イタリア(ヨーロッパ)言語|激安翻訳(文書翻訳 論文翻訳 文書校正 テキスト翻訳 音声翻訳 映像翻訳 和訳) 海外進出ビジネス支援 海外会社設立 海外調査|

翻訳、通訳、海外ビジネス展開支援・コンサルティングのグローバルアイ
翻訳、通訳サービス グローバルアイ トップページ サイトマップリンク
翻訳サービス 国際ビジネス 会社設立支援 海外調査 料金一覧 取り扱い言語 お問い合わせ
ビジネスパートナー登録
対象地域
登録フォーム



お見積もり
>>無料!お見積もりはこちらから。



お問い合わせ
>>お気軽にお問い合わせください。



ビジネスパートナー・提携業者募集
>>弊社と業務提携を結ぶ
業者様を募集しております。


フリーランス翻訳者募集
>>各国の翻訳・通訳スタッフを
募集しております。


多言語ホームページ制作会社募集
>>多言語ホームページ制作
会社を募集しております。


日本進出の海外企業顧問ご紹介
>>日本進出の海外企業の
顧問をご紹介いたします。



.・

世界中にるネットワークで、スピーディーで正確な翻訳が可能!

翻訳、通訳サービスにより、海外進出・展開を狙う企業様を応援いたします。


対象地域


翻訳、通訳、海外ビジネス展開支援のビジネスパートナー・提携業者募集!

グローバルアイでは、以下地域にてビジネスパートナーとなる提携業者を募集しております。
「登録型」となっておりますので、企業や学校、個人からの依頼を受けて、皆様が登録した内容を元に、検索を行い、お仕事をやって頂きます。
仕事は専門分野、住んでいる地域、過去の実勢を総合した上、通常はPCメールにてお知らせ致します。

→登録フォームはこちらから



English
 イタリア
 アグリジェント、 アッシジ、 アマルフィヘ、 アルベロベッロ、 オルビエート、 カプリ島、
 カルタジローネ、 カルチナイア、 クールマイヨール、 コルチナダンペッツォ、
 サンジミニアーノ、 サンタ・マルゲリータ・リグレ、 シエナ、 シラクーサ、 ジェノバ、
 ソレント、 タオルミーナ、 トスカーナ、 トラパニ、 トリノ、 ナポリ、 バーリ近郊、 バリ、
 パルマ、 パレルモ、 ビアレッジョピサ、 フィレンツェ、 ベネチア、 ベローナ、 ペルージャ、
 ポジターノ、 ポルト・チェルボ、 ミラノ、 メストレ、 ローマ


 Wikipediaイタリア情報

イタリア
イタリア共和国 Repubblica Italiana 国の標語:なし 国歌:マメーリの賛歌 イタリアの位置 イタリア共和国(イタリアきょうわこく, IPA: [iˈtaːlja] (13px 聞く), イタリア語: Repubblica Italiana)、通称イタリアは、ヨーロッパにおける単一国家、議会制共和国である。総面積は301,338km2で、イタリアではlo Stivale(ブーツ)と称される国土の形状により大部分は温帯に属する。人口は6,100万人でヨーロッパ第5位である。イタリアは非常に高度な先進国であり、ユーロ圏では第3位、世界では第8位の経済大国である。 古典古代以来、現在のイタリアに相当する地域には、エトルリア人、マグナ・グラエキア人及びその他文化が栄え、何世紀にもわたって西洋文明の主要な政治及び宗教の中心地、すなわちローマ帝国及びキリスト教の首都であり続けた古代ローマにより最終的に併合された。
イタリア語の文法
イタリア語の文法では、現代標準イタリア語の文法について記述する。 イタリア語の文法は、同じロマンス語である、フランス語やスペイン語に良く似ている。ただし日本語の文法用語では、働きが違う事や訳語の統一性が取れていないことなどが原因で、他のロマンス語と共通でない文法用語もある。 名詞 イタリア語の名詞 (nome または sostantivo) には男女二つの文法上の性が存在し、単数と複数の区別をもつ。ラテン語にあった格はない。名詞に付く形容詞や冠詞、意味上のつながりがある形容詞はその性と数に従う。文法上形容詞の性質をもつ動詞の現在分詞や過去分詞も同様に性・数変化をする。このように文法上の性は文構築上の性質であり、実世界の性とは異なるものである。比較的多くの名詞が、 -o で終わる男性名詞、 -a で終わる女性名詞、 -e で終わる男性名詞と女性名詞という特徴づけに収まる。 また、イタリア語の名詞は接尾辞を付けることによって意味を微妙に変化させることができる(変意名詞を参照)。
イタリアワイン
イタリアワインは、イタリアで生産されるワインである。
イタリアは温暖な気候に恵まれており、イタリア二十州全てで赤・白・ロゼ・スパークリングワイン スパークリングのワインが作られ、それぞれの州で特徴あるワイン作りが行われている。
使われる品種はバルベーラ・サンジョヴェーゼ・ネッビオーロ・トレッビアーノ・ピノグリージオといったイタリア土着種のブドウが多いが、カベルネ・ソーヴィニヨン・メルロー・シャルドネなどといった品種も多い。
生産規模ではフランスとほぼ互角であり、ワイン生産量・海外輸出量共に一位二位争いを繰り広げている。
イタリアのワイン法=DOC法(Denominazione di Origine Controllata)は1963年に制定。上からDOCG・DOC・IGT・VdTに分ける。しかしキャンティのようにその質にピンからキリまであるようなワインが一括してDOCGにランクされ、逆にサッシカイアのような高品質ワインがVdTにランクされるなど多くの問題があり、度々改正されている。

イタリアのワイン
イタリアワインは、イタリアで生産されるワインである。 イタリアは温暖な気候に恵まれており、古代ギリシア語で「ワインの大地(エノトリーア・テルス/Enotoria Tellus)」と呼ばれている。(イタリア半島最初の入植者が古代ギリシア人だったため) イタリア二十州全てで赤・白・ロゼ・スパークリングのワインが作られ、それぞれの州で特徴あるワイン作りが行われている。 使われる品種はサンジョヴェーゼ、バルベーラ、ネッビオーロ、トレッビアーノ、ピノ・グリージオ(Pinot grigio)といったイタリア土着種のブドウが多いが、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、シャルドネなどといった品種も多い。 生産規模ではフランスとほぼ互角であり、ワイン生産量・海外輸出量共に一位二位争いを繰り広げている。 イタリアのワイン法 イタリアのワイン法=DOC法(Denominazione di Origine Controllata)は1963年に制定。
イタリア共和国
『イタリア』より : イタリア共和国 Repubblica Italiana 国の標語:なし 国歌:マメーリの賛歌 イタリアの位置 イタリア共和国(イタリアきょうわこく, IPA: [iˈtaːlja] (13px 聞く), イタリア語: Repubblica Italiana)、通称イタリアは、ヨーロッパにおける単一国家、議会制共和国である。総面積は301,338km2で、イタリアではlo Stivale(ブーツ)と称される国土の形状により大部分は温帯に属する。人口は6,100万人でヨーロッパ第5位である。イタリアは非常に高度な先進国であり、ユーロ圏では第3位、世界では第8位の経済大国である。 古典古代以来、現在のイタリアに相当する地域には、エトルリア人、マグナ・グラエキア人及びその他文化が栄え、何世紀にもわたって西洋文明の主要な政治及び宗教の中心地、すなわちローマ帝国及びキリスト教の首都であり続けた古代ローマにより最終的に併合された。
イタリア語
イタリア語(イタリアご)は、インド・ヨーロッパ語族イタリック語派に属する言語の1つで、おおよそ6千万人ほどが日常的に使用しており、そのほとんどがイタリアに住んでいる。後置修飾で、基本語順はSVO。イタリアは漢字で「伊太利亜」と表記することから、「伊太利亜語」を略記し伊語と称される。 イタリア語圏 イタリア語はイタリア、サンマリノ共和国で公用語として定められている。スイスではティチーノ州全域とグラウビュンデン州(グリジョーニ州、Grigioni)の一部がイタリア語圏であり、スイス全体としても公用語になっている。 また、スロベニアのイストリアとクロアチアには少数のイタリア語話者住民がいる。フランスのコルシカ島ではイタリア語の方言であるコルシカ語が使用されている。 バチカン市国では、公用語であるラテン語の他に、イタリア語が一般の業務用語として使用される。また、その昔はクラシック音楽の楽譜に書き込む楽語はイタリア語が公用語として長く守られてきており、後の時代に作曲家がそれぞれの母語をも混合して楽譜に盛り込むようになってからも、基本的な伝統的楽語はイタリア語によって書き記されている。
イタリアの歴史
イタリアの歴史(イタリアのれきし)では、地中海に面したイタリア半島およびその周辺地域における歴史について記載する。 概史 ローマ成立前 イタリア半島はアルプス・ヒマラヤ造山帯の活動によってできた。イタリアに人類が出現したのは旧石器時代とされる。 紀元前8世紀のローマの建設以前のイタリアの状況について判明していることは少ない。イタリア民族が、紀元前8世紀頃にラティウム平原に定住したが、直後に小アジアからやってきたエトルリア人が彼らを征服した。イタリア半島の住人にはエトルリア人がいた。 紀元前6世紀にイタリア民族の中のラテン人からエトルリア人への反乱が起こり、共和制が樹立された。ローマと同じ頃、ギリシャ人が「マグナ・グラエキア」と呼ばれるイタリア半島の先端やシチリア島など地域に移住し、のちに重要な都市となるシラクサやタレントゥム(現在のターラント)を建設した。その他にも、現在のラツィオ州にいたスパルタからの移民ともいわれるサビニ人、またイタリア南部の山岳地帯、特にカンパニアやモリーゼにいたサムニウム人、さらにオスキー人やウンブリア人がいた。
イタリア史
『イタリアの歴史』より : イタリアの歴史(イタリアのれきし)では、地中海に面したイタリア半島およびその周辺地域における歴史について記載する。 概史 ローマ成立前 イタリア半島はアルプス・ヒマラヤ造山帯の活動によってできた。イタリアに人類が出現したのは旧石器時代とされる。 紀元前8世紀のローマの建設以前のイタリアの状況について判明していることは少ない。イタリア民族が、紀元前8世紀頃にラティウム平原に定住したが、直後に小アジアからやってきたエトルリア人が彼らを征服した。イタリア半島の住人にはエトルリア人がいた。 紀元前6世紀にイタリア民族の中のラテン人からエトルリア人への反乱が起こり、共和制が樹立された。ローマと同じ頃、ギリシャ人が「マグナ・グラエキア」と呼ばれるイタリア半島の先端やシチリア島など地域に移住し、のちに重要な都市となるシラクサやタレントゥム(現在のターラント)を建設した。その他にも、現在のラツィオ州にいたスパルタからの移民ともいわれるサビニ人、またイタリア南部の山岳地帯、特にカンパニアやモリーゼにいたサムニウム人、さらにオスキー人やウンブリア人がいた。
イタリアグランプリ
イタリアグランプリ(イタリアGP、英: Italian Grand Prix、伊: Gran Premio d'Italia)は、イタリアで行われる自動車レース。現在はF1世界選手権の1戦として開催されている。 イタリア国内で行われた、イタリアGP以外の名称をもつF1レースも本項目で記述する。 ヨーロッパ発祥の国際グランプリとしては、フランスグランプリ(1906年-2008年)に次いで1921年に創設された伝統あるイベントであり、途中中断を挟みながら継続開催され続けている。1950年以降は、同年に発足したF1世界選手権に組み込まれ、F1において同一名称のグランプリが1年も欠かさず開催されているのは、このイタリアGPとイギリスGPのみである。 初開催の1921年にはブレシア、1937年にはリボーノ(現モンテネーロ・サーキット)、1948年にはヴァレンチノパーク、1980年にはイモラで開催され、途中1929年〜1930年と1939年〜1946年には中断されているが、それ以外は毎年モンツァ・サーキットで開催されている。
イタリア・グランプリ
『イタリアグランプリ』より : イタリアグランプリ(イタリアGP、英: Italian Grand Prix、伊: Gran Premio d'Italia)は、イタリアで行われる自動車レース。現在はF1世界選手権の1戦として開催されている。 イタリア国内で行われた、イタリアGP以外の名称をもつF1レースも本項目で記述する。 ヨーロッパ発祥の国際グランプリとしては、フランスグランプリ(1906年-2008年)に次いで1921年に創設された伝統あるイベントであり、途中中断を挟みながら継続開催され続けている。1950年以降は、同年に発足したF1世界選手権に組み込まれ、F1において同一名称のグランプリが1年も欠かさず開催されているのは、このイタリアGPとイギリスGPのみである。 初開催の1921年にはブレシア、1937年にはリボーノ(現モンテネーロ・サーキット)、1948年にはヴァレンチノパーク、1980年にはイモラで開催され、途中1929年〜1930年と1939年〜1946年には中断されているが、それ以外は毎年モンツァ・サーキットで開催されている。
イタリア人の姓名
イタリア人の姓名 名前 イタリア人の名前は伝統的な名前が大半であり、そのうちの少数で全体のかなりの比率を占める傾向がある。よく付けられる名前にはキリスト教の聖人や歴史上の人物名、古代ローマ期から既にある名前などを由来とするものが多いが、由来する人物を意識して名付けられることはあまりないようである。 基本的に -o で終わるものが男性名、-a で終わるものが女性名だが、「アンドレーア」「ニコーラ」「ルーカ」などの名前は例外的に男性名である。 名前に関して比較的よく見られる特徴をいくつか挙げる 同性尊属の名前を子に付ける伝統が現在でもある程度残っている。例えば長女に祖母の名前を付けることは比較的多いようである。男性の場合は祖父・父親等いくつかパターンがあるようである。親族などの同じ名前の者との区別から短縮形や -ino 等の縮小辞付きで名付けられたり、本名の代わりに通称されることがある。仲間内で同名の者を区別する場合に名前の後にあだ名を続けることがよくある。親しい者を呼ぶ場合に一種の呼格が使われることがある。短縮形としても使われる場合がある。
イタリア人の名前一覧
『イタリア人の姓名』より : イタリア人の姓名 名前 イタリア人の名前は伝統的な名前が大半であり、そのうちの少数で全体のかなりの比率を占める傾向がある。よく付けられる名前にはキリスト教の聖人や歴史上の人物名、古代ローマ期から既にある名前などを由来とするものが多いが、由来する人物を意識して名付けられることはあまりないようである。 基本的に -o で終わるものが男性名、-a で終わるものが女性名だが、「アンドレーア」「ニコーラ」「ルーカ」などの名前は例外的に男性名である。 名前に関して比較的よく見られる特徴をいくつか挙げる 同性尊属の名前を子に付ける伝統が現在でもある程度残っている。例えば長女に祖母の名前を付けることは比較的多いようである。男性の場合は祖父・父親等いくつかパターンがあるようである。親族などの同じ名前の者との区別から短縮形や -ino 等の縮小辞付きで名付けられたり、本名の代わりに通称されることがある。仲間内で同名の者を区別する場合に名前の後にあだ名を続けることがよくある。親しい者を呼ぶ場合に一種の呼格が使われることがある。短縮形としても使われる場合がある。
イタリア三大テノール
『世界三大一覧』より : 世界三大一覧(せかいさんだいいちらん)は、世界を代表する3つの事物の一覧。あくまで、現状その言葉の意味として社会に流布している内容を記したものであり、具体的な数値に基づくランキングのトップ3と一致するとは限らない。日本の文化圏内だけで広まっている説も含まれる。 複数説あるものは、《括弧》に入れてその旨を示す。 スポーツ・競技 世界三大スポーツイベント FIFAワールドカップ、近代オリンピック、《フォーミュラ1、ラグビーワールドカップ、ツール・ド・フランス》 世界三大レース(モータースポーツ) インディ500、モナコグランプリ、ル・マン24時間レース 世界三大選手権(モータースポーツ、ただし四輪に限る) FIA 世界耐久選手権、世界ラリー選手権、フォーミュラ1 世界三大耐久レース スパ・フランコルシャン24時間レース、デイトナ24時間レース、ル・マン24時間レース グランツール (通称世界三大ツール) ジロ・デ・イタリア、ツール・ド・フランス、ブエルタ・ア・エスパーニャ 世界三大カードゲーム コントラクトブリッジ、ポーカー、ジン・ラミー 世界三大棋類 チェス、シャンチー、囲碁 世界三大サッカーリーグ リーガ・エスパニョーラ、プレミアリーグ、ブンデスリーガ 旧プロレス世界三大タイトル AWA世界ヘビー級王座、NWA世界ヘビー級王座、WWF世界ヘビー級王座 自然・地形 世界三大河川 アマゾン川、ナイル川、ミシシッピ川 世界三大瀑布 イグアスの滝、ヴィクトリアの滝、ナイアガラの滝 世界三大流動性火山 キラウエア火山、ストロンボリ火山、三原山 世界三大北壁(欧州三大北壁) アイガー、グランド・ジョラス、マッターホルン 世界三大奇勝(世界三大土柱) 阿波、チロル、ロッキー山脈 世界三大美港 ポート・ジャクソン湾(シドニー) 世界三大夜景 ナポリ、函館、香港 世界新三大夜景 香港、モナコ、長崎 三大流星群 しぶんぎ座流星群、ふたご座流星群、ペルセウス座流星群 世界三大花木 カエンボク、ジャカランダ、ホウオウボク 世界三大銘木 ウォールナット、チーク、マホガニー 紫檀、黒檀、鉄刀木(唐木における三大銘木) 世界三大造園木 アロウカリア、コウヤマキ、ヒマラヤスギ 世界三大漁場 北西太平洋漁場(三陸沖、日本海、東シナ海、オホーツク海)、北東大西洋漁場(北海、ドッガーバンク、グレートフィッシャーバンク、アイリッシュ海)、北西大西洋漁場(ニューファンドランド島周辺海域、グランドバンク) 世界三大天然橋 雄橋、プレビッシュトアー(スイス)、ナチュラルブリッジ(アメリカ) 世界三大波濤 留萌、マドラス、ウィック 構造物・建設物 世界三大ゲルバー橋 ケベック橋、フォース鉄道橋、港大橋 世界三大図書館 アメリカ議会図書館、大英図書館、フランス国立図書館 世界三大がっかり マーライオン、人魚姫の像、小便小僧 2007年、イギリスで実施された、最もがっかりした観光地 (most disappointing tourist spot) に関する世論調査では、パリのエッフェル塔、パリのルーヴル美術館、ニューヨークのタイムズスクエアの順であった。
イタリア現代思想
イタリア現代思想は、20世紀初めにクローチェとジェンティーレから始まった、と言えるだろう。クローチェやジェンティーレの新観念論は、実証主義やスピリチュアリスムに対する批判として登場した新ヘーゲル主義に連なるものだった。20世紀後半、第二次大戦後には、その新観念論との対決のなかで、現象学、実存主義、マルクス主義、キリスト教的スピリチュアリスム、新トマス主義、新実証主義(分析哲学)などが力を持ち、その後さらに記号学と解釈学があらわれた。しかし、もちろんこれらの動向には収まりきらない重要な哲学者も数多く存在する。 20世紀前半のイタリア哲学 ベネデット・クローチェ(Benedetto Croce, 1866-1952)とジョヴァンニ・ジェンティーレ(Giovanni Gentile, 1875-1944)はともに、アウグスト・ヴェラ(Augusto Vera, 1813-1885)、フランチェスコ・デ・サンクティス(Francesco de Sanctis, 1818-1883)、ベルトランド・スパヴェンタ(Bertrando Spaventa, 1817-1883)、アントニオ・ラブリオーラ(Antonio Labriola, 1843-1904)らの「新ヘーゲル主義」を引き継ぎつつ、19世紀イタリア哲学の支配的な立場であったアントニオ・ロズミーニ(Antonio Rosmini, 1797-1855)、ヴィンチェンツォ・ジョベルティ(Vincenzo Gioberti, 1801-1852)らのロマン主義的な「スピリチュアリスム」、および、カルロ・カッターネオ(Carlo Cattaneo, 1801-1869)、ジュゼッペ・フェラーリ(Giuseppe Ferrari, 1812-1876)、ロベルト・アルディゴー(Roberto Ardigò, 1828-1920)らの「実証主義」に対する論争を継続するなかで、「新観念論」と呼ばれるその立場を形成していった。
イタリア王
イタリア王(イタリアおう、ラテン語:”rex Italiae”, イタリア語 伊語:”Re d”Italia”)は、西ローマ帝国が消滅した後にイタリア半島の多くの統治者に与えられた称号である。1870年のイタリア王国によるローマ併合により、たとえ他にイタリア王という称号に優先権があったとしても、半島全体を実際に領土にした者にこそふさわしい称号となった。
476年に西ローマ皇帝ロムルス・アウグストゥスが廃位されて後、オドアケル(イタリア語でオドアクレ(Odacre))は東ローマ帝国 東ローマ皇帝ゼノン (東ローマ皇帝) ゼノンに西ローマ皇帝位を返上したため、ゼノンにより東ローマ帝国の諸侯として「dux Italiae」(イタリア公、イタリア総督)、次いで「rex Italiae」(イタリア王)の称号を与えられた。

イタリア戦争
イタリア戦争(イタリアせんそう)は、16世紀に主にハプスブルク家(神聖ローマ帝国・スペイン)とヴァロワ家(フランス)がイタリアを巡って繰り広げた戦争である。戦争の期間は、本項では1494年から1559年としてはいるが、戦争の期間や区分けは諸説あり、必ずしも一定しているわけではない。 前史 1435年以降、ナポリ王国を支配していたフランス系のアンジュー家(アンジュー=シチリア家、後にヴァロワ=アンジュー家)とアラゴン王家(トラスタマラ家)が争い、1443年、ナポリはアラゴン王家の支配下に入った。15世紀末以降、フランスがナポリあるいはミラノ継承を主張し、イタリアに侵攻した。一方のハプスブルク家は神聖ローマ皇帝としてローマ・カトリックの擁護者を自認していた。 戦闘の経過 イタリア戦争(1494年 - 1498年) 1494年、フランス王シャルル8世が「ヴァロワ=アンジュー家からナポリを継承した」と主張し、イタリアに遠征。
イタリア戦線 (第二次世界大戦)
battle_name=イタリア戦線
campaign=第二次大戦イタリア戦線
colour_scheme=background:#ffff99; color:#2222cc
caption=ドイツの機関銃陣地にバズーカを発射する第92歩兵師団の米兵
conflict=第二次世界大戦
date=1943年9月3日 - 1945年5月
place=イタリア
result=連合軍の勝利
combatant1=Image:US flag 48 stars.svg 25px アメリカ合衆国
combatant2=画像:Flag of Germany 1933.svg 25pxナチス・ドイツ
commander1=ドワイト・D・アイゼンハワー
commander2=アルベルト・ケッセルリンク
ベニート・ムッソリーニ
casualties1=313,495Jackson, General W.G.F. & with Gleave, Group Captain T.P. (2004) [1st. pub. HMSO 1988]. The Mediterranean and Middle East, Volume VI: Part III - November 1944 to May 1945. History of the Second World War United Kingdom Military Series. Uckfield, UK: Naval & Military Press. ISBN 1-845740-72-6.

イタリア語会話
イタリア語会話(-ごかいわ)はNHK教育テレビジョン NHK教育テレビで放送されたイタリア語の各国語学講座 語学番組である。2008年度からはタイトルが「テレビでイタリア語」に改められた。
(2007年度)
本放送 毎週火曜日0:00~0:25(月曜深夜)
再放送 毎週金曜日6:00~6:25
(2003年度)
本放送 毎週火曜日0:00~0:30(月曜深夜)
再放送 毎週金曜日6:00~6:30
(2002年度)
本放送 毎週月曜日6:40〜7:10
再放送 毎週水曜日0:25~0:55(火曜深夜)
    毎週木曜日15:00〜15:30
(2000年度)
(2001年度)
本放送 毎週月曜日6:40〜7:10
再放送 毎週水曜日0:20~0:50(火曜深夜)
    毎週水曜日15:00〜15:30
(1998年度)
本放送 毎週月曜日6:40~7:10

イタリアの県の一覧
本項では、イタリアの県の一覧(イタリアのけんのいちらん)を示す。 イタリア共和国の地方行政区画において県(provincia)は、基礎自治体であるコムーネ(comune)の上位、州(regione)の下位にあたる区画である。2012年6月現在、県(および県相当の区画)は110個あり、20の州に属している。 一覧では、州ごとに所属の県を挙げ(配列はいずれも50音順)、県の後に続いて県都(capoluogo)を示す。県都は複数置かれることもある。 アブルッツォ州 キエーティ県 - キエーティ テーラモ県 - テーラモ ペスカーラ県 - ペスカーラ ラクイラ県 - ラクイラ(州都) ヴァッレ・ダオスタ州(特別自治州) (所属県なし) - アオスタ(州都)かつてアオスタ県が置かれていたが、1948年の特別自治州設置に際して廃止され、県は存在しない。
イタリアの県一覧
『イタリアの県の一覧』より : 本項では、イタリアの県の一覧(イタリアのけんのいちらん)を示す。 イタリア共和国の地方行政区画において県(provincia)は、基礎自治体であるコムーネ(comune)の上位、州(regione)の下位にあたる区画である。2012年6月現在、県(および県相当の区画)は110個あり、20の州に属している。 一覧では、州ごとに所属の県を挙げ(配列はいずれも50音順)、県の後に続いて県都(capoluogo)を示す。県都は複数置かれることもある。 アブルッツォ州 キエーティ県 - キエーティ テーラモ県 - テーラモ ペスカーラ県 - ペスカーラ ラクイラ県 - ラクイラ(州都) ヴァッレ・ダオスタ州(特別自治州) (所属県なし) - アオスタ(州都)かつてアオスタ県が置かれていたが、1948年の特別自治州設置に際して廃止され、県は存在しない。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)  



 東アジア  台湾 | 大韓民国 | 中国 | 香港 | マカオ | モンゴル
 南アジア  インド | インドネシア | カンボジア | シンガポール | スリランカ | タイ |
 ネパール | バングラデシュ | パキスタン | フィリピン | ベトナム |
 マレーシア | ミャンマー | ラオス
 中近東  アラブ首長国連邦 | イスラエル | イラク | イラン | サウジアラビア |
 シリア | トルコ | ヨルダン | レバノン
 ヨーロッパ  アイスランド | アイルランド | イギリス | イタリア | ウクライナ |
 ウズベキスタン | エストニア | オーストリア | オランダ | ギリシャ |
 クロアチア | スイス | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア |
 チェコ | デンマーク | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド |
 フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ |
 モナコ | ラトビア | リトアニア | ルーマニア | ルクセンブルク | ロシア
 アフリカ  エジプト | ケニア | ジンバブエ | タンザニア | チュニジア | ボツワナ |
 マダガスカル | 南アフリカ | モーリシャス | モロッコ | リビア
 北アメリカ  アメリカ | カナダ
 中央・南アメリカ  アルゼンチン | エクアドル | キューバ | グアテマラ | ジャマイカ | チリ |
 バハマ | パナマ | ブラジル | ベネズエラ | ペルー | メキシコ
 太平洋地域  北マリアナ諸島 | グアム | ハワイ | ミクロネシア
 オセアニア  オーストラリア | ニューカレドニア | ニュージーランド | バヌアツ |
 パプアニューギニア | パラオ | フィジー諸島 | フランス領ポリネシア |
 マーシャル諸島




▼外国語翻訳・海外通訳 サービス内容一覧
■外国語・多言語翻訳

激安翻訳サービス高品質翻訳サービス専門翻訳サービス一般文書・書類翻訳論文翻訳添付文書翻訳字幕翻訳映像翻訳音声翻訳法律翻訳・法務翻訳・契約書翻訳薬事法や医薬翻訳・医学翻訳技術関連文書翻訳技術マニュアル翻訳コンピュータ・IT技術・情報通信に特化した翻訳契約書翻訳経済翻訳金融翻訳財務翻訳産業翻訳化学技術翻訳土木・建築翻訳産業技術翻訳戸籍謄本翻訳メール文書翻訳英文翻訳英和和英翻訳ハングル翻訳和訳WEBサイト・ホームページ翻訳ネイティブ翻訳文書校正日本語翻訳テキスト翻訳日中翻訳仏語翻訳独語翻訳

■国際ビジネス支援サービス
輸出入代行・通信代行、海外販路獲得サポート海外との連絡代行海外への外注現地通訳サービス海外B2B商取引ポータル・サイト登録申請代行
■海外法人会社設立支援サービス
海外法人会社設立海外独立起業支援海外銀行口座開設(法人口座、個人口座) 国際カードの取得サポート
■海外諸外国の調査サービス

海外の展示会・見本市調査世界各国の情報収集リサーチ海外での市場調査海外企業の信用調査海外での提携先探し海外企業の謄本取得代行(登記簿謄本・商業登記簿・不動産登記簿)


▼外国語翻訳・取り扱い言語一覧
■ヨーロッパ地域の言語
イタリア語翻訳  スペイン語翻訳  フランス語(仏語)翻訳  ポルトガル語翻訳  オランダ語翻訳  ドイツ語(独語翻訳)  ウクライナ語翻訳  エストニア語翻訳  カザフ語翻訳  カタルーニャ語翻訳  ギリシャ語翻訳  クロアチア語翻訳  セルビア語翻訳  チェコ語翻訳  スロベニア語翻訳  デンマーク語翻訳  スウェーデン語翻訳  ノルウェー語翻訳  ハンガリー語翻訳  マジャル語翻訳  ラテン語翻訳  ポーランド語翻訳  ルーマニア語翻訳  フィンランド語翻訳  ブルガリア語翻訳  ロシア語翻訳  アルバニア語翻訳  バスク語翻訳  ベラルーシ語翻訳  ブルターニュ語翻訳  カタロニア語翻訳  チェチェン語翻訳  エスペラント語翻訳  フリースランド語翻訳  ガリシア語翻訳  グルジア語翻訳   アイスランド語翻訳  アイルランド語翻訳  ラトビア語翻訳  リトアニア語翻訳  サルデーニャ語翻訳  スロバキア語翻訳  ウェールズ語翻訳  イディッシュ語翻訳
■アジア地域の言語

中国語(北京語・広東語)翻訳  韓国語(ハングル)翻訳  タイ語翻訳  ベトナム語翻訳  インドネシア語翻訳  カンボジア語翻訳  クメール語翻訳  ジャワ語翻訳  シンハラ語翻訳  ネパール語翻訳  パキスタン語翻訳  ウルドゥー語翻訳  ヒンディー語翻訳 フィリピン語翻訳  タガログ語翻訳  ベンガル語翻訳  マラチヒ語翻訳  マレー語翻訳  ミャンマー語翻訳 モンゴル語翻翻訳訳 ラオス語翻訳  繁体字翻訳  簡体字翻訳  貴州語翻訳  湖南語翻訳  広東語翻訳  四川語翻訳  上海語翻訳  台湾語翻訳 福建語翻訳  北京語翻訳  セブアノ語翻訳  日本語翻訳  マオリ語翻訳  パンジャビ語翻訳  サンスクリット語翻訳  チベット語翻訳  フィリピノ語翻訳  セブ語翻訳  ビサヤ語翻訳  ビサイヤ語翻訳  ピリピノ語翻訳  ヒリガイノン語翻訳

■アフリカ・中東地域の言語
クルド語翻訳  アラビア語翻訳  アシャンテ語翻訳  ウガンダ語翻訳  スワヒリ語翻訳  トルコ語翻訳  ヨルバ語翻訳  バンバラ語翻訳   ヘブライ語翻訳  ペルシア語翻訳  ナイジェリア語翻訳  アフリカーンス語翻訳  ダリ語翻訳  イボ語翻訳  タミル語翻訳
Copyright (C) 2005 - 2017 GLOBAL-EYE All Rights Reserved.


[PR] 激安販促品/デザイン印刷/激安ノベルティ 激安のぼり販売 激安仕入れ/激安問屋/激安海外輸入 カントリー雑貨の通販 雑貨問屋/雑貨卸し
  激安翻訳・格安通訳 ホームページ制作/WEBデザイン作成/システム開発(栃木県小山市) 激安ホームページ制作/激安更新システム付きホームページ作成