デンマーク(ヨーロッパ)言語翻訳 激安翻訳(文書翻訳 論文翻訳 文書校正 テキスト翻訳 音声翻訳 映像翻訳 和訳)|多言語翻訳会社グローバルアイ

翻訳、通訳、海外ビジネス展開支援・コンサルティングのグローバルアイ
翻訳、通訳サービス グローバルアイ トップページ サイトマップリンク
翻訳サービス 国際ビジネス 会社設立支援 海外調査 料金一覧 取り扱い言語 お問い合わせ
ビジネスパートナー登録
対象地域
登録フォーム



お見積もり
>>無料!お見積もりはこちらから。



お問い合わせ
>>お気軽にお問い合わせください。



ビジネスパートナー・提携業者募集
>>弊社と業務提携を結ぶ
業者様を募集しております。


フリーランス翻訳者募集
>>各国の翻訳・通訳スタッフを
募集しております。


多言語ホームページ制作会社募集
>>多言語ホームページ制作
会社を募集しております。


日本進出の海外企業顧問ご紹介
>>日本進出の海外企業の
顧問をご紹介いたします。



.・

世界中にるネットワークで、スピーディーで正確な翻訳が可能!

翻訳、通訳サービスにより、海外進出・展開を狙う企業様を応援いたします。


対象地域


翻訳、通訳、海外ビジネス展開支援のビジネスパートナー・提携業者募集!

グローバルアイでは、以下地域にてビジネスパートナーとなる提携業者を募集しております。
「登録型」となっておりますので、企業や学校、個人からの依頼を受けて、皆様が登録した内容を元に、検索を行い、お仕事をやって頂きます。
仕事は専門分野、住んでいる地域、過去の実勢を総合した上、通常はPCメールにてお知らせ致します。

→登録フォームはこちらから



English
 デンマーク
 オーデンセ、 カンゲルルススアーク、 コペンハーゲン


 Wikipediaデンマーク情報

デンマーク
デンマーク Danmark 国の標語:なし王のモットー: Guds hjælp, Folkets kærlighed, Danmarks styrke(デンマーク語: 神の救い、国民の愛情、デンマークの力) 国歌:麗しき国 デンマークの位置 この表中の各数値は、グリーンランドとフェロー諸島を含んでいない。 デンマーク(デンマーク語: Danmark, 発音 [ˈdænmɑɡ̊] (13px 聞く))は、北ヨーロッパのバルト海と北海に挟まれたユトランド半島と、その周辺の多くの島々からなる立憲君主制国家である。北欧諸国の1つであり、北では海を挟んでスカンディナヴィア諸国、南では陸上でドイツと国境を接する。首都はシェラン島にあるコペンハーゲンである。 自治権を有するグリーンランドとフェロー諸島と共にデンマーク王国を構成している。 国名 デンマーク語による正式名称は、Danmark [ˈdanmɑʀg] (発音をカタカナ書きにすると「ダンマハク」が近い)。
デンマークの歴史
デンマークの歴史(デンマークのれきし)は、先史から現代までのデンマークの歴史を叙述する。 先史時代 北欧石器時代 現在のデンマークには紀元前12000年頃から人が住み続けていると考えられている。デンマーク地方で新石器時代が始まったのは紀元前3000年ごろと考えられており、同じころ、農業が始まったとみられる。紀元前2000年ごろ、単葬墳文化がインド・ヨーロッパ系の人びとの侵入によってもたらされた。 北欧青銅器時代 紀元前1500年ごろ青銅器文化がデンマーク地方に到来したとみられる。 鉄器時代 紀元前500年頃、北欧に鉄器がもたらされた。これ以降を、ケルト鉄器期(前ローマ鉄器期)と称する。この時期に集落の形成が進んだ。紀元前後に入ると、ローマ人との接触がみられた(これよりローマ鉄器期)。北欧とローマ帝国の間では交易も行われ、北欧からは毛皮、琥珀などが輸出され、ローマから祝杯やワインなどが輸入されたと考えられる。
デンマーク王国
『デンマーク』より : デンマーク王国(デンマークおうこく、デンマーク語: Kongeriget Danmark 発音 [ˈkɔŋəʁiːəð ˈdanmɑɡ̊] (13px 聞く)、フェロー語: Kongsríki Danmarkar、グリーンランド語: Kunngeqarfik Danmarki)は、北ヨーロッパに位置するデンマークと、2つの自治構成国(北大西洋のフェロー諸島と北アメリカのグリーンランド)からなる立憲君主制の主権国家である。デンマークは王国内において中心的地位にあり、残りのフェロー諸島とグリーンランドに対して司法権、行政権および立法権を行使する。フェロー諸島自治法によれば、フェロー諸島は王国内における人民の共同体である。グリーンランド自治法は同様の定義を有しないが、その代わり、グリーンランド人民は国際法上の人民であり自己決定権を有するものとしている。 デンマーク王国は権限の一部がデンマークからグリーンランドおよびフェロー諸島に移譲された単一国家である。この非対称的連邦制は「Rigsfællesskabet」と呼ばれる。このような形態を取っているため、デンマークは欧州連合 (EU) の加盟国であるが、グリーンランドおよびフェロー諸島はEU外に留まることを選択している。
デンマークボビンレース
デンマークボビンレースとは、デンマーク王国において独自の発展をし、現代に伝承されているボビンレースのことである。ボビンレースはニードルレースと同様に、ヨーロッパ各国において、お互いに影響を及ぼしあいながら、各地域ごとに独特の発展をした。この項では、デンマーク王国において継承されている独特のボビンレースについて述べる。
ボビンレースは、16世紀初頭にフランドルまたはヴェネツィアを発祥の地として、16世紀半ばにはヨーロッパ各地に広がったレース技法である Anne Kraatz『レース 歴史とデザイン』訳:深井晃子株式会社平凡社、1989年、p.11~p.34 ブリュッセル王立博物館 『ヨーロッパのレース』株式会社学習研究社、1981年、p.130~p.147。デンマークにおいても、初期にはイタリアなどからレースを輸入していた安田三亜子 『DANSK KNIPLING デンマークボビンレースの世界』MIAデンマークボビンレース工房、1992年、p.3~p.4。

デンマーク・クローネ
iso_code DKK
inflation_rate 1.5% (Denmark only)
ERM_since 1979年3月13日
ERM_fixed_rate kr 7.46038
ERM_band 2.25%
subunit_ratio_1 1/100
subunit_name_1 オーレ
symbol kr
plural kroner
plural_subunit_1 øre
used_coins 50 オーレ、 1, 2, 5, 10, 20 クローネ
used_banknotes 50, 100, 200, 500, 1000 クローネ
issuing_authority デンマーク国立銀行
issuing_authority_website www.nationalbanken.dk
footnotes フェロー諸島では別の紙幣が発行されている。フェロー・クローネを参照。
デンマーク・クローネはデンマークの通貨の名称である。
クローネとは王冠を意味する言葉であり、スウェーデン通貨のクローナも同じ意味である。
1クローネは100オーレであり、1クローネの対円レートは概ね20円程度で推移している。ISO 4217 ISO4217でのコードはDKK。内的にはkrと略記される。

デンマーク領西インド諸島
『アメリカ領ヴァージン諸島』より : アメリカ領ヴァージン諸島(アメリカりょうヴァージンしょとう、Virgin Islands of the United States)は、西インド諸島にあるアメリカ合衆国の保護領(自治領)。ヴァージン諸島の西側半分。東側は、イギリス領ヴァージン諸島。「島」と呼ばれるのは40程度あるが、ほとんどが無人島である。人が住み、一般の観光客が訪れるような主要な島は、セント・トーマス島、セント・クロイ島、セント・ジョン島の3島である。首都は、セント・トーマス島のシャーロット・アマリー。 コロンブス以前 石器時代にまでさかのぼれば、おそらくアラワク族の狩猟採集民シボネイ族がいたと考えられている。しかし痕跡は残っていない。 カヌーの制作と船舶の操縦技術に長けたアラワク族は、アマゾン川とオリノコ川の流域から移住し、綿、タバコ、トウモロコシ、キャッサバ、グアバを栽培した。いくつかの洞窟壁画や岩石彫刻が島に残されている。カリブ族が侵入するまで、彼らの文化は数百年続いた。 残忍な食人の評判で知られるカリブ族は、平和に暮らすアラワク族の多数の集落を破壊した。
デンマーク戦争
『シュレースヴィヒ=ホルシュタイン戦争』より : デンマーク戦争(デンマークせんそう) デンマーク・ニーダーザクセン戦争 - 17世紀の30年戦争の一部。 シュレースヴィヒ=ホルシュタイン戦争 - 19世紀に2回あった対プロイセン戦争。
デンマーク海上帝国
デンマーク海上帝国(デンマークかいじょうていこく)は、17世紀以降、デンマーク王国が海外各地に築いた植民地支配及び交易体制を指す。この場合、ヴァイキング時代からの植民地、グリーンランド、アイスランド、フェロー諸島など北極海の植民地は含まない事が多い。またデンマークの場合、領域支配より交易のための海上覇権が中心であったので、オランダやポルトガル同様、「海上帝国」と言う名称が相応しい。 17世紀初頭のクリスチャン4世の時代に、デンマークは本格的に植民地戦争に参入する。1616年に「デンマーク東インド会社」を設立し重商主義を推し進めて、インドへ進出した。しかしデンマークは、イングランド、オランダ、スペインなどの海軍強国の狭間では、その海軍力を誇示する事が出来ず、北欧最大の海洋国家も、大航海時代においては、覇権を得ることは不可能に近かった。とはいえ、イギリス、オランダなどの海軍強国との友好関係は、デンマークの海運帝国の維持に役立ったと言える。同時期にスウェーデンが、海上帝国の建設に失敗した事を挙げれば、西欧との友好関係が、いかに外海に閉ざされた北欧に影響を与えたかは明白である。
デンマーク=ノルウェー
デンマーク=ノルウェー Danmark–Norge デンマーク=ノルウェーの位置1780年の領土 デンマーク=ノルウェーは、デンマークとノルウェーを中心に構成されていた同君連合。カルマル連合が1523年6月6日にスウェーデンの最終的な離脱宣言で崩壊して以後、特にノルウェー王国参事会が廃止された1537年以後の呼称である。デンマークにはスレースヴィ・ホルステン両公国も属していたが、それらは独自の行政単位であった。したがって、デンマーク・ノルウェー間での連合の解消は両公国との関係には影響せず、1864年まで同君連合を構成し続けた。 1814年1月14日、キール条約によってノルウェーはスウェーデンへ割譲されることとなった。ノルウェーにおいてはクリスチャン・フレゼリク王子が国王に選出され、エイツヴォル議会は憲法を採択した。しかし、ノルウェーの独立は国際的承認を受けられなかった。モス協定でスウェーデンはノルウェー憲法を承認し、ノルウェーは内政に関して高度の自治を獲得することとなった(スウェーデン=ノルウェー)。
デンマーク君主一覧
デンマークの歴代君主。括弧内は、デンマーク王としての在位年を示す。 デンマークの君主制の歴史は深く、日本に次いで世界で2番目に古い君主国ともいわれている。 デンマークの歴代君主 6世紀の君主 フグレイク(Hugleik)(515年ごろ) 8世紀から10世紀の君主 アンガンチュール(Angantyr)(710年ごろ) シーフレズ(Sigfred)(780年 - 790年) ゴズフレズ(Gudfred)(804年 - 810年) ヘミング(Hemming)(810年 - 811年/812年) シグルズ・リングとアヌロ(812年) ハーラル・クラーク(Harald Klak)とその弟ラグンフリズ(Ragnfrid)とヘミング・ハルフダンソン(Hemming Halfdansson)(812年 - 813年) ゴズフレズ(Gudfred)の息子たち(814年 - 820年代) ホリック1世(Horik I)(814年/827年 - 854年) ホリック2世(エリク・バルン)(Horik II)(850年 - 860年) 9世紀後半の王(780年 - 790年) バグセッジ(Bagsecg)(860年 - 871年) ハルフダン(Halfdan)(871年 - 877年) シーフレズ(Sigfred)(873年 - 891年) ゴズフレズ(Gudfred)(880年代) ハルガ(Halga)(890年代) 10世紀初頭のスウェーデン人王朝 オーロフ(Oluf) グヌパ(Gnupa) シーツルグ(Sigtrygg) ハーデクヌーズ1世(Hardeknud I)(936年-940年) ゴーム・デン・ガムレ家 金髪王朝 エストリズセン朝 ポンメルン朝 パラティナーテ・ノイマルクト朝 オレンボー朝(オルデンブルク朝) グリュクスボー朝 (グリュックスブルク朝) 脚註 関連項目 デンマークの歴史 デンマーク王国 ノルウェー君主一覧 スウェーデン君主一覧 シュレースヴィヒとホルシュタインの統治者一覧 デンマーク王位継承順位。
デンマーク国王
『デンマーク君主一覧』より : デンマークの歴代君主。括弧内は、デンマーク王としての在位年を示す。 デンマークの君主制の歴史は深く、日本に次いで世界で2番目に古い君主国ともいわれている。 デンマークの歴代君主 6世紀の君主 フグレイク(Hugleik)(515年ごろ) 8世紀から10世紀の君主 アンガンチュール(Angantyr)(710年ごろ) シーフレズ(Sigfred)(780年 - 790年) ゴズフレズ(Gudfred)(804年 - 810年) ヘミング(Hemming)(810年 - 811年/812年) シグルズ・リングとアヌロ(812年) ハーラル・クラーク(Harald Klak)とその弟ラグンフリズ(Ragnfrid)とヘミング・ハルフダンソン(Hemming Halfdansson)(812年 - 813年) ゴズフレズ(Gudfred)の息子たち(814年 - 820年代) ホリック1世(Horik I)(814年/827年 - 854年) ホリック2世(エリク・バルン)(Horik II)(850年 - 860年) 9世紀後半の王(780年 - 790年) バグセッジ(Bagsecg)(860年 - 871年) ハルフダン(Halfdan)(871年 - 877年) シーフレズ(Sigfred)(873年 - 891年) ゴズフレズ(Gudfred)(880年代) ハルガ(Halga)(890年代) 10世紀初頭のスウェーデン人王朝 オーロフ(Oluf) グヌパ(Gnupa) シーツルグ(Sigtrygg) ハーデクヌーズ1世(Hardeknud I)(936年-940年) ゴーム・デン・ガムレ家 金髪王朝 エストリズセン朝 ポンメルン朝 パラティナーテ・ノイマルクト朝 オレンボー朝(オルデンブルク朝) グリュクスボー朝 (グリュックスブルク朝) 脚註 関連項目 デンマークの歴史 デンマーク王国 ノルウェー君主一覧 スウェーデン君主一覧 シュレースヴィヒとホルシュタインの統治者一覧 デンマーク王位継承順位。
デンマーク王
『デンマーク君主一覧』より : デンマークの歴代君主。括弧内は、デンマーク王としての在位年を示す。 デンマークの君主制の歴史は深く、日本に次いで世界で2番目に古い君主国ともいわれている。 デンマークの歴代君主 6世紀の君主 フグレイク(Hugleik)(515年ごろ) 8世紀から10世紀の君主 アンガンチュール(Angantyr)(710年ごろ) シーフレズ(Sigfred)(780年 - 790年) ゴズフレズ(Gudfred)(804年 - 810年) ヘミング(Hemming)(810年 - 811年/812年) シグルズ・リングとアヌロ(812年) ハーラル・クラーク(Harald Klak)とその弟ラグンフリズ(Ragnfrid)とヘミング・ハルフダンソン(Hemming Halfdansson)(812年 - 813年) ゴズフレズ(Gudfred)の息子たち(814年 - 820年代) ホリック1世(Horik I)(814年/827年 - 854年) ホリック2世(エリク・バルン)(Horik II)(850年 - 860年) 9世紀後半の王(780年 - 790年) バグセッジ(Bagsecg)(860年 - 871年) ハルフダン(Halfdan)(871年 - 877年) シーフレズ(Sigfred)(873年 - 891年) ゴズフレズ(Gudfred)(880年代) ハルガ(Halga)(890年代) 10世紀初頭のスウェーデン人王朝 オーロフ(Oluf) グヌパ(Gnupa) シーツルグ(Sigtrygg) ハーデクヌーズ1世(Hardeknud I)(936年-940年) ゴーム・デン・ガムレ家 金髪王朝 エストリズセン朝 ポンメルン朝 パラティナーテ・ノイマルクト朝 オレンボー朝(オルデンブルク朝) グリュクスボー朝 (グリュックスブルク朝) 脚註 関連項目 デンマークの歴史 デンマーク王国 ノルウェー君主一覧 スウェーデン君主一覧 シュレースヴィヒとホルシュタインの統治者一覧 デンマーク王位継承順位。
デンマーク語
デンマーク語(デンマークご、dansk、dansk sprog)は、デンマーク本土などで話される言語で、デンマーク民族の母語である。 デンマークの自治領であるフェロー諸島とグリーンランドでは、それぞれ西ノルド語のフェロー語、及びエスキモー語であるグリーンランド語が話されているが、デンマーク語も公用語として一般的に通用する。また、ドイツのシュレースヴィヒ地方にはデンマーク語を母語とする「デンマーク少数民族」が約5万人ほど存在しているほか、アイスランドでも外国語として学ばれていることから同国でもデンマーク語が広く通用する。 デンマーク語の系統としてはインド・ヨーロッパ語族(印欧語族)ゲルマン語派のノルド諸語(北ゲルマン語群)東ノルド語に属する。 スウェーデン語との関係 同じく東ノルド語に属する言語にはスウェーデン語がある。スウェーデン南部、デンマークに近いスコーネ地方は、17世紀までデンマーク王国領であったため、デンマーク語に近い方言が話されている。
デンマーク人の一覧
デンマーク人の一覧(デンマークじんのいちらん) ア行 アグナー・アーラン - 数学者 アンヌ・ドゥールト・ミキルセン - シンガーソングライター ビレ・アウグスト - 映画監督 イエスタ・エスピン=アンデルセン - 社会学者 ハンス・クリスチャン・アンデルセン - 文学者 ニールス・イェルネ - 免疫学者、ノーベル生理学・医学賞を受賞 ヨーン・ウツソン - 建築家。シドニーのオペラハウスをデザインした。 クリストファー・エカスベア - 画家 ハンス・クリスチャン・エルステッド - 物理学者・電磁気の発見者 ヤコブ・エレハマー - 発明家 アクセル・オルリック - 民俗学者、神話学者 カ行 セアン・カム - ナチス武装親衛隊SS中尉、騎士鉄十字章受章者 アンナ・カリーナ - 女優 イェスパー・キッド - 作曲家 セーレン・キルケゴール - 哲学者 マルティン・クヌーセン - 海洋学者・物理学者 ソーレン・クラーク=ヤコブセン - 映画監督 トーマス・グラベセン - サッカー選手 オーレ・キアク・クリスチャンセン - レゴグループ創設者 ティム・クリステンセン - ミュージシャン・元ディジー・ミズ・リジーのヴォーカリスト トム・クリステンセン - レーシングドライバー ヘレナ・クリステンセン - スーパーモデル エゴン・クリストフェルセン - ナチス武装親衛隊下士官、騎士鉄十字章受章者 スヴェン・グルントヴィ - 民俗学者。
デンマークの地方行政区画
File:Denmark regions label.svg thumb right 270px デンマークの地域
地域 !! 首都 !! 人口 !! 面積km² !! 人口密度人/km² !! 元の県 (1970-2006)
nowrap="nowrap" デンマーク首都地域 :en:Region Hovedstaden Hovedstaden
ヒレレズ:en:Hillerød Hillerød
コペンハーゲン県、フレデリクスボー県、自治市のコペンハーゲン、フレデリクスベア、ボーンホルム島 ボーンホルム
中央ユラン地域:en:Region Midtjylland Midtjylland
ヴィボー:en:Viborg Viborg
リンケービン県、オーフス県の大部分、ヴィボー県の南部、ヴァイレ県の北部
北ユラン地域:en:Region Nordjylland Nordjylland
オールボー:en:Aalborg Aalborg
ノーユラン県、ヴィボー県の北部、オーフス県の一部
シェラン地域:en:Region Sjælland Sjælland
ソレ :en:Sorø Sorø
ロスキレ県、ストーストレム県、ヴェストシェラン県

デンマーク王室
『グリュックスブルク家』より : グリュックスブルク家(ドイツ語: Haus Glücksburg, デンマーク語: Huset Glücksburg)は、現在のデンマークとノルウェーの王家である。一族からはギリシャの国王も出ている。 概史 グリュックスブルク家はオルデンブルク家(オレンボー家)の流れを汲む。デンマーク王フレゼリク2世の弟ゾンダーブルク(セナーボー)公ヨハン(ハンス)に始まるゾンダーブルク家(セナーボー家)の支流の一つにあたる。ヨハンの七男フィリップが遺領分割によりグリュックスブルク(現在のドイツ連邦共和国シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州シュレースヴィヒ=フレンスブルク郡)を相続したことにより創始された(古グリュックスブルク家)。1779年、フィリップの玄孫フリードリヒ・ハインリヒ・ヴィルヘルムの死によって古グリュックスブルク家は断絶した。 フィリップの甥にあたるベック公アウグスト・フィリップが現在まで続く新グリュックスブルク家の直接の祖であるが、グリュックスブルクを家名に加えたのはグリュックスブルク公位を得たフリードリヒ・ヴィルヘルムの代からである。
デンマークの県
コペンハーゲンとフレデリスクベアは、県とは独立した自治体であった。コペンハーゲン県は、コペンハーゲン都市圏のうちでこの2市以外の自治体から成っていた。
ボーンホルム島は、もともと5つの自治体に分かれ、島全体が1つの県となっていた。2003年に統合されて「ボーンホルム地域自治体」となり、コペンハーゲンやフレデリスクベアと同じような地位となった。
グリーンランドとフェロー諸島もデンマーク領だが、大幅な自治が認められ、自治政府が置かれている。
地域名
原語表記
1 コペンハーゲン コペンハーゲン(ケーベンハウン) København
2 フレデリクスベア Frederiksberg
3 コペンハーゲン県 København
4 フレデリクスボー県 Frederiksborg
5 ロスキレ県 Roskilde

デンマークの国歌
麗しき国(うるわしきくに、デンマーク語:Der er et yndigt land、美しい国とも)は、デンマークの市民用の国歌。Adam Oehlenschläger 作詞、Hans Ernst Krøyer 作曲。 王室用のものについてはデンマークの王室歌「クリスチャン王は高き帆柱の傍に立ちて」を参照。 なお、Hans Ernst Krøyer が作曲した後、ラウプ(Thomas Laub、1852-1926)とカール・ニールセンにより別のメロディーが作曲されたが、これはあまり普及せずに終わった。これはニールセンの作品のFS 110『美しい国』(合唱曲)となっている。 歌の歌詞 各節の三行目と最後の行は繰り返す。 外部リンク デンマーク国歌。
デンマーク国民党
党首は元介護士のピア・クラスゴー(Pia Kjærsgaard)。彼女は現在のデンマーク政界で最も有名な政治家になっている。「ムスリムがヨーロッパに侵入し、ヨーロッパ人の民族浄化を企んでいる」「文明人はヨーロッパ人だけ、他は全て野蛮人」などの奇矯な言説を振りかざし、物議を醸している。
デンマーク国民党が与党に閣外協力して以来、移民・難民の審査は極めて厳しくなり、事実上新規の移民は不可能の状態に近い。また、同党はデンマーク刑法に記載されている「人種差別発言の禁止」条項の廃止も要求している。
2007年11月13日に行われた総選挙で過去最高の25議席を獲得した。また、2009年6月7日の欧州連合議会選挙では議席を倍増させるとともに、デンマークの政党の中で得票率を最も伸ばした政党になった。なお、極右政党では無いとして、欧州議会の院内会派である保守グループに入会を求めたが、保守グループの代表であるイギリスの保守党 (イギリス) 保守党から過激派政党と一緒に仕事はできないと入会を拒絶された。そのため、影響力をあまり行使できない無所属で政治活動をすることを強いられている。

デンマーク空軍
デンマーク空軍(デンマークくうぐん Det danske flyvevåben)はデンマークにおける空軍組織。北大西洋条約機構の一員として国際協力を行うとともにデンマーク領空の防衛を行う。
デンマーク軍が航空機の運用を開始したのは1912年のことである。第二次世界大戦後には、デンマーク陸軍航空隊および海軍航空隊はスーパーマリン スピットファイア スピットファイア戦闘機の運用を行っていた。これらの航空隊は1950年に組織再編により統合され、デンマーク空軍として編制された。
スピットファイアは1956年まで運用され、1960年代からはF-104 (戦闘機) F-104GやF-100 (戦闘機) F-100Fが用いられている。1970年から1992年にかけてサーブ 35 ドラケン F-35 Drakenが用いられ、1980年からは後継としてF-16 (戦闘機) F-16を運用している。なお、2002年にはF-16の後継として、F-35 (戦闘機) F-35の採用を決定している。

(by SimpleAPI:WikipediaAPI)  



 東アジア  台湾 | 大韓民国 | 中国 | 香港 | マカオ | モンゴル
 南アジア  インド | インドネシア | カンボジア | シンガポール | スリランカ | タイ |
 ネパール | バングラデシュ | パキスタン | フィリピン | ベトナム |
 マレーシア | ミャンマー | ラオス
 中近東  アラブ首長国連邦 | イスラエル | イラク | イラン | サウジアラビア |
 シリア | トルコ | ヨルダン | レバノン
 ヨーロッパ  アイスランド | アイルランド | イギリス | イタリア | ウクライナ |
 ウズベキスタン | エストニア | オーストリア | オランダ | ギリシャ |
 クロアチア | スイス | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア |
 チェコ | デンマーク | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド |
 フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ |
 モナコ | ラトビア | リトアニア | ルーマニア | ルクセンブルク | ロシア
 アフリカ  エジプト | ケニア | ジンバブエ | タンザニア | チュニジア | ボツワナ |
 マダガスカル | 南アフリカ | モーリシャス | モロッコ | リビア
 北アメリカ  アメリカ | カナダ
 中央・南アメリカ  アルゼンチン | エクアドル | キューバ | グアテマラ | ジャマイカ | チリ |
 バハマ | パナマ | ブラジル | ベネズエラ | ペルー | メキシコ
 太平洋地域  北マリアナ諸島 | グアム | ハワイ | ミクロネシア
 オセアニア  オーストラリア | ニューカレドニア | ニュージーランド | バヌアツ |
 パプアニューギニア | パラオ | フィジー諸島 | フランス領ポリネシア |
 マーシャル諸島




▼外国語翻訳・海外通訳 サービス内容一覧
■外国語・多言語翻訳

激安翻訳サービス高品質翻訳サービス専門翻訳サービス一般文書・書類翻訳論文翻訳添付文書翻訳字幕翻訳映像翻訳音声翻訳法律翻訳・法務翻訳・契約書翻訳薬事法や医薬翻訳・医学翻訳技術関連文書翻訳技術マニュアル翻訳コンピュータ・IT技術・情報通信に特化した翻訳契約書翻訳経済翻訳金融翻訳財務翻訳産業翻訳化学技術翻訳土木・建築翻訳産業技術翻訳戸籍謄本翻訳メール文書翻訳英文翻訳英和和英翻訳ハングル翻訳和訳WEBサイト・ホームページ翻訳ネイティブ翻訳文書校正日本語翻訳テキスト翻訳日中翻訳仏語翻訳独語翻訳

■国際ビジネス支援サービス
輸出入代行・通信代行、海外販路獲得サポート海外との連絡代行海外への外注現地通訳サービス海外B2B商取引ポータル・サイト登録申請代行
■海外法人会社設立支援サービス
海外法人会社設立海外独立起業支援海外銀行口座開設(法人口座、個人口座) 国際カードの取得サポート
■海外諸外国の調査サービス

海外の展示会・見本市調査世界各国の情報収集リサーチ海外での市場調査海外企業の信用調査海外での提携先探し海外企業の謄本取得代行(登記簿謄本・商業登記簿・不動産登記簿)


▼外国語翻訳・取り扱い言語一覧
■ヨーロッパ地域の言語
イタリア語翻訳  スペイン語翻訳  フランス語(仏語)翻訳  ポルトガル語翻訳  オランダ語翻訳  ドイツ語(独語翻訳)  ウクライナ語翻訳  エストニア語翻訳  カザフ語翻訳  カタルーニャ語翻訳  ギリシャ語翻訳  クロアチア語翻訳  セルビア語翻訳  チェコ語翻訳  スロベニア語翻訳  デンマーク語翻訳  スウェーデン語翻訳  ノルウェー語翻訳  ハンガリー語翻訳  マジャル語翻訳  ラテン語翻訳  ポーランド語翻訳  ルーマニア語翻訳  フィンランド語翻訳  ブルガリア語翻訳  ロシア語翻訳  アルバニア語翻訳  バスク語翻訳  ベラルーシ語翻訳  ブルターニュ語翻訳  カタロニア語翻訳  チェチェン語翻訳  エスペラント語翻訳  フリースランド語翻訳  ガリシア語翻訳  グルジア語翻訳   アイスランド語翻訳  アイルランド語翻訳  ラトビア語翻訳  リトアニア語翻訳  サルデーニャ語翻訳  スロバキア語翻訳  ウェールズ語翻訳  イディッシュ語翻訳
■アジア地域の言語

中国語(北京語・広東語)翻訳  韓国語(ハングル)翻訳  タイ語翻訳  ベトナム語翻訳  インドネシア語翻訳  カンボジア語翻訳  クメール語翻訳  ジャワ語翻訳  シンハラ語翻訳  ネパール語翻訳  パキスタン語翻訳  ウルドゥー語翻訳  ヒンディー語翻訳 フィリピン語翻訳  タガログ語翻訳  ベンガル語翻訳  マラチヒ語翻訳  マレー語翻訳  ミャンマー語翻訳 モンゴル語翻翻訳訳 ラオス語翻訳  繁体字翻訳  簡体字翻訳  貴州語翻訳  湖南語翻訳  広東語翻訳  四川語翻訳  上海語翻訳  台湾語翻訳 福建語翻訳  北京語翻訳  セブアノ語翻訳  日本語翻訳  マオリ語翻訳  パンジャビ語翻訳  サンスクリット語翻訳  チベット語翻訳  フィリピノ語翻訳  セブ語翻訳  ビサヤ語翻訳  ビサイヤ語翻訳  ピリピノ語翻訳  ヒリガイノン語翻訳

■アフリカ・中東地域の言語
クルド語翻訳  アラビア語翻訳  アシャンテ語翻訳  ウガンダ語翻訳  スワヒリ語翻訳  トルコ語翻訳  ヨルバ語翻訳  バンバラ語翻訳   ヘブライ語翻訳  ペルシア語翻訳  ナイジェリア語翻訳  アフリカーンス語翻訳  ダリ語翻訳  イボ語翻訳  タミル語翻訳
Copyright (C) 2005 - 2017 GLOBAL-EYE All Rights Reserved.


[PR] 激安販促品/デザイン印刷/激安ノベルティ 激安のぼり販売 激安仕入れ/激安問屋/激安海外輸入 カントリー雑貨の通販 雑貨問屋/雑貨卸し
  激安翻訳・格安通訳 ホームページ制作/WEBデザイン作成/システム開発(栃木県小山市) 激安ホームページ制作/激安更新システム付きホームページ作成