アイスランド(ヨーロッパ)言語|激安翻訳(文書翻訳 論文翻訳 文書校正 テキスト翻訳 音声翻訳 映像翻訳 和訳) 海外進出ビジネス支援 海外会社設立 海外調査|

翻訳、通訳、海外ビジネス展開支援・コンサルティングのグローバルアイ
翻訳、通訳サービス グローバルアイ トップページ サイトマップリンク
翻訳サービス 国際ビジネス 会社設立支援 海外調査 料金一覧 取り扱い言語 お問い合わせ
ビジネスパートナー登録
対象地域
登録フォーム



お見積もり
>>無料!お見積もりはこちらから。



お問い合わせ
>>お気軽にお問い合わせください。



ビジネスパートナー・提携業者募集
>>弊社と業務提携を結ぶ
業者様を募集しております。


フリーランス翻訳者募集
>>各国の翻訳・通訳スタッフを
募集しております。


多言語ホームページ制作会社募集
>>多言語ホームページ制作
会社を募集しております。


日本進出の海外企業顧問ご紹介
>>日本進出の海外企業の
顧問をご紹介いたします。



.・

世界中にるネットワークで、スピーディーで正確な翻訳が可能!

翻訳、通訳サービスにより、海外進出・展開を狙う企業様を応援いたします。


対象地域


翻訳、通訳、海外ビジネス展開支援のビジネスパートナー・提携業者募集!

グローバルアイでは、以下地域にてビジネスパートナーとなる提携業者を募集しております。
「登録型」となっておりますので、企業や学校、個人からの依頼を受けて、皆様が登録した内容を元に、検索を行い、お仕事をやって頂きます。
仕事は専門分野、住んでいる地域、過去の実勢を総合した上、通常はPCメールにてお知らせ致します。

→登録フォームはこちらから



English
 アイスランド
 アクレイリ、 レイキャビク


 Wikipediaアイスランド情報

アイスランド
アイスランド共和国 Lýðveldið Ísland 国の標語:なし 国歌:賛美歌 アイスランドの位置 アイスランド共和国(アイスランドきょうわこく)、通称アイスランドは、北ヨーロッパの北大西洋上に位置する共和制を取る国家である。首都はレイキャヴィークである。総人口30万人強。 島国であり、グリーンランドの南東方、ブリテン諸島やデンマークの自治領であるフェロー諸島の北西に位置する。アイスランド島が主な領土であり、イギリスとのタラ戦争の舞台にもなった漁業基地であるヴェストマン諸島、北極圏上にあるグリムセイ島などの周辺の島嶼(とうしょ)も領有する。高緯度にあるためメルカトル図法の地図では広大な島のように描かれるが、実際の面積は102,828km²と、フィリピンのルソン島(104,688km²)や、大韓民国(100,210km²)とほぼ同じである。
アイスランドの地理
『アイスランド』より : アイスランドの地理では、アイスランドの地理についての概説を記す。 アイスランドは北大西洋に浮かぶ中規模の大きさの島である。この島はグリーンランドの東、北極圏のすぐ南に位置している。発散型プレート境界である大西洋中央海嶺が海面上に露出したものである。ニューヨーク市から4,200 km (2,609.8 mi)、スコットランドから860 km (534.4 mi)離れている。「アイスランド」という言葉は、アイスランド島のほぼすべての陸域と人口を含み、時にはアイスランド共和国と呼称されるこの国について言及する時にもつかわれる。居住地帯は海岸線に集中している。首都レイキャビクを中心とした大レイキャヴィークおよび南西部に人口が集中している。アイスランド中央高地はほぼ無人地帯である。 自然 アイスランドは島内に広範囲にわたる火山活動と地熱活動が盛んな地域が有る。ユーラシアプレートと北アメリカプレートのプレート境界を示す大西洋中央海嶺に関係したリフトがアイスランドを南西から北東にかけて横切っている。
アイスランド島
『アイスランド』より : アイスランド共和国 Lýðveldið Ísland 国の標語:なし 国歌:賛美歌 アイスランドの位置 アイスランド共和国(アイスランドきょうわこく)、通称アイスランドは、北ヨーロッパの北大西洋上に位置する共和制を取る国家である。首都はレイキャヴィークである。総人口30万人強。 島国であり、グリーンランドの南東方、ブリテン諸島やデンマークの自治領であるフェロー諸島の北西に位置する。アイスランド島が主な領土であり、イギリスとのタラ戦争の舞台にもなった漁業基地であるヴェストマン諸島、北極圏上にあるグリムセイ島などの周辺の島嶼(とうしょ)も領有する。高緯度にあるためメルカトル図法の地図では広大な島のように描かれるが、実際の面積は102,828km²と、フィリピンのルソン島(104,688km²)や、大韓民国(100,210km²)とほぼ同じである。
アイスランド共和国
『アイスランド』より : アイスランド共和国 Lýðveldið Ísland 国の標語:なし 国歌:賛美歌 アイスランドの位置 アイスランド共和国(アイスランドきょうわこく)、通称アイスランドは、北ヨーロッパの北大西洋上に位置する共和制を取る国家である。首都はレイキャヴィークである。総人口30万人強。 島国であり、グリーンランドの南東方、ブリテン諸島やデンマークの自治領であるフェロー諸島の北西に位置する。アイスランド島が主な領土であり、イギリスとのタラ戦争の舞台にもなった漁業基地であるヴェストマン諸島、北極圏上にあるグリムセイ島などの周辺の島嶼(とうしょ)も領有する。高緯度にあるためメルカトル図法の地図では広大な島のように描かれるが、実際の面積は102,828km²と、フィリピンのルソン島(104,688km²)や、大韓民国(100,210km²)とほぼ同じである。
アイスランドの自治体
アイスランドの自治体(あいすらんどのじちたい)は、2010年5月現在で77ある。その総数は以下のように増減している。 一覧 以下はアイスランドの自治体の一覧である。2009年度の人口順に並べた。 出典 Tölur um mannfjölda frá Hagstofu Íslands (アイスランド語) 参考文献 浅井辰郎、森田貞雄『アイスランド地名小辞典』、帝国書院、1980年。 関連項目 アイスランドの地域区分 アイスランドの地方 アイスランドの県 アイスランドの都市の一覧 外部リンク ==。
アイスランド語
アイスランド語はインド・ヨーロッパ語族ゲルマン語派北ゲルマン語群に属する言語。使用範囲はアイスランドのみで、使用人口は約30万人。 アイスランドを「氷島」と表記することから「氷島語」略して「氷語」や「氷」とも言う。 9世紀にノルウェーから移住したヴァイキングがもたらしたものであり、他の北ゲルマン語(デンマーク語・ノルウェー語・スウェーデン語)の中ではノルウェー語と一番近い。 他の北ゲルマン語が失った3性(他の北ゲルマン語は両性名詞(共性名詞)と中性名詞だけ)や格変化などを保持し、また格変化などの必要性により、英語やフランス語などからの借用語を極力排しているため、古風な色合いを強く残している。 アイスランド語の歴史は、ヴァイキングの一派であるノース人(及びブリテン島やアイルランドのケルト人)がアイスランドに初上陸し、その後定住し始めた874年に始まる。当時のノース人は北ゲルマン語の1つである古ノルド語の西方言(古西ノルド語)を話しており、これが言語の歴史的変化によって古アイスランド語、そして現代アイスランド語と呼ばれるものへと変化していったものである。
アイスランド沖海戦
アイスランド沖海戦とは架空戦記『旭日の艦隊』において照和24年(1949年)12月9日から翌12月10日 10日にかけてアイスランドとその周辺海域で行われた架空の海戦である。戦闘の経過はメディアごとによって差異があるが本項では原作を基本に経過を示す。
後世世界ではドイツ第三帝国(神聖欧州帝国)は前世(史実の世界)と比較するとその勢力は比較できない程に強大になり、ロンドンを中心とするイギリス南部の大半を支配下に治め、10月に中部攻略作戦『月の兎撃ち作戦』を行ったが日本が派遣した日本海軍旭日艦隊の活躍もあり連合軍の反撃を受け失敗した。
この旭日艦隊を排除しない限り大西洋の制海権を手中に出来ないと判断した第三帝国皇帝ハインリッヒ・フォン・ヒトラーは旭日艦隊をはじめとする連合軍の本拠地となっているアイスランドへの海空連合の大規模攻撃を下令した。

アイスランドの軍事
アイスランドの軍事について解説する。
アイスランドは独自の軍事力を保持していない。過去に徴兵制度も施行したことがなく、近代的軍事力を保持した経験はない。沿岸警備隊などを保有しているが、現在のアイスランドにおける安全保障政策の基礎は、アメリカ合衆国を中心とするNATOへの依存にあり、国連やOSCEの活動にも積極的に参加している。
西暦870年頃から、アイスランドに定住が進められると、初期の時代には部族ごとに武装し闘争が繰り広げられていた。13世紀にはノルウェー王の支配下となり、14世紀にはデンマークの支配下に入っている。1855年頃から、デンマーク支配下でアイスランド独自の武装勢力保持が行なわれるが、1869年頃にはこれは消滅している。

アイスランドの歴史
アイスランドの歴史では、北大西洋にあるアイスランド島地域の歴史について記述する。 前史 アイスランドは元々無人の島だった。紀元前300年頃に古代ギリシア人によって発見されていたという記録がある。古代ギリシア人のピュテアスと言う学者が、現在のノルウェー海まで航海をし、その海洋にある「トゥーレ」と言う島を発見したとされているが、これがアイスランドであるかは定かでない。 中世には、「ウルティマ・トゥーレ」と呼ばれ、アイスランドやグリーンランドのような地域は漠然と「極地」、「北の果て」と呼ばれ、ヨーロッパ人からは存在すら忘れ去られていた。 植民と開拓 初めてここで越冬したのはヴァイキングのインゴールヴル・アルナルソンだと言われている。なお、『植民の書』によれば、彼に先だってアイスランドを発見した人が「氷の島」と呼んだのが国名の由来とされる。 全島の調整機関として世界最古の近代議会とも言われるアルシングが創設され植民は終了した。初期のアイスランドは定住地域ごとに自治が行われ、国王の君臨する他のヨーロッパの国とは異なっていた。
アイスランド史
『アイスランドの歴史』より : アイスランドの歴史では、北大西洋にあるアイスランド島地域の歴史について記述する。 前史 アイスランドは元々無人の島だった。紀元前300年頃に古代ギリシア人によって発見されていたという記録がある。古代ギリシア人のピュテアスと言う学者が、現在のノルウェー海まで航海をし、その海洋にある「トゥーレ」と言う島を発見したとされているが、これがアイスランドであるかは定かでない。 中世には、「ウルティマ・トゥーレ」と呼ばれ、アイスランドやグリーンランドのような地域は漠然と「極地」、「北の果て」と呼ばれ、ヨーロッパ人からは存在すら忘れ去られていた。 植民と開拓 初めてここで越冬したのはヴァイキングのインゴールヴル・アルナルソンだと言われている。なお、『植民の書』によれば、彼に先だってアイスランドを発見した人が「氷の島」と呼んだのが国名の由来とされる。 全島の調整機関として世界最古の近代議会とも言われるアルシングが創設され植民は終了した。初期のアイスランドは定住地域ごとに自治が行われ、国王の君臨する他のヨーロッパの国とは異なっていた。
アイスランド航空
アイスランド航空(Icelandair)はアイスランドの航空会社。 アイスランドの首都であるレイキャヴィーク近郊のケプラヴィーク国際空港を拠点としている。アイスランドへの乗客需要はあまり多くないが、同国がヨーロッパと北米の中間地点に位置していることから、乗り継ぎ客を重視した路線編成を行っている。日本へはチャーター便として羽田空港などへの飛来実績がある。 航空券の座席予約システム(CRS)は、アマデウスITグループが運営するアマデウスを利用している。 アイスランド航空の前身となった航空会社の一社、Flugfélag Akureyrarは、1937年、アイスランド北部の都市アークレイリを拠点として設立された。同社は後に本拠地をレイキャヴィークに移し、Flugfélag Íslandsに改名した。1945年には国際線の運航を開始、国外では当初Iceland Airwaysの名称を、後にIcelandairの名称を使用した。 また1944年にはLoftleiðir(英名:アイスランディック航空Icelandic Airlines en)が設立され、当初はレイキャヴィーク空港から国内線を、1947年には国際線の運航を開始した。
アイスランドの国歌
賛美歌(アイスランド語: Lofsöngur)は、アイスランドの国歌。マッティーアス・ヨクムソン (Matthías Jochumsson) 作詞、スヴェインビェルン・スヴェインビェルンソン (Sveinbjörn Sveinbjörnsson) 作曲。 一般的には1番のみ歌われるが、学校で教える事が無い為に多くのアイスランド国民は歌うことが出来ないという。宗教的な歌詞のため批判されることもある。 歌詞 関連項目 アイスランドの国旗 アイスランドの国章 外部リンク アイスランド国歌 アイスランド国歌。
アイスランドの地方
アイスランドの地方について解説する。アイスランド共和国は8つの地方(アイスランド語: landsvæði)に分けられている。 首都レイキャヴィーク周辺の大レイキャヴィーク、レイキャネース半島一帯の南西アイスランド、ファクサ湾に面する西アイスランド、複雑なフィヨルド地形を持つ西部フィヨルド、北アイスランド西部、北アイスランド東部、最も人口密度の低い東アイスランド、観光名所が集中する南アイスランドである。 これらは主に統計目的で使われている。地方裁判所はこの区分に従っており、郵便番号も少数の例外を除いてこの地方区分に従っている。2003年まではアルシング選出の選挙区としても使われていた。 関連項目 アイスランドの地域区分 アイスランドの県 アイスランドの自治体 ISO 3166-2:IS アイスランドの地理 アイスランド中央高地 外部リンク ==。
アイスランド・クローナ
アイスランド・クローナ (アイスランド語: íslensk króna) は、アイスランドの通貨単位である。略称はISK、複数形はクローヌル(Krónur)。補助通貨単位は「オイラル」で1クローナ=100オイラルだが、現在はまず使われない。 流通はアイスランド中央銀行が管理している。紙幣は500、1,000、2,000、5,000の4種類、硬貨は1、5、10、50、100の5種類が流通している。1クローナ≒0.94円(2015年11月17日現在) コインには海の生物が描かれており、漁業が経済を支えてきた国ならではの硬貨と言える。10オイラルはイカ、50オイラルはエビ、1ISKは鱈、5ISKはイルカ、10ISKはカペリン(=シシャモ)、50ISKは蟹、100ISKはランプフィッシュとなっている。また、1ISK以外の硬貨の裏にはドラゴン、肉食鳥、雄牛、巨人の4体の生き物が描かれている。これらは、アイスランドの守護神「ランドヴェーッティル」である。13世紀にアイスランドで書かれた『ヘイムスクリングラ』にある、昔デンマーク王がアイスランド征服を図って魔法使いを派遣したところ、アイスランドの各方角にこの4体が存在していて征服をあきらめざるを得なかった、という伝承に基づいている。
アイスランドクローナ
『アイスランド・クローナ』より : アイスランド・クローナ (アイスランド語: íslensk króna) は、アイスランドの通貨単位である。略称はISK、複数形はクローヌル(Krónur)。補助通貨単位は「オイラル」で1クローナ=100オイラルだが、現在はまず使われない。 流通はアイスランド中央銀行が管理している。紙幣は500、1,000、2,000、5,000の4種類、硬貨は1、5、10、50、100の5種類が流通している。1クローナ≒0.94円(2015年11月17日現在) コインには海の生物が描かれており、漁業が経済を支えてきた国ならではの硬貨と言える。10オイラルはイカ、50オイラルはエビ、1ISKは鱈、5ISKはイルカ、10ISKはカペリン(=シシャモ)、50ISKは蟹、100ISKはランプフィッシュとなっている。また、1ISK以外の硬貨の裏にはドラゴン、肉食鳥、雄牛、巨人の4体の生き物が描かれている。これらは、アイスランドの守護神「ランドヴェーッティル」である。13世紀にアイスランドで書かれた『ヘイムスクリングラ』にある、昔デンマーク王がアイスランド征服を図って魔法使いを派遣したところ、アイスランドの各方角にこの4体が存在していて征服をあきらめざるを得なかった、という伝承に基づいている。
アイスランド防衛隊
アイスランド防衛隊(アイスランドぼうえいたい、Iceland Defense Force, IDF)は、かつてアイスランドの防衛を担っていた軍事組織である。 司令部はケフラヴィークに存在していた。アイスランドは、軍事組織を保有していない。IDFはアメリカ軍の部隊であり、アメリカ欧州軍の一部である。人員は、アメリカ陸軍・海軍・空軍のほか、アイスランドの民間人が含まれていた。 アイスランドは北大西洋条約機構(NATO)に1949年の結成当初から加盟していた。アイスランドは北大西洋の要衝にあり、そこの防衛はNATOにとり、重大な関心事であった。その後、1951年にNATOの要請により、アイスランドの防衛を目的にアメリカ軍が派遣され、IDFが設立された。 IDFは、25を超える各種部隊によって構成されていた。1,350人のアメリカ軍人、350人のアメリカ国防総省職員、650人のアイスランド人職員のほか、オランダ・ノルウェー・カナダ・デンマークからも軍事要員が派遣されていた。
アイスランドの大統領
アイスランドの大統領(アイスランド語: Forseti Íslands)では、大西洋北部のアイスランド共和国の国家元首である大統領について記す。 アイスランド共和国発足時の1944年6月17日に施行された憲法により規定されており、憲法制定と同時に初代大統領が誕生した。以来2011年までに、女性一人を含め5代を数える。初代大統領が任期中に死去した際、一時的に空席となった。憲法の規定で、大統領がなんらかの事情で任務を遂行できない場合は、首相および最高裁判所長官が代行する。 大統領公邸はレイキャヴィークに近いアゥルタネース半島にあるベッサスタージル (en) と定められている。また大統領は、ファルコン勲章のグランドマスターでもある。 選出規定 大統領は国民の直接選挙により選出される。任期は4年で、再選制限は無い。大統領選挙に立候補するためには、35歳以上のアイスランド国民であり、1500人から3000人の有権者による推薦を受けなければならない。
アイスランド人の一覧
アイスランド人の一覧(アイスランドじんのいちらん)は、アイスランド出身者を五十音順に一覧にしたものである。 ア行 アスゲイル・シグルヴィンソン - サッカー指導者 アリ・ソルギルスソン - 聖職者。『アイスランド人の書』の著者。 インゴールヴル・アルナルソン - 初期の移民者 ヴァルディース・オスカルス・ドッティル - 映画編集者 ヴィグディス・フィンボガドゥティル - 元大統領。世界初の民選の女性大統領。 エイドゥル・グジョンセン - サッカー選手 エイナル・ベネディクツソン - 詩人 エギル・スカラグリームスソン - 詩人 オラファー・エリアソン - 芸術家 オラフル・ラグナル・グリムソン - 政治家 カ行 ギルフィ・シグルズソン - サッカー選手 グドベルグー・ベルグッソン - 作家 コルベイン・シグソールソン - サッカー選手 サ行 シーグルズル・ノルダル - 学者・作家・詩人 シグルズール・ソラリンソン - 地質学者 スヴェイン・ビョルンソン - 政治家 スノッリ・ストゥルルソン - 詩人・政治家・歴史家 ソルヴァルド・コズラーンスソン - 10~11世紀頃の宣教師 ソルヴェイグ・アンスパック - 映画監督 タ行 ダーグル・カウリ - 映画監督 ダビッド・オッドソン - 政治家 テオドル・ビャルナソン - サッカー選手 ナ行 ハ行 ハルドール・アウスグリムソン - 政治家 ハルドル・ラクスネス - 作家。
アイスランドのフィヨルド一覧
本記事は、アイスランドの有名なフィヨルドの一覧である。
イーサフィヤルザルデュープ(Ísafjarðardjúp)
ヴォップナフィヨルズゥル(Vopnafjörður)
エイヤフィヨルズゥル(Eyjafjörður)
エスキフィヨルズゥル(Eskifjörður)
セイジスフィヨルズゥル(Seyðisfjörður)
クヴァムスフィヨルズゥル(Hvammsfjörður)
クヴァルフィヨルズゥル(Hvalfjörður)
シグルフィヨルズゥル(Siglufjörður)
スカガフィヨルズゥル(Skagafjörður)
ステイングリームスフィヨルズゥル(Steingrímsfjörður)
ファゥスクルーズフィヨルズゥル(Fáskrúðsfjörður)
ファクサフロゥイ(Faxaflói)
フーナフロゥイ(Húnaflói)
フルータフィヨルズゥル(Hrútafjörður)
ブレイザフィヨルズゥル(Breiðafjörður)
ボルガルフィヨルズゥル(Borgarfjörður)
ホルナフィヨルズゥル(Hornafjörður)

アイスランドの国旗
アイスランドの国旗は青地に赤と白のスカンディナヴィア十字が描かれた旗 1915年6月19日、デンマーク領アイスランド時代として公式に制定され、1918年に成立したアイスランド王国でも引き続き使用された。さらに1944年6月17日、アイスランド共和国の樹立に伴い、改めて国旗として制定された。 青は古くからアイスランドの国民色と考えられている。この旗が採用されるまでは、青地に白い十字架のみの旗がアイスランドのシンボルとして用いられていた。 歴史的な旗 関連項目 国旗の一覧 アイスランドの国章 ノルウェーの国旗 - 赤と青が逆になっている。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)  



 東アジア  台湾 | 大韓民国 | 中国 | 香港 | マカオ | モンゴル
 南アジア  インド | インドネシア | カンボジア | シンガポール | スリランカ | タイ |
 ネパール | バングラデシュ | パキスタン | フィリピン | ベトナム |
 マレーシア | ミャンマー | ラオス
 中近東  アラブ首長国連邦 | イスラエル | イラク | イラン | サウジアラビア |
 シリア | トルコ | ヨルダン | レバノン
 ヨーロッパ  アイスランド | アイルランド | イギリス | イタリア | ウクライナ |
 ウズベキスタン | エストニア | オーストリア | オランダ | ギリシャ |
 クロアチア | スイス | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア |
 チェコ | デンマーク | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド |
 フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ |
 モナコ | ラトビア | リトアニア | ルーマニア | ルクセンブルク | ロシア
 アフリカ  エジプト | ケニア | ジンバブエ | タンザニア | チュニジア | ボツワナ |
 マダガスカル | 南アフリカ | モーリシャス | モロッコ | リビア
 北アメリカ  アメリカ | カナダ
 中央・南アメリカ  アルゼンチン | エクアドル | キューバ | グアテマラ | ジャマイカ | チリ |
 バハマ | パナマ | ブラジル | ベネズエラ | ペルー | メキシコ
 太平洋地域  北マリアナ諸島 | グアム | ハワイ | ミクロネシア
 オセアニア  オーストラリア | ニューカレドニア | ニュージーランド | バヌアツ |
 パプアニューギニア | パラオ | フィジー諸島 | フランス領ポリネシア |
 マーシャル諸島




▼外国語翻訳・海外通訳 サービス内容一覧
■外国語・多言語翻訳

激安翻訳サービス高品質翻訳サービス専門翻訳サービス一般文書・書類翻訳論文翻訳添付文書翻訳字幕翻訳映像翻訳音声翻訳法律翻訳・法務翻訳・契約書翻訳薬事法や医薬翻訳・医学翻訳技術関連文書翻訳技術マニュアル翻訳コンピュータ・IT技術・情報通信に特化した翻訳契約書翻訳経済翻訳金融翻訳財務翻訳産業翻訳化学技術翻訳土木・建築翻訳産業技術翻訳戸籍謄本翻訳メール文書翻訳英文翻訳英和和英翻訳ハングル翻訳和訳WEBサイト・ホームページ翻訳ネイティブ翻訳文書校正日本語翻訳テキスト翻訳日中翻訳仏語翻訳独語翻訳

■国際ビジネス支援サービス
輸出入代行・通信代行、海外販路獲得サポート海外との連絡代行海外への外注現地通訳サービス海外B2B商取引ポータル・サイト登録申請代行
■海外法人会社設立支援サービス
海外法人会社設立海外独立起業支援海外銀行口座開設(法人口座、個人口座) 国際カードの取得サポート
■海外諸外国の調査サービス

海外の展示会・見本市調査世界各国の情報収集リサーチ海外での市場調査海外企業の信用調査海外での提携先探し海外企業の謄本取得代行(登記簿謄本・商業登記簿・不動産登記簿)


▼外国語翻訳・取り扱い言語一覧
■ヨーロッパ地域の言語
イタリア語翻訳  スペイン語翻訳  フランス語(仏語)翻訳  ポルトガル語翻訳  オランダ語翻訳  ドイツ語(独語翻訳)  ウクライナ語翻訳  エストニア語翻訳  カザフ語翻訳  カタルーニャ語翻訳  ギリシャ語翻訳  クロアチア語翻訳  セルビア語翻訳  チェコ語翻訳  スロベニア語翻訳  デンマーク語翻訳  スウェーデン語翻訳  ノルウェー語翻訳  ハンガリー語翻訳  マジャル語翻訳  ラテン語翻訳  ポーランド語翻訳  ルーマニア語翻訳  フィンランド語翻訳  ブルガリア語翻訳  ロシア語翻訳  アルバニア語翻訳  バスク語翻訳  ベラルーシ語翻訳  ブルターニュ語翻訳  カタロニア語翻訳  チェチェン語翻訳  エスペラント語翻訳  フリースランド語翻訳  ガリシア語翻訳  グルジア語翻訳   アイスランド語翻訳  アイルランド語翻訳  ラトビア語翻訳  リトアニア語翻訳  サルデーニャ語翻訳  スロバキア語翻訳  ウェールズ語翻訳  イディッシュ語翻訳
■アジア地域の言語

中国語(北京語・広東語)翻訳  韓国語(ハングル)翻訳  タイ語翻訳  ベトナム語翻訳  インドネシア語翻訳  カンボジア語翻訳  クメール語翻訳  ジャワ語翻訳  シンハラ語翻訳  ネパール語翻訳  パキスタン語翻訳  ウルドゥー語翻訳  ヒンディー語翻訳 フィリピン語翻訳  タガログ語翻訳  ベンガル語翻訳  マラチヒ語翻訳  マレー語翻訳  ミャンマー語翻訳 モンゴル語翻翻訳訳 ラオス語翻訳  繁体字翻訳  簡体字翻訳  貴州語翻訳  湖南語翻訳  広東語翻訳  四川語翻訳  上海語翻訳  台湾語翻訳 福建語翻訳  北京語翻訳  セブアノ語翻訳  日本語翻訳  マオリ語翻訳  パンジャビ語翻訳  サンスクリット語翻訳  チベット語翻訳  フィリピノ語翻訳  セブ語翻訳  ビサヤ語翻訳  ビサイヤ語翻訳  ピリピノ語翻訳  ヒリガイノン語翻訳

■アフリカ・中東地域の言語
クルド語翻訳  アラビア語翻訳  アシャンテ語翻訳  ウガンダ語翻訳  スワヒリ語翻訳  トルコ語翻訳  ヨルバ語翻訳  バンバラ語翻訳   ヘブライ語翻訳  ペルシア語翻訳  ナイジェリア語翻訳  アフリカーンス語翻訳  ダリ語翻訳  イボ語翻訳  タミル語翻訳
Copyright (C) 2005 - 2017 GLOBAL-EYE All Rights Reserved.


[PR] 激安販促品/デザイン印刷/激安ノベルティ 激安のぼり販売 激安仕入れ/激安問屋/激安海外輸入 カントリー雑貨の通販 雑貨問屋/雑貨卸し
  激安翻訳・格安通訳 ホームページ制作/WEBデザイン作成/システム開発(栃木県小山市) 激安ホームページ制作/激安更新システム付きホームページ作成