レバノン(中近東)言語翻訳|激安翻訳(文書翻訳 論文翻訳 文書校正 テキスト翻訳 音声翻訳 映像翻訳 和訳) 海外進出ビジネス支援 海外会社設立 海外調査|

翻訳、通訳、海外ビジネス展開支援・コンサルティングのグローバルアイ
翻訳、通訳サービス グローバルアイ トップページ サイトマップリンク
翻訳サービス 国際ビジネス 会社設立支援 海外調査 料金一覧 取り扱い言語 お問い合わせ
ビジネスパートナー登録
対象地域
登録フォーム



お見積もり
>>無料!お見積もりはこちらから。



お問い合わせ
>>お気軽にお問い合わせください。



ビジネスパートナー・提携業者募集
>>弊社と業務提携を結ぶ
業者様を募集しております。


フリーランス翻訳者募集
>>各国の翻訳・通訳スタッフを
募集しております。


多言語ホームページ制作会社募集
>>多言語ホームページ制作
会社を募集しております。


日本進出の海外企業顧問ご紹介
>>日本進出の海外企業の
顧問をご紹介いたします。



.・

世界中にるネットワークで、スピーディーで正確な翻訳が可能!

翻訳、通訳サービスにより、海外進出・展開を狙う企業様を応援いたします。


対象地域


翻訳、通訳、海外ビジネス展開支援のビジネスパートナー・提携業者募集!

グローバルアイでは、以下地域にてビジネスパートナーとなる提携業者を募集しております。
「登録型」となっておりますので、企業や学校、個人からの依頼を受けて、皆様が登録した内容を元に、検索を行い、お仕事をやって頂きます。
仕事は専門分野、住んでいる地域、過去の実勢を総合した上、通常はPCメールにてお知らせ致します。

→登録フォームはこちらから



English
 レバノン
 ベイルート


 Wikipediaレバノン情報

レバノン
レバノン共和国 الجمهوريّة اللبنانيّة 国の標語:なし 国歌:我ら全ては我が国のため、我が栄光と国旗のため レバノンの位置 レバノン共和国(レバノンきょうわこく、アラビア語: الجمهوريّة اللبنانيّة‎)、通称レバノンは、西アジア・中東に位置する共和制国家。北から東にかけてシリアと、南にイスラエルと隣接し、西は地中海に面している。首都はベイルート。 国名 正式名称は、アル=ジュムフーリーヤ・ッ=ルブナーニーヤ(アラビア語: الجمهوريّة البنانيّة、ラテン文字転写 Al-Jumhūrīyah al-Lubnānīyah)。通称ルブナーン(لبنان Lubnān)。 フランス語表記は、République libanaise。通称、Liban。 日本語の表記は、レバノン共和国。通称、レバノン。漢字表記は、黎巴嫩。 古代オリエント世界 現在のレバノンに相当する地域は、古代はフェニキア人の故地であった。
レバノン内戦
レバノン内戦(レバノンないせん)は、レバノンで1975年から1990年に起こった内戦のこと。その規模などから第五次中東戦争とも呼ばれ、アメリカ合衆国など欧州もまきこんだ。 歴史的背景 歴史的にキリスト教徒の多いレバノンは、第一次世界大戦、第二次世界大戦を経て周辺アラブ国が独立すると中東では数少ないキリスト教徒が中心の国家となった。元来のレバノンの領域は「小レバノン」と呼ばれ、これはオスマン帝国時代にこの地を支配したドゥルーズ派の領主(アミール)ファハル・アッディーンの支配地を根拠とする。長らくこの地域こそが真のレバノンとされたが、第一次世界大戦後、事実上の宗主国となったフランスは元来のレバノン領域(小レバノン)を大幅に越えて、「大レバノン」と呼ばれる元来シリア領域とされるベッカー高原、レバノン北部及びトリポリ市、レバノン南部をも含めて国境線を作成した。
レバノン戦争
『レバノン内戦』より : レバノン内戦(レバノンないせん)は、レバノンで1975年から1990年に起こった内戦のこと。その規模などから第五次中東戦争とも呼ばれ、アメリカ合衆国など欧州もまきこんだ。 歴史的背景 歴史的にキリスト教徒の多いレバノンは、第一次世界大戦、第二次世界大戦を経て周辺アラブ国が独立すると中東では数少ないキリスト教徒が中心の国家となった。元来のレバノンの領域は「小レバノン」と呼ばれ、これはオスマン帝国時代にこの地を支配したドゥルーズ派の領主(アミール)ファハル・アッディーンの支配地を根拠とする。長らくこの地域こそが真のレバノンとされたが、第一次世界大戦後、事実上の宗主国となったフランスは元来のレバノン領域(小レバノン)を大幅に越えて、「大レバノン」と呼ばれる元来シリア領域とされるベッカー高原、レバノン北部及びトリポリ市、レバノン南部をも含めて国境線を作成した。
レバノン侵攻 (2006年)
レバノン侵攻(レバノンしんこう)は、2006年7月レバノンに国家内国家を形成するシーア派系非国家軍事組織ヒズボラ(神の党)によるイスラエル・レバノン間の国境侵犯攻撃を受けてイスラエル軍がヒズボラをレバノン領内に追跡侵攻した戦争である。 背景 2000年5月にイスラエル首相エフード・バラックによるレバノン占領地域からのイスラエル軍の一方的撤退が実行された。だが、この撤退は国際条約や国連監視団の駐留を含むものではなく、2006年前半には軍備を増強しイスラエルと敵対するヒズボラとイスラエル軍の緊張が高まっていた。 開戦前 実際2006年5月以降イスラエル北部国境の町キリヤット・シュモネにカチューシャ・ロケットが撃ち込まれている。ヒズボラは国境侵犯攻撃を可能とする為に数年間かけて情報収集を行い、さらにイスラエル軍兵士誘拐作戦に備えて半年間の訓練を行っていた。 ヒズボラの国境侵犯攻撃作戦はイスラエル軍(IDF)国境パトロール隊の順番がドゥルーズ兵達に変わる情報を受けて早められた。
レバノン侵攻
『レバノン侵攻 (2006年)』より : レバノン侵攻(レバノンしんこう) リタニ作戦 - 1978年のイスラエルによる侵攻。レバノン内戦も参照。 レバノン侵攻 (1982年) - 1982年のイスラエルによる侵攻。イスラエル側での作戦名はガリラヤの平和作戦。第一次レバノン戦争(First Lebanon War)とも表現される。レバノン内戦も参照。 レバノン侵攻 (2006年) - 2006年のイスラエルによる侵攻。第二次レバノン戦争(Second Lebanon War)とも表現される。
レバノン共和国
『レバノン』より : レバノン共和国 الجمهوريّة اللبنانيّة 国の標語:なし 国歌:我ら全ては我が国のため、我が栄光と国旗のため レバノンの位置 レバノン共和国(レバノンきょうわこく、アラビア語: الجمهوريّة اللبنانيّة‎)、通称レバノンは、西アジア・中東に位置する共和制国家。北から東にかけてシリアと、南にイスラエルと隣接し、西は地中海に面している。首都はベイルート。 国名 正式名称は、アル=ジュムフーリーヤ・ッ=ルブナーニーヤ(アラビア語: الجمهوريّة البنانيّة、ラテン文字転写 Al-Jumhūrīyah al-Lubnānīyah)。通称ルブナーン(لبنان Lubnān)。 フランス語表記は、République libanaise。通称、Liban。 日本語の表記は、レバノン共和国。通称、レバノン。漢字表記は、黎巴嫩。 古代オリエント世界 現在のレバノンに相当する地域は、古代はフェニキア人の故地であった。
レバノン料理
レバノン料理(レバノンりょうり)とは中東のレバノン レバノン共和国で食べられている料理。中東諸国で広く見られるケバブのような肉料理もあるが、野菜を使用した料理が特に豊富である。
レバノン料理の特徴として、ゴマ、レモン、オリーブ・オイル オリーブオイル、ハーブ類、ヨーグルトを使った料理が多く見られる。シナモンやオールスパイスが好んで使用されるが、香辛料の使用量はそれほど多くはない。シリア料理とは酷似しており、隣国の料理(イスラエル料理、パレスティナ料理、ヨルダン料理)ともファラフェルやフムスなどレバノン料理と共通した料理が多くある。チーズ、オリーブ、野菜を用いたメゼ メッゼ(Mezze, مزة)と呼ばれる前菜、または付け合せは他のアラブ諸国の料理と共通する。また、同じ正教徒が多いギリシア料理や旧宗主国トルコ料理 トルコの料理とも共通した要素を持つ。

レバノン軍
レバノン軍(レバノンぐん、Lebanese Armed Forces, LAF)は、レバノンの国軍である。陸海空の三軍から成る。 レバノン軍の主な任務は国内の治安の安定と維持であり、国境や港の警備に救助活動、消防活動、それに麻薬密輸の取り締まりを行っている。また、レバノン内戦や度重なるイスラエルの攻撃で破壊されたインフラストラクチャーの復興や、国内中に敷設された地雷撤去も任務として重要視されている。 三軍はLAFの司令部に指揮されており、司令部は首都ベイルートの東のヤルゼに位置している。 計6つの軍関係大学・学校が存在する。何人かの士官候補生は他国に送られ、追加の教育を受ける場合がある(アメリカ、フランス、イギリス、シリア等)。 レバノン軍の装備は約85%がアメリカ製で、残りはイギリス製やフランス製、ソ連製である。初期はフランス製が主流だったが、内戦以降は断続的にアメリカによる装備の供与が行なわれ、内戦末期の「解放戦争」時には(アメリカからの供与が断たれた)アウン将軍派政府軍にT-55などソ連製の装備がイラクから供与された。
レバノンの軍事
『レバノン軍』より : レバノン軍(レバノンぐん、Lebanese Armed Forces, LAF)は、レバノンの国軍である。陸海空の三軍から成る。 レバノン軍の主な任務は国内の治安の安定と維持であり、国境や港の警備に救助活動、消防活動、それに麻薬密輸の取り締まりを行っている。また、レバノン内戦や度重なるイスラエルの攻撃で破壊されたインフラストラクチャーの復興や、国内中に敷設された地雷撤去も任務として重要視されている。 三軍はLAFの司令部に指揮されており、司令部は首都ベイルートの東のヤルゼに位置している。 計6つの軍関係大学・学校が存在する。何人かの士官候補生は他国に送られ、追加の教育を受ける場合がある(アメリカ、フランス、イギリス、シリア等)。 レバノン軍の装備は約85%がアメリカ製で、残りはイギリス製やフランス製、ソ連製である。初期はフランス製が主流だったが、内戦以降は断続的にアメリカによる装備の供与が行なわれ、内戦末期の「解放戦争」時には(アメリカからの供与が断たれた)アウン将軍派政府軍にT-55などソ連製の装備がイラクから供与された。
レバノンの政党
レバノンの政党(レバノンのせいとう)の影響力は必ずしも強いとはいえない。レバノンの国会において、議席配分の根拠となるものは宗派であり、政党はこうした宗派内における影響力しかもたない事が多いからである。むしろ、伝統的な支配者層(名望家)が個人議員となることが多く、マロン派のフランジェ(フランジーヤ)家、ジュマイエル家、スンナ派のスルフ家、カラーミー家、ドルーズ派のアルスラーン家、ジュンブラート家などはこの典型的なケースであった。 独立後、議会を中心に活動する政党と民兵組織を保有して宗派社会において影響力をもつ政党、レバノン内戦において民兵組織として誕生し、後に合法政党化した政党などに分けられる。ここには議席を持たないが、レバノン社会に影響力を持つ政治団体(民兵組織)も含める。 キリスト教マロン派 国民ブロック レバノンのマロン派独立運動を基盤とする古参の保守政党。しかし、内戦中は民兵組織を保有しない事から大幅に影響力を失った。 ファランヘ党(カターイブ党) レバノン軍団(LF) 現在は非合法化されている。
レバノンの大統領
レバノン大統領は、憲法に基づいて、キリスト教の一派であるマロン派が就任することとなっているレバノン共和国の政府の長である。また、憲法において、任期は、現在1期6年に制限されている。しかし、2004年にシリアの圧力により、任期を3年延長するという要求を受け、国民議会は、エミール・ラフード大統領の任期を延長する決議を行った(”詳細は、エミール・ラフード大統領の項目を参照のこと”)。
シャルル・ダッバス : 1926年 9月1日 – 1934年 1月2日
アントニー・プリヴァート-オウブール(Antoine Privat-Aubouard): 1934年1月2日 – 1934年1月30日
ハビブ・パシャ・エッサード(Habib Pacha Es-Saad): 1934年1月30日 – 1936年1月20日
エミール・エッデ : 1936年1月20日 – 1941年 4月4日

レバノン人の一覧
レバノン人の一覧は、レバノン出身者の一覧。 アーザール・ハビーブ - 歌手 アブデル・ラーマン・エル=バシャ(アブドッラフマーン・アル=バーシャ) - 作曲家 アマデウス・アワド Amadeus Awad - ギタリスト、音楽家 アミン・マアルーフ Amin Maalouf - 作家 エミール・ラフード - 政治家 エリー・サアブ Elie Saab - ファッションデザイナー イリヤース・ハラーウィー Elias Hrawi - 政治家 エリッサ - 歌手 ウマル・カラーミー - 政治家 カミール・ニムル・シャムウーン - 政治家 シリン・アブデルヌーア - モデル、女優、歌手 スレイマーン・フランジェ Suleiman Franjieh - 政治家 サリーム・アル=ホス Selim al-Hoss - 政治家 ナジーブ・ミーカーティー - 政治家 ニコラス・G・ハイエック Nicolas Hayek - Swatch社の創業者。
レバノンの地理
レバノンの地理(レバノンのちり、英語: Geography of Lebanon)では、レバノンの地理について記述する。 レバノンは、中東の国家でありながら、砂漠がなく、豊富な水が存在する。 地形的には、海岸地帯、レバノン山脈、ベッカ高原、アンティ・レバノン山脈の4つの地域に分けられる。海岸地帯は、幅の狭い地中海東海岸地帯で、夏は暑く、高気温、冬は温暖多雨。年間降水量は700~850ミリ。その85%は11~3月まで、中でも12~2月末に集中降雨。この地帯は肥沃でよく灌漑され、北・南は平地が広く農業が盛んである。北部のアッカール平野から突如としてそびえ立つレバノン山脈は、南部のリタニ川に至り、海岸地帯に並行して走っている。平均高度約2000メートル、最高峰は3083メートルのクルナト・アッ・サウダで、急峻な山岳地帯である。一年の半分近くは降雪・酷寒で、各地でスキー場が開かれる。夏でもなお涼しく国内や近隣諸国からの避暑客が多い。地理的には、東のアジアと西のヨーロッパをつなぎ、また、南のアラビアとエジプトとつなぎ、まさに「十字路」である。
レバノン軍団
レバノン軍団(レバノンぐんだん Lebanese Forces:LF)は、レバノンにおけるキリスト教マロン派の民兵組織・右派政党である。 レバノン内戦中の1976年9月に、ファランヘ党の若手指導者であったバシール・ジェマイエルにより、同党の青年部隊、同党との権力闘争に敗れたレバノン国民運動の民兵組織「タイガースミリシア」、さらには「レバノン防衛隊(The Guardians Of The Cedars)」等の中小の民兵組織、マロン派教会の武装部隊(若手の神父や修道士らが参加)を合同させて成立した。 1976年以来、レバノン内戦に介入するシリアに反発する姿勢を示し、ファランヘ党と共にフェニキア主義を主張した。バシールはマロン派若者層にカリスマ的人気があるとともに、反シリア・PLOという立場からイスラエルとも強いつながりを持っていた。同軍団にはイスラエルが軍事顧問を派遣するなど強力に支援し、1982年のイスラエルによるレバノン侵攻作戦(ガリラヤの平和作戦)では、レバノン軍団は自由レバノン軍などと共に、イスラエル軍の補助部隊としての役割を担った。
レバノン杉
レバノンスギ(レバノン杉、学名:Cedrus libani)は、マツ科ヒマラヤスギ属の針葉樹である。 同じヒマラヤスギ属のヒマラヤスギと同様、名前に「スギ」が付いているがマツ科である。なおスギは同目ではあるもののスギ科(または広義のヒノキ科)スギ属であり、近縁ではない。 レバノン、シリアなどの高地が原産。高さは40 mほど。古代においては中近東一帯に広く自生していたが伐採利用が大規模に進んだ結果、レバノンスギの森は消滅し現在においてはレバノン等のごく一部の地域に小規模に残存するのみとなり、保護扱いされている。 良質の木材であり、古代エジプトやメソポタミアのころから建材や船材に利用されていた。レバノンに住んでいたフェニキア人はこの木を伐ってガレー船建造や木材・樹脂輸出を行い、全地中海へと進出した。 現在わずかにレバノンスギが残存するカディーシャ渓谷と神の杉の森は世界遺産に登録されている。 レバノンの国旗および国章のデザインにも用いられている。 保全状況評価 LOWER RISK - Least Concern (IUCN Red List Ver. 2.3 (1994))IUCNレッドリストでは、1998年版で軽度懸念に評価されたが、更新が必要とされている。
レバノンスギ
『レバノン杉』より : レバノンスギ(レバノン杉、学名:Cedrus libani)は、マツ科ヒマラヤスギ属の針葉樹である。 同じヒマラヤスギ属のヒマラヤスギと同様、名前に「スギ」が付いているがマツ科である。なおスギは同目ではあるもののスギ科(または広義のヒノキ科)スギ属であり、近縁ではない。 レバノン、シリアなどの高地が原産。高さは40 mほど。古代においては中近東一帯に広く自生していたが伐採利用が大規模に進んだ結果、レバノンスギの森は消滅し現在においてはレバノン等のごく一部の地域に小規模に残存するのみとなり、保護扱いされている。 良質の木材であり、古代エジプトやメソポタミアのころから建材や船材に利用されていた。レバノンに住んでいたフェニキア人はこの木を伐ってガレー船建造や木材・樹脂輸出を行い、全地中海へと進出した。 現在わずかにレバノンスギが残存するカディーシャ渓谷と神の杉の森は世界遺産に登録されている。 レバノンの国旗および国章のデザインにも用いられている。 保全状況評価 LOWER RISK - Least Concern (IUCN Red List Ver. 2.3 (1994))IUCNレッドリストでは、1998年版で軽度懸念に評価されたが、更新が必要とされている。
レバノン山脈
レバノン山脈(Jebel Lubnān)は、レバノンの中央を南北に走る全長約160kmの山脈。ジェベル・エル・ガールとも呼ばれる。中東であるのに関わらず、標高3,000m級の山々には雪が積もるため、アラム語で「白」を表すラバンがレバノンの語源となった。最高峰はカーネット・アッサウダー山(Qurnet as Saudā’)の3,086mである。東側にペガーと言われるヨルダン地溝帯が走り、その東側にアンチレバノン山脈、ヘルモン山脈が連なる。山脈の西側は東側よりも降水量が多い。 レバノンの山脈にはかつてレバノン杉が鬱蒼と繁っていたが、腐りにくいのと頑丈であることから、古代エジプトのピラミッド製造に大量伐採され、保護地区に僅かに残るのみである。レバノンの象徴でもあるこの杉の植林作業が進められている。 かつてはキリスト教マロン派とイスラム教ドルーズ派の住民が混住していたが、19-20世紀の両宗派の対立やドルーズ派のシリアへの移住などから、現在は北部にマロン派が、南部にはドルーズ派が集中して居住する。
レバノンの世界遺産
レバノンの世界遺産 (レバノンのせかいいさん)はユネスコの世界遺産に登録されているレバノン国内の文化・自然遺産。 文化遺産 アンジャル - (1984年) バールベック - (1984年) ビブロス - (1984年) ティルス - (1984年) カディーシャ渓谷と神の杉の森 - (1998年) 自然遺産 なし 複合遺産 なし 地域別 関連項目 世界遺産の一覧en:List of World Heritage Sites in Lebanon。
レバノンの国旗
レバノンの国旗(レバノンのこっき)は、赤・白・赤の横三色旗。白の幅は赤の二倍(1:2:1)。中央には旧約聖書に記述があることなどで知られているレバノンスギが描かれている。1943年の独立時に制定された。 かつてはレバノンスギの幹や枝は茶色で彩色されていたが、1990年代初めから緑色のシルエットに変更された。 歴史的な旗 古代の旗 中世十字軍時代の旗 近代の旗 関連項目 国旗の一覧 レバノンの国章 外部リンク Flags of the World。
レバノン関係記事の一覧
レバノン関係記事の一覧(レバノンかんけいきじのいちらん) あ行 アジア アラビア語 アラブ民族主義 アラブ連盟 か行 カルロス・ゴーン キアヌ・リーブス さ行 十二イマーム派 た行 中東 ドルーズ派 な行 西アジア は行 ヒラム フェニキア フェニキア文字 フランス語 フランス語圏 ベイルート ま行 マロン典礼カトリック教会 ら行 レバノン レバノン軍 レバノン海軍艦艇一覧 レバノン杉 レバノン内戦 レバノンの政党 歴史的シリア。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)  



 東アジア  台湾 | 大韓民国 | 中国 | 香港 | マカオ | モンゴル
 南アジア  インド | インドネシア | カンボジア | シンガポール | スリランカ | タイ |
 ネパール | バングラデシュ | パキスタン | フィリピン | ベトナム |
 マレーシア | ミャンマー | ラオス
 中近東  アラブ首長国連邦 | イスラエル | イラク | イラン | サウジアラビア |
 シリア | トルコ | ヨルダン | レバノン
 ヨーロッパ  アイスランド | アイルランド | イギリス | イタリア | ウクライナ |
 ウズベキスタン | エストニア | オーストリア | オランダ | ギリシャ |
 クロアチア | スイス | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア |
 チェコ | デンマーク | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド |
 フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ |
 モナコ | ラトビア | リトアニア | ルーマニア | ルクセンブルク | ロシア
 アフリカ  エジプト | ケニア | ジンバブエ | タンザニア | チュニジア | ボツワナ |
 マダガスカル | 南アフリカ | モーリシャス | モロッコ | リビア
 北アメリカ  アメリカ | カナダ
 中央・南アメリカ  アルゼンチン | エクアドル | キューバ | グアテマラ | ジャマイカ | チリ |
 バハマ | パナマ | ブラジル | ベネズエラ | ペルー | メキシコ
 太平洋地域  北マリアナ諸島 | グアム | ハワイ | ミクロネシア
 オセアニア  オーストラリア | ニューカレドニア | ニュージーランド | バヌアツ |
 パプアニューギニア | パラオ | フィジー諸島 | フランス領ポリネシア |
 マーシャル諸島




▼外国語翻訳・海外通訳 サービス内容一覧
■外国語・多言語翻訳

激安翻訳サービス高品質翻訳サービス専門翻訳サービス一般文書・書類翻訳論文翻訳添付文書翻訳字幕翻訳映像翻訳音声翻訳法律翻訳・法務翻訳・契約書翻訳薬事法や医薬翻訳・医学翻訳技術関連文書翻訳技術マニュアル翻訳コンピュータ・IT技術・情報通信に特化した翻訳契約書翻訳経済翻訳金融翻訳財務翻訳産業翻訳化学技術翻訳土木・建築翻訳産業技術翻訳戸籍謄本翻訳メール文書翻訳英文翻訳英和和英翻訳ハングル翻訳和訳WEBサイト・ホームページ翻訳ネイティブ翻訳文書校正日本語翻訳テキスト翻訳日中翻訳仏語翻訳独語翻訳

■国際ビジネス支援サービス
輸出入代行・通信代行、海外販路獲得サポート海外との連絡代行海外への外注現地通訳サービス海外B2B商取引ポータル・サイト登録申請代行
■海外法人会社設立支援サービス
海外法人会社設立海外独立起業支援海外銀行口座開設(法人口座、個人口座) 国際カードの取得サポート
■海外諸外国の調査サービス

海外の展示会・見本市調査世界各国の情報収集リサーチ海外での市場調査海外企業の信用調査海外での提携先探し海外企業の謄本取得代行(登記簿謄本・商業登記簿・不動産登記簿)


▼外国語翻訳・取り扱い言語一覧
■ヨーロッパ地域の言語
イタリア語翻訳  スペイン語翻訳  フランス語(仏語)翻訳  ポルトガル語翻訳  オランダ語翻訳  ドイツ語(独語翻訳)  ウクライナ語翻訳  エストニア語翻訳  カザフ語翻訳  カタルーニャ語翻訳  ギリシャ語翻訳  クロアチア語翻訳  セルビア語翻訳  チェコ語翻訳  スロベニア語翻訳  デンマーク語翻訳  スウェーデン語翻訳  ノルウェー語翻訳  ハンガリー語翻訳  マジャル語翻訳  ラテン語翻訳  ポーランド語翻訳  ルーマニア語翻訳  フィンランド語翻訳  ブルガリア語翻訳  ロシア語翻訳  アルバニア語翻訳  バスク語翻訳  ベラルーシ語翻訳  ブルターニュ語翻訳  カタロニア語翻訳  チェチェン語翻訳  エスペラント語翻訳  フリースランド語翻訳  ガリシア語翻訳  グルジア語翻訳   アイスランド語翻訳  アイルランド語翻訳  ラトビア語翻訳  リトアニア語翻訳  サルデーニャ語翻訳  スロバキア語翻訳  ウェールズ語翻訳  イディッシュ語翻訳
■アジア地域の言語

中国語(北京語・広東語)翻訳  韓国語(ハングル)翻訳  タイ語翻訳  ベトナム語翻訳  インドネシア語翻訳  カンボジア語翻訳  クメール語翻訳  ジャワ語翻訳  シンハラ語翻訳  ネパール語翻訳  パキスタン語翻訳  ウルドゥー語翻訳  ヒンディー語翻訳 フィリピン語翻訳  タガログ語翻訳  ベンガル語翻訳  マラチヒ語翻訳  マレー語翻訳  ミャンマー語翻訳 モンゴル語翻翻訳訳 ラオス語翻訳  繁体字翻訳  簡体字翻訳  貴州語翻訳  湖南語翻訳  広東語翻訳  四川語翻訳  上海語翻訳  台湾語翻訳 福建語翻訳  北京語翻訳  セブアノ語翻訳  日本語翻訳  マオリ語翻訳  パンジャビ語翻訳  サンスクリット語翻訳  チベット語翻訳  フィリピノ語翻訳  セブ語翻訳  ビサヤ語翻訳  ビサイヤ語翻訳  ピリピノ語翻訳  ヒリガイノン語翻訳

■アフリカ・中東地域の言語
クルド語翻訳  アラビア語翻訳  アシャンテ語翻訳  ウガンダ語翻訳  スワヒリ語翻訳  トルコ語翻訳  ヨルバ語翻訳  バンバラ語翻訳   ヘブライ語翻訳  ペルシア語翻訳  ナイジェリア語翻訳  アフリカーンス語翻訳  ダリ語翻訳  イボ語翻訳  タミル語翻訳
Copyright (C) 2005 - 2017 GLOBAL-EYE All Rights Reserved.


[PR] 激安販促品/デザイン印刷/激安ノベルティ 激安のぼり販売 激安仕入れ/激安問屋/激安海外輸入 カントリー雑貨の通販 雑貨問屋/雑貨卸し
  激安翻訳・格安通訳 ホームページ制作/WEBデザイン作成/システム開発(栃木県小山市) 激安ホームページ制作/激安更新システム付きホームページ作成