ラオス(南アジア)言語翻訳|激安翻訳(文書翻訳 論文翻訳 文書校正 テキスト翻訳 音声翻訳 映像翻訳 和訳) 海外進出ビジネス支援 海外会社設立 海外調査|

翻訳、通訳、海外ビジネス展開支援・コンサルティングのグローバルアイ
翻訳、通訳サービス グローバルアイ トップページ サイトマップリンク
翻訳サービス 国際ビジネス 会社設立支援 海外調査 料金一覧 取り扱い言語 お問い合わせ
ビジネスパートナー登録
対象地域
登録フォーム



お見積もり
>>無料!お見積もりはこちらから。



お問い合わせ
>>お気軽にお問い合わせください。



ビジネスパートナー・提携業者募集
>>弊社と業務提携を結ぶ
業者様を募集しております。


フリーランス翻訳者募集
>>各国の翻訳・通訳スタッフを
募集しております。


多言語ホームページ制作会社募集
>>多言語ホームページ制作
会社を募集しております。


日本進出の海外企業顧問ご紹介
>>日本進出の海外企業の
顧問をご紹介いたします。



.・

世界中にるネットワークで、スピーディーで正確な翻訳が可能!

翻訳、通訳サービスにより、海外進出・展開を狙う企業様を応援いたします。


対象地域


翻訳、通訳、海外ビジネス展開支援のビジネスパートナー・提携業者募集!

グローバルアイでは、以下地域にてビジネスパートナーとなる提携業者を募集しております。
「登録型」となっておりますので、企業や学校、個人からの依頼を受けて、皆様が登録した内容を元に、検索を行い、お仕事をやって頂きます。
仕事は専門分野、住んでいる地域、過去の実勢を総合した上、通常はPCメールにてお知らせ致します。

→登録フォームはこちらから



English
 ラオス
 ルアンプラバン


 Wikipediaラオス情報

ラオス
ラオス人民民主共和国 ສາທາລະນະລັດ ປະຊາທິປະໄຕ ປະຊາຊົນລາວ 国の標語:ສັນຕິພາບ ເອກະລາດ ປະຊາທິປະໄຕ ເອກະພາບ ວັດທະນາຖາວອນ (ラーオ語: 平和、独立、民主主義、統一、繁栄) 国歌:ペーン・サート・ラーオ ラオスの位置 ラオス人民民主共和国(ラオスじんみんみんしゅきょうわこく、ラオ語: ສາທາລະນະລັດ ປະຊາທິປະໄຕ ປະຊາຊົນລາວ)、通称ラオスは、東南アジアのインドシナ半島に位置する共和制国家。
ラオス人民民主共和国
『ラオス』より : ラオス人民民主共和国 ສາທາລະນະລັດ ປະຊາທິປະໄຕ ປະຊາຊົນລາວ 国の標語:ສັນຕິພາບ ເອກະລາດ ປະຊາທິປະໄຕ ເອກະພາບ ວັດທະນາຖາວອນ (ラーオ語: 平和、独立、民主主義、統一、繁栄) 国歌:ペーン・サート・ラーオ ラオスの位置 ラオス人民民主共和国(ラオスじんみんみんしゅきょうわこく、ラオ語: ສາທາລະນະລັດ ປະຊາທິປະໄຕ ປະຊາຊົນລາວ)、通称ラオスは、東南アジアのインドシナ半島に位置する共和制国家。
ラオス王国
ラオス王国 ພະຣາຊະອານາຈັກລາວ(ローマ字転写: Phra Ratxa A-na-chak Lao)Kingdom of Laos 国歌: ラオス国歌ラオスの位置 。
ラオスイワネズミ
省略=哺乳綱
名称 ラオスイワネズミ
目=齧歯目 :w:Rodentia Rodentia
亜目=ヤマアラシ亜目 :w:Hystricomorpha Hystricomorpha
科=ディアトミス科 :w:Diatomyidae Diatomyidae
属=ラオスイワネズミ属 ”:w:Laonastes Laonastes”
種=ラオスイワネズミ ”L. aenigmamus”
学名=”Laonastes aenigmamus”Jenkins ”et al.”, 2005年 2005
和名=ラオスイワネズミ
英名=:en:Laotian rock rat Laotian rock rat
ラオスイワネズミ(”w:Laonastes aenigmamus Laonastes aenigmamus”)は、ラオス中部のカムムアン県に棲息する齧歯類の1種で、現地での呼び名からカニョウ(kha-nyou)とも言われている。この動物は大きなドブネズミに似ているが、リスのような毛深く太い尾を持っている。頭蓋骨が極めて独特で、これは他の全ての現生哺乳類から区別できる特徴となっている。

ラオス文字
『ラーオ文字』より : ラーオ文字(ラオ文字、ラオス文字とも)はラーオ語を表記するための文字で、基本子音字27文字と母音符号、声調記号によって表される表音文字である。インド系の文字で左から右へ横書きに書く。起源を、紀元前3世紀ごろのインドで使用されていたプラフミー文字に求めることができる。しかし、その後の発展は諸説あり、はっきり分かっていない。現在のタイ文字と同様スコータイ文字を元にしているため、タイ文字とよく似ている。 今日の文字体系が出来上がったのは、フランスの植民地時代にラオス語の標準化が進められて以降のことである。近代的な教育制度の整備とともに、ラオス語教科書編纂がすすめられるなかで文字体系が出来上がっていった。 ラーオ文字の性質自体は非常に表音的であり、タイ文字のように発音しない文字を書かないため、日本人でも比較的簡単に修得することが出来るが、一方でサンスクリット=パーリ語の借用語で発音しない部分を書かないため、その語のはっきりとした意味をつかむことが非常に困難になる場合もある。
ラオス語
『ラーオ語』より : ラーオ語(ພາສາລາວ ラオ語、ラオス語とも)はラオスの公用語。タイ・カダイ語族カム・タイ語派タイ・チワン諸語群タイ語群に属する。 ラーオ語は、純粋言語学的にいえばタイ語と同一言語の地域変種の関係にあるため、ラーオ語話者とタイ語話者は両言語の共通部分を使うことによってかなりの程度の意志疎通が可能である。ラオス人の多くがテレビなどのメディアを通じてタイ語を習得し、ラーオ語の中にもタイ語の要素を混ぜている実態があるにもかかわらず、多くの中部 - 南部タイ人がラーオ語を即座に理解するのは困難である。ラオスが独立国家として存在し、ラーオ変種がタイ変種とならぶ国家公用語の地位にあるため、タイ語との差異をいっそう大きくしている。 ラーオ語の表記にはタイ文字と起源を共有するが、字形の異なるラーオ文字が用いられる。ラーオ語の表記は表音的表記法を用い、語源的表記を用いるタイ語との差異をできるだけ際立たせるようになっている。これは元来ラーオ言語変種の表記が、タイ言語変種の表記よりも表音的で、字母数が少なかったことに由来する。
ラオスの国歌
ラオスの国歌はラオス国歌(ラーオ語:ເພງຊາດລາວ)という。トーンディー・スントーンウィチット(1905 - 68年)が1941年に作詞・作曲し、1947年にラオス王国の国歌として制定された。しかし、1975年にラオス人民民主共和国が成立すると、政治的理由からほぼ全ての歌詞の内容が改められた。 歌詞 ຊາດລາວຕັ້ງແຕ່ໃດມາ ລາວທຸກຖ້ວນຫນ້າເຊີດຊູສຸດໃຈຮ່ວມແຮງຮ່ວມຈິດຮ່ວມໃຈ ສາມັກຄີກັນເປັນກຳລັງດຽວເດັດດ່ຽວພ້ອມກັນກ້າວຫນ້າ ບູຊາຊູກຽດຂອງລາວສົ່ງເສີມໃຊ້ສິດເປັນເຈົ້າ ລາວທຸກຊົນເຜົ່າສະເໝີພາບກັນບໍ່ໃຫ້ຝູງຈັກກະພັດ ແລະພວກຂາຍຊາດເຂົ້າມາລົບກວນ ລາວທັງມວນຊູເອກະລາດອິດສະລະພາບ ຂອງຊາດລາວໄວ້ຕັດສິນໃຈສູ້ຊິງເອົາໄຊ ພາຊາດກ້າວໄປສູ່ຄວາມວັດທະນາ ローマ字転写 Xatlao tangtae dayma lao thookthuana xeutxoo sootchay,Huamhaeng huamchit huamchay samakkhikan pen kamlang diao.Detdiao phomkan kaona booxa xukiat khong lao,Songseum xaysit pen chao laothook xonphao sameu pabkan.Bo hay Phuak chackkaphat lae phuak khayxat khaomalob kuan,Lao thangmuan xoo ekkalat itsalaphab khong xatlao vai,Tatsin chay soo xing ao xay Sad Lao kaopay soo khuam vatthana. 仮名文字転写 サート ラーオ タン テー ダイ マーラーオトゥック トゥアン アー ナー スー(ト) スー スッ(ト) チャイフアン ヘーン フアン チット フアン チャイサー マッ(ク) キー カン ペン カム ラン ディアオデッ(ト) ディアオ ポーム カン カオ ナーブー サー スー キアッ(ト) コーン ラーオソン スーム サイ シット ペン チャオラーオ トゥック ソン パオ サ ムー パー(ク) カンボー ハイ フーン チャッ(ク) カ パットレ プアッ(ク) カーイ サート カオ マー ロップ クアンラーオ タン ムアン スー エー(ク) カ ラートイト サー ラー パブ コン サート ラーオ ワイタット シン チャイ スー シン アオ サイサート ラーオ パイ パイ ス クワーム ワッ(ト) タ ナー 日本語訳 ラオス民族はいにしえより 全てのラオ人は心たからか ちからを合わせ心をつどい 一つの力として協力する 絶対に一緒に前進し ラオスの名誉をたたえる 主権者たるをうながし 全てのラオスの民族は平等である 帝国主義者や 売国奴に妨害はさせない ラオス人はみな統一と ラオス民族の独立をかかげる 勝利を決心し 民族を繁栄に導く 参考:英語訳 For all time the Lao people have glorified their Fatherland,United in heart, spirit and vigour as one.Resolutely moving forwards,Respecting and increasing the dignity of the Lao peopleAnd proclaiming the right to be their own masters.The Lao people of all origins are equalAnd will no longer allow imperialists and traitors to harm them.The entire people will safeguard the independenceAnd the freedom of the Lao nation.They are resolved to struggle for victoryIn order to lead the nation to prosperity.。
ラオス解放戦線
『パテート・ラーオ』より : パテート・ラーオ (ລາວ: ປະເທດລາວ, ラテン文字転写: Pathet Lao) は、1950年代から1970年代にかけてのラオスにおける共産主義革命勢力。 ラーオ・イサラ 第二次世界大戦後、ラオスではレジスタンス組織ラーオ・イサラ(自由ラオス)が結成され、1945年10月に臨時政府を樹立した。その後、この政府はフランス軍のラオス制圧を受けてタイ王国に亡命した。1949年にラオス王国がフランス連合内の協同国として成立するが、外交権や防衛権は与えられなかった。 ネオ・ラーオ・イサラ 亡命政府の一部はフランスに懐柔されラオス王国に協力したが、これに妥協しない旧ラオ・イラサの左派勢力は、ベトミンおよびインドシナ共産党に触発され、スパーヌウォン王子およびインドシナ共産党のカイソーン・ポムウィハーンを主導者として、1950年8月に「ネオ・ラーオ・イサラ」(Neo Lao Issara、ラオス自由戦線) を組織し、反仏闘争を続けた。
ラオス航空
『ラオス国営航空』より : ラオス国営航空(英:Lao Airlines、老:ການບິນລາວ、中:老撾航空)は、ラオスの国営航空会社である。 1976年にラオス人民民主共和国が建国された際に、「ロイヤル・エア・ラオ(Royal Air Lao)」と「ラオ・エアラインズ(Lao Air Lines)」が合併し、「人民航空会社(Civil Aviation Company)」として創業。その後1979年に「Lao Aviation」と改称。2004年3月に、「Lao Airlines」と旧称を再採用。ラオスのフラッグ・キャリアである。 ハブは、ヴィエンチャンのワットタイ国際空港。2014年2月現在、国内線8都市、国際線10都市(コードシェア便を除く)に就航。国際線としては、タイ、カンボジア、ベトナム、中国、韓国、シンガポールに就航している。 将来的には日本、マレーシア、フィリピン、インドネシア、インドにも就航する予定である。 日本支社は、「エーティービー」が日本地区総代理店として運営している。日本路線を2014年12月から就航する計画。 2014年8月、東京/羽田〜ルアンパバーン・ビエンチャン線のチャーター便を、エアバスA320型機で1往復運航。
ラオス国営航空
ラオス国営航空(英:Lao Airlines、老:ການບິນລາວ、中:老撾航空)は、ラオスの国営航空会社である。 1976年にラオス人民民主共和国が建国された際に、「ロイヤル・エア・ラオ(Royal Air Lao)」と「ラオ・エアラインズ(Lao Air Lines)」が合併し、「人民航空会社(Civil Aviation Company)」として創業。その後1979年に「Lao Aviation」と改称。2004年3月に、「Lao Airlines」と旧称を再採用。ラオスのフラッグ・キャリアである。 ハブは、ヴィエンチャンのワットタイ国際空港。2014年2月現在、国内線8都市、国際線10都市(コードシェア便を除く)に就航。国際線としては、タイ、カンボジア、ベトナム、中国、韓国、シンガポールに就航している。 将来的には日本、マレーシア、フィリピン、インドネシア、インドにも就航する予定である。 日本支社は、「エーティービー」が日本地区総代理店として運営している。日本路線を2014年12月から就航する計画。 2014年8月、東京/羽田〜ルアンパバーン・ビエンチャン線のチャーター便を、エアバスA320型機で1往復運航。
ラオスの地方行政区画
アッタプー県
ボーケーオ県
ボーリカムサイ県
チャンパーサック県
フアパン県
カムムアン県
ルアンナムター県
ルアンパバーン県
ウドムサイ県
ポンサーリー県
サーラワン県
サワンナケート県
ヴィエンチャン都
ヴィエンチャン県
サイニャブーリー県
セーコーン県
シエンクアーン県
ラオスの地理 ちほうきようせい

ラオス人民革命党
ラオス人民革命党(ラオスじんみんかくめいとう、ラオ語: ພັກປະຊາຊົນປະຕິວັດລາວ)は、ラオスの政党。同国唯一の政党として国家を主導する。社会主義、マルクス・レーニン主義、プロレタリアート独裁を党の綱領として掲げる一方、社会主義の枠内での経済の自由・開放化をも綱領に掲げている。 インドシナ共産党ラオス地方委員会の党員であったカイソーン・ポムウィハーンらによってラオス人民党が結成され、1955年3月22日に結党大会が開催された。翌1956年1月、大衆組織ネーオ・ラーオ・ハックサート(ラオス愛国戦線)を組織して左派勢力を糾合し、ラオス内戦を戦う。 内戦末期の1972年2月3日から2月6日まで開催された第2回党大会において、党名を現在のラオス人民革命党に改称。ラオス人民革命党が主導するネーオ・ラーオ・ハックサートはラオス王国を打倒し、1975年12月2日、ラオス人民民主共和国を建国。ラオス人民革命党は同国唯一の政党として、ラオスを支配した。建国当初、ラオス人民革命党は急進的にラオスの社会主義化を進めていったが、その結果、経済は破綻してしまった。
ラオスの国旗
ラオスの国旗は、横に赤青赤、中央に白丸を配した旗。現在の旗は、1975年のラオス人民共和国成立時に制定された。赤は独立闘争で流された血の色を、青は国の豊かさを象徴しているとされる。中央の白丸はメコン川に昇る月を表し、共産主義による国の統一を象徴している。 関連項目 国旗の一覧 外部リンク Flags of the World。
ラオス人
ラオス人とはラオスの国籍を持つ者のこと。少数民族も含むため、ラオス人=ラーオ族ではない。 ラオス政府は少数民族の同化を進めるため、ラオス国籍保有者すべてをラオス人と定義し、その住む地域によって以下のように区別した。 低地ラーオ族 (ラーオルム) 丘陵地ラーオ族 (ラーオトゥン) 高地ラーオ族 (ラーオスーン)このラオス人の分類法の特徴は高地に行くほど少数民族が多くなっていることである。このため、低地ラーオ族、および丘陵地ラーオ族が寄り高い地方にあるラーオ族に対し、大小・有名無形の差別をするという構造になっている。また、分類が言語によらず出生地域によった政治色の強い非常に荒いものであるため、学術的には利用されない事が多い。
ラオスの世界遺産
ラオスの世界遺産(ラオスのせかいいさん)はユネスコの世界遺産に登録されているラオス国内の文化・自然遺産の一覧。 文化遺産 ルアン・パバンの町 - (1995年) チャンパサック県の文化的景観にあるワット・プーと関連古代遺産群 - (2001年) 自然遺産 なし 複合遺産 なし 地域別 北部 ルアン・パバンの町 - (1995年) 中部 なし 南部 チャンパサック県の文化的景観にあるワット・プーと関連古代遺産群 - (2001年) ワット・プーen:List of World Heritage Sites in Laos。
ラオスビール
『ビア・ラオ』より : ビア・ラオ(ラオ語:ເບຍລາວ、英文表記:Beerlao)は、ラオスのラオ・ブリュワリー社 (Lao Brewery Co., Ltd) が製造しているラガータイプのビールである。 ラオスビールとしても知られ、ラオスを訪れる外国人観光客の間でもおなじみのブランド。アルコール度数は5%。口当たりはとても軽く、飲みやすい。 外部リンク Beerlao Co., Ltd. (英語) Beerlao Switzerland ビアラオ日本代理店[1]。
ラオス国立大学
ラオス国立大学(ラオスこくりつだいがく、英語:National University of Laos NUOL、マハーウィタニャーライ・ヘンサート・ラーオ)は、ラオスの首都ヴィエンチャン市(ビエンチャン特別市)にある同国最大規模の国立大学。 既存の学校を元に1996年に設立。1年間の教養課程を経て、4年制の各学部に進級する5年制システムである(ラオスでは基本的に小中高が5・3・3制である)。市内に複数のキャンパスを有するが、メインキャンパスは経済経営学部や文学部等があるドンドーク校であり、地元ではキャンパスの場所に関わらずドンドーク(=ラオス国立大学)という愛称で知られている。 ラオス国立大学は Greater Mekong Sub-region Academic and Research Network (GMSARN) と、 ASEAN University Network (ANU)のメンバーである。
ラオス関係記事の一覧
ラオス関係記事の一覧(ラオスかんけいきじのいちらん) ラオス 東南アジア ラーオ語 東南アジア諸国連合 パテート・ラーオ ラオ・テレコム セーターティラート王 エメラルド仏 ヴィエンチャン ルアンパバーン シーサワーンウォン サワーンワッタナー ラオス人民革命党 ジャポニカの歩き方:ラオスの在外公館派遣員になった日本人青年を主人公とした漫画 ラオホールディング国営公社。
ラオス国家建設戦線
ラオス国家建設戦線(ラオスこっかけんせつせんせん、英語:Lao Front for National Construction、略称:LFNC)は、現在のラオスにおける社会政治団体である。1979年にネーオ・ラーオ・ハクサート(ラオス愛国戦線)を母体に設立された。ラオス人民革命党中央委員会・大衆組織部の管轄下で、社会活動を行っている。 歴代議長 スパーヌウォン(1979年2月20日 - 1988年10月) プーミ・ウォンウィチット(1987年10月 - 1991年9月7日)※議長代行(1987年9月 - 1988年10月) マイスック・サイソンペン(1991年9月7日 - 1996年?) ウドム・カッティニャ(1996年? - 1999年12月9日)※在任中に死去 シーサワット・ケーオブンパン(2001年 - 現職) 参考文献 『アジア動向年報』アジア経済研究所(1979年版、1987年版、1991年版、1999年版) マーチン・スチュアート-フォックス『ラオス史』(菊池陽子訳、めこん、2010年) 外部リンク ラオス文化プロファイル・ウェブサイトLFNC頁(英語)。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)  



 東アジア  台湾 | 大韓民国 | 中国 | 香港 | マカオ | モンゴル
 南アジア  インド | インドネシア | カンボジア | シンガポール | スリランカ | タイ |
 ネパール | バングラデシュ | パキスタン | フィリピン | ベトナム |
 マレーシア | ミャンマー | ラオス
 中近東  アラブ首長国連邦 | イスラエル | イラク | イラン | サウジアラビア |
 シリア | トルコ | ヨルダン | レバノン
 ヨーロッパ  アイスランド | アイルランド | イギリス | イタリア | ウクライナ |
 ウズベキスタン | エストニア | オーストリア | オランダ | ギリシャ |
 クロアチア | スイス | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア |
 チェコ | デンマーク | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド |
 フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ |
 モナコ | ラトビア | リトアニア | ルーマニア | ルクセンブルク | ロシア
 アフリカ  エジプト | ケニア | ジンバブエ | タンザニア | チュニジア | ボツワナ |
 マダガスカル | 南アフリカ | モーリシャス | モロッコ | リビア
 北アメリカ  アメリカ | カナダ
 中央・南アメリカ  アルゼンチン | エクアドル | キューバ | グアテマラ | ジャマイカ | チリ |
 バハマ | パナマ | ブラジル | ベネズエラ | ペルー | メキシコ
 太平洋地域  北マリアナ諸島 | グアム | ハワイ | ミクロネシア
 オセアニア  オーストラリア | ニューカレドニア | ニュージーランド | バヌアツ |
 パプアニューギニア | パラオ | フィジー諸島 | フランス領ポリネシア |
 マーシャル諸島




▼外国語翻訳・海外通訳 サービス内容一覧
■外国語・多言語翻訳

激安翻訳サービス高品質翻訳サービス専門翻訳サービス一般文書・書類翻訳論文翻訳添付文書翻訳字幕翻訳映像翻訳音声翻訳法律翻訳・法務翻訳・契約書翻訳薬事法や医薬翻訳・医学翻訳技術関連文書翻訳技術マニュアル翻訳コンピュータ・IT技術・情報通信に特化した翻訳契約書翻訳経済翻訳金融翻訳財務翻訳産業翻訳化学技術翻訳土木・建築翻訳産業技術翻訳戸籍謄本翻訳メール文書翻訳英文翻訳英和和英翻訳ハングル翻訳和訳WEBサイト・ホームページ翻訳ネイティブ翻訳文書校正日本語翻訳テキスト翻訳日中翻訳仏語翻訳独語翻訳

■国際ビジネス支援サービス
輸出入代行・通信代行、海外販路獲得サポート海外との連絡代行海外への外注現地通訳サービス海外B2B商取引ポータル・サイト登録申請代行
■海外法人会社設立支援サービス
海外法人会社設立海外独立起業支援海外銀行口座開設(法人口座、個人口座) 国際カードの取得サポート
■海外諸外国の調査サービス

海外の展示会・見本市調査世界各国の情報収集リサーチ海外での市場調査海外企業の信用調査海外での提携先探し海外企業の謄本取得代行(登記簿謄本・商業登記簿・不動産登記簿)


▼外国語翻訳・取り扱い言語一覧
■ヨーロッパ地域の言語
イタリア語翻訳  スペイン語翻訳  フランス語(仏語)翻訳  ポルトガル語翻訳  オランダ語翻訳  ドイツ語(独語翻訳)  ウクライナ語翻訳  エストニア語翻訳  カザフ語翻訳  カタルーニャ語翻訳  ギリシャ語翻訳  クロアチア語翻訳  セルビア語翻訳  チェコ語翻訳  スロベニア語翻訳  デンマーク語翻訳  スウェーデン語翻訳  ノルウェー語翻訳  ハンガリー語翻訳  マジャル語翻訳  ラテン語翻訳  ポーランド語翻訳  ルーマニア語翻訳  フィンランド語翻訳  ブルガリア語翻訳  ロシア語翻訳  アルバニア語翻訳  バスク語翻訳  ベラルーシ語翻訳  ブルターニュ語翻訳  カタロニア語翻訳  チェチェン語翻訳  エスペラント語翻訳  フリースランド語翻訳  ガリシア語翻訳  グルジア語翻訳   アイスランド語翻訳  アイルランド語翻訳  ラトビア語翻訳  リトアニア語翻訳  サルデーニャ語翻訳  スロバキア語翻訳  ウェールズ語翻訳  イディッシュ語翻訳
■アジア地域の言語

中国語(北京語・広東語)翻訳  韓国語(ハングル)翻訳  タイ語翻訳  ベトナム語翻訳  インドネシア語翻訳  カンボジア語翻訳  クメール語翻訳  ジャワ語翻訳  シンハラ語翻訳  ネパール語翻訳  パキスタン語翻訳  ウルドゥー語翻訳  ヒンディー語翻訳 フィリピン語翻訳  タガログ語翻訳  ベンガル語翻訳  マラチヒ語翻訳  マレー語翻訳  ミャンマー語翻訳 モンゴル語翻翻訳訳 ラオス語翻訳  繁体字翻訳  簡体字翻訳  貴州語翻訳  湖南語翻訳  広東語翻訳  四川語翻訳  上海語翻訳  台湾語翻訳 福建語翻訳  北京語翻訳  セブアノ語翻訳  日本語翻訳  マオリ語翻訳  パンジャビ語翻訳  サンスクリット語翻訳  チベット語翻訳  フィリピノ語翻訳  セブ語翻訳  ビサヤ語翻訳  ビサイヤ語翻訳  ピリピノ語翻訳  ヒリガイノン語翻訳

■アフリカ・中東地域の言語
クルド語翻訳  アラビア語翻訳  アシャンテ語翻訳  ウガンダ語翻訳  スワヒリ語翻訳  トルコ語翻訳  ヨルバ語翻訳  バンバラ語翻訳   ヘブライ語翻訳  ペルシア語翻訳  ナイジェリア語翻訳  アフリカーンス語翻訳  ダリ語翻訳  イボ語翻訳  タミル語翻訳
Copyright (C) 2005 - 2017 GLOBAL-EYE All Rights Reserved.


[PR] 激安販促品/デザイン印刷/激安ノベルティ 激安のぼり販売 激安仕入れ/激安問屋/激安海外輸入 カントリー雑貨の通販 雑貨問屋/雑貨卸し
  激安翻訳・格安通訳 ホームページ制作/WEBデザイン作成/システム開発(栃木県小山市) 激安ホームページ制作/激安更新システム付きホームページ作成