イラク(中近東)言語|激安翻訳(文書翻訳 論文翻訳 文書校正 テキスト翻訳 音声翻訳 映像翻訳 和訳) 海外進出ビジネス支援 海外会社設立 海外調査|

翻訳、通訳、海外ビジネス展開支援・コンサルティングのグローバルアイ
翻訳、通訳サービス グローバルアイ トップページ サイトマップリンク
翻訳サービス 国際ビジネス 会社設立支援 海外調査 料金一覧 取り扱い言語 お問い合わせ
ビジネスパートナー登録
対象地域
登録フォーム



お見積もり
>>無料!お見積もりはこちらから。



お問い合わせ
>>お気軽にお問い合わせください。



ビジネスパートナー・提携業者募集
>>弊社と業務提携を結ぶ
業者様を募集しております。


フリーランス翻訳者募集
>>各国の翻訳・通訳スタッフを
募集しております。


多言語ホームページ制作会社募集
>>多言語ホームページ制作
会社を募集しております。


日本進出の海外企業顧問ご紹介
>>日本進出の海外企業の
顧問をご紹介いたします。



.・

世界中にるネットワークで、スピーディーで正確な翻訳が可能!

翻訳、通訳サービスにより、海外進出・展開を狙う企業様を応援いたします。


対象地域


翻訳、通訳、海外ビジネス展開支援のビジネスパートナー・提携業者募集!

グローバルアイでは、以下地域にてビジネスパートナーとなる提携業者を募集しております。
「登録型」となっておりますので、企業や学校、個人からの依頼を受けて、皆様が登録した内容を元に、検索を行い、お仕事をやって頂きます。
仕事は専門分野、住んでいる地域、過去の実勢を総合した上、通常はPCメールにてお知らせ致します。

→登録フォームはこちらから



English
 イラク
 バグダッド


 Wikipediaイラク情報

イラク
イラク共和国 الجمهورية العراقية (アラビア語)كۆماری عێراق (クルド語) 国の標語:الله أكبر (allahu akbar)(アラビア語: 神は偉大なり) 国歌:我が祖国 イラクの位置 国歌: クルド人はEy Reqîb (おい、敵よ) を唄う イラク共和国(イラクきょうわこく、アラビア語: الجمهورية العراقية‎、クルド語: كۆماری عێراق)、通称イラクは、中東・西アジアの連邦共和制国家である。
イラク日本人人質事件
イラク日本人人質事件(イラクにほんじんひとじちじけん)、イラク邦人人質事件(イラクほうじんひとじちじけん)は、2002年のイラク戦争以降にイラク武装勢力によりイラクに入国した日本人が誘拐され、人質として拘束された事件。特に2004年4月に3名が誘拐され、自衛隊の撤退などを求められた後、イラク・イスラム聖職者協会の仲介などにより解放された事件と同年10月に1名が誘拐され、後に殺害された事件が活発に報道された。なお、米軍のファルージャ攻撃(en:Fallujah during the Iraq War)以後、日本人以外の外国(非イラク)人拉致事件が頻発している。 武装勢力の要求 イラク現地の武装勢力が、イラクに入国した外国籍のボランティア、NGO職員、民間企業社員、占領軍関係者などを誘拐する事件が頻発した。誘拐の要求の多くは、誘拐した外国人を人質に、彼らが本籍を置く政府に対して、自国の軍隊(日本では自衛隊)をイラクから引き上げることを要求するものであった。
イラク人質事件
『イラク日本人人質事件』より : イラク日本人人質事件(イラクにほんじんひとじちじけん)、イラク邦人人質事件(イラクほうじんひとじちじけん)は、2002年のイラク戦争以降にイラク武装勢力によりイラクに入国した日本人が誘拐され、人質として拘束された事件。特に2004年4月に3名が誘拐され、自衛隊の撤退などを求められた後、イラク・イスラム聖職者協会の仲介などにより解放された事件と同年10月に1名が誘拐され、後に殺害された事件が活発に報道された。なお、米軍のファルージャ攻撃(en:Fallujah during the Iraq War)以後、日本人以外の外国(非イラク)人拉致事件が頻発している。 武装勢力の要求 イラク現地の武装勢力が、イラクに入国した外国籍のボランティア、NGO職員、民間企業社員、占領軍関係者などを誘拐する事件が頻発した。誘拐の要求の多くは、誘拐した外国人を人質に、彼らが本籍を置く政府に対して、自国の軍隊(日本では自衛隊)をイラクから引き上げることを要求するものであった。
イラク戦争
イラク戦争(イラクせんそう)は、アメリカ合衆国が主体となり2003年3月20日から、イギリス、オーストラリアと、工兵部隊を派遣したポーランド等が加わる有志連合によって、イラク武装解除問題の進展義務違反を理由とする『イラクの自由作戦』の名の下に、イラクへ侵攻したことで始まった軍事介入である。 正規軍同士の戦闘は2003年中に終了し、同年5月にジョージ・W・ブッシュにより「大規模戦闘終結宣言」が出たが、後にイラク国内での治安の悪化が問題となりイラク国内での戦闘は続行した。2010年8月31日にバラク・オバマにより改めて「戦闘終結宣言」と『イラクの自由作戦』の終了が宣言され、翌日から米軍撤退後のイラク単独での治安維持に向けた『新しい夜明け作戦』が始まった。そして2011年12月14日、米軍の完全撤収によってバラク・オバマがイラク戦争の終結を正式に宣言した。 戦争の名称 戦争の名称は、戦争の場となった国名・地名を付けることが多く、(バルカン戦争、朝鮮戦争、ベトナム戦争など)、この慣例から「イラク戦争」の名称が一般的である。
イラクの自由作戦
『イラク戦争』より : イラク戦争(イラクせんそう)は、アメリカ合衆国が主体となり2003年3月20日から、イギリス、オーストラリアと、工兵部隊を派遣したポーランド等が加わる有志連合によって、イラク武装解除問題の進展義務違反を理由とする『イラクの自由作戦』の名の下に、イラクへ侵攻したことで始まった軍事介入である。 正規軍同士の戦闘は2003年中に終了し、同年5月にジョージ・W・ブッシュにより「大規模戦闘終結宣言」が出たが、後にイラク国内での治安の悪化が問題となりイラク国内での戦闘は続行した。2010年8月31日にバラク・オバマにより改めて「戦闘終結宣言」と『イラクの自由作戦』の終了が宣言され、翌日から米軍撤退後のイラク単独での治安維持に向けた『新しい夜明け作戦』が始まった。そして2011年12月14日、米軍の完全撤収によってバラク・オバマがイラク戦争の終結を正式に宣言した。 戦争の名称 戦争の名称は、戦争の場となった国名・地名を付けることが多く、(バルカン戦争、朝鮮戦争、ベトナム戦争など)、この慣例から「イラク戦争」の名称が一般的である。
イラク派遣
『自衛隊イラク派遣』より : 自衛隊イラク派遣(じえいたいイラクはけん)は、イラク戦争初期の2003年(平成15年)12月から2009年(平成21年)2月まで行なわれていた、日本の自衛隊のイラクへの派遣行為の総称である。その目的は、イラクの国家再建を支援するためとされている。 「イラクにおける人道復興支援活動及び安全確保支援活動の実施に関する特別措置法」(イラク特措法)に基づくもので、活動の柱は人道復興支援活動と安全確保支援活動である。活動は「非戦闘地域」に限定されていたが、自衛隊創設以来初めて、戦闘地域ではないかとの論議のある地区に陸上部隊を派遣した。 陸上自衛隊は「人道復興支援」のため、比較的治安が安定しているとされたイラク南部の都市サマーワの宿営地を中心に活動し、2006年(平成18年)7月に撤収した。航空自衛隊は陸自の撤収後も輸送活動を継続していたが、2008年(平成20年)12月に輸送活動を終了した。 派遣内容 規模 派遣期間 2003年(平成15年)12月15日~2004年(平成16年)12月14日まで(基本計画上) 2004年(平成16年)12月9日に基本計画の1年延長を決定。
イラクの歴史
この項では、イラクについての地域史を述べる。 概略 イラク地域は、古代史ではメソポタミアとよばれた。 世界最古の文明であるメソポタミア文明が栄え、シュメール、アッカド、アッシリア、バビロニアなどの古代国家がこの地を支配した。 紀元前6世紀頃より、この地域は広大なペルシア帝国の一部となったが、イラク地域は帝国の主要地域で、帝国時代の大半ではイラク地域に首都が置かれた。 7世紀以降はこの地域は急速にイスラム化し、イスラム帝国やオスマン帝国などの大イスラム王朝の一部となった。 第一次世界大戦後にイラク国家はまずは君主制で独立し、やがて共和国となった。 1990年代以降、湾岸戦争、イラク戦争の二度の戦争の後、現在は新しく民主議会選挙による政府が発足している。 先史時代 約6万年前のイラクには、ネアンデルタール人が住んでいた。 当時、ネアンデルタール人は、ヨーロッパを中心に西アジアから中央アジアまで分布していた。 イラク北部のシャニダール洞窟で化石が発掘されているが、同時に数種類の花の花粉が発見されたことから、ネアンデルタール人には死者を悼む心があり、副葬品として花を添える習慣があったという説がある。
イラク戦争の年表
イラク戦争の年表(イラクせんそうのねんぴょう)。ここでは2003年に勃発したイラク戦争の歴史を年表とする。 年表 1990年8月 - イラク軍、クウェートに侵攻(湾岸危機、クウェート侵攻)。 1990年8月6日 - 国際連合安全保障理事会(国連安保理)はイラクに対する通商禁止を課し、 制裁委員会を設けた。(国際連合安全保障理事会決議661) 1991年1月 - アメリカ軍を中心とした多国籍軍がイラクを攻撃(湾岸戦争)。その後の詳細はイラク武装解除問題を参照。 1995年4月14日 - 湾岸危機後も解除されていなかった通商禁止に関し国連安保理は国際連合安全保障理事会決議986を採択。通商禁止は緩和され、「石油と食料交換計画」を設け食料と衣料品を買うために石油の輸出再開を認めた。 1998年9月18日 - 互いに反目していたクルディスタン民主党とクルディスタン愛国同盟を米国務省が仲介、サダム・フセインに対抗するよう結束させた。
イラク情勢
『イラク』より : イラク共和国 الجمهورية العراقية (アラビア語)كۆماری عێراق (クルド語) 国の標語:الله أكبر (allahu akbar)(アラビア語: 神は偉大なり) 国歌:我が祖国 イラクの位置 国歌: クルド人はEy Reqîb (おい、敵よ) を唄う イラク共和国(イラクきょうわこく、アラビア語: الجمهورية العراقية‎、クルド語: كۆماری عێراق)、通称イラクは、中東・西アジアの連邦共和制国家である。
イラク共和国
『イラク』より : イラク共和国 الجمهورية العراقية (アラビア語)كۆماری عێراق (クルド語) 国の標語:الله أكبر (allahu akbar)(アラビア語: 神は偉大なり) 国歌:我が祖国 イラクの位置 国歌: クルド人はEy Reqîb (おい、敵よ) を唄う イラク共和国(イラクきょうわこく、アラビア語: الجمهورية العراقية‎、クルド語: كۆماری عێراق)、通称イラクは、中東・西アジアの連邦共和制国家である。
イラク大統領
『イラク』より : イラクの大統領(イラクのだいとうりょう、アラビア語: رئيس جمهورية العراق‎)は、イラク共和国の国家元首たる大統領である。 選出 権限 歴代イラク大統領の一覧 脚注 関連項目 イラク国王一覧 イラクの首相。
イラク武装解除問題
イラク武装解除問題(イラクぶそうかいじょもんだい)とは、湾岸戦争停戦に際して、停戦条件として国際連合安全保障理事会によって大量破壊兵器の破棄を義務付けられたイラクと、他の諸国の間に生まれた緊張関係を指す。この記事では湾岸戦争停戦後の1991年からイラク戦争が勃発する2003年までの事件を記す。 武装解除の対象とされたのは、生物兵器、化学兵器、核兵器、射程150km以上のミサイル、およびそれらの武器を製造するための設備や資材であり、武装解除を目的とした経済制裁も行われた。しかしフセイン大統領には大量破壊兵器保持をほのめかして中東諸国でのプレゼンスを高める意図があったため、査察に対する非協力・隠匿・妨害、また複数の違反が繰り返された。このためアメリカ・イギリス政府内のフセイン政権打倒論が高まり、イラク戦争の原因となった。戦争後、イラクを占領した有志連合軍と国連組織によってイラク国内での大量破壊兵器捜索が行われたが、大量破壊兵器は存在しなかった。 安保理決議687 1991年に行われた湾岸戦争は、イラクがクウェートに侵攻したことがはじまりであり、国際連合安全保障理事会決議660、678を根拠として結成された多国籍軍によるイラクへの攻撃により、イラク側が敗れたものである。
イラクの国旗
イラクの国旗は、1921年の建国以来、六つの異なる版が導入された。 現在の国旗は2008年1月22日の国旗法改正により制定されたもので、1991年制定の国旗からバアス党のスローガンであった「統一、自由、社会主義」を表す三つの星を削除すると共に「アッラーフ・アクバル(アッラーフは偉大なり / الله أكبر)」の文言をサッダーム・フセイン元大統領の直筆とされる筆記体からクーフィー体に変更したデザインとなっている。 しかし、スンナ派住民が多いアンバール県等では、今も旧政権時代の国旗をイラク政府への抗議の意味を含めて掲げている。 アラビア文字を入れた他の国旗(サウジアラビアの国旗など)と同様、ホイスト(旗竿側)が右である。 イラク国旗の変遷 1921年 - 1959年 王政期の国旗は、黒・白・緑の三色が水平に配され、旗竿側には赤い台形(赤い三角形のバージョンもある)が配されている。
イラク国際戦犯民衆法廷
イラク国際戦犯民衆法廷(イラクこくさいせんぱんみんしゅうほうてい、the International Criminal Tribunal for Iraq)は、模擬裁判の形式をとってアメリカ合衆国などのイラク侵攻に抗議した反戦パフォーマンス。 主催者側の主張によれば、1992年2月29日以後にイラク領域内において国際人道法の重大な違反を犯した個人を被告として、市民の手で判決を出す民衆法廷である。 民衆法廷の活動に参加しない人々からは、「民衆法廷」は法廷と呼べず、法廷に関する用語を使うのも不適切と考えられている事も多い。 新聞社などの報道機関も基本的にはこの立場を取っており、民衆法廷やその関連用語は固有名詞として「 」、“ ”などで括って報道され、本法廷はパフォーマンスと位置づけられている。検事副団長として弁を振るう、岩佐英夫弁護士が所属する京都南法律事務所は、壮絶な数の敗訴判決を受けているとされる。 イラク国際戦犯民衆法廷はイラク世界法廷(WTI)と相互に協力しあいながら活動している。
イラクリオス
『ヘラクレイオス』より : ヘラクレイオスまたはヘラクレイオス1世(希:Ἡράκλειος, Hērakleios, 羅:Heraclius, 575年頃 - 641年2月11日)は、東ローマ帝国中期の皇帝(在位:610年 - 641年)。ヘラクレイオス朝の開祖。「ヘラクレイオス」はギリシア神話の英雄ヘラクレスにちなんだ名で、中世ギリシア語読みでは「イラクリオス」。ラテン語では「ヘラクリウス」となる。また、称号として「バシレウス」を名乗った。 サーサーン朝ペルシア帝国との6年にわたる戦いに勝利し、奪われた領土を回復したものの、当時勃興してきたイスラム帝国に敗れ、サーサーン朝から奪い返した領土は再び失われた。 また彼の治世は、東ローマ帝国の公用語がラテン語からギリシア語へ変わり、軍事権と行政権が一体化したテマ(軍管区)制が始まるなど(テマ制の起源に付いては諸説あり)、古代のローマ帝国から「キリスト教化されたギリシア人のローマ帝国」と呼ばれるような、ギリシア的要素の強い中世ローマ帝国の幕開けとなった。
イラクリ・ツェレテリ
『イラクリー・ツェレテリ』より : イラクリー・ツェレテリ(Irakli Tsereteli、グルジア語: ირაკლი გიორგის ძე წერეთელი、ロシア語: Ира́клий Гео́ргиевич Церете́ли、1881年-1959年)は、ロシアの革命家、政治家。グルジア人。メンシェヴィキ中央派として臨時政府支持の立場を取り、臨時政府で逓信大臣(郵政・通信大臣)を務めた。 1881年グルジアの没落貴族の家に生まれる。父ゲオルギー・ツェレテリは、グルジアの著名な作家で、著述業のかたわら、ナロードニキ運動に参加した人物。1900年モスクワ大学法学部に入学し、法律家を目指すが、学生運動に参加し、社会主義のサークルに加わった。1902年逮捕され、イルクーツクに流刑となる。 1903年グルジアのチフリス(現在のトビリシ)に戻り、ロシア社会民主労働党グルジア委員会に参加する。党カフカス同盟第2回大会(英語版では、ロンドン大会)では、ユーリー・マルトフを支持し、メンシェヴィキの立場を明らかにし、レーニン及びボリシェヴィキに反対する演説を行った。
イラクリー・ツェレテリ
イラクリー・ツェレテリ(Irakli Tsereteli、グルジア語: ირაკლი გიორგის ძე წერეთელი、ロシア語: Ира́клий Гео́ргиевич Церете́ли、1881年-1959年)は、ロシアの革命家、政治家。グルジア人。メンシェヴィキ中央派として臨時政府支持の立場を取り、臨時政府で逓信大臣(郵政・通信大臣)を務めた。 1881年グルジアの没落貴族の家に生まれる。父ゲオルギー・ツェレテリは、グルジアの著名な作家で、著述業のかたわら、ナロードニキ運動に参加した人物。1900年モスクワ大学法学部に入学し、法律家を目指すが、学生運動に参加し、社会主義のサークルに加わった。1902年逮捕され、イルクーツクに流刑となる。 1903年グルジアのチフリス(現在のトビリシ)に戻り、ロシア社会民主労働党グルジア委員会に参加する。党カフカス同盟第2回大会(英語版では、ロンドン大会)では、ユーリー・マルトフを支持し、メンシェヴィキの立場を明らかにし、レーニン及びボリシェヴィキに反対する演説を行った。
イラク原子炉爆撃事件
イラク原子炉爆撃事件(イラクげんしろばくげきじけん)は、イスラエル空軍機がイラクのタムーズにあった原子力施設を、バビロン作戦(別名オペラ作戦)の作戦名で1981年6月7日に攻撃した武力行使事件である。これはイラクが核兵器を持つ危険性があるとして、イスラエルが「先制的自衛」目的を理由にイラクに先制攻撃を行ったものである。この攻撃に対して国際連合安全保障理事会決議487がなされ、イスラエルは非難された。 イラクの核開発 産油国でありエネルギー資源に不安があるはずもないイラクが原子力開発を行った理由として、イラクは将来の石油資源枯渇を見据えて開発したとしていたが、実際にはイスラエルへの対抗目的で、イラクのフセイン政権は核武装を狙っているという疑いがあった。 このイスラエルが核兵器を保有していると言う情報をPLOがパレスチナ系アメリカ人の書いた『イスラエルの核爆弾』と言う書籍によりイラク政府に売り込んだ事が、当時のフセイン大統領に核兵器開発を行うきっかけを与えた。
イラク移行政府
イラク移行政府(イラクいこうせいふ)は、2005年4月28日に発足したイラクの政府。イラク戦争後に発足した暫定政権から権限を委譲され、同年末までに憲法を制定し、憲法に基づいた選挙を実施、2006年5月20日に正式な政府が発足するまで、イラク全土を統治した。 2005年1月30日に行われたイラク初の選挙によって選出された議員が、2月半ばより政府作りに取り掛かったものの、シーア派、スンナ派、クルド人などの各勢力の意見を取りまとめることに手間取り、発足はアメリカ合衆国が予定していた時期よりも遅れた。 閣僚 以下は発足時。 大統領 - ジャラル・タラバニ(クルド人) 副大統領 - アーディル・アブドゥルマフディー(シーア派)、ガーズィー・ヤーワル(スンニ派) 首相 - イブラーヒーム・アル=ジャアファリー(シーア派) 副首相 - ロシュ・シャウィース(クルド人)、アフマド・チャラビー(シーア派) 国防大臣 - ジャアファリー首相兼任 石油大臣 - ジャアファリー首相兼任 外務大臣 - ホシャール・ジバリ(クルド人) 内務大臣 - バヤン・ジャブル(シーア派) 財務大臣 - アリー・アッラウィー(シーア派)大統領と副大統領は象徴的なもので、実務は首相以下が行う。
イラク・ムスリム・ウラマー協会
イラク・ムスリム・ウラマー協会(هيئة علماء المسلمين في العراق Hayˀa ˁUlamā al-Muslimīn fī al-ʿIrāq)は、イラクのスンナ派宗教指導者の連合体で、イラク戦争後のイラクにおけるスンナ派の事実上の最高権威機関である。イラク・ムスリム・ウラマー機構とも訳される。 主にウラマーの語をどう訳すかという問題から、Association of Muslim Clerics、Association of Muslim Scholarsなど様々に英訳され、日本語訳もイスラム聖職者協会、イスラム宗教者委員会、イスラム法学者協会などと訳され定訳は存在しない。ただし、イスラム学者によればウラマーは厳密には聖職者ではないと主張されることもあり(実態は聖職者であるためあくまで形式論の話ではあるが)、ウラマーの範疇とイスラム法学者(ファキーフ)の範疇とは完全に一致しないなどの問題がここであげた日本語訳語にはある。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)  



 東アジア  台湾 | 大韓民国 | 中国 | 香港 | マカオ | モンゴル
 南アジア  インド | インドネシア | カンボジア | シンガポール | スリランカ | タイ |
 ネパール | バングラデシュ | パキスタン | フィリピン | ベトナム |
 マレーシア | ミャンマー | ラオス
 中近東  アラブ首長国連邦 | イスラエル | イラク | イラン | サウジアラビア |
 シリア | トルコ | ヨルダン | レバノン
 ヨーロッパ  アイスランド | アイルランド | イギリス | イタリア | ウクライナ |
 ウズベキスタン | エストニア | オーストリア | オランダ | ギリシャ |
 クロアチア | スイス | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア |
 チェコ | デンマーク | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド |
 フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ |
 モナコ | ラトビア | リトアニア | ルーマニア | ルクセンブルク | ロシア
 アフリカ  エジプト | ケニア | ジンバブエ | タンザニア | チュニジア | ボツワナ |
 マダガスカル | 南アフリカ | モーリシャス | モロッコ | リビア
 北アメリカ  アメリカ | カナダ
 中央・南アメリカ  アルゼンチン | エクアドル | キューバ | グアテマラ | ジャマイカ | チリ |
 バハマ | パナマ | ブラジル | ベネズエラ | ペルー | メキシコ
 太平洋地域  北マリアナ諸島 | グアム | ハワイ | ミクロネシア
 オセアニア  オーストラリア | ニューカレドニア | ニュージーランド | バヌアツ |
 パプアニューギニア | パラオ | フィジー諸島 | フランス領ポリネシア |
 マーシャル諸島




▼外国語翻訳・海外通訳 サービス内容一覧
■外国語・多言語翻訳

激安翻訳サービス高品質翻訳サービス専門翻訳サービス一般文書・書類翻訳論文翻訳添付文書翻訳字幕翻訳映像翻訳音声翻訳法律翻訳・法務翻訳・契約書翻訳薬事法や医薬翻訳・医学翻訳技術関連文書翻訳技術マニュアル翻訳コンピュータ・IT技術・情報通信に特化した翻訳契約書翻訳経済翻訳金融翻訳財務翻訳産業翻訳化学技術翻訳土木・建築翻訳産業技術翻訳戸籍謄本翻訳メール文書翻訳英文翻訳英和和英翻訳ハングル翻訳和訳WEBサイト・ホームページ翻訳ネイティブ翻訳文書校正日本語翻訳テキスト翻訳日中翻訳仏語翻訳独語翻訳

■国際ビジネス支援サービス
輸出入代行・通信代行、海外販路獲得サポート海外との連絡代行海外への外注現地通訳サービス海外B2B商取引ポータル・サイト登録申請代行
■海外法人会社設立支援サービス
海外法人会社設立海外独立起業支援海外銀行口座開設(法人口座、個人口座) 国際カードの取得サポート
■海外諸外国の調査サービス

海外の展示会・見本市調査世界各国の情報収集リサーチ海外での市場調査海外企業の信用調査海外での提携先探し海外企業の謄本取得代行(登記簿謄本・商業登記簿・不動産登記簿)


▼外国語翻訳・取り扱い言語一覧
■ヨーロッパ地域の言語
イタリア語翻訳  スペイン語翻訳  フランス語(仏語)翻訳  ポルトガル語翻訳  オランダ語翻訳  ドイツ語(独語翻訳)  ウクライナ語翻訳  エストニア語翻訳  カザフ語翻訳  カタルーニャ語翻訳  ギリシャ語翻訳  クロアチア語翻訳  セルビア語翻訳  チェコ語翻訳  スロベニア語翻訳  デンマーク語翻訳  スウェーデン語翻訳  ノルウェー語翻訳  ハンガリー語翻訳  マジャル語翻訳  ラテン語翻訳  ポーランド語翻訳  ルーマニア語翻訳  フィンランド語翻訳  ブルガリア語翻訳  ロシア語翻訳  アルバニア語翻訳  バスク語翻訳  ベラルーシ語翻訳  ブルターニュ語翻訳  カタロニア語翻訳  チェチェン語翻訳  エスペラント語翻訳  フリースランド語翻訳  ガリシア語翻訳  グルジア語翻訳   アイスランド語翻訳  アイルランド語翻訳  ラトビア語翻訳  リトアニア語翻訳  サルデーニャ語翻訳  スロバキア語翻訳  ウェールズ語翻訳  イディッシュ語翻訳
■アジア地域の言語

中国語(北京語・広東語)翻訳  韓国語(ハングル)翻訳  タイ語翻訳  ベトナム語翻訳  インドネシア語翻訳  カンボジア語翻訳  クメール語翻訳  ジャワ語翻訳  シンハラ語翻訳  ネパール語翻訳  パキスタン語翻訳  ウルドゥー語翻訳  ヒンディー語翻訳 フィリピン語翻訳  タガログ語翻訳  ベンガル語翻訳  マラチヒ語翻訳  マレー語翻訳  ミャンマー語翻訳 モンゴル語翻翻訳訳 ラオス語翻訳  繁体字翻訳  簡体字翻訳  貴州語翻訳  湖南語翻訳  広東語翻訳  四川語翻訳  上海語翻訳  台湾語翻訳 福建語翻訳  北京語翻訳  セブアノ語翻訳  日本語翻訳  マオリ語翻訳  パンジャビ語翻訳  サンスクリット語翻訳  チベット語翻訳  フィリピノ語翻訳  セブ語翻訳  ビサヤ語翻訳  ビサイヤ語翻訳  ピリピノ語翻訳  ヒリガイノン語翻訳

■アフリカ・中東地域の言語
クルド語翻訳  アラビア語翻訳  アシャンテ語翻訳  ウガンダ語翻訳  スワヒリ語翻訳  トルコ語翻訳  ヨルバ語翻訳  バンバラ語翻訳   ヘブライ語翻訳  ペルシア語翻訳  ナイジェリア語翻訳  アフリカーンス語翻訳  ダリ語翻訳  イボ語翻訳  タミル語翻訳
Copyright (C) 2005 - 2017 GLOBAL-EYE All Rights Reserved.


[PR] 激安販促品/デザイン印刷/激安ノベルティ 激安のぼり販売 激安仕入れ/激安問屋/激安海外輸入 カントリー雑貨の通販 雑貨問屋/雑貨卸し
  激安翻訳・格安通訳 ホームページ制作/WEBデザイン作成/システム開発(栃木県小山市) 激安ホームページ制作/激安更新システム付きホームページ作成