イギリス(ヨーロッパ)言語|激安翻訳(文書翻訳 論文翻訳 文書校正 テキスト翻訳 音声翻訳 映像翻訳 和訳) 海外進出ビジネス支援 海外会社設立 海外調査|

翻訳、通訳、海外ビジネス展開支援・コンサルティングのグローバルアイ
翻訳、通訳サービス グローバルアイ トップページ サイトマップリンク
翻訳サービス 国際ビジネス 会社設立支援 海外調査 料金一覧 取り扱い言語 お問い合わせ
ビジネスパートナー登録
対象地域
登録フォーム



お見積もり
>>無料!お見積もりはこちらから。



お問い合わせ
>>お気軽にお問い合わせください。



ビジネスパートナー・提携業者募集
>>弊社と業務提携を結ぶ
業者様を募集しております。


フリーランス翻訳者募集
>>各国の翻訳・通訳スタッフを
募集しております。


多言語ホームページ制作会社募集
>>多言語ホームページ制作
会社を募集しております。


日本進出の海外企業顧問ご紹介
>>日本進出の海外企業の
顧問をご紹介いたします。



.・

世界中にるネットワークで、スピーディーで正確な翻訳が可能!

翻訳、通訳サービスにより、海外進出・展開を狙う企業様を応援いたします。


対象地域


翻訳、通訳、海外ビジネス展開支援のビジネスパートナー・提携業者募集!

グローバルアイでは、以下地域にてビジネスパートナーとなる提携業者を募集しております。
「登録型」となっておりますので、企業や学校、個人からの依頼を受けて、皆様が登録した内容を元に、検索を行い、お仕事をやって頂きます。
仕事は専門分野、住んでいる地域、過去の実勢を総合した上、通常はPCメールにてお知らせ致します。

→登録フォームはこちらから



English
 イギリス
 アバディーン、 イーストボーン、 インバネス、 ウィンチェスター、 ウインザー、 エジンバラ、
 カーディフ、 グラスゴー、 ケンブリッジ、 サトンコールドフィールド、 スコットランド、
 ストラットフォード・アポン・エイボン、 スランデュドノ、 チェスター、 バース、 フォートウィリアム、
 ブライトン、 ブレコン、 ブロードウェイ、 プリマス、 ボーンマス、 マンチェスター、 ヨーク、
 リバプール、 ロンドン


 Wikipediaイギリス情報

イギリス
グレートブリテン及び北アイルランド連合王国 United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland 国の標語:Dieu et mon droit(フランス語:神と我が権利) 国歌:神よ女王陛下を守り給え イギリスの位置 グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(グレートブリテンおよびきたアイルランドれんごうおうこく、英: United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパの主権国家である。
イギリス革命
『清教徒革命』より : 清教徒革命またはピューリタン革命(せいきょうとかくめい/ピューリタンかくめい、英語:Puritan Revolution または Wars of the Three Kingdoms)は、狭義には1641年から1649年にかけてイングランド・スコットランド・アイルランドで起きた内戦・革命である。広義には1638年の主教戦争から1660年の王政復古までを含み、「大反乱」「三王国戦争」もしくは名誉革命とあわせて「イギリス革命」「ブリテン革命」とも呼ばれる。革命中に起きた諸事件については清教徒革命の年表も併せて参照。 ステュアート朝期イングランドは国教会による王の絶対主義によって維持されていたが、富をえて上昇する者と没落する者が錯綜し、社会のしくみが絶対主義の確立されたテューダー朝期とは大きく異なってきていた(ただし、ステュアート朝期における王室と議会の対立の源となった社会矛盾の多くはテューダー朝期に由来している)。
イギリス語
『英語』より : 英語(えいご、英語:English language)は、インド・ヨーロッパ語族のゲルマン語派に属し、イギリス・イングランド地方を発祥とする言語である。 「英語」という呼称 「英語」の「英」はイギリスの漢字表記である「英吉利」に由来する(「英吉利」という表記自体は、先行する中国語に倣ったもの)。同じような成立の語に「仏語」(仏蘭西語)、「独語」(独逸語)、「西語」(西班牙語)などがあるが、現代日本では「フランス語」、「ドイツ語」、「スペイン語」といった呼称がより普及している。一方英語は「英吉利語」(イギリス語)という呼称もあったがすでに廃れ、「英語」という呼称のみが普及している。 現況 現在イギリス全体としての国家語は英語であるが、イギリスに含まれるイングランドやウェールズやスコットランド、北アイルランドでは英語以外の言語話者もいる。また、イギリス、アメリカ合衆国をはじめとして少なからぬ国で公用語となっており、それぞれが各々の規範を持つ複数中心地言語でもある。
イギリスの野鳥一覧
イギリスの野鳥一覧
では、イギリスで観察された野鳥のチェックリストを示す。
イギリスはユーラシア大陸とともに旧北区 (動物地理区)に位置する。
同じ島国の日本とも共通する種・属も多い。
”Alectoris rufa”, w:Red-legged Partridge, アカアシイワシャコ, 移入種
”Perdix perdix”, w:Grey Partridge, ヨーロッパヤマウズラ
”Coturnix coturnix”, w:Common Quail, ヨーロッパウズラ
”Phasianus colchicus”, w:Common Pheasant, キジ, 移入種
”Chrysolophus pictus”, w:Golden Pheasant, キンケイ, 移入種
”Chrysolophus amherstiae”, w:Lady Amherst”s Pheasant, ギンケイ, 移入種
”Lagopus lagopus”, w:Willow Ptarmigan, カラフトライチョウ
”Lagopus mutus”, w:Rock Ptarmigan, ライチョウ
”Tetrao tetrix”, w:Black Grouse, クロライチョウ
”Tetrao urogallus”, w:Western Capercaillie, ヨーロッパオオライチョウ, 移入種

イギリスの歴史
イギリスの歴史(イギリスのれきし)は、イングランド、ウェールズ、スコットランド、アイルランド(現在では北アイルランドのみ)より成る連合王国(イギリス)の歴史である。 イングランドはまずウェールズを併合し、アイルランドを植民地化し、スコットランドと連合した。さらにアイルランドを併合するも、その大部分が独立して現在の形になった。 変遷 1282年 - イングランド王国がウェールズ公国を併合する。以降イングランド王室次期王位継承者に対してプリンス・オブ・ウェールズ(ウェールズ大公)の称号を用いる。 1541年 - イングランド王ヘンリー8世がアイルランド王を自称する。 1603年 - スコットランド王ジェームス6世がイングランド王ジェームズ1世として即位し、イングランド王国とスコットランド王国が同君連合となる。 1707年 - 連合法により、イングランド王国とスコットランド王国が連合してグレートブリテン王国が成立する。 1801年 - 連合法により、アイルランド全域を正式に併合してグレートブリテンおよびアイルランド連合王国となる。
イギリス史
『イギリスの歴史』より : イギリスの歴史(イギリスのれきし)は、イングランド、ウェールズ、スコットランド、アイルランド(現在では北アイルランドのみ)より成る連合王国(イギリス)の歴史である。 イングランドはまずウェールズを併合し、アイルランドを植民地化し、スコットランドと連合した。さらにアイルランドを併合するも、その大部分が独立して現在の形になった。 変遷 1282年 - イングランド王国がウェールズ公国を併合する。以降イングランド王室次期王位継承者に対してプリンス・オブ・ウェールズ(ウェールズ大公)の称号を用いる。 1541年 - イングランド王ヘンリー8世がアイルランド王を自称する。 1603年 - スコットランド王ジェームス6世がイングランド王ジェームズ1世として即位し、イングランド王国とスコットランド王国が同君連合となる。 1707年 - 連合法により、イングランド王国とスコットランド王国が連合してグレートブリテン王国が成立する。 1801年 - 連合法により、アイルランド全域を正式に併合してグレートブリテンおよびアイルランド連合王国となる。
イギリスダービー
『ダービー (競馬)』より : ダービーステークス(Derby Stakes)とは、イギリスのエプソム競馬場(芝、約1マイル4ハロン10ヤード、約2423メートル)で行われる競馬の競走である。 他国のダービーと区別するために、欧米では会場の競馬場にちなみ特にエプソムダービー(Epsom Derby)という表記も多く見られる。日本のメディア、特にテレビなどではイギリスダービーと言われることもある。 1776年にイギリス最古のクラシック競走・セントレジャーステークスの盛大さを見たダービー伯爵エドワード・スミス=スタンリーとイギリスジョッキークラブ会長のチャールズ・バンベリー準男爵、そしてスタンリーの義叔父であるジョン・バーゴイン将軍の3人によって、1779年に創設されていたオークスの牡馬版として創設された。 この競走名の由来については、1780年に創始者のダービー伯爵とバンベリー準男爵の間でいずれの名を冠するかをコイントスによって決定したとの逸話がある。
イギリスクラシック三冠
イギリスクラシック三冠(イギリスクラシックさんかん、Triple Crown)とはイギリスの競馬において、クラシック競走のうち牡馬が出走可能な2000ギニーステークス、ダービーステークス、セントレジャーステークスの3競走(三冠競走)をすべて制すること、またはその3競走自体を指す。 背景 競馬の発祥国であるイギリスで、もともと行われていた競馬はヒート競走によるものだった。ヒート競走は、同じ馬で何度も競走を行い、ある馬が連勝するまで勝負を繰り返すというものだった。時代にもよるが、ヒート戦は概ね2マイル(約3200メートル)から6マイル(約9600メートル)の距離を何度も走って勝負をつけていた。 競馬に出走する競走馬の年齢は、18世紀はじめまでは5歳以上に限られていた。1731年に3歳馬が出走したという記録が1例だけあるが、3歳馬が競馬に出るようになるのは実際には1760年代になってからで、たいていの競馬は5歳か6歳以上の競走馬によって行われていた。
イギリスセントレジャー
『セントレジャーステークス』より : セントレジャーステークス(St. Leger Stakes)とはイギリスのクラシック三冠および牝馬クラシック三冠の最終戦としてドンカスター競馬場芝コース1マイル6ハロン132ヤード(約2937メートル)で行われる長距離適性を審査する競馬の競走である。競走名は18世紀のスポーツ愛好家であったアンソニー・セントレジャー陸軍中将に由来する。出走条件は3歳限定で繁殖能力の選定のために行われるため、騸(せん)馬の出走はできない。世界最古のクラシック競走であり、日本の菊花賞のモデル競走。 沿革 1776年、アンソニー・セントレジャーらによって創設された。当時の競馬はヒート競走が盛んで、若い3歳馬による1回限りで勝負が決着するセントレジャーは人気を博した(この成功を参考にオークスやダービーも作られた)。その後、クラシック体系が成立するにつれ、セントレジャーもその中に組み込まれるようになった。 20世紀初頭まではダービーを制する早熟性と長距離を走破するスタミナを併せ持つ馬が最上のサラブレッドと認識されており、セントレジャーステークスはクラシックレースの中でも最高の権威を誇っていた。
イギリス空軍機の一覧
イギリス空軍機の一覧(イギリスくうぐんきのいちらん)はイギリス空軍 (RAF) が採用および運用した航空機の一覧。1918年にイギリス陸軍航空隊(Royal Flying Corps)とイギリス海軍航空隊(Royal Naval Air Service)が合併してRAFが創設されて以来、様々な航空機がRAFに所属した。
ここではRAFで運用されている航空機や退役した航空機をメーカー別に、あいうえお順に一覧でまとめている。航空機の名称に続けて付与されているコードについては軍用機の命名規則 (イギリス) 軍用機の命名規則を参照されたい。
BAe 146 CC1, CC2 - 4発要人輸送機
BAe ホーク T1, T1A, T1W - 単発練習機
SEPECAT ジャギュア GR1, GR1A, GR1B, T2, GR3, GR3A, T4 - 双発攻撃機
BAC ジェット・プロボスト T1, T3, T3A, T4, T5, T5A - 単発練習機

イギリスの空港の一覧
イギリスの空港の一覧はイギリス国内で使用されているすべての空港、飛行場及び小型飛行場の一覧である。一覧は受け持つ地域の名称順である。イタリック体の空港はイギリスのw:Aeronautical Information Publication Aeronautical Information Publicationに掲載されている。名称順の空港一覧は: イギリスの空港及びICAOコード順の一覧はw:List of airports by ICAO code: E#EG - United Kingdom (and British Crown dependencies) List of airports by ICAO code: Eを参照。イギリスの空港はICAOコード "EG" で始まる。また、フォークランド諸島にあるw:RAF Mount Pleasant RAF Mount Pleasantは "EG" コード – "EGYP" を使用している。
都市 !! IATA   !! ICAO   !! 空港
アビンドン (オックスフォードシャー) アビンドン ABB EGUD w:RAF Abingdon RAF Abingdon

イギリス君主一覧
ここでは、現在のイギリスにつながるグレートブリテン島の各地を支配した以下のイギリスの君主を対象とする。 1707年までのスコットランドの王たち 1707年までのイングランドの王たち 13世紀末にイングランドが征服する以前にウェールズの各地方を支配した君主たち 1707年にイングランドとスコットランドが合邦して以降のグレートブリテン王国の王たち 1801年以降のグレートブリテン及びアイルランド連合王国の王たち 1922年にアイルランド自由国が連合王国から分離して以降のグレートブリテン及び北アイルランド連合王国(現在のイギリス)の王たち スコットランド王国 ウェールズ 13世紀末にイングランドに征服される以前のウェールズには、デバイパース、ポウィス、グウィネズなどの小王国があった。
イギリスの経済
イギリスの経済ではイギリスの国民経済について記述する。 イギリスはEUとG8の一員であり、為替レート換算の国内総生産で世界第6位、PPP換算では世界第7位の経済規模を持つ。これは欧州内で比較すると為替レート換算でドイツ・フランスに次ぐ第3位で、PPP換算でドイツに次ぐ第2位の規模である(2008年)。首都のロンドンはニューヨークと並び、世界で最も規模の大きい金融の中心地である。イギリスの経済はしばしばアングロサクソンの経済と説明される。イギリスの経済はイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドによって構成されている。 1940年代以降に国営化された多くの企業は1980年代以降、特にマーガレット・サッチャー政権下において民営化された。 近年、イギリスは最も長期間の経済成長を続けている。インフレ率・利率・失業率においては比較的低いままである。一方、所得の不均衡の指標はEUの中で高い水準にある。2005年のイギリスのGDP成長率は1.8%であった。財務大臣のゴードン・ブラウンは2005年の成長率が予想よりも低かった主な原因として原油価格の上昇、住宅価格上昇の鈍化、個人消費の減速を挙げた。
イギリスオークス
『オークス』より : オークスステークス(The Oaks Stakes)はイギリスのエプソム競馬場で例年6月の第1金曜日に行われる競馬のクラシック競走。3歳牝馬限定戦。距離12ハロン10ヤード(約2,423メートル)。2011年の1着賞金は184,502ポンド、総賞金は325,000ポンド。 他国においてもこれにならった競走を「オークス」と称する事例が多数見られる(後述)。 日本の競馬では優駿牝馬がオークスと通称されており、混同を避けるため英オークス、イギリスオークス、エプソムオークスなどと呼ばれることも多い。 1779年、第12代ダービー伯爵エドワード・スミス=スタンリーが自身と友人の所有する牝馬同士のレースを行ったのがレースの始まりでレースは領地の名にちなんでオークスと名付けられた。 1915年 - 1918年は第一次世界大戦のため、1940年 - 1945年は第二次世界大戦のため、それぞれ舞台をニューマーケット競馬場に移して行われている。
イギリス陸軍
イギリス陸軍(イギリスりくぐん、British Army)は、イギリス連合王国(United Kingdom)の陸軍。現在では、海軍、空軍と共にイギリス軍を構成している。 イギリス陸軍は、ブリテン島本土或いは北アイルランドその他の海外領土(北アイルランドは連合王国の一部ではあるが、イギリス陸軍の地域区分では「海外」となっている)をテロを含む軍事的脅威から防衛すること、NATOによる共同防衛に参画すること、NATO枠外での紛争介入や平和維持活動等をおこなうこと、必要とされた場合地方自治体等に非軍事分野のものを含む支援活動をおこなうこと、などを任務としている。
イギリス海軍艦艇一覧
イギリス海軍艦艇一覧は、イギリス海軍 (Royal Navy) が過去保有した、または現在保有する、または将来保有する予定の、未完成・計画中止を含めた歴代艦艇一覧である。 '凡例 現有勢力(2011年現在) 国防予算:624億ドル(+27億ドル) 海軍人員:2万8,120名(+630名) 艦船隻数:101隻(-6隻)潜水艦×11(-1) 空母×1(-2) 駆逐艦×7 フリゲート×16(-1) 氷海警備艦×1 哨戒艦×4 哨戒艇×2 哨戒/練習艇×16 揚陸ヘリコプター母艦×1 ドック型輸送揚陸艦×2 ドック型揚陸艦×4 掃海艇×15(-1) 測量艦×3(-1) 補給/給油艦×10 工作艦×1 傷病兵収容艦×1 車両輸送艦×6航空機数:337機(-72機)艦載固定翼機×0(-40) 艦載ヘリコプター×310(-17) 陸上固定翼機×27(-15)コースト・ガード 艦艇一覧(近代海軍以前) キャラック メアリー・ローズ(Mary Rose) アンリ・グラサデュー(Henry Grace a dieu) ガレオン グレート・ハリー(Great Harry) ジュディス(Judith) ゴールデン・ハインド(Golden Hind) リヴェンジ(Revenge) ヴィクトリー(Victory) トライアンフ(Triumph) アーク・ロイアル(Ark Royal) ヘンリー(Henry) セント・ミッチェル(St.Michel) 戦列艦 フリゲート インディファティガブル(Indefatigable) ウィンチェスター(Winchester) グラスゴー ケベック(Quebec) ゲリエール(Guerriere) サプライズ(Surprise) ジャバ(Java) セラピス(Serapis) ハーマイオニー(Hermione) フォース ライブリー(Lively) リバプール その他 スループスピーディ(Speedy) カッターアルデバラン(Aldebaran) バークビーグル(Beagle) 未分類アドヴェンチャー (帆船) ヴァンガード (英海軍) エンデバー (帆船) ニューカッスル (英海軍) バウンティ (帆船) レゾリューション (帆船) 艦艇一覧(近代海軍) 主力艦 = 装甲艦 = ウォーリア級 - 2隻ウォーリア(Warrior) ブラック・プリンス(Black Prince) = 戦艦 = 草創期の戦艦 デヴァステーション級 - 2隻デヴァステーション(Devastation) サンダラー(Thunderer)ドレッドノート - 1隻ドレッドノート(Dreadnought)ネプチューン - 1隻ネプチューン(Neptune)インフレキシブル - 1隻インフレキシブル(Inflexible)エイジャックス級 - 2隻エイジャクス(Ajax) アガメムノン(Agamemnon)コロッサス級 - 2隻コロッサス(Colossus) エジンバラ(Edinburgh)アドミラル級 - 6隻コリングウッド - 1隻コリングウッド(Collingwood)ロドニー級 - 4隻ロドニー(Rodney) ハウ(Howe) キャンパーダウン(Camperdown) アンソン(Anson)ベンボウ - 1隻ベンボウ(Benbow)ヴィクトリア級 - 2隻ヴィクトリア(Victoria) サンス・パレイル(Sans Pareil)トラファルガー級 - 2隻トラファルガー(Trafalgar) ナイル(Nile)フッド - 1隻フッド(Hood) 前弩級戦艦 ロイヤル・サブリン級 - 7隻(1隻設計変更)ロイヤル・サブリン(Royal Sovereign) エンプレス・オブ・インディア(Empress of India) ラミリーズ(Ramillies) レパルス(Repulse) レゾリューション(Resolution) リヴェンジ(Revenge) ロイヤル・オーク(Royal Oak) ※ 設計変更: 1隻→フッド(草創期の戦艦)へバーフラー級 - 2隻バーフラー(Barfleur) センチュリオン(Centurion)レナウン - 1隻レナウン(Renown)マジェスティック級 - 9隻マジェスティック(Majestic) マグニフィセント(Magnificent) ハンニバル(Hannibal) プリンス・ジョージ(Prince George) ヴィクトリアス(Victorious) ジュピター(Jupiter) マース(Mars) シーザー(Caeser) イラストリアス(Illustrious)カノーパス級 - 6隻カノーパス(Canopus) グローリー(Glory) アルビオン(Albion) ゴライアス(Goliath) オーシャン(Ocean) ヴェンジャンス(Vengeance)フォーミダブル級 - 3隻フォーミダブル(Formidable) イリジスタブル(Irresistible) インプラカブル(Implacable)ロンドン級 - 5隻ロンドン(London) ブルワーク(Bulwark) ヴェネラブル(Venerable) クイーン(Queen) プリンス・オブ・ウェールズ(Prince of Wales)ダンカン級 - 6隻ダンカン(Duncan) コンウォーリス(Cornwalis) エクスマス(Exmouth) ラッセル(Russel) アルベマール(Albemarle) モンターギュー(Montagu)スウィフトシュア級 - 2隻スウィフトシュア(Swiftsure) トライアンフ(Triumph) 準弩級戦艦 キング・エドワードVII世級 - 8隻キング・エドワードVII世(King Edward VII) ドミニオン(Dominion) コモンウェルス(Commonwealth) ヒンダスタン(Hindustan) ニュージーランド(New Zealand) アフリカ(Africa) ブリタニア(Britannia) ハイバニア(Hibernia)ロード・ネルソン級 - 2隻ロード・ネルソン(Lord Nelson) アガメムノン(Agamemnon) 弩級戦艦 ドレッドノート - 1隻ドレッドノート(Dreadnought)ベレロフォン級 - 3隻ベレロフォン(Bellerophon) シュパーブ(Superb) テメレーア(Temeraire)セント・ヴィンセント級 - 3隻セント・ヴィンセント(St.Vincent) コリンウッド(Collingwood) ヴァンガード(Vanguard)ネプチューン - 1隻ネプチューン(Neptune)コロッサス級 - 2隻コロッサス(Colossus) ハーキュリーズ(Hercules)エジンコート - 1隻(旧・伯『リオ・デ・ジャネイロ』)エジンコート(Agincourt) ※旧・『リオ・デ・ジャネイロ(Rio de Janeiro)』 超弩級戦艦 オライオン級 - 4隻オライオン(Orion) モナーク(Monarch) サンダラー(Thunderer) コンカラー(Conqueror)キングジョージ5世級 (初代) - 4隻キング・ジョージ5世(King George V) エイジャックス(Ajax) センチュリオン(Centurion) オーディシャス (Audacious)アイアン・デューク級 - 4隻アイアン・デューク(Iron Duke) マールバラ(Marlborough) ベンボウ(Benbow) エンペラー・オブ・インディア(Emperor of India)エリン - 1隻(旧・土『レシャディー』級)エリン(Erin) ※旧・『レシャディー(Reshaddieh)』カナダ - 1隻(旧・智『アルミランテ・ラトーレ』級)カナダ(Canada) ※旧・『アルミランテ・ラトーレ(Almirante Latorre)』クイーン・エリザベス級 - 5隻クイーン・エリザベス(Queen Erizabeth) ウォースパイト(Warspite) バーラム(Barham) ヴァリアント(Valiant) マレーヤ(Malaya)ロイヤル・サブリン級(リヴェンジ級、R級) - 5隻(3隻建造中止)ロイヤル・サブリン(Royal Sovereign) ロイヤル・オーク(Royal Oak) リヴェンジ(Revenge) レゾリューション(Resolution) ラミリーズ(Ramillies) ※ 建造中止: レナウン(Renown)→レナウン級巡洋戦艦 レパルス(Repulse)→レナウン級巡洋戦艦 レジスタンス(Resistance)ネルソン級 - 2隻ネルソン(Nelson) ロドニー(Rodney)N3型 - 0隻(4隻計画中止)※ 計画中止: セント・アンドリュー(St.Andrew) セント・デイヴィッド(St.David) セント・ジョージ(St.George) セント・パトリック(St.Patrick) 新戦艦 キングジョージ5世級 - 5隻キングジョージ5世(King George V) プリンス・オブ・ウェールズ(Prince of Wales) デューク・オブ・ヨーク(Duke of York) アンソン(Anson) ハウ(Howe)ライオン級 - 0隻(2隻建造中止、2隻計画中止)※ 建造中止: ライオン(Lion) テメレーア(Temeraire) ※ 計画中止: サンダラー(Thunderer) コンカラー(Conqueror)ヴァンガード - 1隻ヴァンガード(Vanguard)改ライオン級 - 0隻(2隻計画中止) 巡洋戦艦 インヴィンシブル級 - 3隻インヴィンシブル(Invincible) インドミタブル(Indomitable) インフレキシブル(Inflexible)インディファティガブル級 - 3隻インディファティガブル(Indefatigable) ニュージーランド(New Zealand) オーストラリア(Australia)ライオン級 - 3隻ライオン(Lion) プリンセス・ロイヤル(Princess Royal) クイーン・メリー(Queen Mary)タイガー - 1隻タイガー(Tiger)レナウン級 - 2隻レナウン(Renown) レパルス(Repulse)フッド級 - 1隻(3隻建造中止)フッド(Hood) ※ 建造中止: アンソン(Anson) ハウ(Howe) ロドネー(Rodney)インコンパラブル - 0隻(1隻計画中止)※ 計画中止: インコンパラブル(Incomparable)G3型 - 0隻(4隻建造中止)※ 建造中止: インヴィンシブル(Invincible) インフレキシブル(Inflexible) インドミタブル(Indomitable) インディファティガブル(Indefatigable) = 航空母艦 = 正規空母 アーガス(Argus)フューリアス(Furious)グローリアス級 - 2隻グローリアス(Glorious) カレイジャス(Courageous)ヴィンディクティヴ(Vindictive)→巡洋艦へイーグル(Eagle)ハーミーズ(Hermes)アーク・ロイヤル(Ark Royal)イラストリアス級 - 6隻第1グループ イラストリアス(Illustrious) ヴィクトリアス(Victorious) フォーミダブル(Formidable) 第2グループ インドミタブル(Indomitable) 第3グループ インプラカブル(Implacable) インディファティガブル(Indefatigable)オーディシャス級 - 2隻(2隻建造中止)イーグル(Eagle) ※ 予定艦名『オーディシャス(Audacious)』 アーク・ロイヤル(Ark Royal) ※ 予定艦名『イリジスティブル(Irresistible)』 ※ 建造中止: アフリカ(Africa) イーグル(Eagle)ジブラルタル級 - 0隻(3隻計画中止)※ 計画中止: ジブラルタル(Gibraltar) マルタ(Malta) ニュージーランド(New Zealand)CVA-01 - 0隻(4隻計画中止)クイーン・エリザベス級 - 0隻(2隻建造中)※ 建造中: クィーン・エリザベス(Queen Elizabeth) プリンス・オブ・ウェールズ(Prince of Wales) 軽空母 ユニコーン(Unicorn) ※ 航空工作艦コロッサス級 - 10隻(6隻設計変更)コロッサス(Colossus) パーシュース(Perseus) グローリー(Glory) パイオニア(Pioneer) オーシャン(Ocean) シーシュース(Theseus) トライアンフ(Triumph) ヴェネラブル(Venerable) ヴェンジャンス(Vengeance) ウォーリア(Warrior) ※ 設計変更: 11~16番艦→マジェスティック級へマジェスティック級 - 5隻(1隻建造中止)ハーキュリーズ(Hercules) マグニフィセント(Magnificent) マジェスティック(Majestic) パワフル(Powerful) テリブル(Terrible) ※ 建造中止: リヴァイアサン(Leviathan)セントー級 - 3隻(4隻建造中止、1隻設計変更)セントー(Centaur) アルビオン(Albion) ブルワーク(Bulwark) ※ 設計変更: 1隻→ハーミーズへハーミーズ(Hermes) V/STOL空母 インヴィンシブル級 - 3隻インヴィンシブル(R-05 Invincible) イラストリアス(R-06 Illustrious) アーク・ロイヤル(R-07 Ark Royal) 護衛空母 オーダシティ(Audacity)アクティヴィティ(Activity)カンパニア(Campania)ヴィンデックス級 - 2隻ヴィンデックス(Vindex) ナイラナ(Nairana)プレトリア・カースル(Pretoria Castle)アーチャー級 - 4隻 ※ 米貸与艦アーチャー(Archer) アヴェンジャー(Avenger) バイター(Biter) ダッシャー(Dasher)アタッカー級 - 8隻 ※ 米貸与艦アタッカー(Attacker) バトラー(Battler) チェイサー(Chaser) フェンサー(Fencer) パーシュアー(Pursuer) ストーカー(Stalker) ストライカー(Striker) ハンター(Hunter)ルーラー級 - 26隻 ※ 米貸与艦ラヴィジャー(Ravager) トランピッター(Trumpeter) パトローラー(Patroller) パンチャー(Puncher) リーパー(Reaper) サーチャー(Seacher) スリンガー(Slinger) スマイター(Smiter) スピーカー(Speaker) トラッカー (Tracker) トラウンサー (Trouncer) アービター(Arbiter) アミアー(Ameer) アシリング(Atheling) ビーガム(Begum) エンペラー(Emperor) エンプレス(Empress) キディーブ(Khedive) ネイバブ(Nabob) プレミアー(Premier) クイーン(Queen) ラージャ(Rajah) ラーニー(Ranee) ルーラー(Ruler) シャー(Shah) セイン(Thane) MACシップ 穀物運搬船型 - 6隻 エンパイア・マッカルパイン(Empire MacAlpine) エンパイア・マッケンドリック(Empire MacKendrick) エンパイア・マッカンドリュー(Empire MacAndrew) エンパイア・マックダーモット(Empire MacDermott) エンパイア・マックラー(Empire MacRae) エンパイア・マッカラン(Empire MacCallun) タンカー型 - 13隻 ラパナ(Rapana) アカヴァス(Acavus) アンシラス(Ancylus) アマストラ(Amastra) アレクシア(Alexia) ミラルダ(Miralda) アドゥラ(Adula) ガディラ(Gadila) マコマ(Macoma) エンパイア・マッケイ(Empire MacKay) エンパイア・マッコール(Empire MacColl) エンパイア・マクマホン(Empire MacMahon) エンパイア・マッケイブ(Empire MacCabe) 水上機母艦 アーク・ロイヤル(Ark Royal) エンガディン(Engadine) リヴィエラ(Riviera) エンプレス(Empress) カンパニア(Campania) レイヴンII(Raven II) アン(Anne) ベン・マイ・クリー(Ben-My-Chree) マンクスマン(Manxman) ヴィンデックス(Vindex) ナイラナ(Nairana) ペガサス(Pegasus) アルバトロス(Albatross) ※ オーストラリア艦 その他 ハバクク - 0隻(計画のみ)※ 計画中止: ハバクク(Habakkuk) 水上戦闘艦 = 巡洋艦 = 草創期の巡洋艦 シャノン - 1隻 ※ 英呼称:装甲巡洋艦シャノン(Shannon)ネルソン級 - 2隻 ※ 英呼称:装甲巡洋艦ネルソン(Nelson) ノーサンプトン(Northampton)インペリューズ級 - 2隻 ※ 英呼称:一等装甲巡洋艦インペリューズ(Imperieuse) ウォースパイト(Warspite)オーランド級 - 7隻 ※ 英呼称:一等装甲巡洋艦オーロラ(Aurora) オーストラリア(Australia) ガラティア(Galatea) イモーテリテ(Immortalite) ナーシサス(Narcissus) オーランド(Orlando) アンドーンテッド(Undaunted)ブレイク級 - 2隻 ※ 英呼称:一等防護巡洋艦ブレイク(Blake) ブレニム(Blenheim)アイリス級 - 2隻 ※ 英呼称:二等防護巡洋艦アイリス(iris) マーキュリー(Mercury)リアンダー級 - 4隻 ※ 英呼称:二等防護巡洋艦アンフィオン(Amphion) アリシューザ(Arethusa) リアンダー(Leander) フェイトン(Phaeton)マージー級 - 4隻 ※ 英呼称:二等防護巡洋艦マージー(Mersey) セヴァーン(Severn) テムズ(Thames) フォース(Forth)ミディア級 - 5隻 ※ 英呼称:三等防護巡洋艦マラソン(Marathon) マジシャン(Magicienne) ミディア(Medea) ミデューサ(Medusa) メルポミニ(Melpomene)サプライズ級 - 2隻 ※ 英呼称:三等防護巡洋艦サプライズ(Surprise) アラクリティ(Alacrity)パラス級 - 9隻 ※ 英呼称:三等防護巡洋艦前期型 →オーストラリアへ カトゥーンバ(Katoomba) ※ 元・『パンドーラ(Pandora)』 ミルデューラ(Mildura) ※ 元・『ピローラス(Pelorus)』 リンガルーマ(Ringarooma) ※ 元・『サイキ(Psyche)』 タウランガ(Tauranga) ※ 元・『フィーニクス(Phoenix)』 ワラルー(Wallaroo) ※ 元・『パーシアン(Persian)』 後期型 パラス(Pallas) パール(Pearl) フィービ(Phoebe) フィラメル(Philomel) 防護巡洋艦 エドガー級 - 9隻 ※ 英呼称:一等防護巡洋艦前期型 エドガー(Edgar) エンディミアン(Endymion) ジブラルタル(Gibraltar) グラフトン(Grafton) ホーク(Hawke) セント・ジョージ(St.George) シシュース(Theseus) 後期型 クレセント(Crecent) ロイアル・アーサー(Royal Arthur) ※ 元・『セントー(Centaur)』パワフル級 - 2隻 ※ 英呼称:一等防護巡洋艦パワフル(Powerful) テリブル(Terrible)ダイアデム級 - 8隻 ※ 英呼称:一等防護巡洋艦前期型 ダイアデム(Diadem) アンドロメダ(Andromeda) ユーローパ(Europa) ナイオビ(Niobe) 後期型 アンフィトライティ(Amphitrite) アーゴノート(Argonaut) アリアドニ(Ariadne) スパーティエイト(Spartiate)アポロ級 - 21隻 ※ 英呼称:二等防護巡洋艦イオーラス(Aeolus)、アンドロマキ(Andromache)、アポロ(Apollo)、ブリリアント(Brilliant)、インデファティガブル(Indefatigable)、イントレピッド(Intrepid)、イフィゲネイア(Iphigenia)、ラトーナ(Latona)、メランパス(Melampus)、ナイアド(Naiad)、ピーク(Pique)、レインボー(Rainbow)、レトリビューション(Retribution)、サフォー(Sappho)、シラ(Scylla)、シリアス(Sirius)、スパータン(Spartan)、シビル(Sybille)、タープシコリ(Terpsichore)、セティス(Thetis)、トリビューン(Tribune)アストリーア級 - 8隻 ※ 英呼称:二等防護巡洋艦アストリーア(Astraea) ボナヴェンチャー(Bonaventure) カンブリアン(Cambrian) カリブディス(Charybdis) フローラ(Flora) フォート(Forte) フォックス(Fox) ハーマイアニ(Hermione)エクリプス級 - 9隻 ※ 英呼称:二等防護巡洋艦ダイアナ(Diana) ダイドー(Dido) ドーリス(Doris) エクリプス(Eclipse) アイシス(Isis) ジュノー(Juno) ミナーヴァ(Minerva) トールポット(Talpot) ヴィーナス(Venus)アラガント級 - 4隻 ※ 英呼称:二等防護巡洋艦アラガント(Arrogant) フューリアス(Furious) グラディエーター(Gladiator) ヴィンディクティブ(Vindictive)ハイフライヤー級 - 5隻 ※ 英呼称:二等防護巡洋艦前期型 ハーミーズ(Hermes) ハイフライヤー(Highflyer) ハイアシンス(Hyacinth) 後期型 チャレンジャー(Challenger) エンカウンター(Encounter)ピローラス級 - 11隻 ※ 英呼称:三等防護巡洋艦パンドーラ(Pandora)、ピローラス(Pelorus)、ペガサス(Pegasus)、パーシュース(Perseus)、パクトーラス(Pactolus)、パイアニア(Pioneer)、パモーナ(Pomone)、プロミテュース(Prometheus)、プロセルピナ(Proserpine)、サイキ(Psyche)、ピラマス(Pyramus)ジェム級 - 4隻 ※ 英呼称:三等防護巡洋艦トパーズ(Topaze) ダイアモンド(Diamond) サファイア(Sapphire) アメシスト(Amethyst) 水雷巡洋艦・水雷砲艦 スカウト級 - 2隻スカウト(Scout) フィアレス(Fearless)アーチャー級 - 8隻アーチャー(Archer) ブリスク(Brisk) コサック(Cossack) モホーク(Mohawk) ポーパス(Porpoise) ラクーン(Racoon) サーペント(Serpent) ターター(Tartar)バラクータ級 - 4隻バラクータ(Barracouta) バロッサ(Barrosa) ブランチ(Blanche) ブロンド(Blonde)バーラム級 - 2隻バーラム(Barham) ペローナ(Bellona) 偵察巡洋艦・通報艦 アドヴェンチャー級 - 2隻アドヴェンチャー(Adventure) ※ 元・『エディストーン(Eddystone)』 アテンティブ(Attentive)フォアワード級 - 2隻フォアサイト(Foresight) フォアワード(Forward)パスファインダー級 - 2隻パスファインダー(Pathfinder) ※ 元・『ファストネット(Fastnet)』 パトロール(Patrol)センティネル級 - 2隻センティネル(Sentinel) スカーミシャー(Skiemisher)ボーデシア級 - 2隻ボーデシア(Boadicea) ベローナ(Bellona)ブロンド級 - 2隻ブロンド(Blonde) ブランチ(Blanche)アクティブ級 - 3隻アクティブ(Active) アンフィオン(Amphion) フィアレス(Fearless) 装甲巡洋艦 クレッシー級 - 6隻アブーキア(Aboukir) バッカント(Bacchante) クレッシー(Cressy) ユーライアラス(Euryalus) ホーグ(Hogue) サトレッジ(Sutlej)ドレイク級 - 4隻ドレイク(Drake) キング・アルフレッド(King Alfred) リヴァイアサン(Leviathan) グッド・ホープ(Good Hope) ※ 元・『アフリカ(Africa)』マンマス級 - 10隻エセックス(Essex)、ケント(Kent)、ベドフォード(Bedford)、マンマス(Monmouth)、ベリック(Berwick)、コーンウォール(Cornwall)、カンバーランド(Cumberland)、ドニゴール(Donegal)、ランカスター(Lancaster)、サフォーク(Suffork)デヴォンシャー級 - 6隻アントリム(Antrim) アーガイル(Argyll) カーナヴォン(Carnarvon) デヴォンシャー(Devonshire) ハンプシャー(Hampshire) ロックスバラ(Roxburgh)デューク・オブ・エジンバラ級 - 2隻デューク・オブ・エジンバラ(Duke of Edinburgh) ブラック・プリンス(Black Prince)ウォーリア級 - 4隻ウォーリア(Warrior) コクラン(Cochrane) ナタル(Natal) アキリーズ(Achilles)マイノーター級 - 3隻マイノーター(Minotaur) シャノン(Shannon) ディフェンス(Defence) 軽巡洋艦 タウン級 - 19隻第1グループ ブリストル(Bristol) グラスゴー(Glasgow) グロスター(Gloucester) リヴァプール(Liverpool) ニューキャッスル(Newcastle) 第2グループ ダートマス(Dartmouth) ファルマス(Falmouth) ウエイマス(Weymouth) ヤーマス(Yarmouth) 第3グループ チャタム(Chatham) ダブリン(Dublin) サウサンプトン(Southampton) シドニー(Sydney) メルボルン(Melbourne) ブリズベーン(Brisbane) 第4グループ バーミンガム(Birmingham) ローストフト(Lowestoft) ノッティンガム(Nottingham) アデレード(Adelaide)バーケンヘッド級 - 2隻 ※ 旧・希巡洋艦バーケンヘッド(Birkenhead) ※ 旧・『アンテネヴァオス・コントリオティス(Antinavarhos Kontouriotis)』 チェスター(Chester) ※ 旧・『ランブロス・カタソニス(Lambros Katsonis)』アリシューザ級 - 8隻アリシューザ(Arethusa) オーロラ(Aurora) ガラティア(Galatea) インコンスタント(Inconstant) ピネラピ(Penelope) フェイトン(Phaeton) ロイアリスト(Royalist) アンドーンテッド(Undaunted)C級 - 28隻第1グループ カロライン(Caroline)、カリスフォート(Carysfort)、クレオパトラ(Cleopatra)、コーマス(Comus)、コンケスト(Conquest)、コーデリア(Cordelia) 第2グループ カライアピ(Calliope)、チャンピオン(Champion) 第3グループ カンブリアン(Cambrian)、カンタベリー(Canterbury)、カースター(Castor)、コンスタンス(Constance) 第4グループ セントー(Centaur)、コンコード(Concord) 第5グループ カレドン(Caledon)、カリプソ(Calypso)、カリドク(Caradoc)、カサンドラ(Cassandra) 第6グループ シアリーズ(Ceres)、キュラソー(Curacoa)、カーリュー(Curlew) カーディフ(Cardiff) ※ 元・『キャプリス(Caprice)』 コヴェントリ(Coventry) ※ 元・『コルセーア(Corsair)』 第7グループ ケープタウン(Capetown)、コロンボ(Colombo)、カルカッタ(Calcoutta)、カイロ(Cairo) カーライル(Carlisle) ※ 元・『カーンプル(Cawnpore)』D級 - 12隻第1グループ ダナイー(Danae)、ドーントレス(Dauntless)、ドラゴン(Dragon) 第2グループ デリー(Delhi)、ダニーディン(Dunedin)、ダーバン(Durban) 第3グループ ディスパッチ(Despatch)、ダイアミード(Diomede)、ディーダラス(Deadalus)、デアリング(Daring)、デスペレート(Desperate)、ドライアド(Dryad)E級 - 3隻エメラルド(Emerald) エンタープライズ(Enterprise) ユーフレイティーズ(Euphrates)カヴェンディッシュ級 - 4隻(1隻種別変更)ホーキンズ(Hawkins) ローリー(Raleigh) フロビッシャー(Hrobisher) エッフィンガム(Effingham) ※ 種別変更: カヴェンディッシュ(Cavendish) →空母へ1918年案A型 - 0隻(構想のみ) 1918年案B型 - 0隻(構想のみ)リアンダー級 - 5隻リアンダー(Leander) アキリーズ(Achilles) オライオン(Orion) ネプチューン(Neptune) エイジャクス(Ajax)パース級 - 3隻アンフィオン(Amphion) アポロ(Apollo) フェートン(Phaeton) →オーストラリアへアリシューザ級 - 4隻アリシューザ(Arethusa) ガラティア(Galatea) ピネラピ(Penelope) オーロラ(Aurora)タウン級 (2代目) - 10隻第1グループ サウサンプトン(Southampton)、ニューキャッスル(Newcastle)、バーミンガム(Birmingham)、グラスゴー(Glasgow)、シェフィールド(Sheffield) 第2グループ グロスター(Gloucester)、リヴァプール(Liverpool)、マンチェスター(Manchester) 第3グループ エジンバラ(Edinburgh)、ベルファスト(Belfast)ダイドー級 - 16隻第1グループ ダイドー(Dido)、ユーライアラス(Euryalus)、ナイアド(Naiad)、フィービ(Phoebe)、シリアス(Sirius)、ボナヴェンチャー(Bonaventure)、ハーマイアニ(Hermione)、カリブディス(Charybdis)、クレオパトラ(Cleopatra)、シラ(Scylla)、アーゴノート(Argonaut) 第2グループ ベローナ(Bellona)、ブラック・プリンス(Black Prince)、ダイアデム(Diadem)、ロイアリスト(Royalist)、スパータン(Spartan)コロニー級 - 11隻第1グループ フィジー(Fiji)、ケニア(Kenya)、モーリシャス(Mauritius)、ナイジェリア(Nigeria)、トリニダード(Trinidad)、ガビア(Gambia)、ジャマイカ(Jamaica)、バーミューダ(Bermuda) 第2グループ セイロン(Ceylon)、ウガンダ(Uganda)、ニュー・ファンドランド(New Foundland)スウィフトシュア級 - 3隻(3隻設計変更、1隻建造中止、1隻計画中止)第1グループ スウィフトシュア(Swiftsure) マイノーター(Minotaur) →カナダへ 第2グループ シュパーブ(Superb) ※ 設計変更: ベレロフォン(Bellerophon)、ディフェンス(Defence)、タイガー(Tiger) →タイガー級へ ※ 建造中止: ホーク(Hawk) ※ 計画中止: ベレロフォン(Bellerophon) ※ 元・『ブレイク(Blake)』、更に『タイガー(Tiger)』タイガー級 - 3隻タイガー(Tiger) ※ 旧・『ベレロフォン(Bellerophon)』 ライオン(Lion) ※ 旧・『ディフェンス(Defencce)』 ブレイク(Blake) ※ 旧・『タイガー(Tiger)』ネプチューン級 - 0隻(1隻建造中止、1隻計画中止)※ 建造中止: ホーク(Hawk) ※ 計画中止: ネプチューン(Neptune)マイノトー級 - 0隻(4隻計画中止)※ 計画中止: マイノトー(Minotaur) センチュリオン(Zenturion) エドガー(Edger) マーズ(Mars)1960年案(大型) - 0隻(構想のみ) 1960年案(中型) - 0隻(構想のみ) 1960年案(小型) - 0隻(構想のみ) 大型軽巡洋艦 カレイジャス級 - 2隻 →空母へカレイジャス(Courageous) グローリアス(Glorious)フューリアス - 1隻 →空母へフューリアス(Furious) 重巡洋艦 カヴェンディッシュ級 - 5隻 ※ 元・軽巡洋艦、ホーキンズ(Hawkins) ローリー(Raleigh) フロビッシャー(Hrobisher) エッフィンガム(Effingham) ヴィンディクティヴ(Vindictive) ※ 元・空母カウンティ級 - 13隻ケント級 ケント(Kent) ベリック(Berwick) コーンウォール(Cornwall) カンバーランド(Cumberland) サフォーク(Suffolk)、 オーストラリア(Australia) キャンベラ(Canberra) →オーストラリアへ ロンドン級 ロンドン(London) デヴォンシャー(Devonshire) サセックス(Sussex) シュロップシャー(Shropshire) ノーフォーク級 ノーフォーク(Norfolk) ドーセットシャー(Dorsetshire)ヨーク級 - 2隻ヨーク(York) エクセター(Exeter)サリー級 - 0隻(2隻計画中止)※ 計画中止: サリー(Surrey) ノーサンバーランド(Northumberland)1940年案 - 0隻(4隻計画中止) ミサイル巡洋艦 1960年案(ミサイル巡洋艦型) - 0隻(構想のみ) 敷設巡洋艦 アドヴェンチャー - 1隻アドヴェンチャー(Adventure)アブディール級 - 6隻前期型 アブディール(Abdiel) ラトーナ(Latona) マンクスマン(Manxman) ウェルシュマン(Welshman) 後期型 アリアドニ(Ariadne) アポロ(Apollo) = 駆逐艦 = WW I以前の駆逐艦 A級 - 42隻1本煙突型 フェーヴェント(Fervent)、ゼファー(Zephyr) 2本煙突型 ハヴォック(Havock)、ホーネット(Hornet)、デアリング(Daring)、デコイ(Decoy)、アーデント(Ardent)、ボクサー(Boxer)、ブルーザー(Bruiser)、ハンディ(Handy)、ハート(Hart)、ハンター(Hunter) 3本煙突型 チャージャー(Charger)、ダッシャー(Dasher)、ヘイスティ(Hasty)、ハーディ(Hardy)、フォーティ(Haughty)、ジェイナス(Janus)、ライトニング(Lightning)、ポークパイン(Porcupine)、コンフリクト(Conflict)、ティーザー(Teazer)、ウィザード(Wizard)、オポサム(Opossum)、レンジャー(Ranger)、サンフィッシュ(Sunfish)、ロケット(Rocket)、シャーク(Shark)、サーリー(Surly)、スケイト(Skate)、スターフィッシュ(Starfish)、スタージョン(Sturgeon)、スピットファイヤ(Spitfire)、ソードフィッシュ(Swordfish)、ゼブラ(Zebra) 4本煙突型 フェリト(Ferret)、リンクス(Lynx)、バンシー(Banshee)、コンテスト(Contest)、ドラゴン(Dragon)、サーモン(Salmon)、スナッパー(Snapper)旧・清『海龍』級 - 1隻タークー(Taku) ※ 旧・『海龍(Hai Lung)』B級 - 24隻クエィル(Quail)、スパローホーク(Sparrowhawk)、スラッシャー(Thrasher)、ヴィラーゴ(Virago)、アーニスト(Earnest)、グリフォン(Griffon)、ローカスト(Locust)、パンサー(Panther)、シール(Seal)、ウルフ(Wolf)、オーウェル(Orwell)、ライブリー(Lively)、スプライトリィ(Sprightly)、エクスプレス(Express)、ペテレル(Peterel)、スパイトフル(Spiteful)、ミュルミドン(Myrmidon)、サイレン(Syren)、アルバコア(Albacore)、ボニット(Bonetta)、カンガルー(Kangaroo)、コブラ(Cobra)、サクセス(Success)、アラブ(Arab)C級 - 40隻エーヴォン(Avon)、ビターン(Bittern)、オッター(Otter)、レパード(Leopard)、ヴィクセン(Vixen)、ブレイズン(Brazen)、イレクトラ(Electra)、リクルート(Recruit)、ヴァルチャー(Vulture)、ケストレル(Kestrel)、ヴァイオレット(Violet)、シルヴィア(Sylvia)、リー(Lee)、マーメイド(Mermaid)、チアフル(Cheerful)、ヴァイパー(Viper)、グレイハウンド(Greyhound)、レースホース(Racehorce)、ローバック(Roebuck)、オスプリィ(Osprey)、フェアリィ(Fairy)、ジプシー(Gipsy)、リーウェン(Leven)、オストリッチ(Ostrich)、ファルコン(Falcon)、ダブ(Dove)、ブルフィンチ(Bullfinch)、スター(Star)、ホワイティング(Whiting)、バット(Bat)、クレイン(Crane)、シャモス(Shamois)、フライング・フィッシュ(Flying Fish)、フォーン(Fown)、フラート(Flirt)、ヴェロックス(Velox)、ソーン(Thorn)、タイガー(Tiger)、ヴィジラント(Vigilant)、アルバトロス(Albatross)D級 - 10隻デスペレート(Desperate)、フェイム(Fame)、フォーム(Foam)、マラード(Mallard)、アングラー(Angler)、エアリアル(Ariel)、コケット(Coquette)、シンシア(Cynthia)、シグニット(Cygnet)、スタッグ(Stag)E級 - 36隻2本煙突型 ダーウェント(Derwent)、エディン(Eden)、ウェイブニィ(Waveney)、ボーイン(Boyne)、デューン(Doon)、ケイル(Kale)、フォイル(Foyle)、イッチン(Itchen)、アラン(Arun)、ブラックウォーター(Blackwater)、リィフィ(Liffey)、モーイ(Moy)、ウーズ(Ouse)、ストアー(Stour)、テスト(Test)、ケニット(Kennet)、ジェド(Jed)、チェルマー(Chelmer)、コーン(Colne)、ネス(Ness)、ニス(Nith)4本煙突型 アーン(Erne)、エトリック(Ettrick)、エクス(Exe)、チャーウェル(Cherwell)、ディー(Dee)、スエール(Swale)、ユーア(Ure)、ウィア(Wear)、ロザー(Rother)、リブル(Ribble)、テヴィオット(Teviot)、アスク(Usk)、ウェランド(Welland)、ガーラ(Gala)、ガリィ(Garry)F級 - 12隻3本煙突型 アフリディ(Afridi)、コサック(Cossack)、クルーセイダー(Crusader)、マオリ(Maori)、ヌビアン(Nubian)、ズールー(Zulu)4本煙突型 ガーカ(Ghurka)、モホーク(Mohawk)、サラセン(Saracen)、ターター(Tartar)、アマゾン(Amazon)6本煙突型 ヴァイキング(Viking)スウィフト - 1隻スウィフト(Swift)G級 - 16隻ビーグル(Beagle)、ブルドッグ(Bulldog)、フォックスハウンド(Foxhound)、ピンチャー(Pincher)、グラスホッパー(Grasshopper)、モスキート(Mosquito)、スコーピオン(Scorpion)、スカージ(Scourge)、ラクーン(Racoon)、レナード(Renard)、ウルヴァリン(Wolverine)、ラタルスネーク(Rattlesnake)、サヴィージ(Savage)、バシリスク(Basilisk)、ハーピー(Harpy)、 グランパス(Grampus) ※ 元の名前は『ノーチラス(Nautilus) 』H級 - 20隻エイコーン(Acorn)、アラーム(Alarm)、ブリスク(Brisk)、シェルドレイク(Sheldrake)、スターンチ(Staunch)、カミーリアン(Chameleon)、コミット(Comet)、ゴールドフィンチ(Goldfinch)、ニリーデ(Nereide)、ニンフ(Nymphe)、フュリー(Fury)、ホープ(Hope)、ラーン(Larne)、ライラ(Lyla)、マーティン(Martin)、レッドポール(Redpole)、ライフルマン(Rifleman)、ルビー(Ruby)、 ネミシス(Nemesis) ※ 後に日・『橄欖』 ミンストラル(Minstrel) ※ 後に日・『栴檀』I級 - 23隻アドミラルティ型 ゴスホーク(Gashawk)、ハインド(Hind)、ホーネット(Hornet)、ハイドラ(Hydra)、ディフェンダー(Defender)、ドルイド(Druid)、サンドフライ(Sandfly)、ジャッカル(Jackal)、タイグリス(Tigress)、ラプウィング(Lapwing)、リザード(Lizard)、フィニックス(Phoenix)、フェリト(Ferret)、フォリスター(Forester) ヤーロー特型 アーチャー(Archer)、アタック(Attack) ソーニクロフト特型 アケロン(Acheron)、エイリアル(Ariel) パーソンズ特型 バッジャー(Badger)、ビーヴァー(Beaver) ファイアドレーク特型 ファイアドレーク(Firedrake)、ラーチャー(Lurcher)、オーク(Oak)K級 - 20隻アドミラルティ型(3本煙突型) アカスタ(Acasta)、アケイテズ(Achates)、アンバスケイド(Ambuscade)、クリストファー(Christopher)、コカトリス(Cockatrice)、コンテスト(Contest)、シャーク(Shark)、スパローホーク(Sparrowhawk)、スピットファイヤ(Spitfire)、リンクス(Lynx)、ミッジ(Midge)、アウル(Qwl)ソーニクロフト特型(3本煙突型) ハーディ(Hardy) パラゴン(Paragon) ポーパス(Porpoise) ユニティ(Unity) ヴィクター(Victor) デニー特型(2本煙突型) アーデント(Ardent) フェアフィールド特型(3本煙突型) フォーチューン(Fortune) パーソンズ特型(3本煙突型) ガーランド(Garland)L級 - 22隻アドミラルティ型(3本煙突型) ルーエリン(Llewellyn)、レノックス(Lennox)、ロイアル(Loyal)、リジョン(Legion)、ラフォーレイ(Raforey)、ローフォード(Lawford)、ルイス(Louis)、リダード(Lydiard)、レアルテズ(Laertes)、ライサンダー(Lysander)、ランス(Lance)、ルックアウト(Lookout) アドミラルティ後期型(2本煙突型) ロッキンバー(Lochinvar)、ラソー(Lassoo) ホワイト特型(2本煙突型) ローレル(Laurel)、リバティ(Liberty) ヤーロー特型(2本煙突型) ラーク(Lark)、ランドレイル(Landrail)、ラブロック(Laverock)、リニット(Linnet) パーソンズ特型(3本煙突型) リオニダス(Leonidas)、ルシファー(Lucifer) WW I時の駆逐艦 アルノ - 1隻 ※ 旧・葡駆逐艦アルノ(Arno) ※ 旧・『リズ(Liz)』アドミラルティM級 - 85隻前期型 ミルン(Milne)、ムーアサム(Moorsom)、モーリス(Morris)、マッチリス(Matcless)、マリー(Murray)、ミングス(Myngs) 後期型 モンス(Mons)、マーン(Marne)、マミルーク(Mameluke)、オソーリィ(Ossory)、ネピア(Napier)、ナーボロー(Narborough)、ペン(Penn)、ペリグリン(Peregrine)、ミスティック(Mystic)、ミーナド(Maenad)、マーヴェル(Marvel)、ナーワル(Narwhal)、ニケーター(Nicator)、ピタード(Petard)、ペイトン(Peyton)、マンナーズ(Manners)、マンデート(Mandate)、ミスチーフ(Mischief)、マインドフル(Mindful)、オンスロート(Onslaught)、オンズロー(Onslow)、オブザーヴァー(Observer)、オファ(Offa)、オーケイディア(Orcadia)、オリアナ(Oriana)、フェズント(Pheasant)、フィービ(Phoebe)、ピジョン(Pigeon)、プラヴァー(Plover)、マジック(Magic)、モーズビー(Moresby)、メディナ(Medina)、メドウェイ(Medway)、マーミオン(Marmion)、マーシャル(Martial)、マリー・ローズ(Mary Rose)、メナス(Menace)、ネッソス(Nessus)、ネスター(Nestor)、パートリッジ(Partridge)、パスリィ(Pasley)、マイケル(Michael)、ミルブルーク(Milbrook)、ミニアン(Minion)、マンスター(Munster)、ネピーン(Nepean)、ニレウス(Nereus)、ノンサッチ(Nonsuch)、ノーマン(Norman)、ノーシェスク(Northesk)、ノース・スター(North Star)、ヌージェント(Nugent)、ネグロ(Negro)、オリオール(Oriole)、オシリス(Osiris)、ノーブル(Noble)、ニザム(Nizam)、ノーメイド(Nomad)、ナンパリル(Nonpareil)、プリンス(Prince)、ピレディーズ(Pylades)、オビディアント(Obedient)、オブデュリト(Obdurate)、パラディン(Paladin)、パーシアン(Parthian)、プラッキィ(Plucky)、ポーシァ(Portia)、オパール(Opal)、オフィーリア(Ophelia)、オパチューン(Opportune)、オラクル(Oracle)、オレステズ(Orestes)、オーフォード(Orford)、オーフュース(Orpheus)、アクテヴィア(Octavia)、ノースマン(Norseman)、オベロン(Oberon)、ペリカン(Pelican)、ペリュー(Pellew)ホーソンM級 - 2隻マンスフィールド(Mansfield) メントー(Mentor)ヤーローM級 - 10隻前期型 ミランダ(Miranda)、マイノス(Minos)、マンリィ(Manly) 後期型 ムーン(Moon)、モーニング・スター(Morning Star)、マウンジー(Mounsey)、マスケティアー(Musketeer)、ニリッサ(Nerissa)、リレントリス(Relentless)、ライヴァル(Rival)ソーニクロフトM級 - 6隻前期型 マスティフ(Mastiff) ミーティア(Meteor) 後期型 パトリシアン(Patrician) ペイトリアト(Patriot) ラピッド(Rapid) レディ(Ready)タリズマン級 - 4隻 ※ 旧・土駆逐艦タリズマン(Talisman) ターマガント(Termagant) トライデント(Trident) タービュレント(Turbulent)メディア級 - 4隻 ※ 旧・希駆逐艦メディア(Medea) メデューサ(Medusa) メランポス(Melampus) メルポミニ(Melpomene)ブローク級 - 4隻 ※ 旧・智駆逐艦前期型 ブローク(Broke) フォークナー(Faulknor) 後期型 ボータ(Botha) チッペラリィ(Tipperary)マークスマン級 - 7隻ケンペンフェルト(Kempenfelt)、アブディアル(Abdiel)、ガブリアル(Gabriel)、イシュリエル(Ithuriel)、ライトフット(Lightfoot)、マークスマン(Marksman)、ニムロッド(Nimrod)アンザック級 - 6隻グレンヴィル(Grenville)、パーカー(Parker)、ホスト(Hoste)、ソーマレズ(Saumarez)、セイモアー(Seymour)、アンザック(Anzac)アドミラルティR級 - 39隻ラドストック(Radstock)、レイダー(Raider)、ソーセレス(Sorceress)、トレント(Torrent)、トリッド(Torrid)、ラマラ(Romola)、ローナ(Rowena)、レストリス(Restless)、リガラス(Rigorous)、シムーン(Simoon)、スケイト(Skate)、ターポン(Tarpon)、チレマカス(Telemachus)、ロケット(Rocket)、ロブ・ロイ(Rob Roy)、レッドガントリット(Redgauntlet)、レダウト(Redoubt)、リクルート(Recruit)、スタージョン(Sturgeon)、セプター(Sceptre)、ターメンター(Tormentor)、トルネイド(Tornado)、サーモン(Salmon)、シルフ(Sylph)、スキルフル(Skilful)、スプリングボック(Springbok)、ティトラーク(Tetrach)、テネセス(Tenacious)、サーピドン(Sarpedon)、スターフィッシュ(Starfish)、ストーク(Stork)、シズピ(Thisbe)、スラスター(Thruster)、セイブル(Sable)、セッター(Setter)、セイター(Satyr)、シャープシューター(Sharpshooter)、タンクレッド(Tancred)、テンペスト(Tempest)ヤーロー後期M級 - 7隻サブリーナ(Sabrina)、ストロングボウ(Strongbow)、サープライズ(Surprise)、シビル(Sybille)、トラックレント(Truculent)、タイラント(Tyrant)、アリスウォータ(Ulleswater)ソーニクロフトR級 - 5隻前期型 ロザリンド(Rosalind)、レディアント(Radiant)、リトリーヴァー(Retriever) 後期型 トーラス(Taurus)、ティーザー(Teazer)アドミラルティ改R級 - 11隻(15隻建造中止)アルスター(Ulster)、アンダイン(Undine)、タワー(Tower)、トレンチャント(Trenchant)、トリストラム(Tristram)、タイレイド(Tirade)、アースラ(Ursula)、ユリシーズ(Ulysses)、アンパイヤ(Umpire)、アーチン(Urchin)、アーサ(Ursa)アドミラルティS級 - 55隻シムーン(Simoon)、シミター(Scimitar)、スコッツマン(Scotsman)、スカウト(Scout)、サイザ(Scythe)、シーベアー(Seabear)、シーファイヤ(Seafire)、サーチャー(Searcher)、シーウルフ(Seawolf)、シャーク(Shark)、スパローホーク(Sparrowhawk)、スプレンディド(Splendid)、スポーティブ(Sportive)、ステュルワート(Stalwart)、ティルベリィ(Tilbury)、ティンタージェル(Tintagel)、セイバー(Sabre)、サラディン(Saladin)、サーダニックス(Sardonyx)、シーク(Sikh)、サーダー(Sirdar)、ソンム(Somme)、スピアー(Spear)、スピンドリフト(Spindrift)、サクセス(Success)、シャムラック(Shamrock)、シカリ(Shikari)、セナター(Senator)、シポイ(Sepoy)、セラフ(Seraph)、シレイピス(Serapis)、シリーン(Serene)、セサミ(Sesame)、スワロー(Swallow)、ソーズマン(Swordsman)、ストレナウス(Strenuous)、ストロングホールド(Stronghold)、スターディ(Sturdy)、ステッドファスト(Steadfast)、スティーリング(Sterling)、ストーンヘンジ(Stonehenge)、ストームクラウド(Stormcloud)、トリビューン(Tribune)、トリニダッド(Trinidad)、タクティシアン(Tactician)、タラ(Tara)、タスマニア(Tasmania)、タツー(Tattoo)、トロウジャン(Trojan)、トルーアント(Truant)、トラスティ(Trusty)、タービュレント(Turbulent)、テネドス(Tenedos)、サニット(Thanet)、スレイシアン(Thracian)ヤーローS級 - 7隻トーチ(Torch)、トマホーク(Tomahawk)、トライフォン(Tryphon)、チューモルト(Tumult)、トルクォイズ(Turquoise)、タスカン(Tuscan)、タイリアン(Tyrian)ソーニクロフトS級 - 5隻スピーディ(Speedy)、トバゴー(Tobago)、トーベイ(Torbay)、トリアドー(Toreador)、ターマリン(Tourmaline)アドミラルティV級 - 28隻ヴァンパイア(Vampire)、ヴァレンタイン(Valentine)、ヴァルハラ(Valhalla)、ヴァララス(Valorous)、ヴァルキリィ(Valkyrie)、ヴィーメント(Vehement)、ヴェンチュラス(Venturous)、ヴァネッサ(Vanessa)、ヴァニティ(Vanity)、ヴァンキッシャー(Vanquisher)、ヴァノック(Vanoc)、ヴィガ(Vega)、ヴェロックス(Velox)、ヴェンデッタ(Vendetta)、ヴィヌーシア(Venetia)、ヴァーダン(Verdun)、ヴァーサタイル(Versatile)、ヴェルラム(Verulam)、ヴェスパー(Vesper)、ヴィデット(Vidette)、ヴァイアラント(Violent)、ヴィミエラ(Vimiera)、ヴィットリア(Vittoria)、ヴィヴァシアス(Vivacious)、ヴィヴィアン(Vivien)、ヴォアティガーン(Vortigern)、ヴェクティス(Vectis) ヴィミィ(Vimy) ※ 元の名前は『ヴァンクーバー(Vancouver)』アドミラルティW級 - 19隻ウェイクフル(Wakeful)、ワッチマン(Watchman)、ウォルポール(Walpole)、ホイットリィ(Whitley)、ウォーカー(Walker)、ウエストコット(Westcott)、ウォーラス(Walrus)、ウルフハウンド(Wolfhound)、ワーリック(Warwick)、ウェセックス(Wessex)、ヴォイジャー(Voyager)、ホワールウィンド(Whirlwind)、レスラー(Wrestler)、ウィンチェルシー(Winchelsea)、ウィンチェスター(Winchester)、ウェストミンスター(Westminster)、ウィンザー(Windsor)、ライネック(Wryneck)、ウォーターヘン(Waterhen)ソーニクロフトV/W級 - 4隻ヴァイスロイ(Viceroy)、ヴァイカウント(Viscount)、ウールジー(Wolsey)、ウールストン(Woolston)ソーニクロフト改W級 - 2隻ウィシャート(Wishart)、ウィッチ(Witch)アドミラルティ改W級 - 14隻ヴァンシッタート(Vansittart)、ヴォランティア(Volunteer)、ヴェノマウス(Venomous)、ヴェリティ(Verity)、ヴェテラン(Veteran)、ワンダラー(Wanderer)、ホワイトホール(Whitehall)、ホワイトセッド(Whitshed)、ワイルド・スワン(Wild Swan)、レン(Wren)、ウィザリントン(Witherington)、ウールヴァリン(Wolverine)、ウースター(Worcester)、ワイヴァーン(Wivern)アドミラルティ大型級 - 8隻スコット(Scott)、ブルース(Bruce)、ダグラス(Douglas)、キャンベル(Campbell)、マルカム(Malcolm)、マッキィ(Mackay)、スチュアート(Stuart)、モントローズ(Montrose)ソーニクロフト型 - 5隻シェークスピア(Shakespeare)、スペンサー(Spenser)、ウォーリス(Wallace)、ケッペル(Keppel)、ブローク(Broke)旧・露『ベスポコイニィ』級 - 1隻デルスキ(Derski) 大戦間の駆逐艦 アマゾン - 1隻アマゾン(Amazon)アンバスケイド - 1隻アンバスケイド(Ambuscade)A級 - 9隻アカスタ(Akasta)、アカテス(Achates)、アケロン(Acheron)、アクティブ(Active)、アンテロープ(Antelope)、アンソニー(Anthony)、アーデント(Ardent)、アロー(Arrow) キース(Keith) ※ 嚮導駆逐艦B級 - 9隻バシリスク(Basilisk)、ビーグル(Beagle)、ブランチ(Blanche)、ボーディシア(Boadicea)、ボリアス(Boreas)、ブレイズン(Brazen)、ブリリアント(Brilliant)、ブルドッグ(Bulldog) ケンペンフェルト(Kempenfelt) ※ 嚮導駆逐艦C級 - 4隻(4隻計画中止)コミット(Comet) クレセント(Crecent) クルーセイダー(Crusader) シグニット(Cygnet)コドリントン - 1隻コドリントン(Codrington)D級 - 9隻デインティ(Dainty)、デアリング(Daring)、デコイ(Decoy)、ディフェンダー(Defender)、ディライト(Delight)、ダイアモンド(Diamond)、ダイアナ(Diana)、ダッチェス(Duchess) ダンカン(Duncan) ※ 嚮導駆逐艦E級 - 9隻エコー(Echo)、エクリプス(Eclipse)、イレクトラ(Electra)、エンカウンター(Encounter)、エスカペイド(Escapade)、エスコート(Escort)、エスク(Esk)、エクスプレス(Express) エクスマス(Exmouth) ※ 嚮導駆逐艦F級 - 9隻フェイム(Fame)、フィアリス(Fearless)、ファイアドレイク(Firedrake)、フォリスター(Forester)、フォアサイト(Foresight)、フォーチュン(Fortune)、フォックスハウンド(Foxhound)、フュリー(Fury) フォークナー(Faulknor) ※ 嚮導駆逐艦G級 - 9隻ギャラント(Gallant)、ガーランド(Garland)、ジプシー(Gipsy)、グローウォーム(Glowworm)、グラフトン(Grafton)、グレネード(Grenade)、グレイハウンド(Greyhound)、グリフィン(Griffin) グレンヴィル(Grenville) ※ 嚮導駆逐艦H級 - 9隻ヘイスティ(Hasty)、ハヴォック(Havock)、ヒアワード(Hereward)、ヒーロー(Hero)、ホスタイル(Hostile)、ホットスパー(Hotspur)、ハンター(Hunter)、ハイペリオン(Hyperion) ハーディー(Hardy) ※ 嚮導駆逐艦I級 - 9隻イカルス(Icarus)、アイレクス(Ilex)、イモージェン(Imogen)、インペリアル(Imperial)、インパルシブ(Impulsive)、イントレピッド(Intrepid)、アイシス(Isis)、アイヴァンホー(Ivanhoe) イングルフィールド(Inglefield) ※ 嚮導駆逐艦トライバル級 - 16隻アフリディ(Afridi)、アシャンティ(Ashanti)、ベドウィン(Bedouin)、コサック(Cossack)、エスキモー(Eskimo)、ガーカ(Gurkha)、マオリ(Maori)、マシオーナ(Mashona)、マタベレ(Matabele)、モホーク(Mohawk)、ヌビアン(Nubian)、パンジャービ(Punjabi)、シーク(Sikh)、ソマリ(Somali)、ターター(Tartar)、ズールー(Zulu)ジャブリン級 - 24隻Jグループ ジャッカル(Jackal)、ジャガー(Jaguar)、ジャヌス(Janus)、ジャブリン(Javelin)、ジャージー(Jersey)、ジュノー(Juno)、ジュピター(Jupiter) ジャーヴィス(Jervis) ※ 嚮導駆逐艦 Kグループ カンダハー(Kandahar)、カシミール(Kashmir)、ケルヴィン(Kelvin)、カルトゥーム(Khartoum)、キンバーリィ(Kimberley)、キングストン(Kingston)、キプリング(Kipling)ケリー(Kelly) ※ 嚮導駆逐艦 Nグループ ノースマン(Norseman)、ネスター(Nestor)、ニザム(Nizam)、ノーブル(Noble)、ネリッサ(Nerissa)、ノンパレル(Nonparell)、ノーマン(Norman) ネピア(Napier) ※ 嚮導駆逐艦L級 - 8隻ガーカ(Gurkha)、ランス(Lance)、リジョン(Legion)、ライトニング(Lightning)、ライブリィ(Lively)、ルックアウト(Lookout)、ロイアル(Loyal) ラフォーレイ(Laforey) ※ 嚮導駆逐艦M級 - 8隻マラータ(Mahratta)、マーン(Marne)、マーティン(Martin)、マッチリス(Matchless)、ミーティア(Meteor)、マスケティーア(Musketeer)、ミュルミドン(Myrmidon) ミルン(Milne) ※ 嚮導駆逐艦 WW II時の駆逐艦 旧・仏『シャカール』級 - 1隻レパード(Leopard)ポーモン級 - 6隻 ※ 旧・仏『ラ・メルポメーヌ』級ブランデルブラス(Brandelbras) ボークレア(Borclier) ラ・コルデリア(La Cordeliere) ラ・フローレ(La Flore) リンコンプライス(L'Incomprise) ラ・メルポーモン(La Melpomonen)旧・仏『シムーン』級 - 2隻ミストレル(Mistral) オーラガン(Ouragan)タウン級 - 50隻 ※ 旧・米『平甲板』型(コールドウェル級 / ウィックス級 / クレムソン級)クレーブン型 リウェス(Lewes)、セント・マリーズ(St.Mary's) IV型 ベルモント(Belmont)、ビヴァリー(Beverley)、ブラッドフォード(Bradford)、ブロードウォーター(Broadwater)、ブロードウェイ(Broadway)、バーンハム(Burnham)、バーウェル(Burwell)、バックストン(Buxton)、キャメロン(Cameron)、チェスターフィールド(Chesterfield)、チャーチル(Churchill)、クレアー(Clare)、ラムゼイ(Ramsey)、リーディング(Reading)、リプレイ(Ripley)、ロッキンガム(Rockingham)、シャーウッド(Sherwood)、スタンレイ(Stanley) V型 コールドウェル(Caldwell)、キャンベルタウン(Campbelltown)、キャッスルトン(Castleton)、チェルシー(Chelsea)、ランカスター(Lancaster)、リーミントン(Leamington)、リンカーン(Lincoln)、マンスフィールド(Mansfield)、モントゴメリー(Montgomery)、リッチモンド(Richmond)、ソールズベリー(Salisbuly)、ウェルズ(Wells) VI型 バス(Bath)、ブライトン(Brighton)、チャールスタウン(Charlestown)、ジョージタウン(Georgetown)、ニューアーク(Newark)、ニューマーケット(Newmarket)、ニューポート(Newport)、ロックスボロー(Roxborough)、セント・アルバンス(St.Albans) VII型 リーズ(Leeds)、ルドロウ(Ludlow)ハント級 - 86隻I型 アサーストン(Atherston)、バークレイ(Berkeley)、キャティストック(Cattistock)、クリーブランド(Cleveland)、コッツウォルド(Cotswold)、コッテスモア(Cottesmore)、エグリントン(Eglinton)、エクスモア(Exmoor)、ファーニー(Fernie)、ガース(Garth)、ハンブルドン(Hambledon)、ホルダーネス(Holderness)、メンディップ(Mendip)、メイネル(Meynell)、ピッチレイ(Pytchley)、クァントック(Quantock)、クォーン(Quorn)、サウスダウン(Southdown)、タインデイル(Tynedale)、ホアッドン(Whaddon) II型 エイヴォンヴェイル(Avonvale)、バッズワース(Badsworth)、ビューフォート(Bearfort)、ビデイル(Bedale)、ビスター(Bicester)、ブラックモア(Blackmore)、ブランクネイ(Blankney)、ブレンカスラ(Blencathra)、ブラハム(Bramham)、ブロックレスビー(Brocklesby)、カルピ(Calpe)、チディングフォルド(Chiddingfold)、コードレイ(Cowdray)、クルーム(Croome)、ダルヴァートン(Dulverton)、エリジェ(Eridge)、エクスモーア(Exmoor)、ファーンデイル(Farndale)、グローブ(Grove)、ヘイスロープ(Heythrop)、ハースレイ(Hursley)、ハーワース(Hurworth)、ラマートン(Lamerton)、ローダーデイル(Lauderdale)、レドバリー(Ledbury)、リデスデイル(Liddesdale)、ミドルトン(Middleton)、オークレイ(Oakley)、テイックハム(Tickham)、パッカリジ(Puckeridge)、シルヴァートン(Silverton)、サウスウォルド(Southwold)、テトコット(Tetcott)、ホィートランド(Wheatland)、ウィルトン(Wilton)、ゼトランド(Zetland) III型 エアデイル(Airdale)、アルブライトン(Albrighton)、アルデンハム(Aldenham)、ベルヴォア(Belvoir)、ブリーン(Blean)、ブリースデイル(Bleasdale)、ボールブローク(Bolebroke)、ボーダー(Border)、キャッテリック(Catterick)、ダーウェント(Derwent)、イーストン(Easton)、エッグスフォード(Eggesford)、エスクデイル(Eskdale)、グライスデイル(Glaisdale)、ゴースランド(Goathland)、ホールドン(Haldon)、ハザリィ(Hatherleigh)、ハイドン(Haydon)、ホールカム(Holcombe)、リンボルン(Limbourne)、メルブリーク(Melbreak)、モドバリー(Modbury)、ペニラン(Penylan)、ロックウッド(Rockwood)、スティーブンストーン(Stevenstone)、タリボント(Talubont)、タナトサイド(Tanatside)、ウェズレイデイル(Wensleydale) IV型 ブレコン(Brecon)、ブリセンデン(Brissenden)H級 - 6隻 ※ 旧・伯駆逐艦ハーヴェスター(Harvester) ハヴェント(Havent) ハブロック(Havelock) ヘスペラス(Hesperus) ハイランダー(Highlander) ハリケーン(Hurricane)I級 - 2隻 ※ 旧・土駆逐艦インコンスタント(Inconstant) ※ 旧・『ムアヴェネト(Muavenet)』 イシュリエル(Ithuriel)O級 - 8隻オブデュリト(Obdurate)、オビディアント(Obedient)、オファ(Offa)、オンスロート(Onslought)、オパチューン(Opportune)、オリビ(Oribi)、オーウェル(Orwell) オンズロー(Onslow) ※ 嚮導駆逐艦P級 - 8隻パラディン(Paladin)、パンサー(Panther)、パートリッジ(Partridge)、パスファインダー(Pathfinder)、ペン(Penn)、ピタード(Petard)、ポークパイン(Porcupine) ペイクンハム(Palenham) ※ 嚮導駆逐艦Q級 - 8隻クォードラント(Quadrant)、クェイル(Quail)、クォリティ(Quality)、クィーンボロ(Queenborough)、クエンティン(Quentin)、キベロン(Quiberon)、クイックマッチ(Quickmatch) クィリアム(Quilliam) ※ 嚮導駆逐艦R級 - 8隻レイスホース(Racehorse)、レイダー(Raider)、ラピッド(Rapid)、リダウト(Redoubt)、リレントリス(Relentless)、ロケット(Rocket)、ローバック(Roebuck) ロザーハム(Rotherham) ※ 嚮導駆逐艦S級 - 8隻サヴィージ(Savage)、スコーピオン(Scorpion)、スカージ(Scourge)、シレイピス(Serapis)、シャーク(Shark)、サクセス(Success)、スウィフト(Swift) ソーマレズ(Saumarez) ※ 嚮導駆逐艦T級 - 8隻ティーザー(Teazer)、テネセス(Tenacious)、ターマガント(Termagant)、タープシコリィ(Terpsichore)、チューモルト(Tumult)、タスカン(Tuscan)、タイリアン(Tyrian) トロウブリッジ(Troubridge) ※ 嚮導駆逐艦U級 - 8隻アルスター(Ulster)、ユリシーズ(Ulysses)、アンダウンテッド(Undaunted)、アンダイン(Undine)、ウラニア(Urania)、アーチン(Urchin)、アーサ(Uesa) グレンヴィル(Grenville) ※ 嚮導駆逐艦V級 - 8隻ヴァレンタイン(Valentine)、ヴィーナス(Venus)、ヴェルラム(Verulam)、ヴィジラント(Vigilant)、ヴィラーゴ(Virago)、ヴィクセン(Vixen)、ヴォレイジ(Volage) ハーディ(Hardy) ※ 嚮導駆逐艦W級 - 8隻ウェイガー(Wager)、ウェイクフル(Wakeful)、ウェセックス(Wessex)、ホエルプ(Whelp)、ホワールウィンド(Whirlwind)、ウィザード(Wizard)、ラングラー(Wrangler) ケンペンフェルト(Kempemfelt) ※ 嚮導駆逐艦Z級 - 8隻ザンビジ(Zambesi)、ゼラス(Zealous)、ゼブラ(Zebra)、ジニス(Zenith)、ゼファー(Zephyr)、ゼスト(Zest)、ゾディアック(Zodiac) ミングス(Myngs) ※ 嚮導駆逐艦C級 - 32隻Caグループ カヴェンディッシュ(Cavendish)、カンブリアン(Cambrian)、カプリス(Caprice)、カロン(Carron)、カリスフォート(Carysfort)、カッサンドラ(Cassandra)、カヴァリア(Cavalier) シーザー(Caeser) ※ 嚮導駆逐艦 Chグループ チャプリット(Chaplet)、チャリティー(Charity)、チェヴィアト(Cheviot)、シェブラン(Chevron)、チャイルダース(Childers)、シバラス(Chivalrous) チェッカーズ(Chequers)、チーフテン(Chieftain) ※ 嚮導駆逐艦 Coグループ カッケード(Cockade)、コミット(Comet)、コーマス(Comus)、コンコード(Concord)、コンソート(Consort)、コンテスト(Contest) コンスタンス(Constance)、コサック(Cossack) ※ 嚮導駆逐艦 Crグループ クリオール(Creole)、クリスピン(Crispin)、クロムウェル(Cromwell)、クラウン(Crown)、クロージャース(Croziers)、クリスタル(Crys
イギリス2000ギニー
『2000ギニー』より : 2000ギニーステークス(Two Thousand Guineas Stakes)とはイギリスのクラシック三冠の第1冠として、ニューマーケット競馬場の芝の直線1マイル(約1609メートル)で行われる競馬のG1競走である。 競走名の由来は第1回の優勝馬の馬主が2000ギニーをもらったからとされる。 出走条件は3歳限定で繁殖能力の選定のために行われるので、騸(せん)馬の出走はできない。 日本では皐月賞のモデルレースとなっている。日本の皐月賞は多くの馬が3月頃の決まったステップレースから挑むのに対し、2000ギニーは年の初戦にされることも多い。2000年以降、ゴーラン(2001年)、ロックオブジブラルタル(2002年)、フットステップスインザサンド(2005年)、ジョージワシントン(2006年)、コックニーレベル(2007年)、ヘンリーザナビゲーター(2008年)、シーザスターズ(2009年)、キャメロット(2012年)、ドーンアプローチ(2013年)の9頭が当年の初戦として臨み勝利している。
イギリスの政治
イギリスの政治(英語:Politics of the United Kingdom)は単一国家と立憲君主制を基本としている。ウエストミンスター・システムとも呼ばれるこの統治形態は、カナダ・インド・オーストラリア・ニュージーランド・シンガポール・ジャマイカなどでも取り入れられている。 憲法は1つの成典にはなっておらず、制定法と判例法及び慣習法など様々な要素を合わせて憲法とみなされている。 国家元首 イギリスの憲法を構成する慣習法(憲法的習律)の一つ「国王は君臨すれども統治せず(The King reigns, but does not govern)」の原則により、国王は実質的な政治権力を保持していない。名目上イギリスの三権(立法権、行政権、司法権)の源とされるのはイギリス国王であるが、実際には議会(立法権)、内閣(行政権)、裁判所(司法権)がそれぞれの統治権力を分け合っている。現在の国王はエリザベス2世である。 本来は庶民院・貴族院の議員かどうかに関わらず、イギリス国民であれば誰でも首相に選べる事になっていたが、近代は、慣習法(憲法的習律)に従い庶民院の第一党の党首を首相に任命する。
イギリスグランプリ
イギリスグランプリ(イギリスGP, British Grand Prix)は、イギリスで行われるモータースポーツのレース。現在はF1のイベントとして開催されている。 1950年、F1世界選手権が初めて開催された際の第1戦がこのイギリスGPであり、F1の中ではもっとも伝統のあるレースのひとつである。 イギリス国内で行われた、イギリスGP以外の名称をもつF1レースも本項目で記述する。 1926年に初開催され、1928年~1947年の中断を経て開催が続けられている。1950年以降は、同年に発足したF1に組み込まれ、F1において同一名称のグランプリが1年も欠かさず開催されているのは、このイギリスGPとイタリアGPのみである。 1950年にF1グランプリの第1戦として初開催された際にはシルバーストン・サーキットで行われた。以降、ブランズハッチなどのサーキットでもイギリスGPは開催されたが、近年はシルバーストンでの開催が続いている。 シルバーストンの施設の老朽化、タバコ広告禁止を含めた金銭的・興行的問題など多数の問題から、2010年はドニントンパーク・サーキットに開催が移ると一旦発表されたが、その後ドニントンパークのサーキット運営会社がコース改修資金の調達に失敗、F1開催が困難な状況となってしまった。
イギリス・グランプリ
『イギリスグランプリ』より : イギリスグランプリ(イギリスGP, British Grand Prix)は、イギリスで行われるモータースポーツのレース。現在はF1のイベントとして開催されている。 1950年、F1世界選手権が初めて開催された際の第1戦がこのイギリスGPであり、F1の中ではもっとも伝統のあるレースのひとつである。 イギリス国内で行われた、イギリスGP以外の名称をもつF1レースも本項目で記述する。 1926年に初開催され、1928年~1947年の中断を経て開催が続けられている。1950年以降は、同年に発足したF1に組み込まれ、F1において同一名称のグランプリが1年も欠かさず開催されているのは、このイギリスGPとイタリアGPのみである。 1950年にF1グランプリの第1戦として初開催された際にはシルバーストン・サーキットで行われた。以降、ブランズハッチなどのサーキットでもイギリスGPは開催されたが、近年はシルバーストンでの開催が続いている。 シルバーストンの施設の老朽化、タバコ広告禁止を含めた金銭的・興行的問題など多数の問題から、2010年はドニントンパーク・サーキットに開催が移ると一旦発表されたが、その後ドニントンパークのサーキット運営会社がコース改修資金の調達に失敗、F1開催が困難な状況となってしまった。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)  



 東アジア  台湾 | 大韓民国 | 中国 | 香港 | マカオ | モンゴル
 南アジア  インド | インドネシア | カンボジア | シンガポール | スリランカ | タイ |
 ネパール | バングラデシュ | パキスタン | フィリピン | ベトナム |
 マレーシア | ミャンマー | ラオス
 中近東  アラブ首長国連邦 | イスラエル | イラク | イラン | サウジアラビア |
 シリア | トルコ | ヨルダン | レバノン
 ヨーロッパ  アイスランド | アイルランド | イギリス | イタリア | ウクライナ |
 ウズベキスタン | エストニア | オーストリア | オランダ | ギリシャ |
 クロアチア | スイス | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア |
 チェコ | デンマーク | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド |
 フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ |
 モナコ | ラトビア | リトアニア | ルーマニア | ルクセンブルク | ロシア
 アフリカ  エジプト | ケニア | ジンバブエ | タンザニア | チュニジア | ボツワナ |
 マダガスカル | 南アフリカ | モーリシャス | モロッコ | リビア
 北アメリカ  アメリカ | カナダ
 中央・南アメリカ  アルゼンチン | エクアドル | キューバ | グアテマラ | ジャマイカ | チリ |
 バハマ | パナマ | ブラジル | ベネズエラ | ペルー | メキシコ
 太平洋地域  北マリアナ諸島 | グアム | ハワイ | ミクロネシア
 オセアニア  オーストラリア | ニューカレドニア | ニュージーランド | バヌアツ |
 パプアニューギニア | パラオ | フィジー諸島 | フランス領ポリネシア |
 マーシャル諸島




▼外国語翻訳・海外通訳 サービス内容一覧
■外国語・多言語翻訳

激安翻訳サービス高品質翻訳サービス専門翻訳サービス一般文書・書類翻訳論文翻訳添付文書翻訳字幕翻訳映像翻訳音声翻訳法律翻訳・法務翻訳・契約書翻訳薬事法や医薬翻訳・医学翻訳技術関連文書翻訳技術マニュアル翻訳コンピュータ・IT技術・情報通信に特化した翻訳契約書翻訳経済翻訳金融翻訳財務翻訳産業翻訳化学技術翻訳土木・建築翻訳産業技術翻訳戸籍謄本翻訳メール文書翻訳英文翻訳英和和英翻訳ハングル翻訳和訳WEBサイト・ホームページ翻訳ネイティブ翻訳文書校正日本語翻訳テキスト翻訳日中翻訳仏語翻訳独語翻訳

■国際ビジネス支援サービス
輸出入代行・通信代行、海外販路獲得サポート海外との連絡代行海外への外注現地通訳サービス海外B2B商取引ポータル・サイト登録申請代行
■海外法人会社設立支援サービス
海外法人会社設立海外独立起業支援海外銀行口座開設(法人口座、個人口座) 国際カードの取得サポート
■海外諸外国の調査サービス

海外の展示会・見本市調査世界各国の情報収集リサーチ海外での市場調査海外企業の信用調査海外での提携先探し海外企業の謄本取得代行(登記簿謄本・商業登記簿・不動産登記簿)


▼外国語翻訳・取り扱い言語一覧
■ヨーロッパ地域の言語
イタリア語翻訳  スペイン語翻訳  フランス語(仏語)翻訳  ポルトガル語翻訳  オランダ語翻訳  ドイツ語(独語翻訳)  ウクライナ語翻訳  エストニア語翻訳  カザフ語翻訳  カタルーニャ語翻訳  ギリシャ語翻訳  クロアチア語翻訳  セルビア語翻訳  チェコ語翻訳  スロベニア語翻訳  デンマーク語翻訳  スウェーデン語翻訳  ノルウェー語翻訳  ハンガリー語翻訳  マジャル語翻訳  ラテン語翻訳  ポーランド語翻訳  ルーマニア語翻訳  フィンランド語翻訳  ブルガリア語翻訳  ロシア語翻訳  アルバニア語翻訳  バスク語翻訳  ベラルーシ語翻訳  ブルターニュ語翻訳  カタロニア語翻訳  チェチェン語翻訳  エスペラント語翻訳  フリースランド語翻訳  ガリシア語翻訳  グルジア語翻訳   アイスランド語翻訳  アイルランド語翻訳  ラトビア語翻訳  リトアニア語翻訳  サルデーニャ語翻訳  スロバキア語翻訳  ウェールズ語翻訳  イディッシュ語翻訳
■アジア地域の言語

中国語(北京語・広東語)翻訳  韓国語(ハングル)翻訳  タイ語翻訳  ベトナム語翻訳  インドネシア語翻訳  カンボジア語翻訳  クメール語翻訳  ジャワ語翻訳  シンハラ語翻訳  ネパール語翻訳  パキスタン語翻訳  ウルドゥー語翻訳  ヒンディー語翻訳 フィリピン語翻訳  タガログ語翻訳  ベンガル語翻訳  マラチヒ語翻訳  マレー語翻訳  ミャンマー語翻訳 モンゴル語翻翻訳訳 ラオス語翻訳  繁体字翻訳  簡体字翻訳  貴州語翻訳  湖南語翻訳  広東語翻訳  四川語翻訳  上海語翻訳  台湾語翻訳 福建語翻訳  北京語翻訳  セブアノ語翻訳  日本語翻訳  マオリ語翻訳  パンジャビ語翻訳  サンスクリット語翻訳  チベット語翻訳  フィリピノ語翻訳  セブ語翻訳  ビサヤ語翻訳  ビサイヤ語翻訳  ピリピノ語翻訳  ヒリガイノン語翻訳

■アフリカ・中東地域の言語
クルド語翻訳  アラビア語翻訳  アシャンテ語翻訳  ウガンダ語翻訳  スワヒリ語翻訳  トルコ語翻訳  ヨルバ語翻訳  バンバラ語翻訳   ヘブライ語翻訳  ペルシア語翻訳  ナイジェリア語翻訳  アフリカーンス語翻訳  ダリ語翻訳  イボ語翻訳  タミル語翻訳
Copyright (C) 2005 - 2017 GLOBAL-EYE All Rights Reserved.


[PR] 激安販促品/デザイン印刷/激安ノベルティ 激安のぼり販売 激安仕入れ/激安問屋/激安海外輸入 カントリー雑貨の通販 雑貨問屋/雑貨卸し
  激安翻訳・格安通訳 ホームページ制作/WEBデザイン作成/システム開発(栃木県小山市) 激安ホームページ制作/激安更新システム付きホームページ作成