チェコ(ヨーロッパ)言語翻訳 激安翻訳(文書翻訳 論文翻訳 文書校正 テキスト翻訳 音声翻訳 映像翻訳 和訳)|多言語翻訳会社グローバルアイ

翻訳、通訳、海外ビジネス展開支援・コンサルティングのグローバルアイ
翻訳、通訳サービス グローバルアイ トップページ サイトマップリンク
翻訳サービス 国際ビジネス 会社設立支援 海外調査 料金一覧 取り扱い言語 お問い合わせ
ビジネスパートナー登録
対象地域
登録フォーム



お見積もり
>>無料!お見積もりはこちらから。



お問い合わせ
>>お気軽にお問い合わせください。



ビジネスパートナー・提携業者募集
>>弊社と業務提携を結ぶ
業者様を募集しております。


フリーランス翻訳者募集
>>各国の翻訳・通訳スタッフを
募集しております。


多言語ホームページ制作会社募集
>>多言語ホームページ制作
会社を募集しております。


日本進出の海外企業顧問ご紹介
>>日本進出の海外企業の
顧問をご紹介いたします。



.・

世界中にるネットワークで、スピーディーで正確な翻訳が可能!

翻訳、通訳サービスにより、海外進出・展開を狙う企業様を応援いたします。


対象地域


翻訳、通訳、海外ビジネス展開支援のビジネスパートナー・提携業者募集!

グローバルアイでは、以下地域にてビジネスパートナーとなる提携業者を募集しております。
「登録型」となっておりますので、企業や学校、個人からの依頼を受けて、皆様が登録した内容を元に、検索を行い、お仕事をやって頂きます。
仕事は専門分野、住んでいる地域、過去の実勢を総合した上、通常はPCメールにてお知らせ致します。

→登録フォームはこちらから



English
 チェコ
 カルロビ・バリ、 チェスキー・クルムロフ、 チェスケー・ブディヨビツェ、 ブルノ、プラハ、
 ボヘミア


 Wikipediaチェコ情報

チェコ
チェコ共和国 Česká republika 国の標語:Pravda vítězí(チェコ語: 真実は勝つ) 国歌:我が家何処や チェコの位置 註1: 1997年までは、スロバキアと共に42 チェコ共和国(チェコきょうわこく、チェコ語: Česká republika)、通称チェコは、中央ヨーロッパの共和制国家。首都はプラハ。 歴史的には中欧の概念ができた時点から中欧の国であった。ソ連の侵攻後、政治的には東欧に分類されてきた。ヨーロッパ共産圏の消滅後、再び中欧または中東欧に分類されている。国土は東西に細長い六角形をしており、北はポーランド、東はスロバキア、南はオーストリア、西はドイツと国境を接する。 1993年にチェコスロバキアがチェコとスロバキアに分離し成立した。NATO、EU、OECDの加盟国で、中欧4か国からなるヴィシェグラード・グループの一員でもある。 国名 正式名称(チェコ語)は Česká republika [ˈtʃɛskaː ˈrɛpuˌblɪka] (13px 聞く)(チェスカー・レプブリカ:チェコ共和国)。
チェコの音楽
本項では、チェコの音楽(−おんがく)について概説する。 チェコ国家が形成された地域は中欧に位置しており、その歴史を概観すると、政治的には東ローマ帝国、神聖ローマ帝国、ハンガリー、オスマン帝国、ポーランドといった大国が鎬を削り、民族的にはゲルマン系集団、スラヴ系集団、マジャル人に代表される東方由来の遊牧民などが興亡を繰り広げた。さらに宗教的には正教会、カトリック、フス教徒を含むプロテスタントといったキリスト教諸会派が勢力を争い、多重で複雑な経過をたどっている。 このため、その音楽にも多様性が生まれ、アントニン・ドヴォルザーク、レオシュ・ヤナーチェクといったユニークな作曲家を生んだ。 民俗音楽としての系統と特徴 チェコは、ボヘミアとモラヴィアの2つの地域に大別される。両者では、その民俗音楽に大きな特徴がある。チェコの指揮者・作曲家のヤロスラフ・フォーゲルは、その違いを次のように述べている。 フォーゲルはこうした特色を、それぞれの歴史的背景の所産としている。すなわち、ボヘミアと西モラヴィアは、ドイツとオーストリアに三方を囲まれ、14世紀のルクセンブルク王朝時代にフランスやイタリアと文化的交流が盛んに行われたのに対し、モラヴィア東部やスロヴァキアはこの時代に辺境の地であったために、それよりも古い時代、10世紀に栄え東ローマ帝国といった東方諸邦と交流の深かった大モラヴィア王国の時代の音楽を受け継いでいると推測している。
チェコ人の一覧
チェコ人の一覧(チェコじんのいちらん)は、世界的に知られている、有史以来から現代まで現在のチェコ出身の人物、チェコ系の人物、チェコ人のリスト。 前者には、ズデーテン・ドイツ人を初めとしたドイツ人(オーストリア人)、様々なユダヤ系住民(チェコ語を話す住民、ドイツ系・ドイツ語を話す住民(たとえばチェコ語の姓を持ちチェコ語を話す伝統的コミュニティーの出であったが、ドイツ文化に同化していたフランツ・カフカの一族など))、その他全てが含まれている 分野別のチェコ人の一覧も参照。 チェコ人一覧 あ ミハル・アイヴァス - 作家。ロシア系 ジョイ・アダムソン(フリーデリーケ・ヴィクトーリア・ゲスナー) - 博物学者。「野生のエルザ」の著者 レーオポルト・アーダメッツ(レーオポルト・アダメツ) - ブリュン(現在のブルノ)出身の畜産学者 ヨハン・アッカーマン - 作家 アーベルト家 カレル・アンチェルル - 指揮者。
チェコ人一覧
『チェコ人の一覧』より : チェコ人の一覧(チェコじんのいちらん)は、世界的に知られている、有史以来から現代まで現在のチェコ出身の人物、チェコ系の人物、チェコ人のリスト。 前者には、ズデーテン・ドイツ人を初めとしたドイツ人(オーストリア人)、様々なユダヤ系住民(チェコ語を話す住民、ドイツ系・ドイツ語を話す住民(たとえばチェコ語の姓を持ちチェコ語を話す伝統的コミュニティーの出であったが、ドイツ文化に同化していたフランツ・カフカの一族など))、その他全てが含まれている 分野別のチェコ人の一覧も参照。 チェコ人一覧 あ ミハル・アイヴァス - 作家。ロシア系 ジョイ・アダムソン(フリーデリーケ・ヴィクトーリア・ゲスナー) - 博物学者。「野生のエルザ」の著者 レーオポルト・アーダメッツ(レーオポルト・アダメツ) - ブリュン(現在のブルノ)出身の畜産学者 ヨハン・アッカーマン - 作家 アーベルト家 カレル・アンチェルル - 指揮者。
チェコスロヴァキア事件
『プラハの春』より : プラハの春(プラハのはる、チェコ語:Pražské jaro〔プラジュスケー・ヤロ〕、スロバキア語:Pražská jar〔プラジュスカー・ヤル〕)は、1968年に起こったチェコスロバキアの変革運動。 ソビエト連邦軍主導のワルシャワ条約機構軍による軍事介入のみを取り上げた場合はチェコ事件という。 背景 1956年のスターリン批判の衝撃は、ポーランドやハンガリーのように共産党体制の危機を引き起こすほどではなかったにしろチェコスロバキアにも波及し、1960年代に入るとアントニーン・ノヴォトニー(党第一書記兼大統領)の統治体制は揺らぎ始めた。とくに、1950年代に猛威を振るった粛清裁判犠牲者の名誉回復問題、経済成長の鈍化に象徴される計画経済の行き詰まり、スロバキアの自治要求などをめぐって、ノヴォトニーに対する批判が高まっていった。 1967年に入ると、第4回チェコスロバキア作家同盟大会において、パヴェル・コホウト、ミラン・クンデラ、イヴァン・クリーマといった作家たちが党批判を行った。
チェコ事件
『プラハの春』より : プラハの春(プラハのはる、チェコ語:Pražské jaro〔プラジュスケー・ヤロ〕、スロバキア語:Pražská jar〔プラジュスカー・ヤル〕)は、1968年に起こったチェコスロバキアの変革運動。 ソビエト連邦軍主導のワルシャワ条約機構軍による軍事介入のみを取り上げた場合はチェコ事件という。 背景 1956年のスターリン批判の衝撃は、ポーランドやハンガリーのように共産党体制の危機を引き起こすほどではなかったにしろチェコスロバキアにも波及し、1960年代に入るとアントニーン・ノヴォトニー(党第一書記兼大統領)の統治体制は揺らぎ始めた。とくに、1950年代に猛威を振るった粛清裁判犠牲者の名誉回復問題、経済成長の鈍化に象徴される計画経済の行き詰まり、スロバキアの自治要求などをめぐって、ノヴォトニーに対する批判が高まっていった。 1967年に入ると、第4回チェコスロバキア作家同盟大会において、パヴェル・コホウト、ミラン・クンデラ、イヴァン・クリーマといった作家たちが党批判を行った。
チェコ共和国
『チェコ』より : チェコ共和国 Česká republika 国の標語:Pravda vítězí(チェコ語: 真実は勝つ) 国歌:我が家何処や チェコの位置 註1: 1997年までは、スロバキアと共に42 チェコ共和国(チェコきょうわこく、チェコ語: Česká republika)、通称チェコは、中央ヨーロッパの共和制国家。首都はプラハ。 歴史的には中欧の概念ができた時点から中欧の国であった。ソ連の侵攻後、政治的には東欧に分類されてきた。ヨーロッパ共産圏の消滅後、再び中欧または中東欧に分類されている。国土は東西に細長い六角形をしており、北はポーランド、東はスロバキア、南はオーストリア、西はドイツと国境を接する。 1993年にチェコスロバキアがチェコとスロバキアに分離し成立した。NATO、EU、OECDの加盟国で、中欧4か国からなるヴィシェグラード・グループの一員でもある。 国名 正式名称(チェコ語)は Česká republika [ˈtʃɛskaː ˈrɛpuˌblɪka] (13px 聞く)(チェスカー・レプブリカ:チェコ共和国)。
チェコスロバキア共産党
第一次世界大戦後の1918年に独立したチェコスロバキア共和国では、工業地帯である西部のボヘミアなどで社会主義運動が盛んだった。1921年5月16日、チェコスロバキア社会民主党から左派グループが離脱して、チェコスロバキア共産党が成立した。第一次大戦後の独立国としては珍しく議会制民主主義が安定していたチェコスロバキアでは、共産党は野党として議会に参加し、トマーシュ・マサリク大統領やエドヴァルド・ベネシュ大統領の下に社会民主党も参加する共和国政権と対立した。共産党は各種選挙で10%前後の得票率を獲得し、ソビエト連邦を除くヨーロッパ諸国で最高の支持を集める共産党の一つだった。
1939年3月14日にナチス・ドイツが軍隊をチェコスロバキア領内に進め、国家をドイツ保護領のベーメン・メーレン保護領 ボヘミア・モラビア保護領(チェコ地域)と独立スロバキア国にチェコスロバキア解体 解体すると、共産党は直ちに非合法化された。同年に第二次世界大戦が始まり、1940年にイギリスの支援でエドヴァルド・ベネシュを大統領とした亡命政府がロンドンで成立し、1943年にソ連と友好協力相互援助条約を締結すると、共産党は亡命政権との協力を進めた。また、ソ連に亡命した共産党員は1941年からの独ソ戦でソビエト赤軍に従軍してドイツ軍と戦った。一方、チェコスロバキア国内でも共産党員は厳しい弾圧を受け、多くの党員が強制収容所で命を落としながらもナチス支配に抵抗し、赤軍のチェコスロバキア侵入が近づいた1944年8月には、保護国成立に対抗して結成されていたスロバキア共産党が亡命政権派と協力してスロバキア民衆蜂起を実行したが、自力での祖国解放には失敗した。

チェコの歴史
この項目ではチェコの歴史を記述する。この地域は神聖ローマ帝国、オーストリア帝国、オーストリア・ハンガリー二重帝国、ナチス・ドイツ、ソ連など周辺の諸勢力の影響を受けてきた歴史を持つ。 概史 独立以前 紀元前5世紀から2世紀にかけて、ケルト系先住民ボイイ人の名により「西部の広大な盆地とモラヴィアの丘陵」(チェコ)はボヘミア(独:ベーメン:Böhmen)と呼ばれた。 1世紀頃からゲルマン系民族のマルコマンニ、クァディ、ランゴバルドが定住した。2世紀にはドナウ川流域でマルコマンニ戦争を起こした。 5世紀頃、ゲルマン系民族が西へ移住すると、西スラヴ系のチェック人(Czechs)が定着した。7世紀にはフランクの商人サモがモラヴィアを中心に国家を建設した(サモ国)。サモの死後まもなく滅びたが、その基礎は次のモラヴィア王国に受け継がれ、これがマジャル人の進出で衰退すると、ボヘミアには10世紀頃に王国を建てた。 プシェミスル朝(900年-1003年) 大モラヴィア王国がマジャル人に滅ぼされると、10世紀にはチェヒ人(チェコ人)のプシェミスル家によって建国された。
チェコの地域区分
チェコの地域区分(チェコのちいきくぶん)には、ボヘミア・モラヴィア・シレジアの3地方からなる歴史的な区分と、現在のチェコの行政区画で2000年に再編された首都 (チェコ語: hlavní město)と13の州 (kraj) などがある。 歴史的地域区分 郡 チェコの郡はチェコ語で「オクレス」(okres) という。 プラハ 郡無し。 中央ボヘミア州 ベネショフ郡 (Okres Benešov) ベロウン郡 (Okres Beroun) クラドノ郡 (Okres Kladno) コリーン郡 (Okres Kolín) クトナー・ホラ郡 (Okres Kutná Hora) ムニェルニーク郡 (Okres Mělník) ムラダー・ボレスラフ郡 (Okres Mladá Boleslav) ニンブルク郡 (Okres Nymburk) 東プラハ郡 (Okres Praha - východ) 西プラハ郡 (Okres Praha - západ) プシーブラム郡 (Okres Příbram) ラコヴニーク郡 (Okres Rakovník) 南ボヘミア州 チェスケー・ブジェヨヴィツェ郡 (Okres České Budějovice) チェスキー・クルムロフ郡 (Okres Český Krumlov) インドジフーフ・フラデツ郡 (Okres Jindřichův Hradec) ピーセク郡 (Okres Písek) プラハチツェ郡 (Okres Prachatice) ストラコニツェ郡 (Okres Strakonice) ターボル郡 (Okres Tábor) プルゼニ州 ドマジュリツェ郡 (Okres Domažlice) 南プルゼニ郡 (Okres Plzeň - jih) プルゼニ都市郡 (Okres Plzeň - město) 北プルゼニ郡 (Okres Plzeň - sever) クラトヴィ郡 (Okres Klatovy) ロキツァニ郡 (Okres Rokycany) タホフ郡 (Okres Tachov) カルロヴィ・ヴァリ州 ヘプ郡 (Okres Cheb) カルロヴィ・ヴァリ郡 (Okres Karlovy Vary) ソコロフ郡 (Okres Sokolov) ウースチー州 ホムトフ郡 (Okres Chomutov) ジェチーン郡 (Okres Děčín) リトムニェジツェ郡 (Okres Litoměřice) ロウニ郡 (Okres Louny) モスト郡 (Okres Most) テプリツェ郡 (Okres Teplice) ウースチー・ナド・ラベム郡 (Okres Ústí nad Labem) リベレツ州 チェスカー・リーパ郡 (Okres Česká Lípa) ヤブロネツ・ナド・ニソウ郡 (Okres Jablonec nad Nisou) リベレツ郡 (Okres Liberec) セミリ郡 (Okres Semily) フラデツ・クラーロヴェー州 フラデツ・クラーロヴェー郡 (Okres Hradec Králové) イチーン郡 (Okres Jičín) ナーホト郡 (Okres Náchod) リフノフ・ナド・クニェジュノウ郡 (Okres Rychnov nad Kněžnou) トルトノフ郡 (Okres Trutnov) パルドゥビツェ州 フルジム郡 (Okres Chrudim) パルドゥビツェ郡 (Okres Pardubice) スヴィタヴィ郡 (Okres Svitavy) ウースチー・ナド・オルリツィー郡 (Okres Ústí nad Orlicí) オロモウツ州 イェセニーク郡 (Okres Jeseník) オロモウツ郡 (Okres Olomouc) プロスチェヨフ郡 (Okres Prostějov) プシェロフ郡 (Okres Přerov) シュンペルク郡 (Okres Šumperk) モラヴィア・スレスコ州 ブルンタール郡 (Okres Bruntál) フリーデク=ミーステク郡 (Okres Frýdek-Místek) カルヴィナー郡 (Okres Karviná) ノヴィー・イチーン郡 (Okres Nový Jičín) オパヴァ郡 (Okres Opava) オストラヴァ市郡 (Ostrava-Město) 南モラヴィア州 ブランスコ郡 (Okres Blansko) ブルノ都市郡 (Okres Brno-město) ブルノ郊外郡 (Okres Brno-venkov) ブジェツラフ郡 (Okres Břeclav) ホドニーン郡 (Okres Hodonín) ヴィシュコフ郡 (Okres Vyškov) ズノイモ郡 (Okres Znojmo) ズリーン州 クロムニェジーシュ郡 (Okres Kroměříž) ウヘルスケー・フラジシチェ郡 (Okres Uherské Hradiště) フセチーン郡 (Okres Vsetín) ズリーン郡 (Okres Zlín) ヴィソチナ州 ハヴリーチュクーフ・ブロト郡 (Okres Havlíčkův Brod) イフラヴァ郡 (Okres Jihlava) ペルフジモフ郡 (Okres Pelhřimov) トシェビーチ郡 (Okres Třebíč) ジュジャール・ナド・サーザヴォウ郡 (Okres Žďár nad Sázavou) 関連項目 ISO 3166-2:CZ。
チェコ語の動詞
チェコ語の動詞ではチェコ語の動詞の活用について述べる。
不定詞は-tの語尾(あるいは”-ti”)をとる。単語によっては-ct (-ci)になる。
:”být” - ~である、 ”jít” - 行く、 ”péct” - 焼く
やや旧い形:
:”býti” - ~である、 ”jíti” - 行く、”péci” - 焼く
l分詞と受動分詞の二種類があり、過去形、受動形を作るのに用いられる。その場合主格の名詞と性・数による呼応を行う。
過去形、条件法にl分詞(エルぶんし)という分詞を用いる。
活動体
不活動体
& 女性
n/t分詞ともいい受動形を作るのに用いる。語尾は二種ある。
活動体
不活動体
dělána
děláno
děláni
dělány
dělána

チェコ軍団
ロシア革命後、ボリシェヴィキに対して蜂起し、日本を含む列国はチェコ軍団の救出を口実にロシア内戦に干渉した。
旅団は師団に昇格し、1917年秋、2個師団、3万9千人から成る第1チェコスロバキア軍団が編成された。第2軍団の編成も計画されており、ロシア革命時には6万~8万人のチェコ人、スロバキア人がいたと推定されている。
十月革命後、ボリシェヴィキはドイツと単独講和した。チェコ軍団は、チェコスロバキア独立のために、シベリアを経由してウラジオストクに向かい、海路で西部戦線 (第一次世界大戦) 西部戦線に渡ることが決められたが、1918年3月半ばに至るまでウクライナにおいてドイツ軍、オーストリア軍と戦闘を継続せざるを得なかった。
1918年3月26日、ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国人民委員会議は、チェコスロバキア国民会議ロシア支部と条約を締結し、チェコ軍団将兵が武装解除して、民間人としてウラジオストクに移動することを許可した。

チェコスロバキア
チェコスロバキア共和国 Československá republika(チェコ語)Česko-Slovenská republika(スロバキア語) 国の標語: (1918年~1989年)Pravda vítězí(チェコ語:真実は勝つ)(1989年~1992年)Veritas Vincit(ラテン語:真実は勝つ)国歌: チェコスロバキアの国歌(我が家何処や・タトラの山に雷光が走る)チェコスロバキアの位置 チェコスロバキア(チェコ語:Československo、スロバキア語:Česko-Slovensko)は、1918年から1992年にかけてヨーロッパに存在した国家。
チェコ・スロバキア
『チェコスロバキア』より : チェコスロバキア共和国 Československá republika(チェコ語)Česko-Slovenská republika(スロバキア語) 国の標語: (1918年~1989年)Pravda vítězí(チェコ語:真実は勝つ)(1989年~1992年)Veritas Vincit(ラテン語:真実は勝つ)国歌: チェコスロバキアの国歌(我が家何処や・タトラの山に雷光が走る)チェコスロバキアの位置 チェコスロバキア(チェコ語:Československo、スロバキア語:Česko-Slovensko)は、1918年から1992年にかけてヨーロッパに存在した国家。
チェコスロヴァキア
『チェコスロバキア』より : チェコスロバキア共和国 Československá republika(チェコ語)Česko-Slovenská republika(スロバキア語) 国の標語: (1918年~1989年)Pravda vítězí(チェコ語:真実は勝つ)(1989年~1992年)Veritas Vincit(ラテン語:真実は勝つ)国歌: チェコスロバキアの国歌(我が家何処や・タトラの山に雷光が走る)チェコスロバキアの位置 チェコスロバキア(チェコ語:Československo、スロバキア語:Česko-Slovensko)は、1918年から1992年にかけてヨーロッパに存在した国家。
チェコ語アルファベット
チェコ語アルファベット(チェコごアルファベット)は、チェコ語を書き表すために使われる字母で、ラテンアルファベットを基本とする42文字からなる。補助記号を用いた文字が15種類ある。なお、Q q , W w は外来語にしか用いない。 ラテン文字でのチェコ語表記が始まったのは13世紀頃と見られている。はじめはひとつの文字を何通りにも読んだりしていたが、分かりにくいため14世紀頃から付属記号が使われ始め、15世紀に宗教改革を行ったヤン・フスがこれを推し進めた。さらに16世紀、宗教団体チェコ同胞兄弟団がこれに改良を加え現在に至る。 文字と読み 母音 Eは、口を横に拡げて発音する。 IとYは、ほぼ同じ発音。 ÚとŮは、同じ発音。 子音 Chは、hをのどの奥から発音するイメージ([x])。 Řは、巻き舌のrを発音しながら指で両顎を押さえつけるような発音([r]と[dʒ]の調音)。日本人には難しい。世界一難しい発音との評判もある。 子音は無声(p、f、t、s、kなど)と有声(b、v、d、z、gなど)が存在するが、有声子音と無声子音が並んだ場合、後ろの子音に同化して前の子音が有声化もしくは無声化される。
チェコ語のドイツの地名
チェコ語のドイツの地名はチェコ語でドイツの地名を表す語の一覧である。
Aachen(アーヘン): Cáchy
Altenburg(アルテンブルク): Starohrad
Augsburg(アウグスブルク): Augšpurk
Bad Doberan(バート・ドベラーン): Dobřany
Bad Kissingen(バート・キッシンゲン): Chýžice
Bad Muskau(バート・ムスカウ): Mužakov
Bad Schandau(バート・シャンダウ): Žandov
Bamberg(バンベルク): Bamberk
Bautzen(バウツェン): Budyšín
Bayerisch Eisenstein(バイエリシュ・アイゼンシュタイン): Bavorská Železná Ruda
Bayreuth(バイロイト): Barout
Beeskow(ベースコウ): Beskov
Bischofswerda(ビショフスヴェルダ): Biskupice
Brandenburg an der Havel(ブランデンブルク・アン・デア・ハーフェル): Braniboř
Braunschweig(ブラウンシュヴァイク): Brunšvik

チェコ語
チェコ語 (český jazyk、čeština) は、スロヴァキア語やポーランド語、カシューブ語(ポメラニア語)、ソルブ語(ソラビア語、ヴェンド語とも)などと共に、西スラヴ語の一つである。チェコ共和国の人口(約1030万人、2007年3月現在)の9割以上を占めるチェコ人と、周辺国やアメリカ合衆国、カナダ等にコミュニティを作るチェコ系住民に話されている言語である(共和国の国内外合わせて約1200万人の話者が存在する)。 スロヴァキア語とは非常に近い(方言ほどの違いしかない――ただし、チェコスロヴァキア共和国時代から別の言語として扱われていた)関係にあり、大抵の場合互いに会話が可能である。しかしスロヴァキア人が子供の頃からチェコのテレビ番組や書籍を通してチェコ語に慣れ親しむのに対し、チェコの子供たちがスロヴァキア語に触れる機会はそう多くない。そのためスロヴァキア人のチェコ語の理解度とチェコ人のスロヴァキア語の理解度にはある程度の差が存在する。 周囲の言語の話者との意思疎通について、言語学者の千野栄一は次のように述べている。
チェコ語の語順
チェコ語の語順は比較的に規則が緩やかであるが、大きくはSVO型に属する。
おおまかな語順はSVO (主語(S) – 動詞(V) – 目的語(O))である。中性的な文で用いられる。:
Petr má nové auto. – (ペトルが (S) 取った(=得た) (V) 新しい車を (O))
ちなみに冠詞はない。
前の文や文脈から分かっていることが文頭に来て (テーマ、主題)、新しく話題になるものや重要なもの(レーマ)が文末に来る傾向がある。
Včera zemřel slavný herec. – 昨日に有名な俳優が死んだ。 (死んだのは有名な俳優である)
: (昨日 死んだ (V) 有名な 俳優 (S))
(Ten) známý herec zemřel včera. – 昨日に有名な俳優が死んだ。 (有名な俳優が死んだのは昨日である)
: (有名な俳優(S) 死んだ (V) 昨日)
Byl jednou jeden král a ten král měl tři dcery. –あるとき王がおり、その王は三人の娘をもうけた。

チェコ航空
チェコ航空(チェコ語: České aerolinie、略語 : ČSA。英語: CSA Czech Airlines、略語 : CSA)は、チェコ・プラハを本拠地とする航空会社である。 旧チェコスロバキア国営航空(ČSA)を前身とするチェコのフラッグ・キャリアである。ハブ空港はプラハ・ヴァーツラフ・ハヴェル・プラハ国際空港 (Letiště Václava Havla Praha、PRG/LKPR) 。航空連合「スカイチーム」の一員で、ヨーロッパ各地及び北米、アジア、中東、北アフリカ方面への路線を持ち、年間輸送実績は約200万人。マイレージサービス「"OK Plus"」を行っている。 航空券の座席予約システム(CRS)は、アマデウスITグループが運営するアマデウスを利用している。 チェコスロバキアでは第一共和国建国直後の1920年に2つの民間航空会社が誕生し、遊覧飛行を中心に人員・物資輸送も行っていた。
(by SimpleAPI:WikipediaAPI)  



 東アジア  台湾 | 大韓民国 | 中国 | 香港 | マカオ | モンゴル
 南アジア  インド | インドネシア | カンボジア | シンガポール | スリランカ | タイ |
 ネパール | バングラデシュ | パキスタン | フィリピン | ベトナム |
 マレーシア | ミャンマー | ラオス
 中近東  アラブ首長国連邦 | イスラエル | イラク | イラン | サウジアラビア |
 シリア | トルコ | ヨルダン | レバノン
 ヨーロッパ  アイスランド | アイルランド | イギリス | イタリア | ウクライナ |
 ウズベキスタン | エストニア | オーストリア | オランダ | ギリシャ |
 クロアチア | スイス | スウェーデン | スペイン | スロバキア | スロベニア |
 チェコ | デンマーク | ドイツ | ノルウェー | ハンガリー | フィンランド |
 フランス | ブルガリア | ベルギー | ポーランド | ポルトガル | マルタ |
 モナコ | ラトビア | リトアニア | ルーマニア | ルクセンブルク | ロシア
 アフリカ  エジプト | ケニア | ジンバブエ | タンザニア | チュニジア | ボツワナ |
 マダガスカル | 南アフリカ | モーリシャス | モロッコ | リビア
 北アメリカ  アメリカ | カナダ
 中央・南アメリカ  アルゼンチン | エクアドル | キューバ | グアテマラ | ジャマイカ | チリ |
 バハマ | パナマ | ブラジル | ベネズエラ | ペルー | メキシコ
 太平洋地域  北マリアナ諸島 | グアム | ハワイ | ミクロネシア
 オセアニア  オーストラリア | ニューカレドニア | ニュージーランド | バヌアツ |
 パプアニューギニア | パラオ | フィジー諸島 | フランス領ポリネシア |
 マーシャル諸島




▼外国語翻訳・海外通訳 サービス内容一覧
■外国語・多言語翻訳

激安翻訳サービス高品質翻訳サービス専門翻訳サービス一般文書・書類翻訳論文翻訳添付文書翻訳字幕翻訳映像翻訳音声翻訳法律翻訳・法務翻訳・契約書翻訳薬事法や医薬翻訳・医学翻訳技術関連文書翻訳技術マニュアル翻訳コンピュータ・IT技術・情報通信に特化した翻訳契約書翻訳経済翻訳金融翻訳財務翻訳産業翻訳化学技術翻訳土木・建築翻訳産業技術翻訳戸籍謄本翻訳メール文書翻訳英文翻訳英和和英翻訳ハングル翻訳和訳WEBサイト・ホームページ翻訳ネイティブ翻訳文書校正日本語翻訳テキスト翻訳日中翻訳仏語翻訳独語翻訳

■国際ビジネス支援サービス
輸出入代行・通信代行、海外販路獲得サポート海外との連絡代行海外への外注現地通訳サービス海外B2B商取引ポータル・サイト登録申請代行
■海外法人会社設立支援サービス
海外法人会社設立海外独立起業支援海外銀行口座開設(法人口座、個人口座) 国際カードの取得サポート
■海外諸外国の調査サービス

海外の展示会・見本市調査世界各国の情報収集リサーチ海外での市場調査海外企業の信用調査海外での提携先探し海外企業の謄本取得代行(登記簿謄本・商業登記簿・不動産登記簿)


▼外国語翻訳・取り扱い言語一覧
■ヨーロッパ地域の言語
イタリア語翻訳  スペイン語翻訳  フランス語(仏語)翻訳  ポルトガル語翻訳  オランダ語翻訳  ドイツ語(独語翻訳)  ウクライナ語翻訳  エストニア語翻訳  カザフ語翻訳  カタルーニャ語翻訳  ギリシャ語翻訳  クロアチア語翻訳  セルビア語翻訳  チェコ語翻訳  スロベニア語翻訳  デンマーク語翻訳  スウェーデン語翻訳  ノルウェー語翻訳  ハンガリー語翻訳  マジャル語翻訳  ラテン語翻訳  ポーランド語翻訳  ルーマニア語翻訳  フィンランド語翻訳  ブルガリア語翻訳  ロシア語翻訳  アルバニア語翻訳  バスク語翻訳  ベラルーシ語翻訳  ブルターニュ語翻訳  カタロニア語翻訳  チェチェン語翻訳  エスペラント語翻訳  フリースランド語翻訳  ガリシア語翻訳  グルジア語翻訳   アイスランド語翻訳  アイルランド語翻訳  ラトビア語翻訳  リトアニア語翻訳  サルデーニャ語翻訳  スロバキア語翻訳  ウェールズ語翻訳  イディッシュ語翻訳
■アジア地域の言語

中国語(北京語・広東語)翻訳  韓国語(ハングル)翻訳  タイ語翻訳  ベトナム語翻訳  インドネシア語翻訳  カンボジア語翻訳  クメール語翻訳  ジャワ語翻訳  シンハラ語翻訳  ネパール語翻訳  パキスタン語翻訳  ウルドゥー語翻訳  ヒンディー語翻訳 フィリピン語翻訳  タガログ語翻訳  ベンガル語翻訳  マラチヒ語翻訳  マレー語翻訳  ミャンマー語翻訳 モンゴル語翻翻訳訳 ラオス語翻訳  繁体字翻訳  簡体字翻訳  貴州語翻訳  湖南語翻訳  広東語翻訳  四川語翻訳  上海語翻訳  台湾語翻訳 福建語翻訳  北京語翻訳  セブアノ語翻訳  日本語翻訳  マオリ語翻訳  パンジャビ語翻訳  サンスクリット語翻訳  チベット語翻訳  フィリピノ語翻訳  セブ語翻訳  ビサヤ語翻訳  ビサイヤ語翻訳  ピリピノ語翻訳  ヒリガイノン語翻訳

■アフリカ・中東地域の言語
クルド語翻訳  アラビア語翻訳  アシャンテ語翻訳  ウガンダ語翻訳  スワヒリ語翻訳  トルコ語翻訳  ヨルバ語翻訳  バンバラ語翻訳   ヘブライ語翻訳  ペルシア語翻訳  ナイジェリア語翻訳  アフリカーンス語翻訳  ダリ語翻訳  イボ語翻訳  タミル語翻訳
Copyright (C) 2005 - 2017 GLOBAL-EYE All Rights Reserved.


[PR] 激安販促品/デザイン印刷/激安ノベルティ 激安のぼり販売 激安仕入れ/激安問屋/激安海外輸入 カントリー雑貨の通販 雑貨問屋/雑貨卸し
  激安翻訳・格安通訳 ホームページ制作/WEBデザイン作成/システム開発(栃木県小山市) 激安ホームページ制作/激安更新システム付きホームページ作成