ノルウェー海の漁業権の保護・監視をおこなう必要が生じた。そのために、1977年にノルウェー海軍から分離し、沿岸警備隊が組織された。任務としては漁業権保護が中心であり、その他に環境汚染の監視や救難業務などをおこなっている。戦時には海軍と協力し軍事任務を遂行する。 所属船舶は21隻であり、ヘリコプターは6機保有している。ノルウェー空軍のP-3N哨戒機2機が沿岸警備隊の支援に割り振られている。人員は約800名、司令部はオスロにあり、管轄区域は北緯65度を境に、北部地区と南部地区に2つに分けて業務を遂行している。哨戒艦艇は北洋での行動があるため、ノルトカップ級など対氷性を持つものも保有している。 沿岸警備隊の艦艇 北部沿岸警備隊 ハーシュタ Harstad スヴァールバル Svalbard アンデネス Andenes ノールカップ Nordkapp センジャ Senja チーフテン Chieftain シュタルバス Stålbas ファーム Farm ヘイムダル Heimdal トール Tor 南部沿岸警備隊 レイクヴィン Leikvin オーレスン Ålesund ノルン Nornen ニョルズ Njord 計画中の艦艇 5隻のノルン級警備艦が発注され、3隻が受領された。
ノルウェー郷土防衛隊
ノルウェー郷土防衛隊(ノルウェーきょうどぼうえいたい、英: Norwegian Home Guard、ノルウェー語: Heimevernet)は、ノルウェーの軍隊の一。有事に迅速に動員され、郷土防衛を担う。 第二次世界大戦時にドイツに占領された反省から、1946年12月6日に創設された。陸・海・空の三部門があり、うち陸上部隊の規模が最も大きなものとなっている。平時の常備要員は600名ほどしかいないが、有事においては約83,000名の人員を動員できる。 有事の主任務は、郷土のインフラおよび市民を防衛し、正規軍を補助し、侵略軍に対するゲリラ戦やサボタージュを行うことにある。 2004年から、組織改編を実施している。人員を5万名に削減するとともに、訓練を強化し、専門性を高めるものである。テロ攻撃対処も見据えた、この改編により、部隊の即応能力を高め、本来は予備部隊である郷土防衛部隊を活用するケースが増えることとなる。 外部リンク ノルウェー国防省(郷土防衛隊のページ)英語。
ノルウェーの国歌
我らこの国を愛す(われらこのくにをあいす)またはそうだ!我らはこの国を愛す(-われ-くに-あい、Ja, vi elsker dette landet)はノルウェーの国歌である。 作詞はビョルンスティエルネ・ビョルンソン、作曲はその従兄弟のリカルド・ノルドロークによる。 通常は1番、7番、8番が演奏される。 歌詞 出典 外部サイト ノルウェー国歌。
ノルウェー連続テロ事件
ノルウェー連続テロ事件(ノルウェーれんぞくテロじけん)は、2011年7月22日にノルウェーで発生した連続テロ事件である。 2011年7月22日、ノルウェーの首都オスロ政府庁舎 (Regjeringskvartalet) 爆破事件とウトヤ島銃乱射事件が連続して発生した。 政府庁舎爆破事件により8人、銃乱射事件により69人がそれぞれ死亡しており、両事件で77人が死亡。ノルウェー国内において第二次世界大戦以降の最悪の惨事とされている。 ノルウェー警察当局により、両事件は極右思想を持つキリスト教原理主義者のアンネシュ・ブレイヴィーク(当時32歳)が起こした連続テロとされており、共犯者は確認されていない。なお、単独犯行であることが確定した時点で、韓国の禹範坤(1982年に57人以上を殺害)を抜き、世界最大の短時間大量殺人犯になると言われている。ウトヤ島銃乱射事件での死者には王太子妃の義兄 Trond Berntsen (51) が含まれる。 さらに、ブレイヴィークは移民の受け入れを推進したグロ・ハーレム・ブルントラント元首相も殺害しようとしていた。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)  



 東アジア  台湾 | 大韓民国 | 中国 | 香港 | マカオ | モンゴル
 南アジア  インド | インドネシア | カンボジア | シンガポール | スリランカ | タイ |
 ネパール | バングラデシュ | パキスタン | フィリピン | ベトナム |
 マレーシア | ミャンマー | ラオス
 中近東  アラブ首長国連邦 | イスラエル | イラク | イラン | サウジアラビア |
 シリア | トルコ | ヨルダン | レバノン
 ヨーロッパ  アイスランド | アイルランド | イギリス | イタリア | ウクライナ |
 ウズベキスタン | エストニア | オーストリア | オランダ | ギリシャ |
 クロアチア | スイス | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア |
 チェコ | デンマーク | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド |
 フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ |
 モナコ | ラトビア | リトアニア | ルーマニア | ルクセンブルク | ロシア
 アフリカ  エジプト | ケニア | ジンバブエ | タンザニア | チュニジア | ボツワナ |
 マダガスカル | 南アフリカ | モーリシャス | モロッコ | リビア
 北アメリカ  アメリカ | カナダ
 中央・南アメリカ  アルゼンチン | エクアドル | キューバ | グアテマラ | ジャマイカ | チリ |
 バハマ | パナマ | ブラジル | ベネズエラ | ペルー | メキシコ
 太平洋地域  北マリアナ諸島 | グアム | ハワイ | ミクロネシア
 オセアニア  オーストラリア | ニューカレドニア | ニュージーランド | バヌアツ |
 パプアニューギニア | パラオ | フィジー諸島 | フランス領ポリネシア |
 マーシャル諸島




▼外国語翻訳・海外通訳 サービス内容一覧
■外国語・多言語翻訳

激安翻訳サービス高品質翻訳サービス専門翻訳サービス一般文書・書類翻訳論文翻訳添付文書翻訳字幕翻訳映像翻訳音声翻訳法律翻訳・法務翻訳・契約書翻訳薬事法や医薬翻訳・医学翻訳技術関連文書翻訳技術マニュアル翻訳コンピュータ・IT技術・情報通信に特化した翻訳契約書翻訳経済翻訳金融翻訳財務翻訳産業翻訳化学技術翻訳土木・建築翻訳産業技術翻訳戸籍謄本翻訳メール文書翻訳英文翻訳英和和英翻訳ハングル翻訳和訳WEBサイト・ホームページ翻訳ネイティブ翻訳文書校正日本語翻訳テキスト翻訳日中翻訳仏語翻訳独語翻訳

■国際ビジネス支援サービス
輸出入代行・通信代行、海外販路獲得サポート海外との連絡代行海外への外注現地通訳サービス海外B2B商取引ポータル・サイト登録申請代行
■海外法人会社設立支援サービス
海外法人会社設立海外独立起業支援海外銀行口座開設(法人口座、個人口座) 国際カードの取得サポート
■海外諸外国の調査サービス

海外の展示会・見本市調査世界各国の情報収集リサーチ海外での市場調査海外企業の信用調査海外での提携先探し海外企業の謄本取得代行(登記簿謄本・商業登記簿・不動産登記簿)


▼外国語翻訳・取り扱い言語一覧
■ヨーロッパ地域の言語
イタリア語翻訳  スペイン語翻訳  フランス語(仏語)翻訳  ポルトガル語翻訳  オランダ語翻訳  ドイツ語(独語翻訳)  ウクライナ語翻訳  エストニア語翻訳  カザフ語翻訳  カタルーニャ語翻訳  ギリシャ語翻訳  クロアチア語翻訳  セルビア語翻訳  チェコ語翻訳  スロベニア語翻訳  デンマーク語翻訳  スウェーデン語翻訳  ノルウェー語翻訳  ハンガリー語翻訳  マジャル語翻訳  ラテン語翻訳  ポーランド語翻訳  ルーマニア語翻訳  フィンランド語翻訳  ブルガリア語翻訳  ロシア語翻訳  アルバニア語翻訳  バスク語翻訳  ベラルーシ語翻訳  ブルターニュ語翻訳  カタロニア語翻訳  チェチェン語翻訳  エスペラント語翻訳  フリースランド語翻訳  ガリシア語翻訳  グルジア語翻訳   アイスランド語翻訳  アイルランド語翻訳  ラトビア語翻訳  リトアニア語翻訳  サルデーニャ語翻訳  スロバキア語翻訳  ウェールズ語翻訳  イディッシュ語翻訳
■アジア地域の言語

中国語(北京語・広東語)翻訳  韓国語(ハングル)翻訳  タイ語翻訳  ベトナム語翻訳  インドネシア語翻訳  カンボジア語翻訳  クメール語翻訳  ジャワ語翻訳  シンハラ語翻訳  ネパール語翻訳  パキスタン語翻訳  ウルドゥー語翻訳  ヒンディー語翻訳 フィリピン語翻訳  タガログ語翻訳  ベンガル語翻訳  マラチヒ語翻訳  マレー語翻訳  ミャンマー語翻訳 モンゴル語翻翻訳訳 ラオス語翻訳  繁体字翻訳  簡体字翻訳  貴州語翻訳  湖南語翻訳  広東語翻訳  四川語翻訳  上海語翻訳  台湾語翻訳 福建語翻訳  北京語翻訳  セブアノ語翻訳  日本語翻訳  マオリ語翻訳  パンジャビ語翻訳  サンスクリット語翻訳  チベット語翻訳  フィリピノ語翻訳  セブ語翻訳  ビサヤ語翻訳  ビサイヤ語翻訳  ピリピノ語翻訳  ヒリガイノン語翻訳

■アフリカ・中東地域の言語
クルド語翻訳  アラビア語翻訳  アシャンテ語翻訳  ウガンダ語翻訳  スワヒリ語翻訳  トルコ語翻訳  ヨルバ語翻訳  バンバラ語翻訳   ヘブライ語翻訳  ペルシア語翻訳  ナイジェリア語翻訳  アフリカーンス語翻訳  ダリ語翻訳  イボ語翻訳  タミル語翻訳
Copyright (C) 2005 - 2017 GLOBAL-EYE All Rights Reserved.


[PR] 激安販促品/デザイン印刷/激安ノベルティ 激安のぼり販売 激安仕入れ/激安問屋/激安海外輸入 カントリー雑貨の通販 雑貨問屋/雑貨卸し
  激安翻訳・格安通訳 ホームページ制作/WEBデザイン作成/システム開発(栃木県小山市) 激安ホームページ制作/激安更新システム付きホームページ作成