モナコ(ヨーロッパ)言語翻訳|激安格安翻訳(文書翻訳 論文翻訳 文書校正 テキスト翻訳 音声翻訳 映像翻訳 和訳)多言語翻訳会社グローバルアイ

翻訳、通訳、海外ビジネス展開支援・コンサルティングのグローバルアイ
翻訳、通訳サービス グローバルアイ トップページ サイトマップリンク
翻訳サービス 国際ビジネス 会社設立支援 海外調査 料金一覧 取り扱い言語 お問い合わせ
ビジネスパートナー登録
対象地域
登録フォーム



お見積もり
>>無料!お見積もりはこちらから。



お問い合わせ
>>お気軽にお問い合わせください。



ビジネスパートナー・提携業者募集
>>弊社と業務提携を結ぶ
業者様を募集しております。


フリーランス翻訳者募集
>>各国の翻訳・通訳スタッフを
募集しております。


多言語ホームページ制作会社募集
>>多言語ホームページ制作
会社を募集しております。


日本進出の海外企業顧問ご紹介
>>日本進出の海外企業の
顧問をご紹介いたします。



.・

世界中にるネットワークで、スピーディーで正確な翻訳が可能!

翻訳、通訳サービスにより、海外進出・展開を狙う企業様を応援いたします。


対象地域


翻訳、通訳、海外ビジネス展開支援のビジネスパートナー・提携業者募集!

グローバルアイでは、以下地域にてビジネスパートナーとなる提携業者を募集しております。
「登録型」となっておりますので、企業や学校、個人からの依頼を受けて、皆様が登録した内容を元に、検索を行い、お仕事をやって頂きます。
仕事は専門分野、住んでいる地域、過去の実勢を総合した上、通常はPCメールにてお知らせ致します。

→登録フォームはこちらから



English
 モナコ
 モナコ、 モンテカルロ


 Wikipediaモナコ情報

モナコ
モナコ公国 Principauté de Monaco 国の標語:Deo Juvante(ラテン語:我、神のご加護と共にあらん) 国歌:モナコ国歌 モナコの位置 モナコ公国(モナコこうこく)、通称モナコは、西ヨーロッパの立憲君主制国家。都市国家であり、首都モナコ市がそのまま全領土となる、世界で2番目に小さいミニ国家で、国連加盟国の中では世界最小である。フランスの地中海沿岸地方コート・ダジュールのイタリアとの国境近くに位置する。 最大の都市モンテカルロには国際水路機関の本部がある。モナコはカジノやF1モナコグランプリ、WRC・ラリー・モンテカルロが開催されることで知られる。 国名 正式名称はフランス語で、Principauté de Monaco(プランシポテ・ドゥ・モナコ)。通称、Monaco。 日本語の表記については日本の外務省は、モナコ公国表記を用いている。通称、モナコ。「モナコ大公国」や「モナコ王国」と訳す場合もある。 国旗 国旗のデザインが国連基準の2:3の縦横比になるとインドネシアと同様になるため、両国の間で調整が図られたものの進展しなかった。
モナコ統治者の一覧
以下に示す表は、年代順に並べられたモナコ統治者の一覧である。 殆どはグリマルディ家の出身となる。他国統治期間の行政者等は、例外としてその旨を記す。 モナコ領主 モナコ大公 備考 フランソワ・グリマルディはしばしば公国最初の統治者として言及されるが, 実際には1297年1月8日にモナコの岩を実力で占有した集団の指導者に過ぎない。フランソワの従兄弟であるカーニュ領主 レーニエ1世こそが、現在モナコとして知られている地域を支配したグリマルディ家出身の最初の統治者である。 その跡を継いだシャルル1世は、30年間ジェノヴァに支配権を奪われながらモナコの岩を一族の手に戻し、名実ともに最初のモナコ領主となった誉で、広く公朝創始者とみなされている。 ルイという名前のモナコ統治者は3人いる。1390年代と1400年代初頭の2度治める事になったモナコ領主ルイと、1662年から1701年まで治めたルイ1世大公と、1922年から1949年まで治めたルイ2世大公とである。
モナコ公国
『モナコ』より : モナコ公国 Principauté de Monaco 国の標語:Deo Juvante(ラテン語:我、神のご加護と共にあらん) 国歌:モナコ国歌 モナコの位置 モナコ公国(モナコこうこく)、通称モナコは、西ヨーロッパの立憲君主制国家。都市国家であり、首都モナコ市がそのまま全領土となる、世界で2番目に小さいミニ国家で、国連加盟国の中では世界最小である。フランスの地中海沿岸地方コート・ダジュールのイタリアとの国境近くに位置する。 最大の都市モンテカルロには国際水路機関の本部がある。モナコはカジノやF1モナコグランプリ、WRC・ラリー・モンテカルロが開催されることで知られる。 国名 正式名称はフランス語で、Principauté de Monaco(プランシポテ・ドゥ・モナコ)。通称、Monaco。 日本語の表記については日本の外務省は、モナコ公国表記を用いている。通称、モナコ。「モナコ大公国」や「モナコ王国」と訳す場合もある。 国旗 国旗のデザインが国連基準の2:3の縦横比になるとインドネシアと同様になるため、両国の間で調整が図られたものの進展しなかった。
モナコグランプリ
モナコグランプリ(モナコGP、英: Monaco Grand Prix , 仏: Grand Prix de Monaco )は、モナコ公国のモンテカルロ市街地コースで行われるF1世界選手権レースの一戦。 インディ500、ル・マン24時間レースと並び「世界3大レース」の1つに数えられ、F1およびモナコのシンボルともいえる名物レースとなっている。 1929年に第1回大会を開催し、第二次世界大戦前後の中断(1938年 - 1947年、1949年)と、1950年代前半を除き毎年開催されてきた。1950年のF1世界選手権発足時よりイギリスGP、イタリアGP、ベルギーGPと並んで同シリーズに組み込まれている。この内、同じコースで開催され続けているのはモナコGPのみである。 グランプリ期間中、普段は人口3万人の小国に、およそ20万人の観客が訪れる。モナコ王室を始めとして、政財界の協力によって行われる国家的な観光イベントでもある。多くの観客を招き入れるため、キリスト昇天祭の祝日となる5月の2週目か3週目の木曜日に日程を合わせるのが慣わしである。
モナコGP
『モナコグランプリ』より : モナコグランプリ(モナコGP、英: Monaco Grand Prix , 仏: Grand Prix de Monaco )は、モナコ公国のモンテカルロ市街地コースで行われるF1世界選手権レースの一戦。 インディ500、ル・マン24時間レースと並び「世界3大レース」の1つに数えられ、F1およびモナコのシンボルともいえる名物レースとなっている。 1929年に第1回大会を開催し、第二次世界大戦前後の中断(1938年 - 1947年、1949年)と、1950年代前半を除き毎年開催されてきた。1950年のF1世界選手権発足時よりイギリスGP、イタリアGP、ベルギーGPと並んで同シリーズに組み込まれている。この内、同じコースで開催され続けているのはモナコGPのみである。 グランプリ期間中、普段は人口3万人の小国に、およそ20万人の観客が訪れる。モナコ王室を始めとして、政財界の協力によって行われる国家的な観光イベントでもある。多くの観客を招き入れるため、キリスト昇天祭の祝日となる5月の2週目か3週目の木曜日に日程を合わせるのが慣わしである。
モナコ・グランプリ
『モナコグランプリ』より : モナコグランプリ(モナコGP、英: Monaco Grand Prix , 仏: Grand Prix de Monaco )は、モナコ公国のモンテカルロ市街地コースで行われるF1世界選手権レースの一戦。 インディ500、ル・マン24時間レースと並び「世界3大レース」の1つに数えられ、F1およびモナコのシンボルともいえる名物レースとなっている。 1929年に第1回大会を開催し、第二次世界大戦前後の中断(1938年 - 1947年、1949年)と、1950年代前半を除き毎年開催されてきた。1950年のF1世界選手権発足時よりイギリスGP、イタリアGP、ベルギーGPと並んで同シリーズに組み込まれている。この内、同じコースで開催され続けているのはモナコGPのみである。 グランプリ期間中、普段は人口3万人の小国に、およそ20万人の観客が訪れる。モナコ王室を始めとして、政財界の協力によって行われる国家的な観光イベントでもある。多くの観客を招き入れるため、キリスト昇天祭の祝日となる5月の2週目か3週目の木曜日に日程を合わせるのが慣わしである。
モナコ式
モナコ式(もなこしき Jaubert”s Monaco System)とは、海棲生物飼育水槽の濾過方式のひとつ。
ニース大学の Jean Jaubert 博士が考案しモナコ水族館 Oceanographic Museum of Monaco で採用され、広く知られるようになったDelbeek, J. Charles ; Sprung, Julian (2005) ”The Reef Aquarium”. Two Little Fishes. Florida. ISBN1-883693-14-4. 。
水槽底面に、通水性があり砂利の落ち込みをふせぐことのできる穴の空いた板のようなもの使い厚さ 1.5 cm (1/2 インチ)程度の遊水層(プレナム plenum)をつくる。その上に小粒の通常の(アラゴナイトでない)サンゴ砂を 10cm(4 インチ)から15cm 程度敷く。これが Jaubert 底床(モナコ式底床)である。底砂の上層部ではアンモニアの亜硝酸化、亜硝酸の酸化などのバクテリアによる好気性の生物濾過(硝化)が、嫌気的になる(酸化還元電位が低下する)底砂の下層部ではバクテリアの嫌気性代謝による硝酸の還元(脱窒)が行われる。それまでの好気性濾過(生物濾過)装置のみでの海水魚飼育で必須とされた硝酸塩の除去を目的とした換水を減らすことができ、長期間に渡る無換水飼育への道を開いた。

モナコ・マイスター
モナコ・マイスター(Monaco Meister )は主に日本で使われる語で、F1レースの一つであるモナコGPに際立って強いドライバーに冠せられる通称。3勝以上挙げたドライバーに与えられる場合が多い。マイスターとはドイツ語で「名人、達人」、あるいは「チャンピオン」の意。 解説 モナコGPが開催されるモンテカルロ市街地コースは、攻略が難しく追い抜きもしにくいコースであり、勝利するのは困難なレースである。モナコGPではマシンの性能差とともにドライバーの技量差が顕著になり、ドライバーの腕が試されるコースとしても有名である。また、道幅が狭く事故が起きやすい上に、マシンにも過酷でメカニカルトラブルが多く、完走するためには強運も必要とされる。主に3勝するとモナコマイスターの称号を与えられる。 モナコ・マイスターと呼ばれたドライバー モナコGPで通算3勝以上を達成したドライバーを記載する。 スターリング・モス2連勝を含む通算3勝(1956年、1960年〜1961年)を挙げている。
モナコの国旗
モナコの国旗(モナコのこっき)は、上下に赤・白で均等に塗り分けられた二色旗。インドネシアの国旗とデザインは同一だが、縦横の比率が異なる(但し、国際会議などの場では縦横比が2:3に統一される場合が多く、その場合だと全く区別がつかない)。 赤と白は少なくとも1339年以来グリマルディ家の伝統色だが、国旗に関してはいろいろな変更があった。 元々のモナコの国旗は国章を中央にあしらったもので、現在のデザインが導入されるまで使われていた。現在でも政府旗として国章の旗が使われる。他にも、白地に赤の菱形が並べられたデザインも17世紀以降、非公式な国旗として使われることがあり、現在でも様々な機会に使われている。 なお、インドネシアの国旗同様デザインが酷似する旗として、ウィーンの旗が挙げられる(ウィーンの旗の方が赤の色がやや明るめ)。 歴史的な旗 関連項目 国旗の一覧 モナコの国章 インドネシアの国旗 ポーランドの国旗。
モナコの国歌
モナコの国歌の名はモナコ国歌(A Marcia de Muneghu / Inu Nactionale)。 1841年にテオフィル・ベランド・ド・カストロ (Théophile Bellando de Castro) がオリジナルを作詞・作曲し、1896年にシャルル・アルブレ (Charles Albrecht) が曲に修正を加え、1931年にはルイス・ノタリがモナコ語で作詞した。 現在の歌詞 全歌詞 オリジナル歌詞 外部リンク The Prince's Palace - 皇太子宮殿の公式ウェブサイトでは国歌に関する広範な記事、完全な歌詞および楽器演奏ファイルが利用できる。 Streaming audio, lyrics and information for Monaco's national anthem - 国歌の合唱バージョンを聴くことができる。
モナコ国歌
『モナコの国歌』より : モナコの国歌の名はモナコ国歌(A Marcia de Muneghu / Inu Nactionale)。 1841年にテオフィル・ベランド・ド・カストロ (Théophile Bellando de Castro) がオリジナルを作詞・作曲し、1896年にシャルル・アルブレ (Charles Albrecht) が曲に修正を加え、1931年にはルイス・ノタリがモナコ語で作詞した。 現在の歌詞 全歌詞 オリジナル歌詞 外部リンク The Prince's Palace - 皇太子宮殿の公式ウェブサイトでは国歌に関する広範な記事、完全な歌詞および楽器演奏ファイルが利用できる。 Streaming audio, lyrics and information for Monaco's national anthem - 国歌の合唱バージョンを聴くことができる。
モナコの歴史
モナコの歴史は、古代の人々によって初期は避難所、のちに要塞として使われ、現在のモナコ周辺の地理的陸標であった「モナコの岩」に始まる。その岩山は街を保護する観点や、軍事戦略的観点から重要なものであった。モナコはローマ帝国の崩壊後、14世紀から15世紀初期に至りリグーリアの一部として発展し、主に政治的理由からその地域を巡って抗争が繰り広げられた。抗争後はグリマルディ家の支配下に入り、フランスに一時期占領されていたことを除けば、現在までその支配が続いている。 初期の歴史とリーグリア モナコとしての歴史が始まったモナコの岩は、旧石器時代の終わりにあたる、おおよそ前世紀40万年にはその地域の住民に避難所として使われていたことが、聖ジュディスト庭園内の洞穴での発見物で明らかになった。歴史家シケリアのディオドロスと地理学者ストラボンによれば、モナコに最初に永住したのは、現住地であったイタリア、ジェノバから移住し山に住んでいたリグーリア人であったという。
モナコ語
モナコ語(モナコご)はリグリア語の方言。 現在のモナコではほとんど使われず、モナコの小学校で教えられる他、古い道路標識などに使われている程度となっている。 関連項目 リグリア語 外部リンク モナコ語につき研究発表(フランス語・リグリア語) U Cuncursu モナコ語のコンコース(フランス語)。
モナコの軍事
ここでは、モナコの軍事について解説する。 モナコは、事実上軍隊を保有しておらず、モナコの領土防衛はフランスが責任を持つこととなっている。ただし2005年締結の条約により、緊急事態を除き、フランス軍の派兵に際してモナコ側の要請・同意が必要とされている。 武装部隊としては、内務省の傘下に大公銃騎兵中隊(Compagnie des Carabiniers du Prince)を保有している。1817年に領域警備のために設立されたものであり、人員は約100名。そのうち、士官はフランスで訓練されている。これは事実上、警備・儀仗部隊であり、観光地である海岸をはじめとして、領域警備を行っており、宮殿については、士官2名を含む10名で常に警備にあたっている。衛兵の交代は正午に行われ、観光イベントとなっている。この他、27名で構成された軍楽隊も保有している。 内務省の傘下には消防隊(Corps des Sapeurs-Pompiers)もあり、人員130名を有する。これはフランス軍において訓練を受けており、市民防衛のため、銃の訓練および武器管理も行なっている。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)  



 東アジア  台湾 | 大韓民国 | 中国 | 香港 | マカオ | モンゴル
 南アジア  インド | インドネシア | カンボジア | シンガポール | スリランカ | タイ |
 ネパール | バングラデシュ | パキスタン | フィリピン | ベトナム |
 マレーシア | ミャンマー | ラオス
 中近東  アラブ首長国連邦 | イスラエル | イラク | イラン | サウジアラビア |
 シリア | トルコ | ヨルダン | レバノン
 ヨーロッパ  アイスランド | アイルランド | イギリス | イタリア | ウクライナ |
 ウズベキスタン | エストニア | オーストリア | オランダ | ギリシャ |
 クロアチア | スイス | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア |
 チェコ | デンマーク | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド |
 フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ |
 モナコ | ラトビア | リトアニア | ルーマニア | ルクセンブルク | ロシア
 アフリカ  エジプト | ケニア | ジンバブエ | タンザニア | チュニジア | ボツワナ |
 マダガスカル | 南アフリカ | モーリシャス | モロッコ | リビア
 北アメリカ  アメリカ | カナダ
 中央・南アメリカ  アルゼンチン | エクアドル | キューバ | グアテマラ | ジャマイカ | チリ |
 バハマ | パナマ | ブラジル | ベネズエラ | ペルー | メキシコ
 太平洋地域  北マリアナ諸島 | グアム | ハワイ | ミクロネシア
 オセアニア  オーストラリア | ニューカレドニア | ニュージーランド | バヌアツ |
 パプアニューギニア | パラオ | フィジー諸島 | フランス領ポリネシア |
 マーシャル諸島




▼外国語翻訳・海外通訳 サービス内容一覧
■外国語・多言語翻訳

激安翻訳サービス高品質翻訳サービス専門翻訳サービス一般文書・書類翻訳論文翻訳添付文書翻訳字幕翻訳映像翻訳音声翻訳法律翻訳・法務翻訳・契約書翻訳薬事法や医薬翻訳・医学翻訳技術関連文書翻訳技術マニュアル翻訳コンピュータ・IT技術・情報通信に特化した翻訳契約書翻訳経済翻訳金融翻訳財務翻訳産業翻訳化学技術翻訳土木・建築翻訳産業技術翻訳戸籍謄本翻訳メール文書翻訳英文翻訳英和和英翻訳ハングル翻訳和訳WEBサイト・ホームページ翻訳ネイティブ翻訳文書校正日本語翻訳テキスト翻訳日中翻訳仏語翻訳独語翻訳

■国際ビジネス支援サービス
輸出入代行・通信代行、海外販路獲得サポート海外との連絡代行海外への外注現地通訳サービス海外B2B商取引ポータル・サイト登録申請代行
■海外法人会社設立支援サービス
海外法人会社設立海外独立起業支援海外銀行口座開設(法人口座、個人口座) 国際カードの取得サポート
■海外諸外国の調査サービス

海外の展示会・見本市調査世界各国の情報収集リサーチ海外での市場調査海外企業の信用調査海外での提携先探し海外企業の謄本取得代行(登記簿謄本・商業登記簿・不動産登記簿)


▼外国語翻訳・取り扱い言語一覧
■ヨーロッパ地域の言語
イタリア語翻訳  スペイン語翻訳  フランス語(仏語)翻訳  ポルトガル語翻訳  オランダ語翻訳  ドイツ語(独語翻訳)  ウクライナ語翻訳  エストニア語翻訳  カザフ語翻訳  カタルーニャ語翻訳  ギリシャ語翻訳  クロアチア語翻訳  セルビア語翻訳  チェコ語翻訳  スロベニア語翻訳  デンマーク語翻訳  スウェーデン語翻訳  ノルウェー語翻訳  ハンガリー語翻訳  マジャル語翻訳  ラテン語翻訳  ポーランド語翻訳  ルーマニア語翻訳  フィンランド語翻訳  ブルガリア語翻訳  ロシア語翻訳  アルバニア語翻訳  バスク語翻訳  ベラルーシ語翻訳  ブルターニュ語翻訳  カタロニア語翻訳  チェチェン語翻訳  エスペラント語翻訳  フリースランド語翻訳  ガリシア語翻訳  グルジア語翻訳   アイスランド語翻訳  アイルランド語翻訳  ラトビア語翻訳  リトアニア語翻訳  サルデーニャ語翻訳  スロバキア語翻訳  ウェールズ語翻訳  イディッシュ語翻訳
■アジア地域の言語

中国語(北京語・広東語)翻訳  韓国語(ハングル)翻訳  タイ語翻訳  ベトナム語翻訳  インドネシア語翻訳  カンボジア語翻訳  クメール語翻訳  ジャワ語翻訳  シンハラ語翻訳  ネパール語翻訳  パキスタン語翻訳  ウルドゥー語翻訳  ヒンディー語翻訳 フィリピン語翻訳  タガログ語翻訳  ベンガル語翻訳  マラチヒ語翻訳  マレー語翻訳  ミャンマー語翻訳 モンゴル語翻翻訳訳 ラオス語翻訳  繁体字翻訳  簡体字翻訳  貴州語翻訳  湖南語翻訳  広東語翻訳  四川語翻訳  上海語翻訳  台湾語翻訳 福建語翻訳  北京語翻訳  セブアノ語翻訳  日本語翻訳  マオリ語翻訳  パンジャビ語翻訳  サンスクリット語翻訳  チベット語翻訳  フィリピノ語翻訳  セブ語翻訳  ビサヤ語翻訳  ビサイヤ語翻訳  ピリピノ語翻訳  ヒリガイノン語翻訳

■アフリカ・中東地域の言語
クルド語翻訳  アラビア語翻訳  アシャンテ語翻訳  ウガンダ語翻訳  スワヒリ語翻訳  トルコ語翻訳  ヨルバ語翻訳  バンバラ語翻訳   ヘブライ語翻訳  ペルシア語翻訳  ナイジェリア語翻訳  アフリカーンス語翻訳  ダリ語翻訳  イボ語翻訳  タミル語翻訳
Copyright (C) 2005 - 2017 GLOBAL-EYE All Rights Reserved.


[PR] 激安販促品/デザイン印刷/激安ノベルティ 激安のぼり販売 激安仕入れ/激安問屋/激安海外輸入 カントリー雑貨の通販 雑貨問屋/雑貨卸し
  激安翻訳・格安通訳 ホームページ制作/WEBデザイン作成/システム開発(栃木県小山市) 激安ホームページ制作/激安更新システム付きホームページ作成