アイルランド(ヨーロッパ)言語|激安翻訳(文書翻訳 論文翻訳 文書校正 テキスト翻訳 音声翻訳 映像翻訳 和訳) 海外進出ビジネス支援 海外会社設立 海外調査

翻訳、通訳、海外ビジネス展開支援・コンサルティングのグローバルアイ
翻訳、通訳サービス グローバルアイ トップページ サイトマップリンク
翻訳サービス 国際ビジネス 会社設立支援 海外調査 料金一覧 取り扱い言語 お問い合わせ
ビジネスパートナー登録
対象地域
登録フォーム



お見積もり
>>無料!お見積もりはこちらから。



お問い合わせ
>>お気軽にお問い合わせください。



ビジネスパートナー・提携業者募集
>>弊社と業務提携を結ぶ
業者様を募集しております。


フリーランス翻訳者募集
>>各国の翻訳・通訳スタッフを
募集しております。


多言語ホームページ制作会社募集
>>多言語ホームページ制作
会社を募集しております。


日本進出の海外企業顧問ご紹介
>>日本進出の海外企業の
顧問をご紹介いたします。



.・

世界中にるネットワークで、スピーディーで正確な翻訳が可能!

翻訳、通訳サービスにより、海外進出・展開を狙う企業様を応援いたします。


対象地域


翻訳、通訳、海外ビジネス展開支援のビジネスパートナー・提携業者募集!

グローバルアイでは、以下地域にてビジネスパートナーとなる提携業者を募集しております。
「登録型」となっておりますので、企業や学校、個人からの依頼を受けて、皆様が登録した内容を元に、検索を行い、お仕事をやって頂きます。
仕事は専門分野、住んでいる地域、過去の実勢を総合した上、通常はPCメールにてお知らせ致します。

→登録フォームはこちらから



English
 アイルランド
 ウォーターフォード、 キラーニー、 キルケニー、 コーク、 コング、 ゴルウェイ、
 リムリック、 ダブリン


 Wikipediaアイルランド情報

アイルランド
アイルランド Éire(アイルランド語)Ireland(英語) 国の標語:Éire go deo(アイルランド語: アイルランドよ、永遠に) 国歌:"兵士の歌""The Soldiers' Song" アイルランドの位置 アイルランド(アイルランド語: Éire 発音 [ˈeːɾʲə] (13px 聞く)、英語: Ireland 英語発音: [ˈaɪərlənd])、またはアイルランド共和国(アイルランドきょうわこく、アイルランド語: Poblacht na hÉireann、英語: Republic of Ireland)は、北大西洋のアイルランド島に存在する立憲共和制国家である。
アイルランドの歴史
アイルランドの歴史では、ヨーロッパ北西部に位置するアイルランド島における歴史を記述する。アイルランド史は隣り合うブリテン島におけるイギリスの歴史から多大な影響を受けてきた。近年の歴史学研究においては、イングランド、スコットランド、ウェールズの歴史とあわせて、ブリテンの歴史というカテゴリも用いられている。 アイルランド島に初めて人類が居住したのは、紀元前7500年ごろ旧石器時代であるとされる。紀元後600年ごろにキリスト教布教がおこなわれ、それまで信仰されていた多神教は駆逐された。 アイルランド語(ゲール語)は古代より島に居住した人々が用いてきた固有の言語であるが、バイキングやノルマン人による影響も存在する。 イングランドによるアイルランドの植民地化は1169年のノルマン人侵攻に始まった。イングランド王がアイルランド島の完全な支配権を手に入れるには1534年から1691年に至るまで多くの遠征を必要とした。1782年から1800年にかけて、アイルランドは限定的な自治権を獲得したが、少数派の国教徒に対して大多数を占めるカトリックに対する刑罰法(Penal Laws、アイルランド語: Na Péindlíthe)によって厳しい差別を受けていた。
アイルランドの経済
アイルランドの経済(アイルランドのけいざい)では、アイルランドの国民経済について記述する。 アイルランド経済は他のヨーロッパ諸国と比べ小規模で、外国との貿易に大きく依存している。独立後は長らく近年まで欧州の最貧国のひとつであったが、1990年代に入ってから爆発的な急成長を遂げ、1995年から2000年の経済成長率は10%前後であり、世界において最も経済成長を遂げた国のひとつであった。 以前に経済の中心をなしていた農業は産業の工業化により重要度が低下した。現在では工業はGDPの46%、輸出額の80%、雇用の29%を担っている。 2000年代前半のアイルランド経済の力強い成長は輸出が寄与するところが大きいが、国内における個人消費および建設、設備投資による影響も見逃せない。好調な経済に伴い2000年代初頭のインフレ率は4%から5%で推移していたが、2005年度には2.3%に低下した。アイルランド国民の関心を集めている住居価格は2005年2月で251,281ユーロであった。この時期の失業率は低水準を維持しており収入も順調に増加していた。
アイルランド国教会
イングランドが英国教会としてカトリックから独立したさい、アイルランド内の教会も同様に教義が変更されプロテスタント化した。国教会はアイルランド人の大半がカトリック信仰を忠実に守る中(今日でもアイルランド人の大半はカトリックである)であったものの国教と定められた。またアイルランドの教会財産のほぼすべてはアイルランド国教会に引き継がれることとなり、そのため今日でもアイルランド内の教会や教会が保有する財産の多くを所持している。その後もアイルランド内では少数派でありながらも国教の地位にあったが、これは1871年1月1日に自由党 (イギリス) 自由党政権ウィリアム・グラッドストン内閣時におけるアイルランド自治拡大の一環として国教が廃止されるまで続いた。

アイルランド共和国
『アイルランド』より : アイルランド Éire(アイルランド語)Ireland(英語) 国の標語:Éire go deo(アイルランド語: アイルランドよ、永遠に) 国歌:"兵士の歌""The Soldiers' Song" アイルランドの位置 アイルランド(アイルランド語: Éire 発音 [ˈeːɾʲə] (13px 聞く)、英語: Ireland 英語発音: [ˈaɪərlənd])、またはアイルランド共和国(アイルランドきょうわこく、アイルランド語: Poblacht na hÉireann、英語: Republic of Ireland)は、北大西洋のアイルランド島に存在する立憲共和制国家である。
アイルランド内戦
アイルランド内戦(英語: Irish Civil War, アイルランド語: Cogadh Cathartha na hÉireann)は、1921年12月6日に締結された英愛条約とアイルランド自由国の建国を巡ってアイルランドで行われた内戦(1922年6月 – 1923年4月)。アイルランド自由国はアイルランド共和国の前身である。反対者たちはアイルランド自由国がイギリス領内の自治国(ドミニオン)に留まっていること、そして北アイルランド6州が自由国に含まれていないことに反発していた。この内戦による犠牲者はアイルランド独立戦争のそれを上回っている。内戦で取り上げられた問題は今日の北アイルランド問題の根幹をなしており、その傷はアイルランドの政治にも大きな影響を与えることになった。 背景 条約 英愛条約はアイルランドの分離独立派(アイルランド共和国(暫定政府)として活動した)とイギリス政府の間で発生したアイルランド独立戦争の講和条約として締結された。
アイルランド系
『アイルランド人』より : アイルランド人は、アイルランド島を舞台に形成され、現在西ヨーロッパ、特にアイルランドに居住するケルト系民族をさす。 起源 現在アイルランドに住む人々は大別して4つの起源を有すると考えられている。第1には氷河の後退により旧石器時代に最初にやってきた人類集団、第2には新石器時代に農業と巨石文化をもたらした人々、第3には青銅器時代・鉄器時代にヨーロッパ大陸から渡来した人々(ケルト人)、そして第4にはヴァイキング、ノルマン人、イングランド人、低地スコットランド人など中世から近世にかけてアイルランドに移住、植民した人々(ゲルマン人)である。 第1の民族、およびニューグレンジなどの巨石文化で知られる第2の民族についても、その名や使用言語がまったく明らかになっていないが、第2の民族はバスク語に近い言語であった可能性がある。紀元後になりアイルランド島の住民達は自身を Banba、Fódla、Ériu などの自称で呼ぶようになる。ヒベルニア(Hibernia)は古代ローマ人によりつけられた名称である。 古代ローマ帝国後期になると Attacotti、Scoti、そしてゲールといった名称が用いられるようになった。
アイルランド人
アイルランド人は、アイルランド島を舞台に形成され、現在西ヨーロッパ、特にアイルランドに居住するケルト系民族をさす。 起源 現在アイルランドに住む人々は大別して4つの起源を有すると考えられている。第1には氷河の後退により旧石器時代に最初にやってきた人類集団、第2には新石器時代に農業と巨石文化をもたらした人々、第3には青銅器時代・鉄器時代にヨーロッパ大陸から渡来した人々(ケルト人)、そして第4にはヴァイキング、ノルマン人、イングランド人、低地スコットランド人など中世から近世にかけてアイルランドに移住、植民した人々(ゲルマン人)である。 第1の民族、およびニューグレンジなどの巨石文化で知られる第2の民族についても、その名や使用言語がまったく明らかになっていないが、第2の民族はバスク語に近い言語であった可能性がある。紀元後になりアイルランド島の住民達は自身を Banba、Fódla、Ériu などの自称で呼ぶようになる。ヒベルニア(Hibernia)は古代ローマ人によりつけられた名称である。 古代ローマ帝国後期になると Attacotti、Scoti、そしてゲールといった名称が用いられるようになった。
アイルランドの警察
アイルランドの警察では、アイルランド共和国の国家警察について説明する。アイルランド警察は正式名称をアイルランド治安防衛団(アイルランド語:Garda Síochána na hÉireann, 英語:Guardians of the Peace of Ireland)という。アイルランドでは単に Garda Síochána (ガルダ・シーハーナ) または Garda(ガルダ)およびその複数形で Gardaí (ガルディー)と呼ばれることが多い。ダブリン市内フェニックス・パークに本部を有する。 組織としての呼称は Garda であり、その複数形である Gardai は警察官たちを指す時に用いられる。guards はややくだけた呼称である。以前は女性警察官を bangharda (バンガルダ) と呼んでいたが、これは最近では用いられない。警察官1人を指す場合には男女問わず Garda または guard と呼ばれる。 組織 警察組織は長官(Commissioner)により統率されている。
アイルランドの教育
アイルランドの教育(Education In The Republic of Ireland)は、他の西ヨーロッパ諸国と同様に教育段階は3段階(初等教育、中等教育、第3期の教育)に分けられている。1960年代からのアイルランド経済の発展を反影して近年これ以外の教育課程が整備されつつある。 政府の教育・科学省および教育大臣が教育行政を取り仕切っており、資金配分や行政指導などをおこなっている。 初等教育 1999年に規定された初等教育カリキュラムが全学校で施行されている。国立カリキュラム・評価委員会により制定されたこの文書では、宗教関連授業を教会主導でおこなう点に特色が見られる。カリキュラムは生徒の個性を尊重する教育を心がけている。 1929年から1967年にかけて行われていた初等教育終了試験は1971年に初等教育カリキュラムが導入されるにあたり廃止されたが、現在でも非公式な標準テストがおこなわれている。
アイルランド共和国軍
『IRA』より : アイルランド共和軍(アイルランドきょうわぐん、アイルランド語: Óglaigh na hÉireann、英語: Irish Republican Army、略称:IRA) は、アイルランド独立闘争(対英テロ闘争)を行ってきた武装組織である。アイルランド共和国軍と表記されることもある。 IRAの目的は、アイルランド自由国成立後は、北部6州と南部26州(共和国)とを統一すること、つまり北アイルランドを連合王国から分離させて全アイルランドを統一することにある。歴史上さまざまな組織・集団が「IRA」を名乗っているが、1969年以降の文脈においては、単にIRAといえばIRA暫定派(アイルランド共和軍暫定派、PIRA、プロヴォ)を指すことがほとんどである。 IRAのルーツは18世紀末にまでさかのぼることができるが、現代でいうIRAは20世紀初頭のアイルランド義勇軍に始まった。アイルランド義勇軍は、北部6州のプロテスタント系武装組織アルスター義勇軍に対抗して結成されたカトリック系武装組織であり、1916年のイースター蜂起で主要な役割を担った。
アイルランド共和軍
『IRA』より : アイルランド共和軍(アイルランドきょうわぐん、アイルランド語: Óglaigh na hÉireann、英語: Irish Republican Army、略称:IRA) は、アイルランド独立闘争(対英テロ闘争)を行ってきた武装組織である。アイルランド共和国軍と表記されることもある。 IRAの目的は、アイルランド自由国成立後は、北部6州と南部26州(共和国)とを統一すること、つまり北アイルランドを連合王国から分離させて全アイルランドを統一することにある。歴史上さまざまな組織・集団が「IRA」を名乗っているが、1969年以降の文脈においては、単にIRAといえばIRA暫定派(アイルランド共和軍暫定派、PIRA、プロヴォ)を指すことがほとんどである。 IRAのルーツは18世紀末にまでさかのぼることができるが、現代でいうIRAは20世紀初頭のアイルランド義勇軍に始まった。アイルランド義勇軍は、北部6州のプロテスタント系武装組織アルスター義勇軍に対抗して結成されたカトリック系武装組織であり、1916年のイースター蜂起で主要な役割を担った。
アイルランドの政治
アイルランドの政治では、アイルランド共和国の政治について記述する。アイルランド共和国は独立した主権国家であり、首相により率いられる内閣、国家元首である大統領、議会で構成される議院内閣制をとっている。首都はアイルランド島東部の沿岸都市ダブリンである。多くの政党が存在するものの、基本としては二大政党制が形成されており、フィアナ・フォイル (Fianna Fáil: 共和党) とフィナ・ゲール (Fine Gael: アイルランド国民党) で議席の過半を占める。欧州連合の加盟国である。 政府 憲法 現行の憲法についてはアイルランド憲法を参照 アイルランドの憲法は、1937年に制定されたアイルランド憲法(Bunreacht na hÉireann)である。この憲法は基本的に自由民主主義の考えにのっとり起草された。憲法の改正には国民投票が必要であり、これまでに堕胎、カトリック教会の国家における地位、離婚、欧州連合などのテーマについて判断が国民投票にゆだねられた。
アイルランド音楽
アイルランド音楽(-おんがく)とは、アイルランドに住む人々、ならびにそれ以外の国に住むアイルランド系の人々がアイルランド音楽と認識して作曲あるいは演奏する音楽である。
アイルランドの音楽は、アイルランド民族の海外流出やイギリスやアメリカから受けた影響などがあるものの、その伝統的な側面はいまだ強く残されており、むしろアイルランド音楽自身もまた多くの音楽に直接的・間接的に影響を与えてきたと言える。20世紀のロック (音楽) ロックはアメリカのカントリー・ミュージックから強い影響を受けているが、カントリー・ミュージックもアイルランド音楽を起源のひとつとして持っている。伝統音楽だけでなく現代音楽の分野でも非常に豊かであり、その中にはアイルランド旧来の音楽性に執着しようとする動きもあるが、アイルランドの国内ですらあまり強い注目を受けておらず、それゆえに伝統音楽ほどには海外に伝播してはないのが現状である。

アイルランドの首相
アイルランドの首相は、ティーショク(Taoiseach、発音記号 /ti:ʃəx/ または /ti:ʃək/)と呼ばれる。ティーショクはアイルランド議会(ウラクタス)の下院(ドイル・エアラン)における選出で決定され、大統領により任命される。現在のティーショクはフィナ・ゲール(統一アイルランド党)の党首であるエンダ・ケニーが務める。 アイルランド憲法においては、首相は下院議員から選出されなければならないと規定されている。下院において首相の信任が失なわれた場合には、辞任もしくは下院を解散しなければならない。大統領には下院の解散を拒否する権限が与えられているが、これまでのところこの権利を行使した大統領は存在しない。辞任した場合には後継の首相府が組織されるまで、前職がその任にあたることになっている。 首相は政府の閣僚を指名し、議会の承認を得た上で大統領により任命される。首相には閣僚を解任する権利を有する。また上院(シャナズ・エアラン)の議員のうち7名を指名する権利が与えられている。 Taoiseach および Tánaiste(副首相)という言葉は中世ゲール語に由来しており、古代から存在していたティーショク(タニストリー)という言葉は単に指導者を意味する。
アイルランド人の一覧
アイルランド人の一覧(アイルランドじんのいちらん)は、アイルランド島および付属の島嶼出身者を五十音順に一覧にしたものである。 ア行 バーティ・アハーン - 政治家 ヴィクトリア・スマーフィット - 女優。 ウィリアム・バトラー・イェイツ - 作家。1923年ノーベル文学賞受賞 初代ウェリントン公爵アーサー・ウェルズリー - 軍人、政治家 トーマス・ウォートルス - 建築技術者、銀座煉瓦街の建設者 エンヤ - ミュージシャン ターロック・オキャロラン - ハープ奏者・作曲家 ショーン・T・オケリー - 政治家 シネイド・オコナー - シンガーソングライター ピーター・オトゥール - 俳優 カハル・オドーリー - 政治家 エドナ・オブライエン - 小説家 ヒューゴー・オフラハーティ - バチカンにおけるユダヤ人の救出者 カ行 マイケル・ガンボン - 俳優 フアン・ガリンド - 軍人、アマチュア考古学者。
アイルランド系アメリカ人
アイルランド系アメリカ人(アイルランドけいアメリカじん、英語:Irish American 、アイルランド語:Gael-Mheiriceánach)は、アイルランドに出自を持つアメリカ合衆国人である。約3,600万人(総人口のおよそ12%)のアメリカ人がアイルランド系であると自認している。これらの数字にはスコッツ=アイリッシュは含まれない。 スコッツ=アイリッシュ(Scots-Irish)は、一般的にアルスターから移民してきたアイルランド人を指し、アルスター=スコッツ(Ulster-Scots)とも呼ばれる(後の北アイルランドを含むアルスター地方にはスコットランド人プロテスタントが多く入植していた)。彼らの中には自分がアイルランド系アメリカ人であると考える者もいる。これは、アイルランドのプロテスタントとカトリックとの宗教対立に起因するもので、プロテスタント系移民はスコッツ=アイリッシュと呼ばれ、カトリック系の移民はアイルランド系アメリカ人と呼ばれることを好んだ。
アイルランドの議会
アイルランドの議会、もしくはアイルランド議会と呼ばれるものは、現在のアイルランド共和国の立法府であるウラクタスのほか、北アイルランド議会も含めて歴史的にみても複数存在する。 アイルランドが南北に分裂する以前のもの アイルランド議会 (1297-1800) - Parliament of Ireland。アイルランド王国が1800年連合法でなくなる以前に存在した議会。 1914年のアイルランド議会 - Irish Parliament。1914年の第3次アイルランド自治法 (Third Home Rule BillもしくはGovernment of Ireland Act 1914) によって作られたアイルランドの立法府 ドイル・エアラン (アイリッシュ・リパブリック) - Dáil Éireann (1919-1922)。
アイルランド統治法 (1920年)
アイルランド統治法(アイルランドとうちほう、英語:Government of Ireland Act 1920)は、1920年にグレートブリテンおよびアイルランド連合王国議会において成立した、アイルランド自治を規定する法律。 背景 19世紀に入りアイルランドの民族運動が高揚するにつれ、イギリスではアイルランド人に自治権を付与しようとする意見もあらわれてきた。1886年のアイルランド統治法 ('Irish Government Bill) は下院で否決され、1893年に再び提案された統治法は上院において廃案とされた。1914年にはアイルランド統治法が上下両院で可決され、勅許も得ることができたが、第一次世界大戦の勃発により施行は一時停止されてしまう。4回目の試みとして、1920年に提案されたアイルランド統治法は第4次自治法案とも呼ばれた。 詳細 ロイド・ジョージ内閣により制定された法案では、アイルランドを北アイルランドと南アイルランドの2つに分割し、それぞれの自治権を認めるというものだった。
アイルランド語
アイルランド語(アイルランドご)は、インド・ヨーロッパ語族ケルト語派に属する言語である。現存するゲール語の一つであり、しばしばアイルランド・ゲール語やアイリッシュ・ゲール、あるいは西ゲール語とも呼ばれる。アイルランド共和国の第一公用語であり、2007年以降欧州連合の公用語の一つである。 現代のアイルランド人の多くは英語を母語とするが(2002年の国勢調査によると、41.9%がアイルランド語話者)、アイルランド語と英語は言語系統的には同じ語族でありながらケルト語派とゲルマン語派という違いがある。 現況 アイルランド語は元来はアイルランド人の固有の言語であり、被支配民の下層階級が中心とはいえ、アイルランドの人口の大部分をアイルランド語話者が占めていた。しかし、イギリスによってアイルランド島全土のほとんどが植民地化されていた時代に英語にとって代わられ、話者の数が激減した。これにはジャガイモ飢饉の影響も大きい。19世紀のアイルランド民族運動の高揚の中で、ゲール語連盟および初代大統領ダグラス・ハイドらによる復興活動がおこなわれた。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)  



 東アジア  台湾 | 大韓民国 | 中国 | 香港 | マカオ | モンゴル
 南アジア  インド | インドネシア | カンボジア | シンガポール | スリランカ | タイ |
 ネパール | バングラデシュ | パキスタン | フィリピン | ベトナム |
 マレーシア | ミャンマー | ラオス
 中近東  アラブ首長国連邦 | イスラエル | イラク | イラン | サウジアラビア |
 シリア | トルコ | ヨルダン | レバノン
 ヨーロッパ  アイスランド | アイルランド | イギリス | イタリア | ウクライナ |
 ウズベキスタン | エストニア | オーストリア | オランダ | ギリシャ |
 クロアチア | スイス | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア |
 チェコ | デンマーク | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド |
 フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ |
 モナコ | ラトビア | リトアニア | ルーマニア | ルクセンブルク | ロシア
 アフリカ  エジプト | ケニア | ジンバブエ | タンザニア | チュニジア | ボツワナ |
 マダガスカル | 南アフリカ | モーリシャス | モロッコ | リビア
 北アメリカ  アメリカ | カナダ
 中央・南アメリカ  アルゼンチン | エクアドル | キューバ | グアテマラ | ジャマイカ | チリ |
 バハマ | パナマ | ブラジル | ベネズエラ | ペルー | メキシコ
 太平洋地域  北マリアナ諸島 | グアム | ハワイ | ミクロネシア
 オセアニア  オーストラリア | ニューカレドニア | ニュージーランド | バヌアツ |
 パプアニューギニア | パラオ | フィジー諸島 | フランス領ポリネシア |
 マーシャル諸島




▼外国語翻訳・海外通訳 サービス内容一覧
■外国語・多言語翻訳

激安翻訳サービス高品質翻訳サービス専門翻訳サービス一般文書・書類翻訳論文翻訳添付文書翻訳字幕翻訳映像翻訳音声翻訳法律翻訳・法務翻訳・契約書翻訳薬事法や医薬翻訳・医学翻訳技術関連文書翻訳技術マニュアル翻訳コンピュータ・IT技術・情報通信に特化した翻訳契約書翻訳経済翻訳金融翻訳財務翻訳産業翻訳化学技術翻訳土木・建築翻訳産業技術翻訳戸籍謄本翻訳メール文書翻訳英文翻訳英和和英翻訳ハングル翻訳和訳WEBサイト・ホームページ翻訳ネイティブ翻訳文書校正日本語翻訳テキスト翻訳日中翻訳仏語翻訳独語翻訳

■国際ビジネス支援サービス
輸出入代行・通信代行、海外販路獲得サポート海外との連絡代行海外への外注現地通訳サービス海外B2B商取引ポータル・サイト登録申請代行
■海外法人会社設立支援サービス
海外法人会社設立海外独立起業支援海外銀行口座開設(法人口座、個人口座) 国際カードの取得サポート
■海外諸外国の調査サービス

海外の展示会・見本市調査世界各国の情報収集リサーチ海外での市場調査海外企業の信用調査海外での提携先探し海外企業の謄本取得代行(登記簿謄本・商業登記簿・不動産登記簿)


▼外国語翻訳・取り扱い言語一覧
■ヨーロッパ地域の言語
イタリア語翻訳  スペイン語翻訳  フランス語(仏語)翻訳  ポルトガル語翻訳  オランダ語翻訳  ドイツ語(独語翻訳)  ウクライナ語翻訳  エストニア語翻訳  カザフ語翻訳  カタルーニャ語翻訳  ギリシャ語翻訳  クロアチア語翻訳  セルビア語翻訳  チェコ語翻訳  スロベニア語翻訳  デンマーク語翻訳  スウェーデン語翻訳  ノルウェー語翻訳  ハンガリー語翻訳  マジャル語翻訳  ラテン語翻訳  ポーランド語翻訳  ルーマニア語翻訳  フィンランド語翻訳  ブルガリア語翻訳  ロシア語翻訳  アルバニア語翻訳  バスク語翻訳  ベラルーシ語翻訳  ブルターニュ語翻訳  カタロニア語翻訳  チェチェン語翻訳  エスペラント語翻訳  フリースランド語翻訳  ガリシア語翻訳  グルジア語翻訳   アイスランド語翻訳  アイルランド語翻訳  ラトビア語翻訳  リトアニア語翻訳  サルデーニャ語翻訳  スロバキア語翻訳  ウェールズ語翻訳  イディッシュ語翻訳
■アジア地域の言語

中国語(北京語・広東語)翻訳  韓国語(ハングル)翻訳  タイ語翻訳  ベトナム語翻訳  インドネシア語翻訳  カンボジア語翻訳  クメール語翻訳  ジャワ語翻訳  シンハラ語翻訳  ネパール語翻訳  パキスタン語翻訳  ウルドゥー語翻訳  ヒンディー語翻訳 フィリピン語翻訳  タガログ語翻訳  ベンガル語翻訳  マラチヒ語翻訳  マレー語翻訳  ミャンマー語翻訳 モンゴル語翻翻訳訳 ラオス語翻訳  繁体字翻訳  簡体字翻訳  貴州語翻訳  湖南語翻訳  広東語翻訳  四川語翻訳  上海語翻訳  台湾語翻訳 福建語翻訳  北京語翻訳  セブアノ語翻訳  日本語翻訳  マオリ語翻訳  パンジャビ語翻訳  サンスクリット語翻訳  チベット語翻訳  フィリピノ語翻訳  セブ語翻訳  ビサヤ語翻訳  ビサイヤ語翻訳  ピリピノ語翻訳  ヒリガイノン語翻訳

■アフリカ・中東地域の言語
クルド語翻訳  アラビア語翻訳  アシャンテ語翻訳  ウガンダ語翻訳  スワヒリ語翻訳  トルコ語翻訳  ヨルバ語翻訳  バンバラ語翻訳   ヘブライ語翻訳  ペルシア語翻訳  ナイジェリア語翻訳  アフリカーンス語翻訳  ダリ語翻訳  イボ語翻訳  タミル語翻訳
Copyright (C) 2005 - 2017 GLOBAL-EYE All Rights Reserved.


[PR] 激安販促品/デザイン印刷/激安ノベルティ 激安のぼり販売 激安仕入れ/激安問屋/激安海外輸入 カントリー雑貨の通販 雑貨問屋/雑貨卸し
  激安翻訳・格安通訳 ホームページ制作/WEBデザイン作成/システム開発(栃木県小山市) 激安ホームページ制作/激安更新システム付きホームページ作成